鬼滅の刃の登場人物

鬼殺隊や柱とは
 - 刀剣ワールド

文字サイズ

「鬼滅の刃」(きめつのやいば)の主人公である「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)が所属しているのが「鬼殺隊」(きさつたい)です。鬼と戦うために結成された組織であるこの鬼殺隊の中でも、当主にあたる「産屋敷耀哉」(うぶやしきかがや)と、鬼殺隊最強の9名の剣士を指す「柱」(はしら)は個性あふれる魅力的な人物として描かれ、特に高い人気を誇っています。なかでも炎柱(えんばしら)の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は、映画館の観客動員数2,800万人以上・興行収入歴代1位を記録した劇場版の「無限列車編」で活躍した人気キャラクター。映画館を感動の渦に巻き込みました。今回は、鬼殺隊当主のカリスマ性と最強の剣士「柱」達の特徴、そして彼らが操る「日輪刀」(にちりんとう)をご紹介しましょう。

劇場版「鬼滅の刃」上映時間スケジュール
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を上映している映画館が検索できます。
エンタメール
「エンタメール」は、日本全国の映画館・劇場・ホールを検索できる情報サイトです。

「鬼滅の刃」の「鬼殺隊」とは

鬼殺隊の頂点に立つ「当主」と「柱」

鬼殺隊とは、を狩る目的で作られた政府非公認の組織。鬼殺隊は産屋敷家により結成されましたが、その理由は鬼の頭領である「鬼舞辻無惨」(きぶつじむざん)が産屋敷一族の人間だったからです。鬼舞辻無惨は人間を鬼に変えることができ、映画館のスクリーンで死闘を繰り広げた鬼・魘夢(えんむ)と猗窩座(あかざ)も鬼舞辻無惨によって鬼となりました。

一族から鬼を出してしまった業により、産屋敷一族の者はことごとく早世するようになってしまいました。それを神主に相談したところ、「鬼となった者を倒すことに心血を注ぎなさい」との助言を受けます。そのため、鬼舞辻無惨を葬ることこそが、一族に受け継がれる悲願となったのです。このような理由から、鬼殺隊の長は代々産屋敷家の当主が務めています。

鬼殺隊をたばねる「当主」

カリスマ的能力と、強靭な精神力を持つ当主

産屋敷耀哉は、鬼殺隊を結成した産屋敷家の97代目当主です。「お館様」と呼ばれ、柱や隊士達から絶対的な信頼を寄せられています。代々、産屋敷の子は呪いのため長くは生きられないとされてきました。産屋敷耀哉も病に侵され、顔の上部から皮膚が変質していく状態で、主人公の竈門炭治郎の前に初めて現れたときにはすでに失明しています。

さらに鬼舞辻無惨と対峙した際には、起き上がることもできず床に臥す状態でした。体が弱いため、鬼との戦いの現場に出ることはありませんが、強烈な個性を持つ柱達が素直に従うカリスマ性と人望があります。そして産屋敷耀哉が持つ「f分の1ゆらぎ」の声質は、「彼の声音動作の律動は話す相手を心地よくさせる」と物語内で紹介されるほどの特殊な資質です。

産屋敷耀哉の持つもうひとつの特殊な才能が、「先見の明」。この未来を見通す力で、産屋敷家は財をなし、幾度もの危機を回避してきました。物語の後半、病床にあった産屋敷耀哉は、5日以内に鬼舞辻無惨が現れることを予見し、「岩柱」の「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)に、自分を囮にして鬼舞辻無惨を倒すよう託します。

その言葉通り、妻の「あまね」、長女「ひなき」、次女「にちか」を道連れに、鬼舞辻無惨への猛烈な憎しみと殺意を隠し抜き、仏のような笑みを貼り付けたまま壮絶な最期を遂げるのです。

この最期の様子からも、鬼舞辻無惨を倒すという一族の目的を遂げるためには家族の犠牲もいとわず、自分の命も惜しくないというリーダーとしての強靭な精神力が伝わってきます。

産屋敷耀哉は妻とともに「劇場版 無限列車編」の冒頭に登場。原作にはない映画オリジナルシーンで、亡くなった隊士の墓参りをする場面が描かれています。観客達は、映画館の画面いっぱいに映し出されたこの冒頭シーンから、映像美に引き込まれていきました。

鬼を倒すために作られた「日輪刀」

日輪刀とは

日輪刀

日輪刀

「鬼滅の刃」に登場する「鬼」は、通常の武器では倒すことができません。弱点である太陽が昇ってくるのを待つか、鬼にとって毒となる藤の花があるところへ逃げなくては助かるすべがないのです。そんな鬼から人々を守る鬼殺隊は特別な武器で鬼に対抗していきます。

