甲冑の部位

小札(こざね)と縅(おどし)

文字サイズ

甲冑を制作する上で最も重要で基本的な要素が「小札」(こざね:または札)です。そのため、小札の質の良し悪しが甲冑の品質に直結していました。甲冑を評価する「札よき鎧」という言葉が、これを表しています。すなわち、強靭な小札を用いて仕立てられた甲冑は、着用者の生命・身体を守る堅牢な防具として高く評価されていたのです。甲冑の最重要パーツである小札と、これをつなぎ合わせていく「縅」(おどし)の方法についてご説明します。

小札とは

小札」(こざね)または「札」とは、甲冑を構成している小さな短冊状の板のことです。小札を用いての甲冑制作の歴史は古く、5世紀後半に造営されたと推定されている古墳から出土した甲冑が小札で構成されています。そののち、日本式甲冑制作における主要な素材として引き継がれていきました。

小板の使用されている部位

小板の使用されている部位

小札で形成されている部分は、多岐に渡ります。部分の表面はもちろん、の「」(しころ)や「」(たれ)、肩を防御する「」に大腿部を守る「草摺」(くさずり)に「佩楯」(はいだて)など、ほぼすべての部分において小札が用いられているのです。

こうした小札の種類は「本小札」(ほんこざね)、「伊予札」(いよざね)、「板札」(いたざね)の3つに大別することが可能。3種類の小札の概要については後述しますが、これら小札を用いて成形された甲冑の最大の特長は、柔軟性があって体形に合わせやすいこと。

小札を用いた甲冑は、室町時代後期に一枚板を用いた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場するまでの間、常に日本式甲冑の中心であり続けました。

小札の各部位の名称

小札は小さな部品ですが、日本式甲冑の構成要素として不可欠な存在。そのため、小札の部位には様々な名称が付されているのです。小札の各部位の名称と場所をご説明します。

札頭(さねがしら)
小札の各部位の名称

小札の各部位の名称

小札の最上部が「札頭」(さねがしら)です。札頭は多くが山型、もしくは谷型に切り出されており、一目見て小札の上下を認識できるようにする役割があります。
札尻(さねじり)
札頭に対して、小札の最下部は「札尻」(さねじり)。こちらは水平に切り出されています。
札裏(さねうら)
小札の裏側は、文字通り「札裏」(さねうら)です。小札には表裏の別があり、すべて表が甲冑の外側を向くように使われています。
札足(さねあし)・札丈(さねたけ)
小札の縦の長さが「札足」(さねあし)、もしくは「札丈」(さねたけ)。長さは「札足〇cm」と表記します。
札幅(さねはば)
小札の横幅は「札幅」(さねはば)。札足と同様に、長さの表記は「札幅〇cm」です。
緘の穴(からみのあな)
小札に開けられた穴のうち、上から1段目と2段目を「緘の穴」(からみのあな)と呼びます。
毛立の穴(けだてのあな)
小札に開けられた穴のうち、上から3段目の穴が「毛立ての穴」(けだてのあな)です。
下緘の穴(したがらみのあな)
小札に開けられた穴のうち、下から1~4段目が「下緘の穴」(したがらみのあな)です。

小札の種類

前述したように、小札は本小札、伊予札、札板の3種類に大別することが可能です。これら3種類の小札についてご説明します。

本小札

並札(本小札)

並札(本小札)

本小札は、伊予札や板札に対して、本式の小札という意味で用いられたことが始まりだと言われている言葉です。

素材は鉄やなめした牛革などが一般的。稀に和紙を用いて制作された物も登場したと伝えられています。

本小札は、言わば小札の基本形。向かって左肩を縅しやすくするために、札頭が斜めに切られています。鉄素材の本小札は錆防止のために生漆(きうるし)を焼き付けたあと、さらに漆を塗って加工。また、革素材の本小札は腐食等を防止するために生漆が塗られています。

本小札は穴の配置によって13個の穴を2列に空けている「並札」(なみざね)、19個の穴を3列に空けている「三目」(みつめ)、並札よりも1個多い14個の穴を2列に空けている「四目」、緘の穴がなく、毛立の穴と下緘の穴を合わせて10個空けている「目無」(めなし)などを分類することが可能です。

伊予札

伊予札

伊予札

伊予札は、本小札を簡略化した小札として生まれたと言われています。

南北朝時代以降の「胴丸」や「腹巻」に使用されている例が多いことから、この時代に一般的に普及したと考えられている小札です。

「伊予」の名が示しているように、伊予国(現在の愛媛県)で誕生したと言われ、当初は特定の地域で制作・使用されていましたが、その利便性の高さから時間の経過とともに全国的に広がっていったと考えられています。

