甲冑(鎧兜)を知る

甲冑師の仕事(甲冑制作の流れ)

文字サイズ

甲冑師とは、甲冑を作る職人のこと。甲冑には、「大鎧」(おおよろい)、「胴丸」(どうまる)、「腹巻」(はらまき)、「当世具足」(とうせいぐそく)と種類があり、時代と共に進化しました。甲冑師になるにはどんな知識や技術が必要で、何年位修行すれば良いのでしょうか。甲冑師の仕事や甲冑の制作方法について、甲冑師「西岡文夫」(にしおかふみお)氏にうかがいました。

甲冑師 西岡文夫氏とは

甲冑師 西岡文夫氏

甲冑師 西岡文夫氏

文化財の甲冑を復元できる本物の甲冑師は、現在日本に2人しかいないと言われています。

そのうちのひとりが、「西岡文夫」(にしおかふみお)氏です。

西岡文夫氏は、1953年(昭和28年)生まれ。甲冑が好きで、甲冑師「森田朝二郎」(もりたあさじろう)氏に師事。日本文化を後世に残す一生やりがいのある仕事に就きたいと、25歳のときにグラフィックデザイナーから甲冑師に転職しました。

いちばん好きな甲冑は、鎌倉幕府の御家人「畠山重忠」(はたけやましげただ)が、「武蔵御嶽神社」(むさしみたけじんじゃ:現在の東京都青梅市)に奉納したと伝えられる国宝赤糸縅鎧」(あかいとおどしよろい)。1996年(平成8年)に東京都青梅市の依頼で復元模造制作も手掛けました。

甲房風景(弟子の笠井洋介さん、大野思惟人さん、菅野将喜さん)

甲房風景(弟子の笠井洋介さん、大野思惟人さん、菅野将喜さん)

現在は、神奈川県横浜市に甲冑武具の修復と復元、模造制作を行う「西岡甲房」(にしおかこうぼう)を設立。

夢は「もう1度、国宝級大鎧[おおよろい]の復元制作に携わること。また、たくさんの弟子を育てること」。

一般社団法人日本甲冑武具研究保存会副会長、文化財保存修復学会会員。

甲冑師の仕事とは

甲冑師に必要な技術

鉄錆地龍打出金小札紺糸威五枚胴具足
鉄錆地龍打出金小札紺糸威五枚胴具足
詳細はこちら

甲冑師とは、日本独自の甲冑を制作する職人のことです。

甲冑とは、(かぶと)と鎧(よろい)からなる防備の武具。進化の過程で種類が生まれ、平安時代中期には大鎧、平安時代後期には「胴丸」(どうまる)、鎌倉時代後期から室町時代には「腹巻」(はらまき)、江戸時代には「当世具足」(とうせいぐそく)が隆盛しました。

種類によっても異なりますが、甲冑は「三つ物」(みつもの)と呼ばれる兜、「」(どう)、「」(そで)。付属品の「喉輪」(のどわ)、「籠手」(こて)、「草摺」(くさずり)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)、「頬当」(ほおあて)といった部位によって構成されています。

甲冑の各部位名称

甲冑の各部位名称

これらに使用される素材は、以下の5つです。

小札(こざね)
小札とは、鉄や革でできた5~7cmサイズの小さな板のこと。

本小札」(ほんこざね)、「伊予札」(いよざね)、「板札」(いたざね)などの種類があり、縅毛で綴じ合わせて胴や袖、草摺部分に使用します。

小札(伊予札)

小札(伊予札)

縅毛(おどしげ)
小札と小札を結び付ける(縅す:おどす)ときに使用する糸や革紐のこと。

緒(ひも)を通すことを緒通し(おとうし)と言い、転じて縅し(おどし)と呼ばれるようになりました。

縅毛

縅毛

金具廻(かなぐまわり)
金具廻とは、小札、兜鉢(かぶとのはち)以外の鉄板や韋板の部分のことで、「鍛金」(たんきん)の技術を必要とします。鍛金とは金属を熱し、金槌で叩きながら成形する技法です。

