五月人形の基礎知識

五月人形のお下がりがダメな理由

文字サイズ

男の子が生まれると、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに贈られることが多い「五月人形」。しかし、すでに男の子の兄弟が他にいる次男や三男であったり、父親の五月人形が残っていたりする場合、「お下がりの物で良いのでは?」と考える両親や祖父母もいるのではないでしょうか。しかし、五月人形などの「節句人形」は基本的に、お下がりの物を用いることは良くないとされているのです。五月人形のお下がりがダメな理由について、様々な側面から解説します。

五月人形のお下がりは避けたい

五月人形(鎧飾り)

五月人形(鎧飾り)

5月5日の子どもの日に、男の子の健やかな成長を祈願して祝われる「端午の節句」(たんごのせっく)。「節句」とは、季節の節目となる日に行われる年中行事、及びその日のことを指します。

古来日本では、季節の変わり目である節句には、病気などを引き起こす「邪気」(じゃき)が溜まると考えられていました。

それらを追い払うために、節句では神社などに多種多様なお供えをする風習があり、端午の節句においては、薬草の「菖蒲」(しょうぶ)を軒(のき)に吊るしたり、菖蒲湯に入ったりするなどして厄除けを行っていたのです。

そして鎌倉時代以降、菖蒲の読みが武勇や武道を重んじることを意味する「尚武」(しょうぶ)と同音であることから、武家において跡継ぎである男子を厄や災いから遠ざけるために、武士の強さを象徴する甲冑、あるいは「源義経」の忠臣「武蔵坊弁慶」を模した人形などが飾られるようになります。これが現代の五月人形の風習に繋がっていったのです。

このような背景を踏まえると、五月人形は子どもの厄を引き受けてくれる「身代わり」のような存在であることが分かります。そのため五月人形は、父親、または兄弟の「お下がり」を用いてしまうと、もともとの持ち主の厄までもが受け継がれてしまうと考えられており、世代を跨いだ(またいだ)五月人形のお下がりは、あまり望ましくないとされているのです。

源義経
「源義経」をはじめ、戦国武将を主に、様々な珍説をまとめました。
刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀
日本刀が奉納・展示されている主な神社・仏閣や宝物館などを一覧でご紹介。

次男や三男にも五月人形は必要なの?

前述した通り、五月人形は男の子の身代わり、つまり「お守り」の役割を果たしています。神社やお寺で頂けるお守りを家族で共有しないことを考えれば、五月人形も可能な限り、次男や三男それぞれに1体ずつ用意したいところです。

現代の五月人形で人気が高いのは、戦国武将達が戦場で身に纏う甲冑を模した、「鎧飾り」や「兜飾り」。現代では、兵刃(へいじん)を交えるような戦いが実際にあるわけではないので、身を守るための鎧やの五月人形は、一家に1体あれば充分と考える人もいるかもしれません。

しかし現代の子ども達には、その成長過程のなかで受験や就職などの様々な「戦い」が待ち受けています。これらに勝利を収めるためにも、その子ども専用の五月人形を個別に贈ってあげるのが良いのではないでしょうか。

戦国武将
歴史を動かした有名な戦国武将のエピソードや関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
武将・歴史人の日本刀
武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

五月人形が複数必要な場合のおすすめはコンパクトタイプ

コンパクトタイプの大将飾り

コンパクトタイプの大将飾り

兄弟それぞれに五月人形を準備するとなると、その悩みの種となるのが、すべてを一緒に飾ることができるような広いスペースを確保すること。

アパートやマンションも多い現代の住宅事情では、複数の五月人形を飾るのに充分な広さがある部屋を用意するのは至難の業(わざ)。

そこでおすすめしたいのが、通常の五月人形に比べてサイズがコンパクトになっている五月人形。

コンパクトタイプの五月人形にも、細部にまでこだわった本格的な造りの鎧飾りや兜飾りはもちろん、可愛らしくも引き締まった表情の少年が甲冑を身に着けた「子ども大将」とも呼ばれる「大将飾り」など、その種類は豊富にあります。そのため、コンパクトタイプであってもお子さんの顔立ちや雰囲気、性格などに合った五月人形を選ぶことが可能です。

父親の五月人形と一緒に飾るのは良い?

