甲冑の部位

錣・𩊱(しころ)とは

文字サイズ

戦闘中、頭を守るためにある「兜」には、「兜鉢」(かぶとのはち)を1周するように付けられた、主に後頭部から首を守るための「錣」(しころ:𩊱・錏とも)という部位が存在。兜を鑑賞する際には、一際目を引く「前立」(まえだて)などに注目してしまいがちですが、錣にも様々な種類があり、時代によって形状などに違いが見られるのです。錣の特徴や種類、その役割などについて説明します。

甲冑(鎧兜)写真/画像
甲冑(鎧兜)の名前や種類など、歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)を検索することができます。
甲冑(鎧兜)写真集
古美術品などの価値を持つ甲冑(鎧兜)の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。

錣(しころ)とは?

錣と部位の名称

」(しころ:𩊱・錏とも)とはの部位の一部であり、後頭部から首にかけての部位を守る目的で付けられた物。「兜鉢」(かぶとのはち)にある「眉庇」(まびさし)の両端から左右に垂れた覆いで、通常は、「小札」(こざね)や「縅毛」(おどしげ)、帯状の鉄板など、甲冑部分に使われる物と同じ素材で制作されます。

また、この小札や鉄板を3~5段ほど連ねて縅し下げる、つまり糸などで綴り合わせた物や、鋲(びょう)などで留められた物が一般的です。錣はこの板の枚数によって呼び方が異なり、3枚の場合は「3枚兜」、5枚の場合は「5枚兜」というように呼称されます。

兜の部位

兜の部位

なお、最下段にある板は「裾板」(そでいた)、または「菱縫板」(ひしぬいのいた)と呼ばれ、錣の左右両端を後ろに折返した部分を「吹返」(ふきかえし)と呼称。

吹返は、騎馬戦においてや槍、などに狙われやすい顔を守る目的があるだけでなく、兜の装飾としても注目されました。

吹返は、「絵韋」(えがわ)で包み、上部に「据文金物」(すえもんかなもの)を打つことで、装飾されることもあります。

また、兜には鑑賞目的で制作された飾り兜が存在。この飾り兜の錣には、「続小札」(つづきこざね)という鉄などの金属を、細かな波状の凹凸を付けた板をもとにした物がよく使われており、一枚物である場合は、両面に凹凸があるのが一般的です。

これに対して、錣が分厚く、裏面が平らになっている錣も存在。数段に及ぶ錣のすべてが平らになっている物は「総裏」(そううら)、最下段だけが平らになっている物を「裾裏」(すそうら)と呼びます。

小札錣と板錣

小札錣・板錣

小札錣・板錣

錣は小札を用いた「小札錣」(こざねしころ)と、鉄板などを用いた「板錣」(いたしころ)の2種類に分類され、戦法の変化に伴い時代によって変遷。

小札錣は、錣に「小札板」(こざねいた)を用い、それを縅した物を一段から複数段に亘って付け、垂れ下げた物で、中世に主流となったものです。

小札錣は、制作時に兜鉢の形に合わせて小札板をひとつひとつ曲げ、そのあとに縅していく作業過程が必要。

これに対して、「板札」(いたざね)を縅してつなげた「板札錣」(いたざねしころ)や、鋲留めをした板錣などは、制作コストが削減されるため、戦乱の激化した戦国時代以降、頻繁に使われるようになります。

錣の防具としての効果

錣は本来、平安時代に主流であった戦い方である騎馬戦において、後頭部に板をぶら下げることで、弓矢などの背後からの攻撃から身を守るために作られました。なお、吹返も同様に、顔の横で折り返すことで、弓矢が顔にあたらないようにするための防具です。

錣は時代によって形状が変わっていきますが、この変化は、時代ごとの戦法の変化によるもの。時代によって、騎馬戦での弓を中心とした戦法から、徒歩戦における日本刀や槍などの近接武器で、直接打撃を与える戦法への変化に、錣の形も対応していったのです。

中世前期~中期にかけては騎馬戦が中心であったため、吹返も下方へ向いていました。この時代の吹返は大きく、視界を狭めてしまう一方で、顔を防御できるメリットがあるため、弓矢から顔面を守るためには有効だったのです。

そののちの南北朝時代以降、徒歩戦が中心になると、視界の確保が重要視され、水平方向に広がっていきました。

錣の種類

錣の種類はその形状によって区別され、大きく分けて、「杉形錣」(すぎなりじころ)、「笠錣」(かさしころ)、「最上錣」(もがみじころ)、「当世錣」(とうせいじころ)の4つに分けられます。

