五月人形の基礎知識

五月人形の飾り方と飾る場所

文字サイズ

「五月人形」は、5月5日の「こどもの日」にお祝いする「端午の節句」(たんごのせっく)に欠かせない「節句人形」。そのなかで、「鎧飾り」や「兜飾り」といった五月人形の種類、大きさなどによって、適切な飾り方が異なるのはご存じでしょうか。五月人形の飾り方を詳しく解説すると共に、飾る場所についても現代の住宅事情を踏まえてご説明します。

五月人形を飾る場所を決めるときのポイント

床の間

床の間

五月人形はもともと、和室に設けられた「床の間」(とこのま)に飾る風習がありました。

古来、仏家(ぶっけ:僧侶のいる寺)の床の間には仏像が安置され、武家においても仏具や仏画を飾っておく格式高い場所であったことがその理由のひとつ。

床の間は、家の跡継ぎになる男の子の健やかな成長を願う五月人形を飾るのに、ふさわしい場所であると考えられていたのです。

しかし、アパートやマンションも多い現代の住宅事情では、広いスペースを確保しなければならない床の間のある和室は、なかなか見られないのが実情。そのため、五月人形を飾る場所は厳密には決められていません。

部屋の状況に合わせて、臨機応変に選ぶことが前提となりますが、そのなかでも注意しておきたいポイントが2つあります。

子どもや家族の目に入る場所を選ぶ

五月人形の役割は、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに華を添えるだけでなく、子どもの災いや厄を引き受けてくれる「身代わり」であり、その成長を見守ること。これを踏まえると、五月人形を飾る場所は、子ども部屋や家族が集まるリビングなどが適していると言えます。

五月人形の負担にならない場所を選ぶ

五月人形にとって大敵となる、「湿気」や「直射日光」を避ける場所を選ぶことも重要なポイント。キッチンや浴室などの水まわりを避け、エアコンの風が直接当たらない部屋、もしくはスペースを選び、翌年以降も美しい姿で飾ることができるように、錆(さび)や変色などによる劣化を防ぐようにしましょう。

なお、昨今の風水ブームなどにより、五月人形を飾る方角を気にする人もいるかもしれませんが、五月人形には決められた吉方などはないため、特に留意する必要はありません。

五月人形の飾り方の種類

五月人形を飾る場所が決まったら、次に選ぶのは飾り方です。人気の高い「鎧飾り」や「兜飾り」は、飾り方によって飾る際、または収納する際に掛かる手間暇やスペース、さらには観る側に与える印象までも変わってくるため、慎重に検討する必要があります。

平飾り

「平飾り」(ひらかざり)とは文字通り、段のない平らな飾り台に五月人形を飾る方法。定番であるこの飾り方は、さらに3種類に分けられます。

平台飾り

平台飾り

平台飾り

「平台飾り」(ひらだいかざり)は、五月人形の飾り方のなかでも多くの鎧飾りに用いられている方法です。

戦国時代の名将を思わせるような、威風堂々たる雰囲気を醸し出すことが可能。

自身で下に敷く物を用意する必要がなく、扱い方もシンプルであるため、鎧飾りの飾り方として主流になっています。

床飾り

床飾り(床の間飾り)

床飾り(床の間飾り)

「床の間飾り」とも呼ばれる「床飾り」(とこかざり)は、大きいサイズの甲冑である、「大鎧」(おおよろい)の鎧飾りに適した方法。

余裕のあるスペースを確保する必要がありますが、華やかな印象を与えるだけでなく、荘厳な風格のある飾り方です。

小振りな甲冑の場合は、洗練された雰囲気が感じられます。

高床台飾り

「高床台飾り」は平台よりも高さのある飾り台の上に、鎧飾りや兜飾りを載せて飾る方法。和室のない現代の住宅では、日常生活において椅子が用いられていることも多く、少し高い視線に合わせて五月人形を飾ることができるため、飾る場所が洋室である場合に適した飾り方です。

神聖な場所である床の間に見立てられた高床台には、その前面に金の彫刻蒔絵(まきえ)といった、豪華絢爛な意匠が施されている物もあります。また、高床台飾りは鎧飾りの一種である「奉納飾り」にもぴったり。奉納飾りとは、戦国時代の上級武士達が戦勝を祈願するため、神社に奉納していた甲冑を模した五月人形のこと。

戦国武将が合戦で着用していた甲冑と比較すると、奉納されていた甲冑には、肌に密着させるような「臑当」(すねあて)や「面頬」(めんぽう/めんぽお)などが付属されていませんでした。そのため、奉納用の甲冑は、実戦で用いられていた甲冑特有の威圧感などはなく、美術品としての気品が感じられるのが特長。

