戦後昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)

森田芳光

文字サイズ

【椿三十郎】のリメイクで初めて時代劇映画に挑んだ森田芳光(もりたよしみつ)。自主制作映画・映画祭の興隆期に監督デビュー後、人気映画監督として長らく活動を続けるなかで晩年の取り組みが時代劇映画でした。晩年であっても、黒澤明リバイバルや時代劇映画ブームのなかで監督作を手がけ、常に日本映画の先導的な役割を果たし続けました。その森田芳光の時代劇映画では、刀を抜かない心得が描かれます。

自主制作映画・映画祭の興隆期に登場

森田芳光は、渋谷区円山町の料亭の家に生まれ育ちます。祖母との寄席通い、子役などの少年時代を過ごしました。

日本大学芸術学部・放送学科在学中に監督した【ライブイン茅ヶ崎】(8mm)を、第2回自主製作映画展1978(現・ぴあフィルムフェスティバル)に応募します。一般公募部門に入選し、映画における最初の受賞キャリアとなりました。この年は石井岳龍、長崎俊一らも入選しています。

そして、落語家を主人公とした【の・ようなもの】(1981年〔日本ヘラルド映画〕配給)で商業映画の監督としてデビューします。多くのプロの落語家を輩出した母校の落語研究会出身である自身の経験を大いに活かしました。同作は、第3回ヨコハマ映画祭で作品賞と新人監督賞を受賞します。こうした森田芳光の活動は自主制作映画の興隆、映画祭の興隆と同じ歩みを見せました。

Blu-ray【家族ゲーム】より

Blu-ray【家族ゲーム】より

アイドル映画や日活ロマンポルノなどを手がけたのち、その名が広く知られていくのは【家族ゲーム】(1983年〔ATG〕配給)です。加熱する高校受験を題材にし、世間体にしばられない多留年している大学生の家庭教師が主人公です。前年テレビドラマ化されていた本間洋平の同名小説の映画化でした。

家族ゲームは老舗の映画専門誌からのその年のベストワンに選ばれた他、第5回ヨコハマ映画祭で作品賞、第34回芸術選奨新人賞(映画部門)、第7回日本アカデミー賞で優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞など多数の賞を受け、高い評価を受けました。

以後、森田芳光は人気監督となり、主に話題の小説の映画化を多く手がけていきます(丸山健二、片岡義男、夏目漱石、小林信彦、吉本ばなな、藤子・F・不二雄、渡辺淳一、永井泰宇、貴志祐介、宮部みゆき、谷村志穂、江國香織、奥田英朗)。

オリジナル脚本作では、とんねるず、斎藤由貴、石田純一、深津絵里などを主演とし、主演者のキャラクターを活かした映画に取り組みました。

この間、オムニバス映画【バカヤロー!私、怒ってます】シリーズの総指揮も務めます。同シリーズでは映画監督以外に劇作家、CMディレクター、お笑い芸人などが監督を手がけ、日本映画の活性化が行われました(1988~1991年)。

黒澤明の時代劇映画をリメイク

DVD【椿三十郎】より

DVD【椿三十郎】より

同時にリメイク映画も手がけます。

脚本家・向田邦子のNHKドラマ【阿修羅のごとく】のリメイク版(2003年〔東宝〕配給)を経て、黒澤明監督作品【椿三十郎】のリメイクを手がけます(2007年〔東宝〕配給)。

リメイク版の主演には、時代劇初主演となる織田裕二を配します。撮影地には北方文化博物館新潟市)などが使用されました。

担当プロデューサー・角川春樹が長年に亘って企画を温め、映画公開の年は黒澤明のリメイク化権の事業が本格的に始まっていく年となりました。

黒澤明監督作品リメイクブーム

DVD【隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS】より

DVD【隠し砦の三悪人
THE LAST PRINCESS】より

黒澤明映画のリメイクは【椿三十郎】に続いて、角川春樹主導で【用心棒】(監督・崔洋一)の話もありました(*未実現)。用心棒の監督に打診されていた崔洋一は当時【カムイ外伝】(原作・白土三平)で時代劇映画を初めて手がけており、時代劇映画への関心が高まりをみせていた時期でもあります。

