守りの戦略

城の種類と城下町の役割

文字サイズ

日本のお城には基本的に、「山城」(やまじろ)、「平山城」(ひらやまじろ)、「平城」(ひらじろ)という3つの分類があります。このように、築城された地形によって分類を始めたのは、江戸時代中期の儒学者「荻生徂徠」(おぎゅうそらい)です。山の頂上にあるのが山城、丘陵(きゅうりょう:なだらかな起伏や小山の続く地形)にある城は平山城、そして平地にある城が平城と呼ばれています。お城の役割は時代によって変化していき、それにしたがって、城の有りようも移り変わっていきました。そんなお城の種類や、果たしてきた役割について解説します。

城の種類(山城・平山城・平城)と変遷

山城

山城の例「春日山城跡」

山城の例「春日山城跡」

「山城」(やまじろ)は、山の地形を活かして築かれたお城です。独立した山に築かれることもあれば、いくつかの山が連なった連峰に築かれることもありました。

山城はその多くが南北朝時代以降に築かれ、それ以前の鎌倉時代には、「荘園」(しょうえん:上皇や貴族、大寺院などの私有地)にあった地頭(じとう:荘園の管理や警備に携わった職)の館が、砦の役割を担っていたのです。

そののち、動乱が多発した南北朝時代になると、要害堅固(ようがいけんご:険しい地形で守りやすく攻めにくいこと)な山上に、お城が築かれるようになります。

この当時、戦闘時の防御拠点であった山城は、自然の断崖や山の斜面をそのまま利用したような、比較的小規模な造りになっていました。その一方で、城主達が普段住む屋敷は、山の麓(ふもと)に建てられていたのです。

ただし例外もあり、「上杉謙信」の「春日山城」(かすがやまじょう:現在の新潟県上越市)や、「毛利家」の「吉田郡山城」(よしだこおりやまじょう:現在の広島県安芸高田市)などは大規模な山城で、山全体が要塞でありながら、居城としても用いられていました。

上杉謙信と城
上杉謙信の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

平山城

平山城の例「安土城跡」

平山城の例「安土城跡」

主に戦闘のための要塞として築かれた山城は、領地を治めるための政務を行なう場としては、どちらかと言うと不便な地にありました。

そこで、平和な世の到来も近い安土桃山時代から江戸時代にかけて築かれたのが、「平山城」(ひらやまじろ)や「平城」(ひらじろ)です。

平城は、その呼称の通り平地にあるお城であるため分かりやすいですが、平山城に分類されるお城の特徴は、少し曖昧(あいまい)になっている部分があります。もともと山城や平山城、そして平城という呼称は、江戸時代前期、幕府が各藩に提出を求めた「正保城絵図」(しょうほうしろえず)と称される、自藩における城の見取り図に記載があったのが最初です。

この当時は、それぞれの藩の担当者がお城の絵図を作成しており、その分類についても作成者の主観によって記載されていたのです。後世に作られた定義のもとでは、山城に分類されるような城が平山城になっていたり、その逆も見られたりもしていました。そこで、これらの相違を統一させるために、儒学者の「荻生徂徠」(おぎゅうそらい)が、お城における分類の条件を明確に定めたと言われています。

なかでも平山城は、本来、丘陵の頂上に「本丸」(ほんまる:城の中心となる区域)が築かれており、さらに「二の丸」や「三の丸」などの建築物が、周辺の平地に繋がる麓まで段状に構成されたお城のことを指す呼称でした。しかし平地を利用せず、丘陵に築かれただけのお城を平山城に分類していた例も見られ、これらのことから、平山城の分類そのものに否定的な意見もあったと伝えられているのです。

なお、「織田信長」が築いた「安土城」(あづちじょう:現在の滋賀県近江八幡市)が、最初の平山城であったと言われており、以降は山城よりも平山城や平城を築くことが主流となりました。

織田信長と城
織田信長の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

平城

平城の例「名古屋城」

平城の例「名古屋城」

平地に築かれ、周辺にある天然の川や沼、人工的に造られたなどを利用して防御施設にしたお城が平城です。その起源は、中世の荘園の「守護館」にあると言われています。

守護館とは、現在の役所のような施設であり、朝廷から任命された守護が居住して荘園の経営をしたり、周辺の武士や農民達の生活の場となったりしていました。

そののち、南北朝時代になり争乱が多くなると、戦闘の場における防御施設として、守護館を用いることは適当ではなくなります。そこで、その近くに戦闘用の砦とするために、山城が築かれるようになりました。

南北朝時代から室町時代、戦国時代と山城の全盛期が続き、平城が築かれるようになったのは、安土桃山時代以降の近世に入ってからです。土木工事の技術が高くなり、大規模な工事が行なわれるようになったことも、平城が築かれるようになった理由のひとつに挙げられます。