伊予札は、原則として鉄素材で制作れていまたが、当世具足の草摺に用いるために革素材で制作された伊予札も登場。札頭の中央に切り込みを入れて左右を丸くした「碁石頭伊予札」(ごいしがしらいよざね)、中央に切り込みを入れての後端部のような形にした「矢筈頭伊予札」(やはずがしらよざね)、中央に切り込みを入れて札頭を本小札のような形状にした「小札頭伊予札」(こざねがしらいよざね)、札頭を一直線に切った「一文字頭伊予札」(いちもんじがしらいよざね)等に分類されています。

板札

板札

板札

板札は、多数の小札を連ねて小札板を作る本小札や伊予札とは異なり、鉄や革の一枚板で作られた小札板です。

その目的は、作業の省力化。数多くの小札を横に連ねて(緘:からみ)小札板を制作するには、膨大な手間と時間を要し、大量生産はほぼ不可能。

そのため、大量生産を目的として、小札板を最初から一枚板で作る手法が考案されたのです。こうした板札を用いて制作された甲冑は「板物」(いたもの)と呼ばれるようになりました。

板札には札頭を一直線に切った「一文字頭」(いちもんじがしら)、札頭を本小札に似せた形に切った「切付札」(きりつけざね)、伊予札に似せた形状の板札などがあります。また切付札には表面の平な物や盛り上がっている物など様々な種類の物が制作されました。

小札をつなぐ手法

縅毛を小札の穴に通すことを「縅す」と言います。小札板の上下をつなぎ合わせている部分が「毛立」(けだて)で、小札板を横方向につなぎ合わせている部分は緘です。小札をつなぎ合わせる手法についてご紹介します。

毛引縅(けびきおどし)
毛引縅

毛引縅

毛引縅」(けびきおどし)とは、小札1枚ごとに縅毛が一筋通り、小札板の表面に隙間なく縅毛が並ぶように縅す手法のこと。

本小札や伊予札を用いた「大鎧」や胴丸、腹巻をはじめ、板札を用いた板物の当世具足に至るまで幅広く採用されている日本式甲冑における縅の基本となる手法です。

素懸縅(すがけおどし)
素懸縅

素懸縅

2本の縅毛を並べて、小札板を縅していく手法。毛引縅との違いは、小札板の表面を覆っている縅毛の密度の違い。

小札1枚ごとに縅毛が通っている毛引縅とは異なり、「素懸縅」(すがけおどし)では、小札板の所々を縅毛が通って止まっています。

そのため、素懸縅は毛引縅を簡略化した形態として考案された手法であると考えられ、当初は簡易的な甲冑において用いられていたと言われているのです。

そののち、室町時代後期に当世具足が登場すると、広く用いられるようになったと考えられています。

縦取緘(たてどりがらみ)
縦取緘(縦取縅)

縦取緘(縦取縅)

小札にある緘の穴のひとつから縅毛を引出し、それをすぐ下の緘の穴に通す手法です。

これにより、緘の形状が縦になることからこう呼ばれています。

縅毛が縦に通っていることから「縦取縅」(たてとりおどし)との俗称も。緘の手法としては、最古であると言われています。

縄目緘(なわめがらみ)
縄目緘(縄目縅)

縄目緘(縄目縅)

小札2枚に縅毛を斜めに渡す手法で、その様子が縄の目のように見えることからこう呼ばれています。

「縄目緘」(なわめがらみ)は毛引縅において用いられた緘の手法で、平安時代後期以降において、最も一般的に行なわれていたと言われています。

菱綴(ひしとじ)
菱綴

菱綴

「菱綴」(ひしとじ)は、2本の縅毛を札頭で斜めに交差させる手法です。主に素懸縅で用いられました。

菱綴は表面を「×」状に綴じて緘み付けますが、裏面はこのような形状にはせず、横に綴じています。

装飾性を保つと共に縅毛の節約にもなる実用的な手法であるとも言えるのです。

三所懸(みところがけ)
三所懸

三所懸

3枚の小札にある6つの穴を一組にして行なわれる手法。

両側にある小札の4つの穴を菱に緘み、中央にある小札の緘の穴へ縦に縅毛を通します(縦取緘)。江戸時代において稀に行なわれていました。

小札(こざね)と縅(おどし)

