五月人形の基礎知識

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

文字サイズ

男の子の健やかな成長を願って祝われる5月5日の「こどもの日」。「端午の節句」(たんごのせっく)とも呼ばれるこの日には多くの家庭において、「鯉のぼり」と共に「五月人形」が飾られます。生まれてから初節句となる場合には、この五月人形を準備することになりますが、「いったい誰が買うのが良いの?」、「購入するときに注意することはある?」といった、様々な疑問を持つご両親もいるのではないでしょうか。そんな疑問にお答えすると共に、初めて五月人形を購入する際の注意点なども併せて解説します。

五月人形は誰が買う物?

端午の節句

端午の節句

五月人形は、以前であれば「母方の両親」、すなわち子どもにとっての「母方の祖父母」が購入する家庭が多く見られました。

その背景にあったのは、昔は娘が嫁ぐと実家になかなか帰って来られなかったという慣わしです。

そのため、孫となる男の子が誕生した際に、母方の祖父母が五月人形を購入し、それを届けることを口実として娘のもとへ会いに来ていたと考えられています。

母方の祖父母が五月人形を用意する風習は全国的に見られていましたが、地域によっては父方が用意するところも。これは、甲冑飾り(鎧飾り)である五月人形は、言わば武家社会の象徴であることが理由のひとつ。武家社会において最も重要なのは、「御家」(おいえ)を存続させることにあるため、父方が購入した五月人形を、端午の節句に飾る地域もあったのです。

このように両親の出身地が異なれば、五月人形のみならず、いろいろな年中行事や風習に違いが見られるのは当たり前のこと。さらに現代においては、両家で折半したり、実家のご両親から頂いたお祝い金で購入したりと、各家庭で多種多様なケースが見られます。

いずれにしても、五月人形を購入する際には地域で異なる風習なども考慮し、両家の両親を含めてしっかりと検討することが大切です。

次男・三男がいる場合の五月人形は誰が買うのが良い?

長男に続いて次男、三男というように、男の子の兄弟が他にいる場合、五月人形は、できればそれぞれに準備したいところ。と言うのも五月人形は、子どもに降りかかる災難や厄などを引き受ける身代わり、つまり子どものお守りであると信じられているため、兄弟でひとつの五月人形を飾ると、その効果が半減すると言われています。

以前であれば、その家の跡継ぎとなる長男にだけ、五月人形を贈る家庭もありました。ところが現代においては、五月人形が子どもの身代わりとなることから、個別に準備して平等に飾ってあげたいと考える両親や祖父母が増えてきているのです。

それでは、次男や三男用の五月人形は、誰が購入するのが良いのでしょうか。これは、長男のときと同様に、厳密な決まりなどはありません。しかし、子どもの両親、あるいは父方と母方の祖父母、いずれかの家庭ばかりが負担することはやはり大変なこと。そのため、次男には父方から、三男には母方から贈る、あるいは両家で購入金額を折半するなど、五月人形を誰が買うのかについては各家庭で異なっています。

子どもの幸せと健康を願って、端午の節句をお祝いに飾る大切な五月人形。両家のご両親を交えて相談し、それぞれが納得のいく形で五月人形を準備するようにしましょう。

祖父母に五月人形を買って貰うときの注意

甲冑飾り

甲冑飾り

前述してきた通り、五月人形を誰が買うのかを決めるときに最も重要なのは、両家の祖父母とのコミュニケーションを密に取ることです。

以前には、母方の祖父母が五月人形を購入していたと説明しましたが、これには娘に会うという口実の他にも理由があります。

それは、「父方ばかりに負担をかけすぎないようにする」ということ。核家族化が進む現代の日本では減少傾向にありますが、かつては父方の祖父母と同居する世帯が多く見られていました。そのため、端午の節句のお祝いは、娘家族が住む「父方の実家」に集まって行うことが主流となっていたのです。