このようなことから五月人形の奉納飾りは、どこか重厚感のある高床台飾りに適していると言えるのです。

戦国武将
歴史を動かした有名な戦国武将のエピソードや関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
武将・歴史人の日本刀
武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。
武具・書画・美術品の基礎知識
武具・書画・美術品に関する基礎知識を、様々なカテゴリ(テーマ)に分けて詳しくご紹介します。
刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀
日本刀が奉納・展示されている主な神社・仏閣や宝物館などを一覧でご紹介。

段飾り

男の子の端午の節句に対して、女の子の成長と健康を願って祝う「桃の節句」。その節句人形の「雛人形」に用いられる「雛壇」のように、五月人形も、何段かで構成された壇上に飾る方法があるのです。段飾りは用いられる段数により、以下の2種類に分けられます。

二段飾り

二段飾り

二段飾り

「二段飾り」では、上段に鎧飾りや兜飾りを載せ、下段に「三宝」(さんぽう)と称される3種類のお供え物を象った(かたどった)「お供え飾り」を載せることが基本。

端午の節句における三宝は、①厄除けとなる薬草の「菖蒲」(しょうぶ)を酒器に飾った物、②「柏餅」、③「ちまき」を指し、それぞれ①が下段中央、②が向かって下段左側、③は下段右側に飾ることが慣わし(ならわし)です。

三段飾り

三段飾り

三段飾り

豪華さと趣(おもむき)をかね添えた「三段飾り」は、現代では鎧飾りを飾る際に主流となっている飾り方。

二段飾りにも使用される三宝を中心に、「軍扇」や「陣太鼓」など、合戦の場での大将を象徴するお供え飾りなども飾られますが、それらを選ぶ際には段の大きさのみならず、鎧飾りの格に合う物にすることが大切です。

段数がある分、高さと広さが充分に確保できる部屋が必要になりますが、他の飾り方と比べて深い奥行きがあることで、より勇壮な雰囲気が感じられます。

収納飾り

「収納飾り」は、甲冑や太刀などの五月人形セットの収納箱を、そのまま飾り台として用いる方法です。飾り台を別に用意する必要がないため、五月人形を手軽に飾ることができ、またコンパクトに収納・保管できることから広いスペースも不要であるため、現代における五月人形の飾り方として人気があります。

ケース飾り

ケース飾り

ケース飾り

「ケース飾り」は、五月人形セットがすべて入れられている透明のケースを使って飾る方法です。

鎧飾りや兜飾りがすでに固定されているため組み立てる必要がなく、片付けや収納にも手間が掛からないメリットがあることから、好きな場所で五月人形を飾る方法として、収納飾りと共に現代でよく用いられています。

五月人形を飾る前の準備

五月人形を飾る場所と方法を決めたら、いよいよ飾り付けの本番に入りますが、その前の準備としてひとつだけやっておきたいことがあります。

それは、五月人形を飾る工程を、スマートフォンやデジタルカメラなどを使って写真に収めておくこと。前述したケース飾りであれば、組み立てなどの必要はありませんが、他の飾り方の場合、鎧や兜などを組み立てなければならないため、翌年以降、スムーズに飾ったり収納したりするためにも、飾り工程や完成の状態などを撮影しておくようにしましょう。

飾り方の手順

それでは、五月人形のなかでもよく見られる、鎧飾りと兜飾りの基本となる飾り方や組み立て方についてご説明します。

五月人形・鎧飾りの飾り方

  1. 櫃の前側に佩盾を垂らし鎧を着せる

    櫃と芯木に鎧を着せる

    櫃と芯木に鎧を着せる

    唐櫃」(からびつ)の別称を持つ「櫃」(ひつ)は、もともと甲冑などを収納、もしくは運搬するために用いられていた蓋付きの箱のこと。

    五月人形を飾る際には、この櫃を飾り台として使用します。

    まず、櫃の上に「芯木」(しんぎ)をバランス良く載せ、その前面に足の膝から上部を保護する役割を果たしていた「佩楯」(はいだて/はいたて)を垂らします。

    このとき、佩楯の上部にある帯(おび)を櫃の本体に入れて蓋で挟み込み、ずれないように上からしっかり押さえておきましょう。佩楯は正面から見え目立つ部分であるため、左右対称になるようにバランスを調整することが大切。