鬼殺隊の剣士達が持つ特別な武器、それが日輪刀です。日輪刀は「太陽に一番近く、1年中陽が射す」と言われる陽光山でだけ採取できる、「猩々緋砂鉄」(しょうじょうひさてつ)と「猩々緋鉱石」(しょうじょうひこうせき)という特別な鉱物から作られています。

頸を斬ることで鬼を殺せるのは、この日輪刀だけなのです。次の章では、個性豊かな柱達と、その柱の身体能力に合わせて作られた日輪刀を見ていきましょう。

なお、各々のキャラクターが持つ日輪刀は「無限列車編」でも大活躍。鬼殺隊と鬼達の戦闘シーンは、映画館の観客達を興奮させました。

鬼滅の刃(日輪刀)と日本刀 YouTube動画

鬼滅の刃(日輪刀)と日本刀

鬼殺隊「柱」そのキャラクターと日輪刀

最強の9人の剣士

鬼殺隊の中で最も位の高い9名の剣士が「柱」(はしら)です。その圧倒的な強さで鬼殺隊を支える柱は、日輪刀を携え全集中の呼吸を使い、鬼と戦っていきます。

柱のメンバーには冷静さと優しさをかね備えた冨岡義勇(とみおかぎゆう)、毒を使って鬼を倒すかわいらしい見た目の胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)、その生き様が映画館を感動の渦に巻き込んだ煉獄杏寿郎らが在籍。個性豊かで魅力的な面々となっています。

水柱(みずばしら)冨岡義勇(とみおかぎゆう)

年齢19歳。「水の呼吸」の使い手です。主人公の竈門炭治郎を鬼殺隊に導いた柱でもあります。一見、無表情で口数も少なくクールに見えますが、入隊後の竈門炭治郎を気にかけ、窮状を救ってくれる根は優しい青年です。時折、天然ボケな素顔を見せることもあります。

鬼殺隊入隊前の最終選別で、友が命を懸けて助けてくれたおかげで生き延び、鬼殺隊に入隊。そのような経歴の自分が柱でいることに苦悩を抱え、他の柱達と距離をおく日々を送り、周囲からは浮いた存在でした。しかし竈門炭治郎の言葉で目が覚め、他の柱達と協力して鬼と戦うようになります。

冨岡義勇の日輪刀は細身の日本刀。(つば)の形は亀の甲羅のような六角形で、水の呼吸の属性により青い刃です。

冨岡義勇には数々の名言があります。なかでも「生殺与奪の権を他人に握らせるな」は、声優の声と相まって視聴者に強い印象を与えました。この台詞は、映画館で公開された「無限列車編」以前のストーリー「竈門炭治郎 立志編」の序盤に出てきます。

  • 冨岡義勇

    冨岡義勇

  • 冨岡義勇の日輪刀

    冨岡義勇の日輪刀

蟲柱(むしばしら)胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)

胡蝶しのぶの日輪刀

胡蝶しのぶの日輪刀

18歳。「蟲の呼吸」を使います。「めちゃくちゃ可愛いんだよ 顔だけで飯食っていけそう」と、竈門炭治郎の仲間である「我妻善逸」(あがつまぜんいつ)が独白するほど容姿端麗。常に敬語で話し笑顔を絶やさない、一見ふわりとした雰囲気の女性です。

その雰囲気とは裏腹に、笑顔で鬼に拷問すると伝えたり、「竈門禰豆子」(かまどねずこ)をいきなり殺そうとしたりするなど、過激な一面が見え隠れすることもあります。鬼に同情していた優しい姉の思いを継ぎたい気持ちと、その最愛の姉を鬼に殺された憎しみが心の奥底にあることを、竈門炭治郎に語りました。

「胡蝶しのぶ」は小柄で、スピードはあるものの力が弱く「柱」の中で唯一、鬼の頸を斬ることができない剣士です。薬学に精通しており、鬼の頸を斬る代わりに、鬼が苦手とする藤の花から抽出した毒を使って鬼を倒すことができます。

その特性を活かせるよう、胡蝶しのぶが持つ日輪刀は細く軽く、鉤爪形の先端を備えており、この先端を鬼に刺して毒を注入できる作りです。刀を鞘(さや)にしまうたびに毒の調合を変えることができ、鍔は蝶にも花にも見える形をしています。「蟲の呼吸」の属性で灰色っぽい水色の刃です。

