戦後昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

原田眞人

文字サイズ

【関ヶ原】など司馬遼太郎作品の映画化に近年取り組む原田眞人(はらだまさと)。学生時代に山手樹一郎や五味康祐、司馬遼太郎の時代小説に大いに親しみ、映画監督デビュー直後には司馬遼太郎に映画化の打診をし、断られたエピソードもあります。司馬遼太郎作品への想いは特に強く、映画監督デビューから40年以上の時を経て司馬遼太郎作品の映画化を実現させました。

原田眞人と司馬遼太郎

原田眞人は25歳の年、語学留学先のイギリスで映画評論家としてデビューします。翌年アメリカ・ロサンゼルスに渡り、映画ジャーナリストを足がかりに映画制作の修業を6年間積み、【さらば映画の友よ インディアンサマー】(1979年)で映画監督としてデビューしました。

以後、国内受賞作では、第40回ブルーリボン賞で作品賞・監督賞を受けた【バウンス ko GALS】(1997年)、第39回日本アカデミー賞で優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞と第28回日刊スポーツ映画大賞で監督賞・石原裕次郎賞を受けた【日本のいちばん長い日】(2015年)など。

海外受賞作では、第6回ヴァランシエンヌ冒険映画祭で準グランプリ・監督賞を受賞した【KAMIKAZE TAXI】(1995年)、第52回モンテカルロ・テレビ祭で最優秀監督賞を受賞した【初秋】(2011年)、第35回モントリオール世界映画祭・ワールド・コンペティション部門で審査委員特別グランプリを受賞した【わが母の記】(2012年)などがあり、海外でも高い評価を受けています。

小説【尻啖え孫市】より

小説【尻啖え孫市】より

映画監督業以外にも、プロモーションビデオ(PV)、脚本、オリジナルビデオ、テレビ映画など多彩に活動し、著名な海外映画の字幕も手がけています(【スター・ウォーズ 帝国の逆襲】、【スター・ウォーズ 日本語版】、【フルメタル・ジャケット】など)。

海外での活動が映画人キャリアの始まりの原田眞人ですが、歴史・時代小説には若き頃から親しんだと言います。

母親の影響で中学生のときに山手樹一郎五味康祐を、高校生になると司馬遼太郎を読んだと言います。映画監督としてデビューした頃、司馬遼太郎が戦国時代の鉄砲集団・雑賀党を率いた雑賀孫市を主人公にした【尻啖え孫市(しりくらえまごいち)】(1964年刊)の映画化を希望し、本人に問合せをしたものの実現には至りませんでした。

原田眞人とハリウッド映画【ラストサムライ】

Blu-ray【ラストサムライ】より

Blu-ray【ラストサムライ】より

原田眞人は時代劇映画の監督を手がける前に、時代劇俳優としてデビューしています。

ハリウッド映画【ラストサムライ】(2003年〔ワーナー・ブラザース〕配給)です。トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之が主演するなかで、日本の近代(西洋)化を強引に推し進める実業家兼大臣役・大村松江を演じました。

大村松江は幕末を生きた面々、大村益次郎(明治時代の兵部省初代大輔)の名前を想起させ、そのモデルは岩崎弥太郎(三菱財閥創業者)と大久保利通(初代内務卿)とされます。長州藩藩士・大村益次郎は司馬遼太郎の【花神】のなかで、そして薩摩藩藩士・大久保利通は司馬遼太郎の【翔ぶが如く】で、共にNHK大河ドラマ化されたことで広く知られるようになりました。

ラストサムライでは撮影場所となった書寫山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)(姫路市)も当時大いに話題となりました。

時代小説【東慶寺花だより】

小説【東慶寺花だより】より

小説【東慶寺花だより】より

原田眞人が監督として初めてかかわった時代劇映画は、脚本も手がけた【駆込み女と駆出し男】(2015年〔松竹〕配給)です。同作は第70回毎日映画コンクールで脚本賞と、第28回日刊スポーツ映画大賞で石原裕次郎賞(日本のいちばん長い日と併せて)を受賞しました。

駆込み女と駆出し男の原案は井上ひさしの遺作となった【東慶寺花だより】です(2010年刊)。江戸時代に縁切寺として知られた東慶寺(鎌倉市)を舞台に繰り広げられる全15編の連作短編です。

夫との離縁を可能にするこの駆込み寺については、山田風太郎が【柳生忍法帖】ですでに取り上げており、歴史学者・網野善彦のアジール(聖域・無縁所・避難所)の研究によって広く知られていきます。網野善彦に影響を受けた隆慶一郎も【駆込寺蔭始末】で井上ひさし以前に取り上げました。