わざわざ不便な山の上にお城を築かなくても、平地や丘陵を使って幾重もの水堀を備えることで、防御を固めることができるようになったのです。

特別史跡 名古屋城へ行こう!
天下統一を果たした徳川家康によって築城された「名古屋城」の見どころをご紹介します。

水城

水城の例「今治城」

水城の例「今治城」

ここまで解説してきた通り、主に日本のお城は、山城・平山城・平城の3種類に分けられますが、これらの他にも、海面に接して築かれる「海城」(うみじろ)や、河川や湖に隣接したお城を総称して、「水城」(みずき)と呼ばれるお城があります。

川や湖、海の水が流れ込む堀が設けられており、城が水に守られる要害の地となって敵の侵入を防ぐだけでなく、水運にも用いられる利点があったのです。

海城は、海岸付近の低地に築かれることが多いため、平城の一種とされることもありますが、そのなかには平山城のような特徴を持つ、島や岬にある丘陵に築かれたお城も見られました。

本城を守る支城とは

1615年(慶長20年)、江戸幕府が諸大名に対して居城以外の「支城」(しじょう)を取り壊すように命じたのが、「一国一城令」(いっこくいちじょうれい)です。「大坂夏の陣」が終わった直後のことで、これ以降、城が防御施設としての役割を終え、藩の政庁としての役割のみに限定されるようになります。

戦国時代までにあった支城にはいくつかの役割がありました。ひとくちに支城と言っても、その役割によって呼び方が異なっていたのです。それらには、「向城」(むかいじろ)や「詰の城」(つめのしろ)、「繋の城」(つなぎのしろ)、そして「伝えの城」などと呼ばれているお城がありました。本城を守る支城の役割について解説します。

街道や国境の警備:境目の城

支城の役割のひとつに、街道や国境の警備がありました。他国の軍勢が攻め寄せて来くるのを見張るためです。街道を見下ろせるような位置に築かれることが多く、城の中を街道が通るような形で築かれた支城もあります。敵軍が必ずしも街道を通ってくるとは限らないため、国境の要衝(ようしょう:軍事や交通の面で大切な地点)にも支城が築かれ、「境目の城」(さかいめのしろ)と呼ばれました。

しかし、国境は状況によって変化するため、境目の城として築いた支城が、その役割を果たせなくなることもあります。そのような場合、即座に新しい要衝の地を見極め、新たに支城を築いていきながら領国を経営できる武将が、のちに成功していったのです。

城攻めのための拠点:向城

城攻めは、多くの場合で長い月日がかかります。そのため、城攻めを行なう期間、腰を落ち着けて戦略を練ることができるように、臨時の城が造られました。これが、城攻め用の支城である向城です。

石垣山城 本丸跡

石垣山城 本丸跡

小田原の役」の際に、「豊臣秀吉」が築いた「石垣山城」(いしがきやまじょう:現在の神奈川県小田原市)がよく知られています。

この石垣山城は、築城の際に一夜で完成させたように見える演出をした逸話が有名です。小田原城側にある森林を伐採しないまま目隠しにして築城していき、完成と同時に木を伐採することで、まるで一夜で城が出現したように見せたと伝えられています。

この他にも、織田信長は領国の拡大と共に、次々と向城を最前線に築いて居城としていますが、「武田信玄」は領国の範囲にかかわらず、合戦を終えるたびに同じ居城へと帰還。向城を構えることはありませんでした。両者における、そののちの飛躍の違いを考えると、城の使い方の差は歴然としています。

豊臣秀吉と城
豊臣秀吉の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。
武田信玄と城
武田信玄の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

合戦・古戦場「小田原の役」 YouTube動画

合戦・古戦場「小田原の役」 YouTube動画

城と城とを繋ぐ:繋の城

支城の役割のひとつに挙げられるのが、2ヵ所の城と城との間を繋ぐこと。このための城が繋の城と呼ばれていたのです。本城と支城、あるいは支城と支城の間などの中間地点に築かれた繋の城は、城間の連絡や兵力の駐屯地、兵糧や武器の保管など様々な用途に使われていました。

防御拠点となった城下町

城下町の始まりは戦国時代。その当時の戦国大名は、主に山の頂上に山城を築いていましたが、その麓には、居館や政庁を置いていました。そして、その周りに造られるようになったのが城下町です。城下町には、刀剣など武器を持った敵の侵入を防ぐことを目的として、様々な工夫が施されていました。城下町が防御拠点としての役割を果たすための設備について解説します。

歴女に人気の城下町
当時の建物や町並みが楽しめる日本各地の城下町をご紹介!
刀剣・甲冑展示の城・城郭
刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

