江戸時代

天保の大飢饉

文字サイズ

江戸時代の日本の気候は寒冷で、たびたび冷害や洪水が起こったと記録されています。異常気象が原因で凶作となり、飢饉が起こることが少なくありませんでした。なかでも「江戸四大飢饉」のひとつと言われるのが「天保の大飢饉」(てんぽうのだいききん)。1833~1836年(天保4~7年)の間に連続的に飢饉が起こり、何万人もの大量の餓死者を出したと言われているのです。天保の大飢饉について、飢饉がその後の歴史に与えた影響も含めてご紹介します。

天保の大飢饉とは

天保の大飢饉

天保の大飢饉

江戸時代の後期、1833年(天保4年)からの数年間は天候不順が重なり、関東地方から東北地方の広範囲にわたって、凶作に見舞われました。特に現在の東北地方にあたる地域における被害は甚大であり、多くの死者を出したのです。

例えば、仙台藩(現在の宮城県、及び岩手県南部)は、大規模な新田開発に力を入れ、実高で100万石を超える石高(こくだか:米の量で表した屋敷地や畑の生産高)を有している大きな藩でした。しかし、稲作に藩の財政の多くを注ぎ込むという偏った政策を行っていたため、凶作によって大きな損害が出てしまったのです。

特に、1833年(天保4年)の被害が最も甚大だったと言われており、記録によれば、この年は春から水不足になり、各地で雨乞いが続いていたと伝えられています。ところが、田植えの時期になっても、雨はほとんど降らなかったため、領地の30%以上は田植えができない状態になっていたのです。

このような異常気象は、その後も続きました。しかし、夏の土用(7月中旬~8月上旬頃)の時期になると気候は一転。暑いはずの夏であるにもかかわらず、冬のような寒さとなったことに加えて、大雨が30日間も続いたと記録されています。

さらには、収穫時期の秋になっても天候不順は続き、結果として米をほとんど収穫することができませんでした。そこで農民達は、野山に出て木の実や草の根などを食べて、飢えを凌ぐ(しのぐ)しかなかったほど、悲惨な状況に陥ったのです。

そこで仙台藩は、困窮している農民達のために年貢を免除する政策を実施。そして、食物に困っている農民には利息なしで米の貸し付けを行い、米の値段を安くして農民に与えました。

また江戸では、江戸幕府が困窮した民衆を収容する「御救小屋」(おすくいごや)を市中21ヵ所に設置し、民衆達の救済に努めます。それでも飢饉は収まらず、不満に思った全国の農民達は「一揆」や「打ちこわし」などの暴挙に出るようになったのです。

この数年間に及ぶ凶作が原因となって天保の大飢饉に発展し、全国の死者は、餓死や疫病死を合わせると、200,000~300,000人に達したと記録されています。

天保の大飢饉後

天保の飢饉後は日本各地で米や農作物の価格が上昇したため、1836年(天保7年)には、江戸幕府の直轄領であった甲斐国(現在の山梨県)で、「天保騒動」(てんぽうそうどう)と呼ばれる、一国規模の百姓一揆が起こりました。

甲斐国は、稲作よりも絹織物の製造が盛んな地域で、絹織物は地域の特産品となっており、その他にも民衆は、交通や運輸に携わる労働や林業などで、生計を立てていたのです。

ところが、天保の大飢饉の影響で米の価格は上昇し、そのうえ米の流通が減ったことが原因で、交通や運輸産業で得ていた収入が減少することに。また、人々が食べる物を買うことを優先したために、絹織物の価格が下がり、民衆の収入は激減したのです。

さらに、米の価格が上昇したのは、米穀商や豪農が米を買い占めて米を売り惜しみしているからだと考えた民衆は、米穀商や豪農を襲い、打ちこわしを行いました。

大塩平八郎の乱

大塩平八郎

大塩平八郎

その後、武蔵国(現在の東京都23区、埼玉県、及び神奈川県の一部)を始めとした各地で、百姓一揆が起こりました。なかでも「大塩平八郎の乱」(おおしおへいはちろうのらん)は特に大規模な反乱として知られています。

1837年(天保8年)には、大坂(現在の大阪府大阪市)も米不足状態に陥っていました。大坂町奉行所のもと・与力(よりき:有力武将や大名に仕える下級武士)であり、陽明学(ようめいがく:中国から伝わった儒教のひとつ)の学者でもあった「大塩平八郎」は、民衆を救済するように奉行所に提言しましたが、拒否されてしまいます。

そこで大塩平八郎は、所有する蔵書をすべて売却し、その資金を民衆の救済に充てていましたが、奉行所はそれすらも売名行為とみなしたのです。また、民衆の窮状にもかかわらず、江戸幕府は、新将軍となる「徳川家慶」(とくがわいえよし)の就任儀式のために、豪商から米を買い入れ、江戸に送っていました。

これを知った大塩平八郎とその門人達は、奉行所や江戸幕府の民衆に対する対応に大きな不満を持ち、日本刀などの武器を手に決起し、幕府への反乱を起こすことにしたのです。しかし、その直前に仲間が離反して密告し、事前に反乱の情報が漏れていたため、半日で鎮圧されてしまいます。