この時期テレビドラマでは、黒澤明監督作品【天国と地獄】と【生きる】(共にテレビ朝日)も制作されています(2007年)。

映画では他に、黒澤明監督作品【隠し砦の三悪人】もリメイクされました。主演に映画単独初主演にして時代劇映画初主演の松本潤(嵐)、脚本に中島かずき(劇団☆新感線)、監督は樋口真嗣(特技監督)の布陣で、【隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS】と題し、新しい物語が生み出されました(2008年〔東宝〕配給)。

抜刀を描かない山本周五郎

小説【日日平安】より

小説【日日平安】より

黒澤明監督作品・椿三十郎は、山本周五郎の短編「日日平安」が原作です。

同短編の主人公は、北越の浪人・菅田平野(すがたひらの)です。菅田平野は空腹から飯にありつこうと切腹の真似をするたかりをします。たかった相手が藩政に悩む若・井坂十郎太だったことから、あわよくば仕官の道を得ようと悪政打倒をたきつけます。

菅田平野は知恵によって、人質となっていた井坂十郎太の伯父で城代家老・睦田清兵衛を救い出し、私腹を肥やしていた次席家老派は退治されるに至ります。こうして藩の問題は解決しました。

菅田平野はこのとき、敵方を斬ることを若侍達に禁じています。切腹沙汰になれば仕官の道が閉ざされるためという身勝手な理由でした。

また物語の最後、菅田平野は計画のあまりの成功ゆえに、かつて切腹の真似までしていた過去にさいなまれ、虚栄心と偽善とから若侍の前から逃げ出します。けれども追ってきた若侍から藩のために仕官の道を提示されたことで、「御藩の平安のために」とようやく素直に受け入れるのでした。

こうした人を斬ることもない、英雄的ではない、庶民的な主人公の姿を描き続けた山本周五郎は現在、市井の人を描く歴史・時代小説の原典となっています。

剣客・椿三十郎と抜き身

黒澤明は、日日平安の主人公を書き換えました。

当初、山本周五郎の原作通りだったものの、前作の用心棒が大ヒットしたことで同作と同様の剣客の主人公像が持ち込まれました。

若侍・井坂伊織(加山雄三:松山ケンイチ)達による藩政改革の密談を偶然聞いた浪人・椿三十郎(三船敏郎:織田裕二)は、知略とそのの腕前で若侍達の藩政改革を成功に導きます。

椿三十郎は敵方を斬ります。その行動に城代家老の睦田夫人はを抜かない心得を語ります。黒澤明・菊島隆三・小国英雄による脚本は森田芳光版では改変されることなくそのまま撮影されています。

睦田夫人
「あとの見張りの人を斬ったのもあなたでしょ?」

椿三十郎
「あなた方を助け出すのは斬る他なかったのでね」

睦田夫人
「助けられてこんなことを言うのはなんですけど、すぐ人を斬るのは悪い癖ですよ。あなたはなんだかギラギラし過ぎてますね」

椿三十郎
「ギラギラ?」

睦田夫人
「そう、抜き身みたい」

椿三十郎
「抜き身?」

睦田夫人
「あなたはのない刀みたいだし、よく斬れます。でも本当にいい斬れる刀は鞘に入っているものですよ」

物語の最後、椿三十郎と悪政派の用心棒・室戸半兵衛(仲代達矢:豊川悦司)との一騎打ちの場面が用意されます。逆抜き不意打ち斬りと呼ばれ、その血しぶきの量と相まって名場面として語り継がれる場面です。そこで、椿三十郎は若侍達に次のように語ります。

椿三十郎
「こいつはオレにソックリだ。抜き身だ。こいつもオレも鞘に入ってねえ刀だ。でもなっ、あの奥方が言った通り、本当にいい刀は鞘に入っている。おいっ、おめぇら大人しく鞘に入ってろよ」

映画【椿三十郎】より

ベストセラー【武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新】

教養書【武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新】より

教養書【武士の家計簿
「加賀藩御算用者」の
幕末維新】より

森田芳光は主演者を活かしたオリジナル脚本作を経て(主演・小雪【わたし出すわ】)、再び時代劇に挑むことになります。

歴史学者・磯田道史による教養書【武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新】(2003年刊)の映画化にあたり、監督を託されます。

江戸時代後期を生きた前田斉泰(まえだなりやす:加賀藩第12代藩主・加賀前田家第13代)のもとで御算用者だった猪山家が残した入払帳(家計簿)を分類・整理したベストセラーの映画化でした。

