歴史上の実力者

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

文字サイズ

最強のナンバー2と呼び声も高い「直江兼続」(なおえかねつぐ)。幼い頃から「上杉謙信」のもとで、兄弟のように育った「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)とはまるで一心同体!?上杉景勝が「徳川家康」から謀反の疑いをかけられたときには、まるで自分のことにように怒ることもありました。

上杉景勝と直江兼続、友情を育んだ幼少期

上杉謙信」の養子である「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)は、1555年(弘治元年)に越後(現在の新潟県)の「坂戸城」(さかどじょう:現在の新潟県南魚沼市)の城主「長尾政景」(ながおまさかげ)の次男として生まれました。もともと長尾家出身の上杉謙信とは縁戚関係にあり、1564年(永禄7年)に実子のいなかった上杉謙信の養子となりました。

直江兼続

直江兼続

一方、「直江兼続」(なおえかねつぐ)は、1560年(永禄3年)生まれ。越後国魚沼郡上田庄坂戸城にて、上杉家の家臣「樋口兼豊」(ひぐちかねとよ)の嫡男として生まれました。

幼い頃から聡明で、上杉景勝の母であり上杉謙信の姉でもある「綾御前」(あやごぜん)のちの「仙桃[洞]院」(せんとういん)に請われ、6歳の頃から上杉景勝に仕えました。

以降、主従関係にありながら幼なじみでもある2人は、上杉謙信のもとで「義」の心を学びながら絆を深めていきました。

  • 直江兼続のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 上杉謙信のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 直江兼続のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 上杉謙信のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 上杉景勝のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 綾御前(仙桃[洞]院)の活躍するまでの経緯や、成し遂げた偉業などをご紹介します。
  • 上杉家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。
  • 「坂戸城跡」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

上杉景勝を上杉家当主へと導いた直江兼続

上杉景勝

上杉景勝

1578年(天正6年)3月9日に上杉謙信が急逝すると、「上杉景虎」と上杉景勝との間で「御館の乱」(おたてのらん)と呼ばれる後継者争いが勃発します。

上杉景虎も上杉謙信の養子のひとりで、もともとは「北条氏康」(ほうじょううじやす)の七男。

1570年(永禄13年)に「越相同盟」(えっそうどうめい:越後の上杉謙信と相模(現在の神奈川県)の[北条氏政]との間に締結された同盟)締結の証として上杉謙信の養子になりました。

北条氏とその同盟国である甲斐武田氏をバックに持つ上杉景虎に対抗するため、直江兼続は彼らの手が及ぶ前にいち早く「春日山城」(現在の新潟県上越市)の本丸と金蔵を確保。3月24日には上杉景勝が、自分が後継者であることを宣言します。

対する上杉景虎は、春日山城を脱出して上杉謙信が関東管領「上杉憲政」(うえすぎのりまさ)の居館として建てた御館に立て籠もり、チャンスをうかがいます。そして、上杉景虎の兄の北条氏政が「武田勝頼」(たけだかつより)に協力を要請。

すると、直江兼続はすでに確保していた莫大な軍資金から武田勝頼に賄賂を進呈し、見事、武田勝頼を寝返らせると「甲越同盟」(こうえつどうめい:甲斐の武田勝頼と越後の上杉景勝との間に締結された同盟)を締結してしまったのです。

勢いに乗った上杉景勝は、翌1579年(天正7年)2月に御館に総攻撃をしかけました。上杉景虎は逃亡中に寝返った家臣によって追い詰められ、自害したと言います。

  • 武田勝頼のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 「春日山城跡」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

殿様、旦那と呼ばれた上杉景勝と直江兼続

お船の方

お船の方

まだ樋口姓だった直江兼続が直江姓になるのは、1581年(天正9年)のこと。

上杉景勝の重臣であった「直江信綱」(なおえのぶつな)が、御館の乱の恩賞に不満を持つ「毛利秀広」(もうりひでひろ)に殺害されるという事件が起こります。

これを受けて、直江家が断絶することを惜しんだ上杉景勝が、未亡人となった直江信綱の妻「お船の方」(おせんのかた)と直江兼続を結婚させ、直江兼続を直江家の当主に据えたのです。

晴れて直江姓を名乗るようになった直江兼続は、上杉景勝のもとで内政・外交の取次のほとんどを担当するようになりました。家臣達は上杉景勝のことを「殿様」、または「上様」と呼び、直江兼続のことを「旦那」と呼んでいたのだとか。

直江兼続は上杉景勝や上杉家にとって欠かせない存在となっていたことが分かります。

お船の方の活躍するまでの経緯や、成し遂げた偉業などをご紹介します。

上杉家の窮地を救った直江兼続

上杉謙信の死後、かねてより対立関係にあった「織田信長」は、御館の乱の混乱に乗じて攻勢を強め、上杉家はあわや滅亡かというところまで弱体化してしまいました。

しかし、織田信長の家臣「明智光秀」が起こした謀反「本能寺の変」により、上杉家は九死に一生を得ます。「豊臣秀吉」が天下を統一すると、直江兼続は上杉家を再建するため豊臣秀吉に急接近。側近の「石田三成」と親交を深め、豊臣秀吉の信頼を勝ち取ることに成功したのです。