東慶寺花だよりは映画化以前、7代目・市川染五郎(現10代目・松本幸四郎)の主演で歌舞伎化もされています(2014年)。

映画【駆込み女と駆出し男】

Blu-ray【駆込み女と駆出し男】より

Blu-ray【駆込み女と駆出し男】より

駆込み女と駆出し男の主人公は中村信次郎(大泉洋)です。見習い医師であり戯作者・曲亭馬琴(山崎努)に憧れて戯作者を目指す駆出しの男です。

倹約政策を大道でなじったことで追われるように江戸を出た中村信次郎は、親類の営む東慶寺の門前にある御用宿・柏屋に居候することになります。3代目・柏屋源兵衛(樹木希林)が主人を務める柏屋は、駆込み女達の聞き取り調査を行っています。その柏屋で中村信次郎は、じょご(戸田恵梨香)、お吟(満島ひかり)、戸賀崎ゆう(内山理名)など、夫との諸事情を抱えた駆込み女達とかかわっていくことになります。

原案小説で曖昧だった時代設定は、映画では江戸時代後期、徳川家慶江戸幕府第12代将軍)の時代に設定されました。倹約政策(天保の改革)を行った老中・水野忠邦(中村育二)とその下で取り締まりを担当した鳥居耀蔵(とりいようぞう:北村有起哉)が登場します。鳥居耀蔵は権現様(徳川家康)の後ろ盾によって縁切寺となっていた聖域・東慶寺を、出世欲から取りつぶしを図ります。

東慶寺の場面は、原田眞人がラストサムライで気に入った書寫山圓教寺が使用されました。圓教寺の使用は監督を引き受ける条件のひとつだったと言います。他にも、滋賀県園城寺西教寺(共に大津市)、百済寺東近江市)などが使用されました。

東慶寺で武芸の腕を磨く戸賀崎ゆう

駆込み女のひとり、戸賀崎ゆう(内山理名)は夫への仇討ちのために東慶寺に駆け込んで来ました。

門弟1,000人を超える江戸の剣術道場の娘でしたが、道場破りにやってきたゴロツキに家を乗っ取られます。父は病で亡くなり、許婚も斬られます。そして乱暴を働くその侍によって無理やり祝言まで挙げさせられた身の上でした。

戸賀崎ゆう
「おめおめ生き延びているのは、仇討ちをしたいからです」

柏屋源兵衛
「東慶寺様は仇討ちの助太刀は致しませんよ」

戸賀崎ゆう
「助太刀は無用。私は二十四ヶ月寺内にて修行し、夫・田の中勘助を討ち果たす存念です」

映画【駆込み女と駆出し男】より

原案小説と映画では、天保の時代を実際に生きた東慶寺の院代・法秀尼(ほうしゅうに:陽月華)を武芸の心得がある人物とします。戸賀崎ゆうは法秀尼から武芸の指導を受けます。

司馬遼太郎の時代小説【関ヶ原】

小説【関ヶ原】より

小説【関ヶ原】より

時代劇映画2作目で原田眞人は司馬遼太郎作品の映画化を実現しました。

石田三成を主人公に関ヶ原の戦いを取り上げた【関ヶ原】(2017年〔東宝/アスミック・エース〕配給)です。

原作は石田三成&島左近と徳川家康&本多正信との攻防を書いた司馬遼太郎【関ヶ原】です(1966年刊)。徳川家康(江戸幕府初代将軍)と徳川秀忠(江戸幕府第2代将軍)、徳川頼宣(紀州徳川家の家祖)に仕えた医師・2代目板坂卜斎(いたさかぼくさい)が記した【慶長年中卜斎記】に基づき書かれました。

司馬遼太郎は同作の執筆時期、斎藤道三織田信長を主人公とした【国盗り物語】、豊臣秀吉を主人公とした【新史太閤記】【豊臣家の人々】を並行して書いています。それらの執筆後には大坂城を舞台に、徳川方と豊臣方の対立を描いた【城塞】や、徳川家康の前半生を描いた【覇王の家】を書き、関ヶ原の執筆は司馬遼太郎が戦国時代に取り組んでいた時期でした。