なお、胡蝶しのぶの邸宅は「蝶屋敷」と呼ばれ、ケガした隊士達の治療所の役割を果たしている場所。主人公・竈門炭治郎らが蝶屋敷で療養・訓練する「蝶屋敷編」は、映画館の興行収入日本一を記録した「無限列車編」に続く重要な話です。

炎柱(えんばしら)煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

年齢20歳。「炎の呼吸」の使い手です。明朗快活な性格で面倒見が良く、まわりの人からも慕われています。燃え盛る炎のような金髪の髪とカッと見開いた目が特徴です。代々炎の呼吸を継承する煉獄家の出身で、父親も元炎柱でした。

父親はある日突然剣士をやめて、子供達への剣の指導も放棄し、世捨て人のような生活をするようになりますが、「煉獄杏寿郎」は自力で炎の呼吸を極め、柱にまで上り詰めるほど剣の道を極めていったのです。

亡き母の「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務である」という教えを心に刻み、人々を守ることを第一としています。無限列車での戦いにおける上弦の参「猗窩座」(あかざ)との死闘で、自らの命を犠牲にし、200人以上の命を守り通しました。炎の呼吸の属性で、日輪刀は赤です。刀身には燃え立つ炎の波紋が現われています。

このエピソードは「無限列車編」として映画館で公開され、観客達を魅了しました。

炎をかたどった鍔は、煉獄杏寿郎の死後、竈門炭治郎に引き継がれています。

  • 煉獄杏寿郎

    煉獄杏寿郎

  • 煉獄杏寿郎の日輪刀

    煉獄杏寿郎の日輪刀

音柱(おとばしら)宇髄天元(うずいてんげん)

宇髄天元の日輪刀

宇髄天元の日輪刀

年齢23歳。「音の呼吸」の使い手です。宝石をちりばめた額当てにフェイスペイント、イヤーカフにネイルカラーと、たいへん派手な格好が印象的で、自らを「派手を司る神」、「祭りの神」と称しています。

忍(しのび)の末裔であり、忍の次期頭領として育てられてきました。しかし、忍としての理想を追い求めるあまり、人を物や道具としてしか見ない父や弟の姿を見て違和感を抱き、「あんな人間になりたくない」と痛感。もと「くノ一」(くのいち)の妻達と里抜けをして鬼殺隊に入隊します。

「宇髄天元」は3人の妻をとても大切にしており、任務より妻達自身の命を優先するよう命じるほどでした。宇髄天元の日輪刀は持ち手同士が鎖で繋がれ、包丁のような形で柄に近い部分が丸く欠けています。刃は橙色です。

多くの人が映画館で鑑賞した「無限列車編」に続いて、2021年(令和3年)には「遊郭編」と呼ばれるストーリーがアニメ化。「遊郭編」では、宇随天元と竈門炭治郎らが鬼が住み着いた遊郭に向かいます。

霞柱(かすみばしら)時透無一郎(ときとうむいちろう)

年齢14歳。「霞の呼吸」の使い手です。刀を握って2ヵ月という短期間で柱となった天才剣士であり、当代最年少。すべての呼吸の始まりとされる「日の呼吸」の使い手の子孫です。鬼に最愛の双子の兄を殺されたことがショックで、鬼殺隊に入隊する前の記憶をなくしています。基本的に無表情で、他人に対して無関心です。

しかし、刀鍛冶の里で竈門炭治郎と再会し、彼の「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる」という言葉をきっかけに、徐々に記憶が回復していきました。「無限列車編」では映画館で勇ましい戦いを見せた竈門炭治郎ですが、その「人を思う気持ち」が時透無一郎を変えていったと言えます。

周囲に無関心で人の名前すら覚えられなかった時透無一郎でしたが、戦いの最中、刀鍛冶に「俺のために、刀を作ってくれてありがとう。鉄穴森[かなもり]さん」と感謝を伝え、記憶と人間らしさをとり戻しました。

時透無一郎の日輪刀は一般的な日本刀の形ですが、鍔は金縁の四角を重ねた独特なデザイン。霞の呼吸の属性で白い刃です。

  • 時透無一郎

    時透無一郎

  • 時透無一郎の日輪刀

    時透無一郎の日輪刀

恋柱(こいばしら)甘露寺蜜璃(かんろじみつり)

甘露寺蜜璃の日輪刀

甘露寺蜜璃の日輪刀

年齢19歳。「恋の呼吸」の使い手です。桜色と緑色の髪色が特徴の女性。とても惚れっぽい性格で、男女にかかわらず小さなことでもすぐにときめきます。性格は優しく社交的です。

「甘露寺蜜璃」は特殊な体質で、筋肉繊維の密度が普通の人間の8倍にも及び、一見華奢な体からは想像できないくらいの怪力。そのため多量のエネルギーを必要とし、食事量は相撲取り3人分を超えています。

