五月人形の基礎知識

端午の節句の由来と五月人形

文字サイズ

現代では男の子が誕生すると、名の知られた武将達所用の甲冑を模した「五月人形」を兜や太刀などと共に、「端午の節句」(こどもの日)に飾る風習があります。現代でも「年中行事」のひとつとしてお祝いされる端午の節句ですが、そもそも端午の節句の始まりは、どのようなことに由来しているのでしょうか。時代と共に変化してきた端午の節句について、過去にさかのぼってその変遷を見ていくと共に、端午の節句と五月人形の関係についてもご説明します。

端午の節句の意味

五月晴れの空に鯉のぼりが風にそよぐ様子は、「端午の節句」(たんごのせっく)における代表的な風景であり、春の風物詩となっています。近年では、長い連休となるゴールデンウィークの中に埋もれてしまっていますが、5月5日の端午の節句は、奈良時代から続いている日本古来の年中行事です。

「端午」という言葉は、もともと月の最初に来る「午の日」(うまのひ)のことを指していました。午の日とは、十二支の午に当たる日のこと。日本の暦では、各日に干支(十二支)の動物が割り当てられており、午の日はその動物が午に当たる日を意味しています。そして端午は、旧暦の5月に訪れる最初の午の日を指すようになり、「午」(ご)と「五」(ご)が同じ音だったことから、やがて5月5日になったと言われているのです。

菖蒲

菖蒲

端午の節句は、春から夏へと季節の変わり目となる時期に当たり、急に暑くなることで病気にかかりやすく、亡くなる人も多くいました。

そのため、5月を「毒月」と称して、薬草を摘んだり、蘭を入れた湯を浴びたり、「菖蒲」(しょうぶ)や蓬(よもぎ)の葉を門に刺したりするなど、病気や災厄から逃れるための風習が、昔から行われていたのです。

特に菖蒲は強い臭いを発することで、を追い払う効果があるとされていたため、邪気を払う厄除けの植物としても使われていました。

また、病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、馬からを射る「流鏑馬」(やぶさめ)の儀式も、端午の節句の時期に行われていたことが伝えられています。

端午の節句の発祥は中国

端午の節句の由来は、中国に伝わる逸話から知ることができます。それは、今から約2,300年前、中国の戦国時代、「楚の国」(そのくに)に「屈原」(くつげん)と名乗る詩人がおり、国王の側近をしていました。正義感が強く人望も厚い屈原でしたが、陰謀によって国を追われるはめに。そののち、屈原は国の将来を憂いて川に身を投げてしまったのです。

屈原を慕っていた国民達は、川で太鼓を打って魚を脅すと共に、魚が屈原の死体を食べないよう川にちまきを投げ込みました。その日が5月5日に当たり、屈原を供養するために祭りが行われるようになったと伝えられています。この祭りがやがて中国全土に広まり、中国の年中行事にまで発展したのです。

川にちまきを投げ入れる風習は、やがて国家安泰を祈願する風習に様変わりし、さらに病気や災いを払うための貴族の「宮中行事」へと変化して、端午の節句になったと言われています。三国時代には、「魏の国」(ぎのくに)によって、端午の節句が旧暦の5月5日に定められ、奈良時代の日本にも伝わってきました。

もともと女性の祭りだった端午の節句

奈良時代に伝わった端午の節句は、平安時代には宮中行事に変化します。「端午の節会」(たんごのせちえ)と言われたこの行事は、菖蒲で屋根を葺いたり、菖蒲を身に付けたりして邪気を払っていたのです。

また厄除けとして、菖蒲や蓬の茎(くき)、葉で玉を編み、その隙間を花や五色の糸で飾っていました。これは「薬玉」(くすだま)と呼ばれ、現代の式典やお祝いごとなどに用いる「くす玉」の由来となっています。この頃は、貴族間で薬玉を贈り合ったりすることもあり、その風習は、「源氏物語」や「枕草子」にも記載されているのです。

