五箇伝

大和伝

文字サイズ

「大和伝」(やまとでん)は、作刀における5つの伝法「五箇伝」(ごかんでん)のひとつで、現在の奈良県で平安時代より発展した最も古い伝法です。大和伝による作刀は、他の伝法に比べてあまり現存しておらず、博物館などで鑑賞できる機会は非常に貴重だと言えます。そんな大和伝において、「刀剣ワールド財団」に所蔵刀がある流派、及び刀工を中心にご紹介します。

刀剣写真・日本刀画像
刀剣の種類、鑑定区分など、様々な検索方法で、刀剣が検索できます。

大和伝の概略

大和伝の歴史に見る現存刀が少ない理由

大和国

大和国

「大和伝」は、平安時代前期以降に大和国(現在の奈良県)で興った作刀の伝法です。

大和地方は、古墳時代(3世紀中頃から7世紀頃)に「ヤマト王権」(またはヤマト政権)と称される政治連合が成立した場所。日本の歴史において、最も早く王権が発生したとも言える大和地方には、中国大陸や朝鮮半島から最先端の文化がもたらされていました。作刀を始めとする鍛冶の技術についても、その流れで大和地方に伝わったと推測されています。

また、ある古文献には、奈良時代初期に活動した大和伝の祖と伝わる刀工「天国」(あまくに)による在銘作が存在していたとの記述がありますが、この当時の大和国における作刀は現存していないため、その真偽のほどについては憶測の域を出ません。

大和伝の刀剣は無銘が非常に多く、そのほとんどが極め物。これは、作刀の注文主が武士ではなく、寺社が中心であったことがその理由のひとつ。この頃、寺社へ刀剣を奉納する際に銘を入れることは、神仏への失礼にあたると考えられていたのです。

784年(延暦3年)、日本の首都が「平城京」(へいじょうきょう:現在の奈良県奈良市西部と中心部、及び大和郡山市)から「長岡京」(ながおかきょう:現在の京都府向日市長岡京市、及び京都市西京区)へ、さらに794年(延暦13年)に「平安京」(へいあんきょう:現在の京都府京都市)へ移されると、大和国の刀工達への作刀依頼が激減することに。大和伝は衰退の一途を辿ると思われましたが、平安時代後期になると、いわゆる「摂関政治」(せっかんせいじ)により実権を握っていた「藤原氏」が仏教振興の政策を採るようになりました。

これが契機となり、大和国の寺院が日本全国における仏教の元締めとして、勢力を盛り返します。さらに寺院では、その勢力を拡大させることを目的に、僧侶でありながら戦いに従事する「僧兵」が誕生。大和鍛冶は、この僧兵用の刀剣を作刀するために寺院のお抱えとなったことにより、その隆盛を再び極めることになったのです。

寺院のお抱え鍛冶となった大和伝の刀工が作刀したのは、僧兵のためだけの刀剣であり、言わば「非売品」。そのため、その作刀に銘を入れる必要がなく、大和伝の在銘刀はほとんど作刀されなかったと言われています。

そして大和伝の刀剣は、僧兵達が繰り広げた度重なる合戦で用いられていたことにより焼失するなどしたため、現代にまで伝わる刀剣はほとんど観られないのです。

大和伝に共通する特色

中沸本位

中沸本位

大和伝の作刀に共通する最も大きな特色は、実用性に特化し、長寸でしっかりとした姿になっていること。刀身の中央あたりで反りが付く豪壮な「中反り」(なかぞり/ちゅうぞり:輪反りとも呼ばれる)と、鎬筋(しのぎすじ)が高く張り、鎬幅が身幅(みはば)よりも広くなっている形状からは、頑強で堂々とした印象を受けます。

大和伝の作刀が基調としているのは、「中沸」(ちゅうにえ)本位である「直刃」(すぐは)の刃文。刃縁(はぶち)や刃中において、「砂流し」(すながし)や「ほつれ」、「打徐け」(うちのけ)、「喰違刃」(くいちがいば)といった多彩な変化が見られ、焼刃(やきば)がところどころ「二重刃」(にじゅうば)になっています。

また「地鉄」(じがね)については、「板目肌」に「柾目肌」(まさめはだ)が交じって「地沸」(じにえ)が厚く付き、地肌が白く輝いているように見えるのが一般的です。

大和五派とその作刀

大和国の刀工は、その多くが寺院のお抱え鍛冶として作刀活動を行っていたため、各寺院の門前に住していました。そのなかでも「大和五派」(やまとごは)と称する5つの流派による刀工集団が、平安時代後期から鎌倉時代にかけて大いに繁栄しており、各流派の呼称は、抱え主であった寺院などの名称から付けられているのです。

ここからは、大和五派の流派と刀工についてご紹介すると共に、それぞれが手掛けた刀剣ワールド財団の所蔵刀について解説します。

千手院派

太刀 銘 為近作(千手院)