この体質と髪の毛の色が原因で、お見合いに失敗した過去があり、一度は自分らしさを隠して結婚を選ぼうとしました。しかし、「私が私のまま できること 人の役に立てることあるんじゃないかな?」と、鬼殺隊に入隊。竈門炭次郎に入隊理由を質問されたときは、「添い遂げる殿方を見つけるためなの!!」と答えました。

なお、甘露寺蜜璃は、その戦闘シーンで映画館の観客を興奮させた煉獄杏寿郎のもとで「炎の呼吸」を学んでいます。オリジナリティーの高い「恋の呼吸」を生み出したことから、独立して恋柱となりました。

甘露寺蜜璃は薄い鋼(はがね)でできた特殊な日輪刀を使います。刀鍛冶の里の長「鉄地河原鉄珍」(てっちかわはらてっちん)の作った刀です。リボンのようにしなやかな動きをし、高速で攻撃できます。人並み外れた筋力と柔軟性を持つ甘露寺蜜璃にしか扱えない日輪刀です。

鍔は四葉のクローバーの形をしており恋の呼吸の属性で桜色となっています。

岩柱(いわばしら)悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

悲鳴嶼行冥の日輪刀

悲鳴嶼行冥の日輪刀

年齢27歳。「岩の呼吸」の使い手です。柱の剣士達の中では最古参で最年長、最強の実力を持っている、柱のまとめ役的な存在です。その実力の高さについて、映画館で公開された「無限列車編」で大活躍の竈門炭治郎は「匂いが全然違う」、嘴平伊之助は「鬼殺隊最強」と評しました。常に数珠を持ち念仏を唱えており、盲目で非常に涙もろく、多くの場面で慈悲の涙を流しています。

かつては寺で身寄りのない子供達を集めて一緒に暮らしていましたが、寺が鬼に襲われてしまうという経験をしました。

しかも、生き残った子供が恐怖のあまりうまく話せず「あの人がみんな殺した」と証言。「悲鳴嶼行冥」は冤罪で投獄されることに。産屋敷耀哉により助け出され鬼殺隊に入隊するも、子供に対して不信感を持つようになったのです。そのため、竈門炭治郎と竈門禰豆子を信頼するまでに、長い時間を要しました。

悲鳴嶼行冥の日輪刀は他の剣士のような日本刀ではなく、鉄球と斧を鎖で繋いだような形状です。鍛え上げた肉体を持つ彼だからこそ使いこなせる日輪刀で、攻撃する際は斧と鉄球の他に、鎖部分で鬼の頸を絞めて致命傷を与えることもできます。岩の呼吸の属性で刃は灰色です。

蛇柱(へびばしら)伊黒小芭内(いぐろおばない)

伊黒小芭内の日輪刀

伊黒小芭内の日輪刀

年齢21歳。「蛇の呼吸」の使い手です。生まれつき左右で異なる色の瞳を持ち、口の部分を包帯で覆っているのが特徴的。「鏑丸」(かぶらまる)という白い蛇と常に行動を共にしています。

気難しく、何かと嫌味や皮肉が多い性格です。女性ばかりの家に生まれ、その家を支配する蛇型の鬼の生贄にされるべく育てられた「伊黒小芭内」は、家から逃げ出し鬼殺隊に入隊。その影響もあって女性不信でしたが、屈託のない恋柱の甘露寺蜜璃には特別な感情を抱いています。

竈門炭治郎に対して厳しく当たったり、鬼となっている竈門禰豆子を認めなかったりという面がある伊黒小芭内ですが、鬼舞辻無惨との戦いでは竈門炭治郎と共闘。映画館で煉獄杏寿郎が観客を感動させたように、漫画の読者達はその戦いぶりに圧倒されました。

伊黒小芭内の日輪刀は、蛇のようにうねった形状の刀身です。彼の極めた蛇の呼吸は水の呼吸から派生した流派で、鍔は緑色をしており、蛇の紋様が彫られています。蛇の呼吸の属性で刃は薄紫色です。

風柱(かぜばしら)不死川実弥(しなずがわさねみ)

不死川実弥の日輪刀

不死川実弥の日輪刀

年齢21歳。「風の呼吸」の使い手です。髪は白色の短髪で、顔面や身体に多くの傷跡があります。粗暴な言動が多く、短気な性格ですが、産屋敷耀哉に対する絶対的な尊敬の念と、他の柱との協調性もあるなど、常識的な一面も。ただし、竈門炭治郎とは犬猿の仲です。