松本城の堀

松本城の堀

敵の侵入を防ぐために居館や城下町の周囲を掘り、そこへ水を張って用いられたのが堀です。この堀には、自然の川や湖などを利用することもありました。

初期の城下町では、城主の居館の周りだけに造成されることも多かったのですが、城下町全体を守るために大がかりな堀が造られるようになっていきます。

その背景にあったのは、防御拠点であった城下町が商業都市や行政都市としての側面も見られるようになるまでに発展したこと。多くの諸大名が政務の一環として城下町の整備に尽力しており、そのなかでも織田信長は、武士を城下町に移住させたり、「楽市楽座」(らくいちらくざ)を設けたりするなどして大きな成果を挙げ、現在でも高く評価されています。

土塁

弘前城の土塁

弘前城の土塁

土塁」(どるい)とは、土で造成された堤防のような壁のことであり、なかには崖や山の斜面などをそのまま使うことで、土塁と同様の機能を持たせていた場合もありました。

また、土塁と似たような役割を果たす「石垣」が築かれるようになったのは、安土桃山時代以降からであり、この石垣の出現によって土塁の上に石垣が設けられた「鉢巻石垣」(はちまきいしがき)や、もしくは鉢巻石垣とは上下が逆になった「腰巻石垣」(こしまきいしがき)といった用例が見られるようになったのです。

袋小路など複雑な道

行き止まりになっている小さな道を、「袋小路」(ふくろこうじ)と言います。袋小路や丁字路などを作って道を複雑にし、大勢で一度に入ってこられないように道を狭くすることで、城下町に侵入した敵が簡単に本城に到達してしまわないような工夫を施していたのです。

城戸

「城戸」(きど:同音で[木戸]とも表記する)は、要所に建てられた門のことを指します。城戸を設けることで、他の町や街道など外と中を仕切ることができ、身分や秩序を区別するための機能も果たしました。これらは、いちばん外側にある城戸が「一ノ城戸」と呼ばれ、そこから内側に入るにしたがって、「ニノ城戸」「三ノ城戸」と順に呼ばれています。

城の役目と時代の流れ

南北朝時代から戦国時代にかけて、武将達は合戦のための防御拠点とするために多くの城を築きました。その数は日本全国で25,000城以上とも言われ、小さな砦や要塞なども含めると、20,000~50,000城とも言われています。一国一城令などにより、取り壊されている支城も膨大な数ですが、数多くの城が築かれたのは確かなことでした。

そして戦国時代が終わりを告げ、安土桃山時代や江戸時代になると、お城は防御拠点としての役目を終え、政治の拠点としてのお城や、行政都市や商業都市としての役割に重点を置いた城下町などが出現するようになったのです。

城の種類と城下町の役割

城の種類と城下町の役割をSNSでシェアする

「守りの戦略」の記事を読む


築城方法 ~選地・縄張・普請・作事~

築城方法 ~選地・縄張・普請・作事~
各地に点在する数々のお城は、その美しさや機能性で観る者の目を楽しませてくれます。数百年前に造られたとは思えないほどの、お城の規模や構造を目の当たりにすると、どのように建てたのかと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。お城を造る際には、近代の住宅などの建築物と同じように、土地選びから設計、土木工事、建築工事など多くの工程が存在しているのです。お城が築かれた時代などをより深く理解するために、築城の方法とその工程の基礎についてご紹介します。

築城方法 ~選地・縄張・普請・作事~

三大築城家

三大築城家
戦国時代と言えば、どうしても戦国武将が注目されますが、城の攻略において重要なカギを握ったのが城作りでした。城の設計に携わり、攻略の難しい城作りに貢献したのが築城家です。中でも「三大築城家」と言われる3人をご紹介します。

三大築城家

籠城戦 ~城を守る合戦~

籠城戦 ~城を守る合戦~
各地で戦いが繰り広げられていた戦国時代には、その戦いに備えるために、多くの城が築かれました。そのなかで、お城に立て籠もって敵と戦う「籠城戦」(ろうじょうせん)も、数多く行なわれていたのです。その具体例には、「豊臣秀吉」が天下統一を成し遂げた「小田原の役」や、豊臣秀吉亡きあと、「徳川家康」が豊臣家を滅ぼして天下人となった「大坂の陣」など、歴史に名高い籠城戦が挙げられます。これらの有名な籠城戦では、城に立て籠もった側が敗北していますが、その他の籠城戦のなかには、いくつか籠城側が勝利した戦いもありました。籠城戦において、籠城側が勝利を収めた要因について解説します。

籠城戦 ~城を守る合戦~

城を守る構造

城を守る構造
戦国時代、武将の居城であったことはもちろん、合戦の際の防御拠点として用いられていたお城。そして城郭を守るため、その周りには「堀」や「土塁」(どるい)、「石垣」などの施設、あるいは構造物が設置されました。時代が進んで戦がなくなり、お城が権力を象徴する意義を持つようになってからも、「お城を守る」という本来の存在意義は失われていなかったのです。お城を守るために設けられた様々な構造物が、具体的にはどのような役割を担い、また、どのような機能を備えていたのかについて解説します。

城を守る構造

注目ワード
注目ワード