1598年(慶長3年)には上杉景勝が、越後から会津(現在の福島県の西部)に120万石へと加増移封を命じられ、直江兼続にも出羽米沢に60,000石が与えられました。これは、上杉景勝が会津から関東の「徳川家康」に睨みを利かせ、「伊達政宗」のいる東北への出入り口である出羽米沢を直江兼続に守らせることを目的とした人事でした。東国の人脈に乏しかった豊臣秀吉にとって、上杉家はなくてはならない存在になっていたのです。

  • 織田信長のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 明智光秀のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 豊臣秀吉のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 伊達政宗のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 伊達政宗のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!
  • 武将達が戦った本能寺の変の古戦場をご紹介!

上杉家を守るための直江兼続の苦肉の策

徳川家康

徳川家康

上杉景勝が会津に国替えをして間もなく豊臣秀吉が没し、徳川家康が天下取りに向けて動きだします。

この頃、会津と越後の間でちょっとしたもめごとがありました。越後に半分残しておくべき年貢を、なんと、直江兼続がすべて会津に持ち出していたのです。

後任の越後国主「堀秀治」(ほりひではる)は返還を要求しますが、直江兼続はこれを拒否。怒った堀秀治は上杉家が謀反を企てていると徳川家康に訴えました。

徳川家康は外交僧であった「西笑承兌」(さいしょうしょうたい)を会津に派遣して、上杉景勝に上洛して説明するように言いますが、直江兼続はかの有名な「直江状」を徳川家康に送り、「讒言[ざんげん:事実を曲げて、ありもしないことを告げ口すること]した者に尋ねて調べるのが当然なのにそれをしないのは、徳川家康様の方こそ裏表があるのではないですか」と辛辣に反論したのです。

徳川家康はこれに激怒し「会津征伐」へと突入。「関ヶ原の戦い」で石田三成率いる西軍が敗北すると、西軍であった上杉家家臣の直江兼続は、ただちに兵を引き上げ、上杉家を守るために渾身の謝罪をし、徳川家康への恭順を誓ったと言います。

その結果、上杉景勝は出羽米沢300,000石へと減封。直江兼続は、徳川家康の重臣の子らと自身の子を結婚させることで、上杉家に貢献しますが、そののち直江家は断絶してしまいます。このお家断絶は、直江兼続が上杉家の衰退を招いたことに責任を感じ、上杉家の財政を助けるための策と考えられています。実際、直江兼続の家臣の多くが、娘婿で加賀藩家老の「本多政重」(ほんだまさしげ)を頼って加賀藩に仕官し、円満にリストラできたと言います。

  • 徳川家康のエピソードや、それに関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
  • 歴史上の人物が活躍した関ヶ原の戦いをご紹介!
  • 武将達が戦った関ヶ原の戦いの古戦場をご紹介!
  • 合戦の街 関ヶ原
    「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
  • 岐阜関ケ原古戦場記念館がオープン!
    決戦の地「関ヶ原」ならではの体験型記念館「岐阜関ケ原古戦場記念館」をご紹介します。

上杉謙信の影響を受けた文人・直江兼続

直江兼続は、生涯学問の人であったとしても知られています。上杉景勝の側近として春日山城に入った直江兼続は、学問を志す上で恵まれた環境にあり、城主である上杉景勝の養父・上杉謙信も学問に対して熱心な人物でした。

春日山城で学問の基礎を築いた直江兼続にとって、政務により度々上洛(地方から京都に行くこと)することは、文人として活躍する絶好の機会となりました。「五山文学」(ござんぶんがく)と称される、儒学を中心とした漢文学を学ぶとともに禅僧との交流を深め、中国の史書や古典などを積極的に集めました。また直江兼続は、1592年(文禄元年)の「朝鮮出兵」の際にも、貴重な書物を持ち帰っています。

直江兼続の学問に対する情熱と才能は、書物の収集だけではなく自らが漢詩を詠むに至りました。直江兼続の漢詩は、1句に7語、全部で4句28語の漢字をひとつの詩にしたもので、「七言絶句」(しちごんぜっく)と呼ばれます。上杉謙信の漢詩好きに影響を受けたのかもしれません。

1618年(元和4年)直江兼続は、上杉家とも強い結び付きがあり、日本最古の学校と言われている「足利学校」で修行した「九山和尚」(きゅうざんおしょう)を米沢に呼び寄せ、「禅林寺」(現在の法泉寺:ほうせんじ)を開山し、学問所「禅林文庫」(ぜんりんぶんこ)を創建します。禅林寺には、直江兼続と九山和尚が集めた書物を備え、米沢藩士の学び舎として活用されていました。