金具廻の一例

金具廻の一例

金物(かなもの)
金物とは、甲冑に使う装飾物のこと。据文金物(すえもんかなもの)や八双鋲(はっそうびょう)など、金属や水牛の角などが用されます。

据文金物

据文金物

絵韋(えがわ)
絵韋とは、鹿の韋に文様(もんよう)が染められた物。大鎧、胴丸、腹巻には必ず使用しました。
絵韋

絵韋

スペーサー画像

この5つの素材を扱うには、鍛金、金工(きんこう)、漆工(しっこう)、皮革工芸(ひかくこうげい)、縅すという厖大な知識や技術、そして経験が必要です。「すべてを修得し、1人前の甲冑師となるには20年は掛かります」と西岡文夫さん。それぞれの部位を完成させ、1領(りょう)に組み上げるのが甲冑師の仕事なのです。

甲冑を制作する

甲冑を制作する

甲冑を制作する

甲冑を制作するためには、兜から作るべきというような順番は特にありません。

しかし、必要な部位をすべて作りあげないと、組み上げることはできないのです。

甲冑制作の流れ

①素材ごとに制作する
②漆を塗る
③縅毛で縅す

①素材ごとに制作する

「甲冑は、小札、縅毛、金具廻、金物、絵韋と、素材ごとに部位を制作していくのが、最も効率の良い方法です」と西岡文夫さん。

甲冑作りに必要な部位数は、平安時代の大鎧の場合では55パーツ程度ですが、江戸時代の当世具足の場合は無限と言われています。戦がない天下泰平な時代、大名家では威信を掛けて、甲冑に絢爛豪華で精緻な装飾技法を施したのです。

小札(伊予札)を作る

小札

小札

伊予札とは、室町時代頃に伊予国(現在の愛媛県)で考案されたと言われる、札と札との重なりが少ない、本小札を簡略した小札のこと。

鉄製、あるいは牛皮製。本小札よりも防御力は劣りますが、重量が軽いので動きやすくなり、コストも低いため普及しました。

小札(伊予札)を作る

小札(伊予札)を作る

金具廻を作る

金具廻

金具廻

金具廻とは、鉄製の板部分。

金属を熱し、金槌で叩きながら成形する鍛金という技法を使って作ります。

大立挙臑当を作る

臑当

臑当

大立挙臑当」(おおたてあげすねあて)とは、臑当に膝頭を守る部分が付いた物です。

鉄の3枚割りなのが特徴です。

大立挙臑当を作る

大立挙臑当を作る

座金を作る

座金

座金

座金(ざがね)とは、鋲(びょう)を打つ際に付ける金具です。

つなぐ役目と装飾の両方をかねた物。臑当などに使用されています。

座金を作る

座金を作る

鞐を作る

鞐

鞐(こはぜ)とは、肩上(わたがみ)や籠手に取り付けた、甲冑を着るために必要な部品です。

銅や牛角、象牙で作り、責鞐(せめこはぜ)と笠鞐(かさこはぜ)でセットになります。

鞐を作る

鞐を作る

金物を作る

八双鋲

八双鋲

金物とは、甲冑に使う金属製の装飾物のこと。据文金物や八双鋲など。

金物を作るには、金属に細工をする金工技術が必要です。

絵韋を作る

絵韋

絵韋

絵韋とは、文様が染められた鹿革のことです。

絵韋を作るのも甲冑師の仕事。

皮革を素材に用いて細工をする皮革加工技術を必要とします。

  • 様々な色や模様に染めた皮革を使う。

    様々な色や模様に染めた皮革を使う。

  • 「獅子丸」文様は、平安時代から好まれている伝統的な柄。

    「獅子丸」文様は、平安時代から好まれている伝統的な柄。

②漆を塗る

漆を塗る

漆を塗る

甲冑師が身に付ける技術の中でも、重要なのが漆工です。

実は、これまでにご紹介した素材は、まだ完成形ではありません。これらの素材を仕上げるには、「漆」(うるし)塗りが必要なのです。

「鉄に漆を塗ることは、日本古来からある伝統的な技法。さらに、塗った漆を焼き付けることによって硬度が増し、防錆効果も生まれます。これは、現在でも自動車作りに活かされている貴重な技法です。」