かつて「不死川実弥」が兄弟を守りたい一心で殺した鬼は、実は鬼になってしまった母親でした。夜が明け、そのことが分かったとき、たったひとり残った弟の「不死川玄弥」(しなずがわげんや)に責められます。弟には鬼とは縁のない幸せな生活を送ってほしいという思いもあり、弟から離れて鬼殺隊に入隊。

ところが不死川玄弥もあとを追うように入隊してしまいました。素直に気持ちが伝えられない不死川実弥は、再会した不死川玄弥に「テメェみたいな愚図、俺の弟じゃねぇよ」と言い放ってしまいます。不死川兄弟が和解するまでには時間が必要でした。

2020年(令和2年)12月にはアニメ第22~26話を特別編集した「柱合会議・蝶屋敷編」が放送されました。映画館で公開された「無限列車編」に続くストーリーとなっていて、もちろん不死川実弥も登場。竈門禰豆子に刀を向け、鬼の本性を明らかにしようとしました。

不死川実弥の日輪刀は普通の日本刀ですが、波のようなギザギザの模様が入っています。風の呼吸の属性で緑色の刃、鍔は8つのひし形が円形に収まった風車のような形です。

鬼殺隊や柱とは

鬼殺隊や柱とはをSNSでシェアする

「鬼滅の刃の登場人物」の記事を読む


人気キャラクターランキング

人気キャラクターランキング
平成から令和にかけて大ヒットした「鬼滅の刃」。マンガ・アニメだけでなく、劇場版も大ヒット。コロナ禍で大打撃を受けていた映画館を救ったと言われるほどです。そんな鬼滅の刃の人気を支えるのが、個性豊かな数々のキャラクター。鬼を斬る勇ましい姿や仲間や家族を思う優しい心を持つ「鬼殺隊」、あるいは「鬼」として変幻自在に戦う多彩なキャラクター達が、作中とても魅力的に描かれています。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で開催された第1回・第2回のランキング結果と順位変動の関係について、刀剣ワールド財団が考察。キャラクター総数およそ110名の人気投票結果をもとに、上位キャラクターの人気の理由に迫りました。映画館のスクリーンで活躍を見せたキャラクター達もランクインしています。(※ストーリーの展開に言及していることがあります。)

人気キャラクターランキング

最強キャラクターランキング

最強キャラクターランキング
マンガやアニメが大ヒットし、映画館の興行収入が日本一を記録した「鬼滅の刃」。子どもから大人まで夢中になる魅力を持っています。泣けるエピソードやコミカルな場面も魅力ですが、鬼滅の刃を語る上で欠かせないのが鬼気迫る戦闘シーン。アニメはもちろん、劇場版の戦闘シーンも素晴らしく、何度も映画館で鑑賞している方もいます。「呼吸」や「日輪刀」(にちりんとう)を駆使した数々の死闘は、記憶に残る名場面ばかり。「柱」(鬼殺隊のなかでも最も位の高い9名の剣士)をも圧倒する強さを持つ鬼も登場します。物語に登場した呼吸や「血鬼術」、闘いの実績をもとに「鬼滅の刃最強キャラクター」を考察。刀剣ワールド財団で強さの秘密を分析した最強キャラクターを10位からランキング順にご紹介します。(※各キャラクターの過去やストーリーの展開に触れていることがあります。)

最強キャラクターランキング

主な登場人物

主な登場人物
原作漫画をはじめ、アニメや映画まで展開し、今後も様々なコンテンツへの躍進が期待される「鬼滅の刃」(きめつのやいば)。原作漫画は累計発行部数が1億5,000万部を超え、劇場版における映画館の観客動員数は2,500万人以上となっています。また、映画館入場特典としてシールやカードなども続々と配布されました。ここでは、主な登場人物の性格やプロフィールなどと共に、登場人物が持つ「日輪刀」(にちりんとう)の特徴もご紹介します。

主な登場人物

鬼滅の刃に登場する鬼

鬼滅の刃に登場する鬼
「鬼滅の刃」(きめつのやいば)の敵役である「鬼」は、人間を主食としている恐ろしい生き物です。驚くほど高い再生能力や超人的な身体能力を持っており、人を喰らうことで生命の維持と能力強化を図るのです。 鬼達は、映画館での興行収入が日本一を記録した劇場版「無限列車編」にも登場。映画は主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)をはじめとしたキャラクターと、鬼の戦闘シーンの映像が素晴らしいと評されました。公開当初から、何度も映画館に足を運んだ方もいます。そんな「鬼滅の刃」に登場する鬼について、詳しくご紹介しましょう。

鬼滅の刃に登場する鬼

注目ワード
注目ワード