そうすると、お祝いの席で頂くお料理やおもてなしの準備などは、父方の実家がすべて引き受けることになります。これでは恐縮してしまうことから、五月人形については、母方の祖父母が購入するケースが一般的であったと言われているのです。

しかし、現代では考え方や事情に合わせて、誰が五月人形を買うのかについて決める家庭がほとんど。父方と母方の祖父母、お互いが「こちらで購入したい」、あるいは「準備はあちらにお任せする」というように考えている場合もあるので、両家がお伺いを立てやすいように子どもの両親がパイプ役となり、全員が円滑な意思疎通を図れるようにすることが重要だと言えます。

また、五月人形の購入について両家で相談する際には、「誰が買う?」ということはもちろんのこと、両家ともの祖父母から五月人形を贈りたいと希望された場合には、「誰がどんな物を買うのか」という点について決めておくこともポイント。似たような、もしくはまったく同じような五月人形が届いてしまうことがあれば、せっかくのお祝いの席が台無しになり、これから先、両家の関係が悪くなることにも繋がります。

子どもが成長した喜びを分かち合って楽しくお祝いするためにも、両家との密なコミュニケーションは、やはり欠かせないのです。

五月人形のお下がりは大丈夫?

日本刀が各武家に伝来したように、それぞれの家庭にある大切な物が代々受け継がれるのは、「伝統を守る」意味でも非常に喜ばしいこと。ところが前述したように、「子どものためのお守り」という側面がある五月人形については、その限りではありません。

子どもの父親や兄の「お下がり」を譲り受けた五月人形を端午の節句のお祝いに飾ると、その持ち主の身に起こった災難や厄などについても、一緒に受け継ぐことになってしまうと考えられているのです。

小さめの兜飾り

小さめの兜飾り

しかし、現代における日本の住宅事情では、甲冑のパーツをすべて揃えた五月人形を兄弟の人数分用意しても、それらを飾るスペースがないことも実情。

そのような場合には、小さめの飾りや武者人形などを五月人形として飾りましょう。大切な子どもの成長を願う両親や祖父母の想いが込められていれば、大きさなどは関係ないのです。

五月人形は「誰が買う」よりも「誰のために」を大切に

ここまで「五月人形は誰が買うべきか」ということについて解説してきましたが、大前提として忘れてはいけないのは、「誰のための五月人形なのか」という点です。

端午の節句をお祝いする際に、子どものお守りとして飾られる五月人形は、その多くが甲冑や兜を模して作られています。戦国時代の武将達にとっての甲冑は、激しい戦いを繰り広げる合戦の場において、敵の攻撃から身を守るために使われていた大事な武具のひとつ。そのような甲冑の役割を踏まえて、五月人形には武将が戦場で装備した甲冑の意匠が用いられています。

他の誰でもない、大切な我が子や孫が、無病息災でこれからの人生を過ごせるようにと、両親や祖父母の切なる願いが込められているのが五月人形なのです。

そのため五月人形を購入する際には、「誰が買うのか」ということにこだわり過ぎず、子どもの成長と幸せを思い描いて、「誰のために買うのか」ということを心に留めておきましょう。そうすることで端午の節句のお祝いが、子どもにはもちろんのこと、その両親や両家の祖父母にとっても、ずっと心に残り続ける大切な思い出となるのです。

戦国武将
歴史を動かした有名な戦国武将のエピソードや関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
武将・歴史人の日本刀
武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
武具・書画・美術品の基礎知識
武具・書画・美術品に関する基礎知識を、様々なカテゴリ(テーマ)に分けて詳しくご紹介します。

「五月人形とは」YouTube動画

「五月人形とは」YouTube動画

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説をSNSでシェアする

「五月人形の基礎知識」の記事を読む


全国の人形店一覧(五月人形)

全国の人形店一覧(五月人形)
全国の人形店一覧(五月人形)では、端午の節句の「五月人形」や、桃の節句の「ひな祭り」などに贈り・飾られる節句人形を販売する五月人形販売店(全国の人形店)情報を都道府県別に一覧でご紹介。各都道府県にある人形店(五月人形)の人形店名(販売店名)や所在地、電話番号がご確認できます。