黒澤明最後の時代劇映画【乱】のプロデューサーで、森田芳光映画では【失楽園】でプロデュースを担当していた原正人からの呼びかけに応えました。

サムライ・シネマキャンペーン

Blu-ray【武士の家計簿】より

Blu-ray【武士の家計簿】より

武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新は、タイトルを【武士の家計簿】(2010年〔アスミック・エース/松竹〕配給)として映画化されます。

撮影地には、金沢城公園金沢市)、加賀藩十村役喜多家石川県)、大覚寺京都市)、八幡堀(近江八幡市)などが選ばれました。

公開の年、配給会社が連携して<サムライ・シネマキャンペーン>と題した取り組みがなされ、時代劇映画を盛り上げました。

池宮彰一郎原作【十三人の刺客】(〔東宝〕配給)、吉村昭原作【桜田門外ノ変】(〔東映〕配給)、池宮彰一郎原作【最後の忠臣蔵】(〔ワーナー・ブラザース〕配給)、宇江佐真理原作【雷桜】(〔東宝〕配給)、磯田道史原作【武士の家計簿】(〔アスミック・エース/松竹〕配給)が順に公開されました(2010年)。

映画【武士の家計簿】

映画では、古文書の分類・整理が重んじられていた原作を家族の物語として描きます。

猪山信之(中村雅俊)と妻の常(松坂慶子)、その子の猪山直之(堺雅人)と妻の駒(仲間由紀恵)、さらにその子の猪山成之(伊藤祐輝)と妻の政(藤井美菜)の3世代を、江戸時代後期・幕末・明治時代前期という激動のなかで描きました。

主人公は猪山直之です。猪山直之は新婚初夜にもかかわらず婚礼にかかった費用のそろばんをはじきます。自身のありさまを西永家から嫁いできた妻・駒にそろばん侍と称します。

猪山直之
「そろばん侍だ。ずいぶん違うだろう西永は武芸の家ゆえ」


「その音の方が私は好きです」

猪山直之
「猪山家の命なのだ」


「とてもきれいな音ですね」

猪山直之
「これがか? ……聞いておきたい」


「はい」

猪山直之
「これしか生きる術がない。それに、不器用で出世もできそうもない。それでも、よいか?」


「いやです……と言ったらいかがなさいます?」

猪山直之
「困る」


「(笑)」

猪山直之
「(安堵)」


「生きる術のなかに私も加えて下さい」

猪山直之
「二人で、な」


「(うなずく)」

映画【武士の家計簿】より

【武士の家計簿】【武士の献立】と脚本家・柏田道夫

Blu-ray【武士の献立】より

Blu-ray【武士の献立】より

武士の家計簿は、柏田道夫が脚本を手がけました。映画のヒットを受けて柏田道夫は、続けて【武士の献立】(監督・朝原雄三)を手がけることになります(2013年〔松竹〕配給)。

加賀藩第5代藩主(加賀前田家第6代)・前田吉徳(まえだよしのり)の時代に御膳方棟取(ごぜんがたとうどり)を務めた実在の侍・舟木伝内(西田敏行)と、息子の舟木安信(高良健吾)を取り上げます。親子は当時の全国の食材をまとめた【料理無言抄】も記しています。

劇中、舟木安信は包丁侍と呼ばれ、その舟木安信に嫁いだ妻・春(上戸彩)が主人公となっています。

その後の森田芳光

森田芳光は再び主演者を活かしたオリジナル脚本作後(主演・松山ケンイチ【僕達急行 A列車で行こう】)、病のためにこの世を去りました(2011年)。

自主制作映画の興隆、映画祭の興隆と同じ歩みを見せた森田芳光は、常に日本映画の先導的な役割を果たし続けました。黒澤明のリバイバルや時代劇映画ブームの端緒も担い、その時代劇映画では刀を抜かない心得を描きました。

森田芳光最後の時代劇映画となった武士の家計簿では、借金から家財道具が売り払われていく場面が描かれます。その場面と自身の映画作りとを引き付けて森田芳光はインタビューでこんなコメントを残しています。

「たとえ物理的にモノが無くなっても、精神的に無くならなければ、人間、大丈夫なんだ、ということを言いたいんです。そういった前向きさを表現するところに、僕が映画を撮る意味があると思いますから」