杉形錣

杉形錣

杉形錣

杉形錣は平安時代によく見られた、直線的に開かれた大きな錣です。

首周りを大きな錣で防御し、合戦の主な武器とされた、弓矢から顔を守るために、吹返も大きく付けられています。

「平重盛」(たいらのしげもり)により「厳島神社」(現在の広島県廿日市市)に奉納され、現在も所蔵されている国宝紺糸縅鎧」(こんいとおどしよろい)の兜の錣が、杉形錣の形状をした兜として代表的です。

笠錣

笠錣

笠錣

笠錣は、傾斜が少なく平たい笠状に開いた錣が特徴。

南北朝時代・室町時代以降に使用された錣で、吹返は通常大きく反って上向きに付けられました。

南北朝時代以降、太刀や薙刀などを用いた接近戦や、攻城戦が多く行なわれたことから、腕を自由に動かせる形状を取り、肩や背まで覆うことのできる錣は、斬撃(ざんげき)や上からの投下物を防ぐ形状を取ったのです。

またこの笠錣は、「文永・弘安の役」の2度に亘る蒙古軍の襲来から学び、制作されたものとされています。

笠錣の代表作として知られるのは、「櫛引八幡宮」(くしひきはちまんぐう:青森県八戸市)所蔵の国宝「白糸縅褄取鎧」(しろいとおどしつまどりよろい)。南北朝時代に制作された甲冑で、「南部信光」(なんぶのぶみつ)が「後村上天皇」(ごむらかみてんのう)から下賜された甲冑として知られています。

最上錣

白檀塗浅葱糸縅腹巻

白檀塗浅葱糸縅腹巻

最上錣は、室町時代後期頃に制作された錣で、鉄板などの板物で作られた、直線的に開いている錣が特徴。

小型で肩まで下がり、吹返は錣の表面から離れて、1枚が上方向へ立ち上がるように付けられました。

通常、3枚錣で制作された物が一般的です。最上錣の代表作としては、「柞原八幡宮」(ゆすはらはちまんぐう:大分県大分市)に所蔵されている「白檀塗浅葱糸縅腹巻」(びゃくだんぬりあさぎいとおどしはらまき)が知られています。

当世錣

黒糸縅横矧二枚胴具足

黒糸縅横矧二枚胴具足

当世錣は、戦国時代以降に作られた錣で、激化する戦乱に合わせて大量生産がされやすいよう、制作コストを下げ、迅速化を図るために、小札ではなく板札を用いて制作されました。

やや丸みを持たせた形状で、小型となって肩まで下げられ、小さな吹返が1枚付けられています。

代表作は、「永青文庫」(えいせいぶんこ:東京都文京区)に所蔵されている「黒糸縅横矧二枚胴具足」(くろいとおどしよこはぎにまいどうぐそく)が知られ、この甲冑は、「関ヶ原の戦い」の際に、豊後国(現在の熊本県)の大名「細川忠興」(ほそかわただおき)が着用した物として有名です。

なお当世錣は、形状や構造によって6種類に分類することができ、黒糸縅横矧二枚胴具足は、そのなかの「越中錣」(えっちゅうじころ)に分類されます。

越中錣

越中錣

越中錣は、細川忠興が考案した越中具足に用いられる、「越中頭形」(えっちゅうずなり)の兜鉢に付けられた錣で、鉄板札を用いて制作された物。

5枚兜である物が多く、表面には栗色や黒漆塗の「皺革包」(しぼかわつつみ)が用いられました。

当世錣にはその他、「割錣」(わりじころ)、「饅頭錣」(まんじゅうじころ)、「一饅頭錣」(いちまんじゅうじころ)、「日根野錣」(ひねのじころ)、「重錣」(かさねじころ)があります。

大きな戦乱がなくなった江戸時代中期頃からは、全体にゆるやかな曲線をもたせた形状の饅頭錣や一饅頭錣などが流行。また、中世の「大鎧」や「胴丸」などを模範とした、復古調(ふっこちょう)の様式を取った甲冑が流行し、錣も同様に杉形錣や笠錣など、古式の形状を再現した錣が多く制作されるようになりました。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