残念ながら直江兼続は、禅林文庫が創建された翌年の1619年(元和5年)に病没、直江兼続の死後わずか数年で禅林文庫は廃校になってしまいました。

「直江兼続 甲冑写し」のYouTube動画

直江兼続 甲冑写し

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~

直江兼続 ~上杉家を支えた知将~をSNSでシェアする

「歴史上の実力者」の記事を読む


高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~
久坂玄瑞(くさかげんずい)とともに「松下村塾の双璧」と呼ばれる吉田松陰(よしだしょういん)の愛弟子、高杉晋作(たかすぎしんさく)。尊王攘夷の志士として討幕を成し遂げた功績の影には、師の教えと、師をして「余の及ぶところではない」と言わしめた精識さがありました。

高杉晋作 ~吉田松陰の愛弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~
幕末の志士、坂本龍馬が師とあおいだ勝海舟。勝海舟と出会うことによって世界の大きさを知った坂本龍馬は、1862年(文久2年)から1867年(慶応3年)までのわずか5年の間に、薩長同盟の締結や大政奉還に貢献し、亀山社中(海援隊)を組織。そして31歳の若さで散っていきました。

坂本龍馬 ~勝海舟の1番弟子~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~
「西郷隆盛」、「大久保利通」、「坂本龍馬」、「桂小五郎」らと並び、明治維新の十傑のひとりでありながら、表には出てこない陰の存在、「小松帯刀」(こまつたてわき)。幕末動乱期において「英明の君主」(英明とは、優れて賢いこと)と称された「島津斉彬」(しまづなりあきら)の死後、小松帯刀は若干27歳にして薩摩藩を背負って立ちます。そして「薩摩の小松、小松の薩摩」と言われるほど活躍し、幕末から明治維新にかけて薩摩藩の躍進を支えました。しかし、小松帯刀は明治維新後わずか3年、病によりこの世を去ります。もし生きていれば、西郷隆盛、大久保利通らを超える歴史的知名度があったと言っても過言ではない、有能すぎるナンバー2・小松帯刀を紹介します。

小松帯刀 ~維新十傑のひとり~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~
お白州(おしらす)で繰り広げられる「大岡裁き」は、テレビ時代劇ではお馴染み。数々の名俳優が演じ、天下の名裁きで視聴者を魅了する大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)は、実在した人物です。 名君・徳川吉宗(とくがわよしむね)の側近として、40歳という異例の若さで南町奉行に就任。そして8代将軍・徳川吉宗の治世、最大の出来事「享保の改革」では、徳川吉宗を支えたナンバー2として多大な功績を残しました。

大岡越前守忠相 ~徳川吉宗を名君にした名奉行~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~
徳川第6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)に仕えた江戸時代中期の朱子学者「新井白石」(あらいはくせき)。幕政を実質的に主導し、側用人「間部詮房」(まなべあきふさ)とともに「正徳の治」(しょうとくのち)を行なった政治家としても活躍しました。並みの儒学者では太刀打ちできない学識と理想を貫き通す信念を持ち、理想の政治を行なうためなら将軍にも屈しない「鬼のナンバー2」として幕政を牽引していました。日本医学の基礎を築いた天才「杉田玄白」(すぎたげんぱく)からも「生まれながらの天才」と絶賛された新井白石とは一体どんな人物だったのでしょうか。

新井白石 ~6代将軍徳川家宣の侍講~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~
徳川家康の三大好物と言われる「佐渡殿、鷹殿、お六殿」の佐渡殿とは、江戸幕府の老中で佐渡守の本多正信(ほんだまさのぶ)のこと。愛してやまない鷹狩や側室のお六の方(おろくのかた)に匹敵するほど、徳川家康にとって大切な存在「本多正信」とは?

本多正信 ~水魚の交わりと言われた徳川家康の参謀~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~
日本の師走の風物詩と言えば「忠臣蔵」。薄暗い夜明け前、雪が降り積もる江戸の町を行く揃いの半被…、この隊列を率いるのは赤穂藩のナンバー2、大石内蔵助。 主君の汚名を返上するために戦った家臣達の物語は、人形浄瑠璃や歌舞伎の題材にもなり、様々な脚色を加えられながら時代を超えて語り継がれています。

大石内蔵助 ~主君への忠義を貫いた武士~

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

井伊直政 ~徳川家康の右腕~
徳川四天王や徳川三傑に数えられ、徳川家康の天下取り、最大の功労者とも言われる井伊直政(いいなおまさ)。絶世の美男子でありながら、戦での勇猛な姿は「伊井の赤鬼」とも言われたとか。その素顔と功績をたどってみましょう。

井伊直政 ~徳川家康の右腕~

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~
独眼竜・伊達政宗のために一生をささげた男、片倉小十郎景綱(かたくらこじゅうろうかげつな)。名参謀でありながら、ときには師のように、ときには父や兄のように、公私から伊達政宗を支え、豊臣秀吉や徳川家康も欲しがった人物です。

片倉小十郎景綱 ~伊達政宗の右目となった男~

注目ワード
注目ワード