そして、5月頃は田植えに当たる時期。日本では古来、田植えは神聖な行事だったことから、若い清らかな女性の仕事とされていました。田植えをする女性を「早乙女」(さおとめ)と呼び、田植えの前に身を清める「物忌み」(ものいみ)の儀式を、一定期間行う風習があったのです。

これに端午の節句が結び付き、物忌みの儀式で女性達は菖蒲や蓬で屋根を葺いた小屋で一夜籠もりをし、菖蒲酒で穢れ(けがれ)を祓ってから、早苗(さなえ:稲のなえ)を手にしていました。

端午の節句は、現代では男の子の節句とされていますが、平安時代以降には女性のお祭りとして祝っており、今と様子もかなり違っていたと伝わっています。

端午の節句と五月人形

端午の節句が今のように男の子の祭りになったのは、鎌倉時代以降、武士が政権を握り始めた「武家社会」になってからとされています。それまでの端午の節句における風習が次第に廃れていき、武家であることから、菖蒲と「尚武」(しょうぶ:武道を重んずること)をかけて「尚武の節句」(しょうぶのせっく)となり、武家の間で盛んに祝うようになりました。

こうして尚武の節句は、家督を継ぐ男の子の健やかな成長と無病息災を祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。この頃から、女の子の節句である3月3日の「桃の節句」に対して、5月5日が端午の節句となり、男の子の節句として定着していきます。

東建多度カントリークラブ・名古屋に設置された武者絵のぼり

東建多度カントリークラブ・名古屋に
設置された武者絵のぼり

江戸時代には、徳川幕府の重要な式日(儀式を執り行う日)が5月5日に定められ、大名などが式服で「江戸城」(現在の東京都千代田区)に集まり、将軍にお祝いを奉じるようになったのです。

そして武士の家では端午の節句に、門や玄関に家紋の入った「旗指物」(はたさしもの)や「幟」(のぼり)、「吹流し」などを立てて祝いました。

その幟のひとつに、勇ましい武将が描かれている「武者絵のぼり」があります。「節句のぼり」とも呼ばれるこの幟は、男児の誕生を祝い、その子の無病息災や立身出世を願って端午の節句に掲げられたのです。

江戸時代中期になると、その風習が庶民の間にも広がり、中国に伝わる道教(どうきょう)系の神であり、厄除けとされた「鍾馗」(しょうき)を描いた幟や、鯉のぼりを立てるようになったと推測されています。また鯉のぼりは、中国の「龍門伝説」から来ており、立身出世や無病息災への願いが込められました。

鯉のぼり

鯉のぼり

や鎧を飾る風習が始まったのも江戸時代からです。武家社会では、身の安全と戦勝を祈願して神社に参拝する際に、兜や鎧を奉納するしきたりがありました。武将にとって兜や鎧は自分の身を守る防具であり、家のシンボルを表す大切な道具でもあったのです。

しかし江戸時代では、戦もなく泰平の世が続いたため、合戦での勝利ではなく子どもの安全や無病息災などの願いを込めて、鎧や兜を飾る風習が広がっていきます。

やがて兜や鎧の他に、人形を飾る風習も生まれました。人形はもともと、人に代わって厄を受けてくれるとされていたことから、端午の節句に飾る人形である五月人形にも、厄除けのために身代わりになって欲しいという願いが込められたのです。

そして現代では、甲冑を真似た五月人形としての「鎧飾り」や「兜飾り」だけではなく、「金太郎」や「牛若丸」のように、有名な武者を模した武者人形にも、たくましい男の子に育つようにと願いが込められています。

五月人形は人形本体だけでなく、その脇に弓や太刀といった武具を飾ることも少なくありません。弓は魔除けとして、太刀は合戦のみならず、儀式などにも欠かせない物として古くから用いられてきたのです。なお、魔物は光を嫌うと考えられていたため、光輝く太刀もまた魔除けの役目を果たしていました。