逃亡した大塩平八郎は、火薬を使って自決しました。失敗に終わった大塩平八郎の乱ですが、世の中に与えた影響は大きく、その後、世直しを求める声が各地で起こることに繋がったのです。その結果、1841年(天保12年)頃より、江戸幕府が「天保の改革」(てんぽうのかいかく)を行うに至りました。

天保の大飢饉

天保の大飢饉をSNSでシェアする

「江戸時代」の記事を読む


武家諸法度

武家諸法度
「武家諸法度」(ぶけしょはっと)は、江戸幕府の2代将軍「徳川秀忠」が公布した全国の大名達に規範を示した法令です。3代将軍「徳川家光」の時代には「寛永令」(かんえいれい)が出され、「参勤交代」(さんきんこうたい)の制度化などが追加されました。以降も、武家諸法度は、徳川将軍家の歴史と共に歩みを進めます。武家諸法度についてと武士とは何であるのかを見ていきましょう。

武家諸法度

大坂冬の陣

大坂冬の陣
1614年(慶長19年)11~12月、大坂で豊臣軍と徳川軍が対峙する合戦が発生しました。「大坂冬の陣」です。開戦後、早々に大坂城での籠城戦を選択し、当初は徳川軍と互角に渡り合っていた豊臣軍でしたが、徳川家康の狡猾な心理作戦に翻弄され、最終的には講和。この講和により、外堀・内堀を埋め立てられた大坂城は「裸城」になってしまうなど、結果的に豊臣宗家滅亡への引き金を引いてしまったのです。

大坂冬の陣

参勤交代

参勤交代
「参勤交代」は、江戸時代にあった制度のひとつ。徳川将軍家に対する軍役奉仕を目的とした制度であり、諸大名は1年交代で、江戸と領地それぞれに在住することが義務付けられていました。参勤交代により社会秩序が安定した他、文化の発展や交通の発達など、多くの利点があった一方で、諸藩は大きな財政難に陥り、結果として江戸幕府崩壊の一因になったとも言われています。

参勤交代

桜田門外の変

桜田門外の変
「桜田門外の変」は、尊皇攘夷派(そんのうじょういは:天皇を守るために外国勢を排除する思想を持った一派)の浪士が起こした大老「井伊直弼」暗殺事件のこと。事件後、幕府の権威は失墜し、265年続いた江戸時代も終わりを迎えることになります。

桜田門外の変

池田屋事件

池田屋事件
「池田屋事件」は、1864年(元治元年)6月5日に京都で起こった、「新撰組」による尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を守るために外国勢を排除する思想を持った一派)弾圧事件です。多くの浪士が殺害され、これにより明治維新が5年遅れたとも言われています。新撰組の名を一躍全国に轟かせるきっかけとなった池田屋事件は、どのような事件だったのでしょうか。新撰組が結成されてから池田屋事件に至るまでの経緯、及び事件後の影響などをご紹介します。

池田屋事件

江戸幕府とは

江戸幕府とは
1603年(慶長8年)、「徳川家康」が征夷大将軍に任命され「江戸幕府」を開きました。江戸幕府は、室町時代から続いてきた戦乱の世に終わりを告げ、265年におよぶ長期政権として君臨します。厳しい大名統制により政治が安定したことで経済も発展し、文化も成熟。265年間もの間、泰平の世を築いた江戸幕府についてご紹介します。

江戸幕府とは

江戸時代の服装とは

江戸時代の服装とは
天下泰平の世と言われた江戸時代は、和のファッション文化が熟成された時代でもあります。職業に応じた衣服が誕生し、武士や町人など、身分に応じたバリエーション豊かな服装が生まれました。装飾品も多彩になり、庶民の間にもオシャレや流行を楽しむ習慣が広がっていきます。一方、戦闘服だった甲冑(鎧兜)は、戦いがなくなったことにより、美術品や防具としての価値が高まっていきました。そんな江戸時代の衣服や装飾品・甲冑(鎧兜)について、ご紹介します。

江戸時代の服装とは

江戸時代の食文化とは

江戸時代の食文化とは
戦国時代が終わり、「太平の世」となった江戸時代は、商業が発展するとともに生活レベルも向上し、私達が毎日食べている日本食の原型が作られていきました。 特に、「醤油」や「みりん」といった日本独自の調味料が普及した他、そば、寿司、てんぷら、うなぎの蒲焼きなどといった外食できる屋台や店が増えたことにより、「外食文化」が定着します。そんな江戸時代の食文化について、詳しく説明します。

江戸時代の食文化とは

江戸時代の住宅(家)とは

江戸時代の住宅(家)とは
徳川家康は江戸幕府を開くと、江戸を全国の政治、経済、文化の中心地にするため、「天下普請」と呼ばれる本格的な都市計画事業を開始します。また、身分制度を確立し、階級に応じて住む場所や住居の規模、形式まで細かく規定しました。そんな江戸時代における身分や建物について、詳しくご紹介します。

江戸時代の住宅(家)とは