    次に芯木の上から鎧を着せ、「籠手」(こて)が前に来るように腕を折り曲げます。

  2. 面頬を吊るす

    面頬を吊るす

    面頬を吊るす

    顔面と喉(のど)を守る面頬の紐を芯木の最上部に引っ掛け、前面に垂らして固定します。

    芯木に切りかけ部分があれば、そちらに面頬の紐を掛けても構いません。

    面頬の位置が鎧の上にきちんと収まるように、紐の長さを丁度良く調整しましょう。

  3. 兜に鍬形と龍頭を差し込む

    兜の「鍬形台」(くわがただい)に、「前立物」(まえだてもの)である「鍬形」と「龍頭/竜頭」(りゅうず:龍の頭を模した飾り物)を差し込み、芯木の上から被せます。兜によっては龍頭がない場合もありますが、いずれにしても特殊な兜を除けば、正面から見て「Uの字」になっている形状が正しい飾り方です。

    左右を間違えないようにするためにも、完成形をよく確認して作業するようにしましょう。

  4. 臑当を毛履に差し込む

    「毛履」(けぐつ)とは、現代の靴に当たる甲冑の履物のこと。これに臑(すね)の防具である臑当を差し込み、櫃の前に並べます。

  5. 全体を見ながらその他の部品をバランス良く整える

    草摺」(くさずり)や「」などの部品を、全体のバランスを調整しながら配置します。見栄えを良くするために、曲がっている箇所はないか、左右対称になっているかなど、細かいところまで確認しておきましょう。

  6. 弓や太刀などのオプション品を飾る

    武士を象徴する武具を飾る

    武士を象徴する武具を飾る

    五月人形によって違いがありますが、その主なオプション品は、武士を象徴する武具である弓と太刀です。

    弓は矢羽(矢羽根)が正面になるように向かって左側に、太刀については、「」(つか)が下になるように同じく右側に飾ります。

    なお、制作者名などが書かれた「作札」(さくふだ)を飾る位置には、決まりはありません。

五月人形・兜飾りの飾り方

  1. 櫃の上に芯木を載せる

    櫃の上に芯木を載せる

    櫃の上に芯木を載せる

    櫃の中に収納されている兜や芯木、鍬形などの部品を取り出して兜飾りを飾る場所に櫃を置き、バランスを見ながら櫃の中央部に芯木を載せます。

    格好良く安全に飾るため、櫃に傾きがないかよく確認することが大切です。

  2. 芯木の上に袱紗を被せる

    芯木の上に袱紗を被せる

    芯木の上に袱紗を被せる

    袱紗」(ふくさ)と呼ばれる布を芯木の上に被せます。

    このとき、一方の角が前側に垂れるように、バランスを整えましょう。

    袱紗の角が垂れすぎないようにすることは大切ですが、櫃の3分の1ぐらいまでであれば、余分に垂れ下がっていても問題ありません。

  3. 兜に鍬形と龍頭を差し込む

    鎧飾りと同様に、鍬形や龍頭を兜に差し込んだあと、②で袱紗を被せた芯木の上に兜を載せます。このとき、鍬形の左右を間違えないようにしましょう。

  4. 全体のバランスを整えてオプション品を飾る

    オプション品を飾る

    オプション品を飾る

    兜が左右どちらかに傾いていないかなどを確認し、兜飾りが格好良く見えるように全体のバランスを調整します。

    そして、鎧飾りと同じように、オプション品である弓を左側へ、太刀を右側に配置して兜飾りの完成です。

飾るときの注意事項

五月人形を飾る際、いちばんに注意しておきたいのは、組み立ての作業を飾る場所で行うこと。収納箱を保管していたクローゼットや押入れのある部屋で組み立ててから、飾る場所や選んだ部屋に移動させることは、五月人形の部品や人形そのものが落下し、怪我をするなどの危険にも繋がります。

また、五月人形には金属製の部品が多く使われており、手指の脂分や塩分が含まれる汗などが付着してしまうと錆の原因となるため、組み立てる際には手袋を着用することがオススメ。

さらには、初節句など子どもがまだ小さい頃には、五月人形の部品を誤って飲み込んでしまう恐れもあるので、子どもの手が届かない場所で作業するだけでなく、収納や保管をしておく場所にも注意することが重要です。

五月人形について、ここまでいろいろな飾り方や組み立て方をご紹介してきましたが、何よりも大事なことは、格好良く、そして凜凜しく(りりしく)見えるように飾ること。ご両親など五月人形を飾る人のセンスで、お子さんの健やかな成長を祈りつつ、五月人形を飾ってあげましょう。