五月人形の飾り方

五月人形

五月人形

端午の節句では、五月人形に代表される「内飾り」と鯉のぼりのような「外飾り」があります。

これらの飾りは、通常春分(3月20日前後)を過ぎた頃から4月中旬までに飾ることが大切。

また片付ける時期としては、5月5日以降、遅くても5月中旬くらいまでが望ましいとされています。

あまり遅いと梅雨に入るため、湿気を含んでカビが発生する恐れがあることがその理由です。

五月人形を飾る場合、昔は「床の間」に飾るのが風習でしたが、最近では床の間がない家も多く、飾る場所に迷うことがあります。こんなときに考慮しておきたいポイントは、家族全員が集まる場所を選ぶこと。子どもの成長を見守って貰える場所としてリビングなどが最適です。

飾る位置については、直射日光を避け、エアコンの風が直接当たらない場所を選ぶようにします。また、五月人形は湿気に弱いため、キッチンなど水まわりの近くに飾ることも禁物。なお、北向きに飾るのは縁起が悪いなどと、方角を気にされる人もいますが、特に決まりはないので置きやすい場所に飾ると良いでしょう。

端午の節句の食べ物

柏餅・ちまき

柏餅・ちまき

端午の節句にお供えして食べる物と言えば、「柏餅」(かしわもち)と「ちまき」です。

柏餅が端午の節句に食べられるようになった背景のひとつには、柏の葉が持つ性質にあります。

それは、育ち切った古い柏の葉は、新芽が出てきてから落ちるということ。このような柏の葉の性質は、武家にとっては「家系が途絶えることなく一族が存続し、子孫も繁栄する」という願いに繋がると考えられていたのです。そのため、柏の葉で包んだ柏餅が、端午の節句に供されるようになりました。

端午の節句に柏餅を食べる風習は、関東地方で主流となっています。その理由はいくつかあり、柏餅が生まれた江戸では、武家において、「御家」(おいえ)の家督を譲られる男の子の成長が最優先であったこと、また、関西地方における気候のもとでは、柏の木が上手く育てられなかったことなどが挙げられるのです。

柏餅が主流である関東に対して関西の端午の節句では、ちまきがよく食べられています。日本で端午の節句にちまきを食べるようになった背景は、前述した通り中国に伝わる屈原の逸話が由来となっていました。ちまきが、主に関西で食べられている理由としては、奈良時代に端午の節句が中国から伝来してきた頃、「平城京」と称する日本の首都が、現在の奈良県に当たる地域であったことが考えられるのです。

端午の節句と菖蒲湯

菖蒲湯

菖蒲湯

前述した通り、端午の節句は鎌倉時代以降、武家の跡継ぎとなる男の子の成長を願って祝われるようになりました。

端午の節句における菖蒲の使い方は、軒先に飾る方法などもありますが、広く知られているのは「菖蒲湯」です。

お湯を張った湯船の中に菖蒲を入れて入浴することで、厄除けや子どもの成長を祈願するだけでなく、体の疲れを取ったり、身も心もリラックスさせたりする効果も期待できます。

また、端午の節句では菖蒲湯の他にも、邪気を払うために菖蒲を用いていました。菖蒲をお酒に浸して作る「菖蒲酒」を飲んだり、5月5日の夜に、短く切った菖蒲を薄紙に包んで作った「菖蒲の枕」(あやめのまくら)で寝たりするなど、端午の節句において菖蒲は様々な方法で使われていたのです。

そのなかでも、現代のご家庭でも手軽にできるのは、やはり菖蒲湯。こどもの日に家族みんなで菖蒲湯に浸かれば、端午の節句が忘れられない思い出になるかもしれません。

「五月人形とは」YouTube動画

「五月人形とは」YouTube動画

端午の節句の由来と五月人形

端午の節句の由来と五月人形をSNSでシェアする

「五月人形の基礎知識」の記事を読む


五月人形店一覧(全国)

五月人形店一覧(全国)
五月人形店一覧(全国)では、端午の節句の「五月人形」や、桃の節句の「ひな祭り」などに贈り・飾られる節句人形を販売する五月人形店(全国の人形店)情報を都道府県別に一覧でご紹介。各都道府県にある五月人形店の人形店名(販売店名)や所在地、電話番号がご確認できます。