著者名:三宅顕人

森田芳光

森田芳光をSNSでシェアする

「戦後昭和生まれの刀剣・歴史映画監督(時代劇映画監督)」の記事を読む


原田眞人

原田眞人
【関ヶ原】など司馬遼太郎作品の映画化に近年取り組む原田眞人(はらだまさと)。学生時代に山手樹一郎や五味康祐、司馬遼太郎の時代小説に大いに親しみ、映画監督デビュー直後には司馬遼太郎に映画化の打診をし、断られたエピソードもあります。司馬遼太郎作品への想いは特に強く、映画監督デビューから40年以上の時を経て司馬遼太郎作品の映画化を実現させました。

原田眞人

滝田洋二郎

滝田洋二郎
【陰陽師】の監督以降、【壬生義士伝】【天地明察】など時代劇映画を多数手がけるようになった滝田洋二郎(たきたようじろう)。時代劇映画への関与はテレビ局主導の映画製作がちょうど華やかになっていく時期でした。そんな滝田洋二郎は時代劇映画ではベストセラーに寄る大作を委ねられ、原作を脚色するうえで主に斬り合いや切腹を美徳とする武士の姿が強調されます。

滝田洋二郎

石井岳龍

石井岳龍
【五条霊戦記 GOJOE】で初の時代劇映画に挑んだ石井岳龍(いしいがくりゅう)。パンク・ロックに大いに影響を受けた前衛的と評される監督作品を発表し続けています。その破壊的な世界観から静けさに耳を傾けることを主題とした音楽ジャンルのひとつ、アンビエント(環境的)になぞらえた内的世界へと関心を移すなかで発表したのが自身初の時代劇映画でした。その後2作目の時代劇映画は、パンク・ロッカーが書いた小説の映画化でした。石井岳龍監督作品では時代劇であっても常に音楽的アプローチが試みられています。

石井岳龍

中野裕之

中野裕之
SF時代劇映画【SF サムライ・フィクション】で劇場用映画監督デビューした中野裕之(なかのひろゆき)。映像監督としてミュージックビデオの黎明期から活躍し、映画監督として手がける長編映画の多くが時代劇です。ピースを自身の主題と語るその映像作品のなかでも時代劇映画では剣の腕前と平和の世が常に対立化され、観客に問いが投げかけられます。

中野裕之

田中光敏

田中光敏
【火天の城】で自身初の時代劇映画を手がけた田中光敏(たなかみつとし)。続く【利休にたずねよ】でも時代劇映画を手がけました。それらは共に山本兼一の時代小説が原作です。武士よりも技術者・職人に関心を寄せ続けた山本兼一の想いを反映し、田中光敏も技術者・職人の矜持を武士以上に色濃く描きました。

田中光敏

犬童一心

犬童一心
【のぼうの城】で自身初の時代劇映画を監督した犬童一心(いぬどういっしん)。続けて【引っ越し大名!】も手がけました。それらは現在人気の時代小説家・和田竜と土橋章宏作品が原作です。両映画では槍術・剣術と知略との組み合わせが重要な要素となっています。

犬童一心

三池崇史

三池崇史
約50年前の名作時代劇映画【十三人の刺客】と【切腹】のリメイクを託された三池崇史(みいけたかし)。両作では江戸時代に形成された「忠孝一致」を重んじる武士道の否定が描かれます。その後も同じく「忠孝一致」の否定を主題とする人気漫画【無限の住人】の映画化も託されます。三池崇史はそれらの時代劇を手がけるにあたり、万民、家族愛などを強調し、さらに現代の感覚で武士道を描きます。

三池崇史

篠原哲雄

篠原哲雄
【山桜】、【花戦さ】など自然にちなんだ時代劇映画を監督する篠原哲雄(しのはらてつお)。藤沢周平の時代小説映像化ブームのなかで時代劇映画を手がけることになりました。その自然にちなんだ題材は、自然の力によって武士の力に立ち向かおうとする意志が描かれます。

篠原哲雄

本木克英

本木克英
【超高速!参勤交代】シリーズで近年の時代劇映画ブームを後押した本木克英(もときかつひで)。大手の映画・配給会社出身という恵まれた経歴によって巨匠達の技芸を受け継いでいます。また配給会社出身の経験からその監督作では女性の観客を大きく意識した時代劇映画が目指されています。

本木克英