なお、漆を塗るときに使用する「漆ハケ」の材料は人毛。女性の真っ直ぐな黒髪が、最も良いと言われています。

漆を研ぐ

POINT:デコボコがなくなるまで

漆を研ぐ

漆を研ぐ

漆を塗る

POINT:厚さを均等にする。刷毛目やゴミを付けないこと。

漆を塗る

漆を塗る

漆を焼き付ける

POINT:焼く時間は、煙が出なくなるまで。

漆を焼き付ける

漆を焼き付ける

③縅毛で縅す

漆塗された小札

漆塗された小札

縅すとは、糸や革紐で小札を上下に綴じることです。小札も仕上げに必ず漆が塗られます。

「縅毛に使われる絹糸は、昔から紅花や茜で赤色、木皮やクチナシの実で黄色、藍や露草で青色など、植物染料を使って様々な色に染めることが可能でした。

そのため、武将は縅毛の色で個性を表現することができたのです」と西岡文夫さん。

毛引縅とは

毛引縅」(けびきおどし)とは、小札の穴を縦に一筋ずつ隙間なく綴じる、平安時代から用いられている伝統的な手法。高価な甲冑には欠かせない、熟練した技術と手間を必要とする贅沢な縅し方です。

  • 平安時代から用いられる伝統的な手法

    平安時代から用いられる伝統的な手法

  • 毛引縅2

    毛引縅

素懸縅とは

素懸縅」(すがけおどし)とは、縅糸の間隔を荒く、まばらに綴じる縅し方。毛引縅を簡略化した方法です。南北朝時代に始まり、室町時代後期に隆盛しました。

  • 熟練した技術

    熟練した技術

  • 素懸縅

    素懸縅

組紐とは

糸を交差させて作る組紐

糸を交差させて作る組紐

組紐(くみひも)とは、糸を交差させて作った紐のこと。現在でも着物の帯締めなどに使用されていますが、甲冑に使用される組紐は違う物です。

威厳ある甲冑に付属する組紐は、組紐の中でも最上級の物が使用されました。どのような組紐を使うかを考えるのも、甲冑師の仕事と言えます。

甲冑に使用される組紐は、とても優美で複雑な組み方がされており、小札を綴じる糸を縅毛、胴と袖などを連結するための紐を「緒所」(おどころ)、胴を締めるための紐を「繰締緒」(くりじめのお)と呼び分けられています。

甲冑用の組紐の組み方には、様々なものがありますが、奈良時代から室町時代にかけて主流だったのが、「組手打」(くてうち)技法です。これは端が輪になっている組紐を手あるいは指に掛けて綾を取りながら組む方法。江戸時代には、他に「高台打」(たかだいうち)、「丸台打」(まるだいうち)、「角台打」(かくだいうち)という組台を使う方法が考案され普及するようになりましたが、甲冑には量産に適した組手打の縅毛が多く選ばれました。

組手打で作られた縅毛 緒所 繰締緒
組手打で作られた縅毛 緒所 繰締緒

「武将はもちろん、神仏に捧げられた甲冑に施された組紐は、とても優美。複雑高度な組み方は、組手打組紐技法でないと復元できないものが多いのです」と語ってくれたのは、西岡文夫さんの妻「西岡千鶴」さん。

西岡千鶴さんは「組手」(くて)という物に、絹糸を結び付けて紐を組む「組手打組紐技法」を実用化しました。現在、日本で組手打を行っているのは、西岡千鶴さんの他にはほとんどいません。「本来は、最低2名の作業者を必要とするので、弟子と2人で作っています。組手打組紐は甲冑や文化財の組紐復元には欠かせない技法なのです」。

なお、1領の甲冑には、1本あたり4尺(約121㎝)の組紐が数十から数百本必要。組紐制作も甲冑作りには欠かせない貴重な技術なのです。

組手打組紐技法 組手を締める 組手で糸を操作する、
弟子の笠井レーナさん
組手打組紐技法 組手を締める 組手で糸を操作する、弟子の笠井レーナさん

甲冑師の仕事(甲冑制作の流れ)