厄や災いなどを引き継ぐことになるため、父親が子どもの頃に飾っていた五月人形であっても、そのお下がりを子ども達に受け継ぐことはあまり良くありません。

しかし、新しく購入した子どもの五月人形の隣に、父親の物を飾ることについては、まったく問題はないのです。むしろ一緒に飾ってあげることで、父親がどんな幼少時代を過ごしたのか、その思い出話を聞かせて貰えたり、ずっと以前の五月人形であっても、きちんとお手入れをして大切に扱えば長持ちするということを、子ども達が身をもって学んだりできます。

そのため、飾る場所に余裕がある場合は、父親と子ども達の五月人形をぜひ並べて飾ってあげましょう。子ども達が大人になって振り返ったときに、大切な思い出になっているはずです。

役目を終えた五月人形の処分・供養について

子どもの日に端午の節句を祝うための五月人形は、基本的には飾っても良い年齢に制限がありません。しかし、子どもが中学生ぐらいになって端午の節句をお祝いしなくなったり、成人を迎えたり、実家を出て社会人として自立したりするといった人生の節目に、五月人形を手放す家庭が多く見られます。

その理由は、これらのタイミングで、子ども達には両親からの保護を受けることが不要となるため、同じように子どもの成長を見守っていた五月人形についても、その役目を終えたことになるからです。

子どもの成長過程を経て手放すことになった五月人形。「自治体に家庭ゴミとして収集してもらう」、「リサイクルショップなどの買取専門店で査定をしてもらって売却する」、「児童福祉施設や海外の子ども達に寄付する」といった、いろいろな方法で処分することは可能です。しかし、毎年の端午の節句に、子どもの身代わりとして五月人形を繰り返し飾っていたため、多くの人達にとっては自身の分身とも言えるぐらい愛着の湧く存在になっています。

人形供養

人形供養

こういったことを背景に、いざ五月人形を手放すタイミングになってでも、処分することに抵抗があり、人形に対して気の毒に思ってしまう人もいるのです。

そんな人にオススメしたいのは、五月人形を「処分」するのではなく「供養」する方法。五月人形などを始めとする人形の供養は、一般的には神社やお寺で行われています。

前述していたように五月人形は、子どもに降りかかっていたかもしれない厄や災いを、一身に引き受けてくれていた子どもの身代わり。そのため、寺社に供養料や初穂料(はつほりょう)を添えて五月人形を持ち込み、お祓いをして貰うことで、長年使用した五月人形が安らかに眠れるように祈って供養して貰うのです。

ただし、寺社によっては事前の予約が必要であったり、持ち込まれた五月人形を1年に数回、まとめて供養していたりするところもあるため、突然寺社に五月人形を持ち込むことはせず、寺社を訪れる前に必ず問合せるようにしましょう。

明治神宮

明治神宮

また、全国にある寺社のなかには、大規模なイベントとして「人形供養祭」を実施しているところもあります。

なかでも有名なのが、東京都渋谷区にある神社「明治神宮」の本殿で開催される「人形感謝祭」。

その名称からも分かる通り、この人形感謝祭の意義は、感謝を込めて長年大切にしてきた五月人形などの人形をきちんと供養し、お別れを告げることにあります。

毎年秋に行われている明治神宮の人形感謝祭は、当日の持ち込みも受け付けて頂けるので、お近くにお住まいで供養したい五月人形がある人は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

「五月人形とは」YouTube動画

「五月人形とは」YouTube動画

五月人形のお下がりがダメな理由

五月人形のお下がりがダメな理由をSNSでシェアする

「五月人形の基礎知識」の記事を読む


五月人形店一覧(全国)