司馬遼太郎原作映画【関ヶ原】

Blu-ray【関ヶ原】より

Blu-ray【関ヶ原】より

関ヶ原では、石田三成(岡田准一)と徳川家康(役所広司)が西軍と東軍に分かれていく過程と、敗軍の将となった石田三成が処刑されるまでが描かれます。

原作小説にはない忍者の活躍も描かれました。石田三成には藤堂高虎の家臣の娘を伊賀の忍びとして改変した初芽(有村架純)、徳川家康には伊賀の忍び・蛇白/阿茶(伊藤歩)がそれぞれ仕えます。

構想25年だったと語る映画の完成までには主人公も変遷したと言います。

石田三成の相棒として終生を共にした年長者の島左近(平岳大)、次に石田三成を裏切った若き武将・小早川秀秋(東出昌大)に揺れ動いたと原田眞人は言います。

映画のなかでは独自の見解も示します。

豊臣秀次(豊臣秀吉の甥で養嫡子)は、豊臣秀吉のあとを受けて関白に就任します。けれども豊臣秀吉に実子(のちの豊臣秀頼)誕生後、謀反の疑いから切腹、一族は三条河原で公開処刑されています。また、小早川秀秋は幼少時に豊臣秀吉の養子となり、豊臣秀次に次ぐ位置にありました。

原田眞人は小早川秀秋と親しい関係にあった豊臣秀次一族を豊臣秀吉が処刑したことが関ヶ原の戦いの遠因としました。

映画化にあたっては、黒澤明【七人の侍】や自身がリメイクした岡本喜八【日本のいちばん長い日】などを大きく意識したと明かしています。

この映画でも原田眞人お気に入りの圓教寺の他、城の場面では姫路城(姫路市)と彦根城彦根市)や東本願寺京都市)、他に五百羅漢が安置されている天寧寺(彦根市)や、石田三成ゆかりの龍潭寺清凉寺(共に彦根市)などが使用されています。

柳生家とつながりの深い島左近を描く

映画では、島左近(平岳大)と新陰流の継承者・柳生石舟斎宗厳(やぎゅうせきしゅうさいむねよし-むねとし:辻萬長)とのやりとりが設けられました。

柳生石舟斎
「健康長寿の道とは何ぞや?」

島左近
「柳生一族と島一族が大和の地で育ち、助けおうた姿」

柳生石舟斎
技と医術の合体じゃな」

島左近
「やがて天下は二つに割れ、徳川殿と石田殿が戦うやも知れませぬ」

柳生石舟斎
「いかに養生する?」

島左近
「養生とはどちらが滅びても生き延びた者が両家の家族を育てていくことにございましょう。手前、石田殿を選びました」

柳生石舟斎
「では徳川殿に倅共を預けましょう」

映画【関ヶ原】より

島左近と柳生石舟斎宗厳は、共に元・筒井家の家臣です。

島左近の娘は柳生石舟斎宗厳の孫・柳生兵庫助利厳(やぎゅうひょうごすけとしとし-としよし:尾張徳川家に仕えた尾張柳生家の祖)の側室になります。その2人の子が柳生連也斎厳包(やぎゅうれんやさいとしかね:尾張柳生家の継承者)です。柳生家については、五味康祐が盛んに取り上げたことで一般にも広まりました。

映画では上記の引用場面ののち、徳川家康が小早川秀秋に柳生家の息子達を引き合わせます。

そして四男・柳生宗章は関ヶ原の戦いでは西軍になる小早川秀秋のもとへ、五男・柳生宗矩(のち大和柳生藩初代藩主/徳川将軍家・兵法指南役)は関ヶ原の戦いでは東軍になる徳川家康のもとへ、とそれぞれ別れる史実を、原田眞人は両者が兜割りを披露することで描きました。

このやりとりは関ヶ原の戦いの直前に、父・真田昌幸と二男・真田信繁(幸村)は西軍に、長男・真田信幸(信之)は東軍にと親子で分かれたという巷説「犬伏の別れ」を想起させます。

司馬遼太郎原作映画【燃えよ剣】

小説【燃えよ剣】より

小説【燃えよ剣】より

原田眞人は続いて、土方歳三(岡田准一)を主人公とする【燃えよ剣】(2021年〔東宝/アスミック・エース〕配給)を映画化します。原作は司馬遼太郎【燃えよ剣】です(1964年刊)。

これまで司馬遼太郎原作映画は、60年代に9本、テレビドラマが興隆するなかで70年代に2本、そして90年代に2本制作されました。90年代は、篠田正浩が手がけた伊賀忍者を主人公とする【梟の城】と大島渚が手がけた新選組を描く【御法度】です(共に1999年)。2000年代に入って原田眞人が関ヶ原で18年ぶりに司馬遼太郎原作映画を手がけ、現在異例の計2本となります。