奈良時代から平安時代中期頃までに作刀された大和伝の刀剣は、多くが無銘であったため、その当時における刀工のほとんどが、名が知られていない職人であったと考えられています。

そして「日本刀銘鑑」によれば、時を経て平安時代中後期にあたる長承年間(1132~1135年)に登場した「行信」(ゆきのぶ)が、大和伝の刀工の中で最初に名前が判明したと考えられており、「千手院派」(せんじゅいんは)の始祖であったと伝えられているのです。

「千手院」とは、「東大寺」(現在の奈良県奈良市)の「末寺」(まつじ)のこと。千手院派の刀工達は、若草山山麓付近の千手谷に位置していた千手院に召し抱えられていました。

太刀は、千手院派の刀工「為近」(ためちか)が作刀した1振。磨上げ(すりあげ)られてはいるものの、深い反りが付いて重ねが厚くなっているなど、鎌倉時代における大和伝の特長が顕著に表れています。

太刀 銘 為近作(千手院)
太刀 銘 為近作(千手院)
為近作
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
75.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

尻懸派

脇差 銘 大和尻懸住(則長)

「尻懸派」(しっかけは)は、鎌倉時代後期となる建治年間(1275~1278年)頃から作刀活動を始めた刀工「則長」(のりなが)が、実質上の開祖であったと伝えられています。

尻懸派は、東大寺に付き従っていた刀工集団であり、同寺の門前にあった地名である「尻懸」(しりかけ)が、呼称の由来となりました。

則長が手掛けた本脇差は、薙刀(なぎなた)を脇差に作り替えた作品。直刃を基調とした小互の目(ぐのめ)が連なる刃文は、則長が得意とした作風であり、同工の在銘刀の中で現存する刀剣は滅多に観られないため、歴史的資料の側面からも大変貴重な1振だと言えます。

脇差 銘 大和尻懸住(則長)
脇差 銘 大和尻懸住(則長)
大和尻懸住
(則長)
鑑定区分
重要刀剣
刃長
50.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

当麻派

短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)

「当麻派」(たいまは/たえまは:同音で當麻派とも表記する)は、尻懸派と同様、鎌倉時代後期にあたる正応年間(1288~1293年)頃の刀工「国行」(くにゆき)が、その始祖であったと推測される流派です。

「当麻」とは、「興福寺」(現在の奈良県奈良市)が領していた荘園「平田荘」内にある地名であり、河内国(現在の大阪府東部)に接していました。

短刀は無銘ではありますが、他の大和伝の流派に比べて小沸(こにえ)が強く付くなど、当麻派と鑑せられる特長がよく表れている1振。

御所藩(ごせはん:現在の奈良県御所市)初代藩主「桑山元晴」(くわやまもとはる)が所持していたことから、別名「桑山当麻」とも呼ばれ、その姿が優れている「名物」として重要美術品に指定されている名品です。

短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
25.3
所蔵・伝来
桑山元晴→
徳川将軍家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

手掻派

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之

「手掻派」(てがいは)は、正安年間(1299~1302年)頃からの刀工である「手掻包永」(てがいかねなが)がその始祖です。同派の呼称は、お抱え鍛冶として従属していた東大寺の門前町、「輾害」(てんがい)の地名が由来であったと考えられています。

包永が作刀した本太刀を最初に愛刀としていたのは、「徳川家康」に仕えた4人の重臣、通称「徳川四天王」のひとりに数えられる「本多忠勝」(ほんだただかつ)の孫、「本多忠刻」(ほんだただとき)。

本多忠刻は、徳川家康の孫である「千姫」(せんひめ)を妻として迎え、仲睦まじく暮らしていました。しかし、その没後、千姫が徳川将軍家に戻る際に本太刀を形見として持ち帰り、以後、同家に伝来したと伝わる優品です。

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
包永(金象嵌)
本多平八郎忠為
所持之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
本多忠刻→
千姫→徳川家光→
徳川綱吉→
松平忠周→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

保昌派

「保昌派」(ほうしょうは)は、鎌倉時代後期頃に登場した刀工「保昌五郎貞宗」(ほうしょうごろうさだむね)が、事実上の始祖であったと伝わる流派。同派の刀工達は、大和国・高市郡(たけちぐん/たかいちぐん)に住して作刀活動を行い、その作風は、地鉄に柾目肌を詰み、「平肉」(ひらにく)が付くところが特長です。

貞宗以外にも、「貞清」(さだきよ)や「貞興」(さだおき)といった複数の名工が世に送り出されており、その中でも「貞吉」(さだよし)は、「桑山保昌」(くわやまほうしょう)と号する短刀を作刀。こちらは国宝に指定されている逸品であり、大和伝の保昌派を代表する1振として、高く評価されています。

大和伝

大和伝をSNSでシェアする

注目ワード
注目ワード