五月人形店一覧(全国)
五月人形店一覧(全国)では、端午の節句の「五月人形」や、桃の節句の「ひな祭り」などに贈り・飾られる節句人形を販売する五月人形店(全国の人形店)情報を都道府県別に一覧でご紹介。各都道府県にある五月人形店の人形店名(販売店名)や所在地、電話番号がご確認できます。

五月人形店一覧(全国)

端午の節句の由来と五月人形

端午の節句の由来と五月人形
現代では男の子が誕生すると、名の知られた武将達所用の甲冑を模した「五月人形」を兜や太刀などと共に、「端午の節句」(こどもの日)に飾る風習があります。現代でも「年中行事」のひとつとしてお祝いされる端午の節句ですが、そもそも端午の節句の始まりは、どのようなことに由来しているのでしょうか。時代と共に変化してきた端午の節句について、過去にさかのぼってその変遷を見ていくと共に、端午の節句と五月人形の関係についてもご説明します。

端午の節句の由来と五月人形

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形と鯉のぼりの由来
「端午の節句」(たんごのせっく)として知られる「こどもの日」は、男の子の成長を家族みんなでお祝いする日。そのお供えには柏餅や粽(ちまき)がありますが、いちばんの主役は、何と言っても「五月人形」と「鯉のぼり」。どちらも、こどもの日には欠かせない端午の節句のお飾りですが、屋内と屋外といった飾る場所だけでなく、それぞれに込められた意味と役割にも大きな違いがあるのです。もともとは宮中行事であった端午の節句について、その変遷を解説すると共に、五月人形と鯉のぼりそれぞれに異なる由来などについてもご説明します。

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形の気になる「いつから?」にお答え
日本では古来、四季折々に節目となる年間行事が催され、行事そのもの、あるいはその日のことを「節句」(せっく)と呼んでいます。そのなかでも、現代の日本人にとって最も身近である節句のひとつが、男の子の健康と成長を願う「端午の節句」(たんごのせっく)通称「こどもの日」ではないでしょうか。その際、「五月人形」を飾る家庭も多いですが、お祝いする日が5月5日であることは知っていても、いつから飾り始めていつ仕舞うのか、何歳まで飾っても良いのかといった事柄について、困っている両親や祖父母も多いはず。五月人形にまつわる「いつから?」という様々な疑問について、詳しくお答えします。

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説
男の子の健やかな成長を願って祝われる5月5日の「こどもの日」。「端午の節句」(たんごのせっく)とも呼ばれるこの日には多くの家庭において、「鯉のぼり」と共に「五月人形」が飾られます。生まれてから初節句となる場合には、この五月人形を準備することになりますが、「いったい誰が買うのが良いの?」、「購入するときに注意することはある?」といった、様々な疑問を持つご両親もいるのではないでしょうか。そんな疑問にお答えすると共に、初めて五月人形を購入する際の注意点なども併せて解説します。

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

五月人形の飾り方と飾る場所

五月人形の飾り方と飾る場所
「五月人形」は、5月5日の「こどもの日」にお祝いする「端午の節句」(たんごのせっく)に欠かせない「節句人形」。そのなかで、「鎧飾り」や「兜飾り」といった五月人形の種類、大きさなどによって、適切な飾り方が異なるのはご存じでしょうか。五月人形の飾り方を詳しく解説すると共に、飾る場所についても現代の住宅事情を踏まえてご説明します。

五月人形の飾り方と飾る場所

五月人形の処分方法を徹底解説!

五月人形の処分方法を徹底解説!
男の子の健やかな成長を願って、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに飾られる「五月人形」。生後0歳で迎える「初節句」から毎年飾られる節句人形ですが、子どもの年齢が上がるにつれて、端午の節句を盛大にはお祝いしなくなり、飾る機会が少なくなってしまうのが実情。その結果、家庭によっては五月人形を手放すことを考えるようになりますが、その適切な処分方法やタイミングについて、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。いくつかある五月人形の処分方法についてご説明すると共に、大切な五月人形をそのまま処分するのは憚られる(はばかられる)という人のために、五月人形の供養方法についても解説します。

五月人形の処分方法を徹底解説!

注目ワード
注目ワード