錣・𩊱(しころ)とは

錣・𩊱(しころ)とはをSNSでシェアする

「甲冑の部位」の記事を読む


甲冑の胴

甲冑の胴
甲冑(鎧兜)における胴は、胸から腹の下までの前面と側面、背中をカバーする防具です。その中でも、特に人の胴体を保護するのが、甲冑(鎧兜)の胴。人の胴体には多くの内臓があり、頭や首と同様、優先的に守る必要のある部位です。胴もそれに合わせて、大きく丈夫に作られています。甲冑(鎧兜)の胴の種類や、その姿が時代と共に、どのように変化していったのかをご説明します。

甲冑の胴

甲冑の袖

甲冑の袖
古墳時代に出現した甲冑(鎧兜)は、時代を追うごとに進化し、平安時代から用いられた「大鎧」(おおよろい)でほぼ基本的な部分の完成が見られます。主な部位としては、頭を守る「兜」(かぶと)、身体の中心を守る「胴」、足回りを守る「草摺」(くさずり)、そして戦闘力の要として、腕部分を守る「袖」(そで)です。大鎧には、「小札」(こざね)で作られた「大袖」(おおそで)があり、敵の矢や刃による攻撃に対し、肩から上腕部を保護しました。このように、甲冑(鎧兜)の部位のひとつひとつには、古人の工夫が込められているのです。甲冑(鎧兜)の袖について、その役割や種類、進化の過程を追っていきます。

甲冑の袖

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能
「兜」(かぶと)とは、頭部を守る防具です。「兜」という漢字は人が兜を被っている様子からできています。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変化と共に武将達の威厳や個性を表現する役割も担うようになりました。現代では、端午(たんご)の節句に兜を飾ります。兜を飾る意味は、男の子が病気や事故などにならずに成長してくれることへの願いです。地域によっては誰が買うかも決まりがあります。兜は伝統的な兜飾りから、現代風のおしゃれな兜飾りまで様々です。兜の種類や兜飾りについて、また兜の付属品(立物、面具)及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介しましょう。

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜鉢(かぶとのはち)とは

兜鉢(かぶとのはち)とは
甲冑において、頭部を守るための防具が「兜」です。頭部は言わずと知れた人体の最重要部。そのため、兜は鉄板などの素材を用いて頑強に作られていました。その歴史は古く、日本式甲冑が登場する前からすでに存在。そののち、日本式甲冑と共に独自の進化を遂げていきました。頭部を守る兜の本体である「兜鉢」(かぶとのはち)についてご説明します。

兜鉢(かぶとのはち)とは

陣笠・とんきょ帽

陣笠・とんきょ帽
室町時代末期になると、戦での戦い方が大きく変化しました。騎馬武者同士による一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれた彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。今回は、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

陣笠・とんきょ帽

変わり兜

変わり兜
中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

変わり兜

面頬(面具)とは

面頬(面具)とは
面頬(めんぽお/めんぼお)は、甲冑(鎧兜)に付属した顔面を守るための防具で、最初に登場したのは平安時代後期。そののち、室町時代末期から安土・桃山時代にかけて広く普及したと言われています。 この時代には、機動性と堅固さをかね備えた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場。各戦国武将が趣向を凝らし、百花繚乱の様相を呈した当世具足と同様、面頬(面具)も様々な作品が登場しました。 ここでは、面頬(面具)の基本的な事項についてご説明します。

面頬(面具)とは

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の歴史
面頬(めんぽお/めんぼお)は、日本式甲冑とともに進化・発展を遂げてきました。平安時代になると、それまで用いられていた「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)から「大鎧」(おおよろい)へと進化。これに伴い、小具足のひとつとして、面頬(面具)が誕生したのです。西洋においても顔面を防御する、いわゆる「兜面」(かぶとめん)がありますが、これとは一線を画する日本独自の発展を遂げた防具。ここでは、日本における面頬(面具)の歴史についてご紹介します。

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の種類

面頬(面具)の種類
面頬(めんぽお/めんぼお)に取り外し可能な鼻が付属するようになると、様々な表情が作出されるようになりました。表情のある面頬(面具)は、着用した武者達にとって、仮面の役割も果たし、ときに怒り、ときには笑みを浮かべます。美女や老婆、翁さらには動物、鬼霊、神仏まで。様々な表情の面頬(面具)が制作されるようになりました。こうした表情は、敵を当惑させ、不気味さを感じさせるなど、精神的な揺さぶりをかける役割も果たしていたのです。面頬(面具)に表現された表情についてご説明します。

面頬(面具)の種類

注目ワード
注目ワード