全国の人形店一覧(五月人形)

端午の節句の由来と五月人形

端午の節句の由来と五月人形
現代では男の子が誕生すると、名の知られた武将達所用の甲冑を模した「五月人形」を兜や太刀などと共に、「端午の節句」(こどもの日)に飾る風習があります。現代でも「年中行事」のひとつとしてお祝いされる端午の節句ですが、そもそも端午の節句の始まりは、どのようなことに由来しているのでしょうか。時代と共に変化してきた端午の節句について、過去にさかのぼってその変遷を見ていくと共に、端午の節句と五月人形の関係についてもご説明します。

端午の節句の由来と五月人形

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形と鯉のぼりの由来
「端午の節句」(たんごのせっく)として知られる「こどもの日」は、男の子の成長を家族みんなでお祝いする日。そのお供えには柏餅や粽(ちまき)がありますが、いちばんの主役は、何と言っても「五月人形」と「鯉のぼり」。どちらも、こどもの日には欠かせない端午の節句のお飾りですが、屋内と屋外といった飾る場所だけでなく、それぞれに込められた意味と役割にも大きな違いがあるのです。もともとは宮中行事であった端午の節句について、その変遷を解説すると共に、五月人形と鯉のぼりそれぞれに異なる由来などについてもご説明します。

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形の気になる「いつから?」にお答え
日本では古来、四季折々に節目となる年間行事が催され、行事そのもの、あるいはその日のことを「節句」(せっく)と呼んでいます。そのなかでも、現代の日本人にとって最も身近である節句のひとつが、男の子の健康と成長を願う「端午の節句」(たんごのせっく)通称「こどもの日」ではないでしょうか。その際、「五月人形」を飾る家庭も多いですが、お祝いする日が5月5日であることは知っていても、いつから飾り始めていつ仕舞うのか、何歳まで飾っても良いのかといった事柄について、困っている両親や祖父母も多いはず。五月人形にまつわる「いつから?」という様々な疑問について、詳しくお答えします。

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形のお下がりがダメな理由

五月人形のお下がりがダメな理由
男の子が生まれると、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに贈られることが多い「五月人形」。しかし、すでに男の子の兄弟が他にいる次男や三男であったり、父親の五月人形が残っていたりする場合、「お下がりの物で良いのでは?」と考える両親や祖父母もいるのではないでしょうか。しかし、五月人形などの「節句人形」は基本的に、お下がりの物を用いることは良くないとされているのです。五月人形のお下がりがダメな理由について、様々な側面から解説します。

五月人形のお下がりがダメな理由

五月人形の飾り方と飾る場所

五月人形の飾り方と飾る場所
「五月人形」は、5月5日の「こどもの日」にお祝いする「端午の節句」(たんごのせっく)に欠かせない「節句人形」。そのなかで、「鎧飾り」や「兜飾り」といった五月人形の種類、大きさなどによって、適切な飾り方が異なるのはご存じでしょうか。五月人形の飾り方を詳しく解説すると共に、飾る場所についても現代の住宅事情を踏まえてご説明します。

五月人形の飾り方と飾る場所

五月人形の処分方法を徹底解説!

五月人形の処分方法を徹底解説!
男の子の健やかな成長を願って、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに飾られる「五月人形」。生後0歳で迎える「初節句」から毎年飾られる節句人形ですが、子どもの年齢が上がるにつれて、端午の節句を盛大にはお祝いしなくなり、飾る機会が少なくなってしまうのが実情。その結果、家庭によっては五月人形を手放すことを考えるようになりますが、その適切な処分方法やタイミングについて、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。いくつかある五月人形の処分方法についてご説明すると共に、大切な五月人形をそのまま処分するのは憚られる(はばかられる)という人のために、五月人形の供養方法についても解説します。

五月人形の処分方法を徹底解説!