甲冑師の仕事(甲冑制作の流れ)をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)を知る」の記事を読む


甲冑を作る・保存する

甲冑を作る・保存する
平安時代に制作が始まった「日本式甲冑」は、膨大な数の部品によって構成されており、日本固有の工芸品として、世界的な知名度・人気を誇っています。現代においては、武具(防具)としての存在意義は失っていますが、美術品としてだけではなく、歴史的な遺品としての価値をも有する物。そのため、歴史の継承という要請から、保存においても細心の注意を払わなければなりません。ここでは、甲冑(鎧兜)制作の過程と共に、その保存についてご紹介します。

甲冑を作る・保存する

女性と甲冑

女性と甲冑
「刀剣」を愛する女性を表す「刀剣女子」という言葉はすっかり定着し、現在では、その甲冑版とも言うべき「甲冑女子」という言葉も生まれているほど、甲冑も身近になりました。甲冑の一般的なイメージは、屈強な武将が戦場で身にまとっている戦闘服といったところでしょうか。つまり男性の物というイメージ。 しかし、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物殿には、女性用の甲冑だと伝えられている1領が収蔵・展示されています。それが、国指定重要文化財の「紺糸裾素懸威胴丸」(こんいとすそすがけおどしどうまる)。 ここでは、甲冑と女性にまつわる話をご紹介します。

女性と甲冑

文献に見る甲冑

文献に見る甲冑
甲冑(鎧兜)は刀剣と同じように、制作された時代や戦闘様式の移り変わりによって、その形式が変化を遂げた武具のひとつ。その変遷は、時代ごとに著された歴史書や絵巻物、屏風図など、様々な資料から窺うことが可能です。そのような文献をいくつかご紹介すると共に、時代を経るごとに異なる甲冑(鎧兜)の特徴などについても解説します。

文献に見る甲冑

甲冑を比較する

甲冑を比較する
「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

甲冑を比較する

甲冑の装備

甲冑の装備
「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

甲冑の装備

甲冑着用時の所作

甲冑着用時の所作
戦場における甲冑(鎧兜)は、敵の攻撃から生命・身体を守るという防具としての役割はもちろん、着用している武将の権威誇示という役割も担っていました。もっとも、戦(いくさ)においては、守っているだけでは勝つことはできません。攻撃するためには甲冑(鎧兜)を着用していても、体が滑らかに動くことができる必要がありましたが、甲冑(鎧兜)の各部分をつなぎ合わせる技術と工夫がそれを可能にしました。甲冑(鎧兜)は、日本刀と共に武士が武士たることを示す物で、そこには様々な作法が存在します。ここでは、甲冑(鎧兜)着用時における所作について考察します。

甲冑着用時の所作

甲冑師と集古十種

甲冑師と集古十種
「甲冑」は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめる楽しみ方があるのに対し、甲冑では、形式の違いによって、作られた時代に着目することを除き、ほとんどそれがありません。その理由として甲冑は、日本刀とは異なり銘がないことが多く、作者が明らかな作品がほとんどないからです。ここでは、「甲冑師」(流派)と甲冑等の古美術品を収録した江戸時代の図録集、「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師と集古十種

甲冑師の流派と記録

甲冑師の流派と記録
「甲冑」(鎧兜)は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では、作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめるという楽しみ方があるのに対し、甲冑(鎧兜)では形式の違いや、用いられている素材、縅の方法などから、作られた時代に着目して楽しむことが一般的。甲冑については、銘がないことが多く、作者が明らかな作品が多くないためです。こうした経緯もあり、「甲冑師」は、「刀匠」と比べて一般的に知られている存在であるとは言えません。そんな甲冑師(流派)をご説明したあと、江戸時代に発刊された甲冑(鎧兜)などの古美術品の図録集「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師の流派と記録

身分による甲冑(鎧兜)の違い

身分による甲冑(鎧兜)の違い
甲冑(鎧兜)とは、弓や刀槍、銃などの武器による攻撃に対して、防御のために身に着ける武具で、胴体に着ける物を鎧(甲)、頭を守る物を兜(冑)と言います。平安時代中期には、日本独自の甲冑(鎧兜)が生まれ、時代が下るにつれ、戦法の変化に伴い甲冑(鎧兜)も進化、身分による違いも顕著になっていきます。そんな武士が誕生した平安時代から江戸時代にかけての、身分による甲冑(鎧兜)の違いをご紹介します。

身分による甲冑(鎧兜)の違い