五月人形店一覧(全国)

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形と鯉のぼりの由来
「端午の節句」(たんごのせっく)として知られる「こどもの日」は、男の子の成長を家族みんなでお祝いする日。そのお供えには柏餅や粽(ちまき)がありますが、いちばんの主役は、何と言っても「五月人形」と「鯉のぼり」。どちらも、こどもの日には欠かせない端午の節句のお飾りですが、屋内と屋外といった飾る場所だけでなく、それぞれに込められた意味と役割にも大きな違いがあるのです。もともとは宮中行事であった端午の節句について、その変遷を解説すると共に、五月人形と鯉のぼりそれぞれに異なる由来などについてもご説明します。

五月人形と鯉のぼりの由来

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形の気になる「いつから?」にお答え
日本では古来、四季折々に節目となる年間行事が催され、行事そのもの、あるいはその日のことを「節句」(せっく)と呼んでいます。そのなかでも、現代の日本人にとって最も身近である節句のひとつが、男の子の健康と成長を願う「端午の節句」(たんごのせっく)通称「こどもの日」ではないでしょうか。その際、「五月人形」を飾る家庭も多いですが、お祝いする日が5月5日であることは知っていても、いつから飾り始めていつ仕舞うのか、何歳まで飾っても良いのかといった事柄について、困っている両親や祖父母も多いはず。五月人形にまつわる「いつから?」という様々な疑問について、詳しくお答えします。

五月人形の気になる「いつから?」にお答え

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説
男の子の健やかな成長を願って祝われる5月5日の「こどもの日」。「端午の節句」(たんごのせっく)とも呼ばれるこの日には多くの家庭において、「鯉のぼり」と共に「五月人形」が飾られます。生まれてから初節句となる場合には、この五月人形を準備することになりますが、「いったい誰が買うのが良いの?」、「購入するときに注意することはある?」といった、様々な疑問を持つご両親もいるのではないでしょうか。そんな疑問にお答えすると共に、初めて五月人形を購入する際の注意点なども併せて解説します。

五月人形は誰が買う?地域差や注意点も解説

五月人形のお下がりがダメな理由

五月人形のお下がりがダメな理由
男の子が生まれると、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに贈られることが多い「五月人形」。しかし、すでに男の子の兄弟が他にいる次男や三男であったり、父親の五月人形が残っていたりする場合、「お下がりの物で良いのでは?」と考える両親や祖父母もいるのではないでしょうか。しかし、五月人形などの「節句人形」は基本的に、お下がりの物を用いることは良くないとされているのです。五月人形のお下がりがダメな理由について、様々な側面から解説します。

五月人形のお下がりがダメな理由

五月人形の飾り方と飾る場所

五月人形の飾り方と飾る場所
「五月人形」は、5月5日の「こどもの日」にお祝いする「端午の節句」(たんごのせっく)に欠かせない「節句人形」。そのなかで、「鎧飾り」や「兜飾り」といった五月人形の種類、大きさなどによって、適切な飾り方が異なるのはご存じでしょうか。五月人形の飾り方を詳しく解説すると共に、飾る場所についても現代の住宅事情を踏まえてご説明します。

五月人形の飾り方と飾る場所

五月人形の処分方法を徹底解説!

五月人形の処分方法を徹底解説!
男の子の健やかな成長を願って、「端午の節句」(たんごのせっく)のお祝いに飾られる「五月人形」。生後0歳で迎える「初節句」から毎年飾られる節句人形ですが、子どもの年齢が上がるにつれて、端午の節句を盛大にはお祝いしなくなり、飾る機会が少なくなってしまうのが実情。その結果、家庭によっては五月人形を手放すことを考えるようになりますが、その適切な処分方法やタイミングについて、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。いくつかある五月人形の処分方法についてご説明すると共に、大切な五月人形をそのまま処分するのは憚られる(はばかられる)という人のために、五月人形の供養方法についても解説します。

五月人形の処分方法を徹底解説!

注目ワード
注目ワード