「五月人形とは」YouTube動画

「五月人形とは」YouTube動画

五月人形の飾り方と飾る場所

五月人形の飾り方と飾る場所をSNSでシェアする

「五月人形の基礎知識」の記事を読む


五月人形店一覧(全国)

五月人形店一覧(全国)
五月人形店一覧(全国)では、端午の節句の「五月人形」や、桃の節句の「ひな祭り」などに贈り・飾られる節句人形を販売する五月人形店(全国の人形店)情報を都道府県別に一覧でご紹介。各都道府県にある五月人形店の人形店名(販売店名)や所在地、電話番号がご確認できます。

五月人形店一覧(全国)

端午の節句の由来と五月人形

端午の節句の由来と五月人形
現代では男の子が誕生すると、名の知られた武将達所用の甲冑を模した「五月人形」を兜や太刀などと共に、「端午の節句」(こどもの日)に飾る風習があります。現代でも「年中行事」のひとつとしてお祝いされる端午の節句ですが、そもそも端午の節句の始まりは、どのようなことに由来しているのでしょうか。時代と共に変化してきた端午の節句について、過去にさかのぼってその変遷を見ていくと共に、端午の節句と五月人形の関係についてもご説明します。

端午の節句の由来と五月人形

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形と鯉のぼりの由来
「端午の節句」(たんごのせっく)として知られる「こどもの日」は、男の子の成長を家族みんなでお祝いする日。そのお供えには柏餅や粽(ちまき)がありますが、いちばんの主役は、何と言っても「五月人形」と「鯉のぼり」。どちらも、こどもの日には欠かせない端午の節句のお飾りですが、屋内と屋外といった飾る場所だけでなく、それぞれに込められた意味と役割にも大きな違いがあるのです。もともとは宮中行事であった端午の節句について、その変遷を解説すると共に、五月人形と鯉のぼりそれぞれに異なる由来などについてもご説明します。

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形の気になる「いつから?」にお答え
日本では古来、四季折々に節目となる年間行事が催され、行事そのもの、あるいはその日のことを「節句」(せっく)と呼んでいます。そのなかでも、現代の日本人にとって最も身近である節句のひとつが、男の子の健康と成長を願う「端午の節句」(たんごのせっく)通称「こどもの日」ではないでしょうか。その際、「五月人形」を飾る家庭も多いですが、お祝いする日が5月5日であることは知っていても、いつから飾り始めていつ仕舞うのか、何歳まで飾っても良いのかといった事柄について、困っている両親や祖父母も多いはず。五月人形にまつわる「いつから?」という様々な疑問について、詳しくお答えします。

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説
男の子の健やかな成長を願って祝われる5月5日の「こどもの日」。「端午の節句」(たんごのせっく)とも呼ばれるこの日には多くの家庭において、「鯉のぼり」と共に「五月人形」が飾られます。生まれてから初節句となる場合には、この五月人形を準備することになりますが、「いったい誰が買うのが良いの?」、「購入するときに注意することはある?」といった、様々な疑問を持つご両親もいるのではないでしょうか。そんな疑問にお答えすると共に、初めて五月人形を購入する際の注意点なども併せて解説します。

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

五月人形のお下がりがダメな理由

五月人形のお下がりがダメな理由
男の子が生まれると、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに贈られることが多い「五月人形」。しかし、すでに男の子の兄弟が他にいる次男や三男であったり、父親の五月人形が残っていたりする場合、「お下がりの物で良いのでは?」と考える両親や祖父母もいるのではないでしょうか。しかし、五月人形などの「節句人形」は基本的に、お下がりの物を用いることは良くないとされているのです。五月人形のお下がりがダメな理由について、様々な側面から解説します。

五月人形のお下がりがダメな理由

五月人形の処分方法を徹底解説!

五月人形の処分方法を徹底解説!
男の子の健やかな成長を願って、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに飾られる「五月人形」。生後0歳で迎える「初節句」から毎年飾られる節句人形ですが、子どもの年齢が上がるにつれて、端午の節句を盛大にはお祝いしなくなり、飾る機会が少なくなってしまうのが実情。その結果、家庭によっては五月人形を手放すことを考えるようになりますが、その適切な処分方法やタイミングについて、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。いくつかある五月人形の処分方法についてご説明すると共に、大切な五月人形をそのまま処分するのは憚られる(はばかられる)という人のために、五月人形の供養方法についても解説します。

五月人形の処分方法を徹底解説!

注目ワード
注目ワード