小札(こざね)と縅(おどし)をSNSでシェアする

「甲冑の部位」の記事を読む


甲冑の胴

甲冑の胴
甲冑(鎧兜)における胴は、胸から腹の下までの前面と側面、背中をカバーする防具です。その中でも、特に人の胴体を保護するのが、甲冑(鎧兜)の胴。人の胴体には多くの内臓があり、頭や首と同様、優先的に守る必要のある部位です。胴もそれに合わせて、大きく丈夫に作られています。甲冑(鎧兜)の胴の種類や、その姿が時代と共に、どのように変化していったのかをご説明します。

甲冑の胴

甲冑の袖

甲冑の袖
古墳時代に出現した甲冑(鎧兜)は、時代を追うごとに進化し、平安時代から用いられた「大鎧」(おおよろい)でほぼ基本的な部分の完成が見られます。主な部位としては、頭を守る「兜」(かぶと)、身体の中心を守る「胴」、足回りを守る「草摺」(くさずり)、そして戦闘力の要として、腕部分を守る「袖」(そで)です。大鎧には、「小札」(こざね)で作られた「大袖」(おおそで)があり、敵の矢や刃による攻撃に対し、肩から上腕部を保護しました。このように、甲冑(鎧兜)の部位のひとつひとつには、古人の工夫が込められているのです。甲冑(鎧兜)の袖について、その役割や種類、進化の過程を追っていきます。

甲冑の袖

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能
「兜」(かぶと)とは、頭部を守る防具です。「兜」という漢字は人が兜を被っている様子からできています。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変化と共に武将達の威厳や個性を表現する役割も担うようになりました。現代では、端午(たんご)の節句に兜を飾ります。兜を飾る意味は、男の子が病気や事故などにならずに成長してくれることへの願いです。地域によっては誰が買うかも決まりがあります。兜は伝統的な兜飾りから、現代風のおしゃれな兜飾りまで様々です。兜の種類や兜飾りについて、また兜の付属品(立物、面具)及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介しましょう。

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜鉢(かぶとのはち)とは

兜鉢(かぶとのはち)とは
甲冑において、頭部を守るための防具が「兜」です。頭部は言わずと知れた人体の最重要部。そのため、兜は鉄板などの素材を用いて頑強に作られていました。その歴史は古く、日本式甲冑が登場する前からすでに存在。そののち、日本式甲冑と共に独自の進化を遂げていきました。頭部を守る兜の本体である「兜鉢」(かぶとのはち)についてご説明します。

兜鉢(かぶとのはち)とは

陣笠・とんきょ帽

陣笠・とんきょ帽
室町時代末期になると、戦での戦い方が大きく変化しました。騎馬武者同士による一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれた彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。今回は、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

陣笠・とんきょ帽

変わり兜

変わり兜
中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

変わり兜

面頬(面具)とは

面頬(面具)とは
面頬(めんぽお/めんぼお)は、甲冑(鎧兜)に付属した顔面を守るための防具で、最初に登場したのは平安時代後期。そののち、室町時代末期から安土・桃山時代にかけて広く普及したと言われています。 この時代には、機動性と堅固さをかね備えた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場。各戦国武将が趣向を凝らし、百花繚乱の様相を呈した当世具足と同様、面頬(面具)も様々な作品が登場しました。 ここでは、面頬(面具)の基本的な事項についてご説明します。

面頬(面具)とは

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の歴史
面頬(めんぽお/めんぼお)は、日本式甲冑とともに進化・発展を遂げてきました。平安時代になると、それまで用いられていた「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)から「大鎧」(おおよろい)へと進化。これに伴い、小具足のひとつとして、面頬(面具)が誕生したのです。西洋においても顔面を防御する、いわゆる「兜面」(かぶとめん)がありますが、これとは一線を画する日本独自の発展を遂げた防具。ここでは、日本における面頬(面具)の歴史についてご紹介します。

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の種類

面頬(面具)の種類
面頬(めんぽお/めんぼお)に取り外し可能な鼻が付属するようになると、様々な表情が作出されるようになりました。表情のある面頬(面具)は、着用した武者達にとって、仮面の役割も果たし、ときに怒り、ときには笑みを浮かべます。美女や老婆、翁さらには動物、鬼霊、神仏まで。様々な表情の面頬(面具)が制作されるようになりました。こうした表情は、敵を当惑させ、不気味さを感じさせるなど、精神的な揺さぶりをかける役割も果たしていたのです。面頬(面具)に表現された表情についてご説明します。

面頬(面具)の種類

注目ワード
注目ワード