司馬遼太郎原作の特別な映画監督となった原田眞人。それは、学生時代から愛読していた司馬遼太郎を映画で乗り越えようとする挑戦でもあります。

著者名:三宅顕人

原田眞人

原田眞人をSNSでシェアする

「戦後昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


滝田洋二郎

滝田洋二郎
【陰陽師】の監督以降、【壬生義士伝】【天地明察】など時代劇映画を多数手がけるようになった滝田洋二郎(たきたようじろう)。時代劇映画への関与はテレビ局主導の映画製作がちょうど華やかになっていく時期でした。そんな滝田洋二郎は時代劇映画ではベストセラーに寄る大作を委ねられ、原作を脚色するうえで主に斬り合いや切腹を美徳とする武士の姿が強調されます。

滝田洋二郎

森田芳光

森田芳光
【椿三十郎】のリメイクで初めて時代劇映画に挑んだ森田芳光(もりたよしみつ)。自主制作映画・映画祭の興隆期に監督デビュー後、人気映画監督として長らく活動を続けるなかで晩年の取り組みが時代劇映画でした。晩年であっても、黒澤明リバイバルや時代劇映画ブームのなかで監督作を手がけ、常に日本映画の先導的な役割を果たし続けました。その森田芳光の時代劇映画では、刀を抜かない心得が描かれます。

森田芳光

石井岳龍

石井岳龍
【五条霊戦記 GOJOE】で初の時代劇映画に挑んだ石井岳龍(いしいがくりゅう)。パンク・ロックに大いに影響を受けた前衛的と評される監督作品を発表し続けています。その破壊的な世界観から静けさに耳を傾けることを主題とした音楽ジャンルのひとつ、アンビエント(環境的)になぞらえた内的世界へと関心を移すなかで発表したのが自身初の時代劇映画でした。その後2作目の時代劇映画は、パンク・ロッカーが書いた小説の映画化でした。石井岳龍監督作品では時代劇であっても常に音楽的アプローチが試みられています。

石井岳龍

中野裕之

中野裕之
SF時代劇映画【SF サムライ・フィクション】で劇場用映画監督デビューした中野裕之(なかのひろゆき)。映像監督としてミュージックビデオの黎明期から活躍し、映画監督として手がける長編映画の多くが時代劇です。ピースを自身の主題と語るその映像作品のなかでも時代劇映画では剣の腕前と平和の世が常に対立化され、観客に問いが投げかけられます。

中野裕之

田中光敏

田中光敏
【火天の城】で自身初の時代劇映画を手がけた田中光敏(たなかみつとし)。続く【利休にたずねよ】でも時代劇映画を手がけました。それらは共に山本兼一の時代小説が原作です。武士よりも技術者・職人に関心を寄せ続けた山本兼一の想いを反映し、田中光敏も技術者・職人の矜持を武士以上に色濃く描きました。

田中光敏

犬童一心

犬童一心
【のぼうの城】で自身初の時代劇映画を監督した犬童一心(いぬどういっしん)。続けて【引っ越し大名!】も手がけました。それらは現在人気の時代小説家・和田竜と土橋章宏作品が原作です。両映画では槍術・剣術と知略との組み合わせが重要な要素となっています。

犬童一心

三池崇史

三池崇史
約50年前の名作時代劇映画【十三人の刺客】と【切腹】のリメイクを託された三池崇史(みいけたかし)。両作では江戸時代に形成された「忠孝一致」を重んじる武士道の否定が描かれます。その後も同じく「忠孝一致」の否定を主題とする人気漫画【無限の住人】の映画化も託されます。三池崇史はそれらの時代劇を手がけるにあたり、万民、家族愛などを強調し、さらに現代の感覚で武士道を描きます。

三池崇史

篠原哲雄

篠原哲雄
【山桜】、【花戦さ】など自然にちなんだ時代劇映画を監督する篠原哲雄(しのはらてつお)。藤沢周平の時代小説映像化ブームのなかで時代劇映画を手がけることになりました。その自然にちなんだ題材は、自然の力によって武士の力に立ち向かおうとする意志が描かれます。

篠原哲雄

本木克英

本木克英
【超高速!参勤交代】シリーズで近年の時代劇映画ブームを後押した本木克英(もときかつひで)。大手の映画・配給会社出身という恵まれた経歴によって巨匠達の技芸を受け継いでいます。また配給会社出身の経験からその監督作では女性の観客を大きく意識した時代劇映画が目指されています。

本木克英