日本刀の作り方

磨上げ(すりあげ)とは

文字サイズ

刀は、茎尻(なかごじり)から切り詰めて、全体の長さを短くすることがあります。これが「磨上げ」(すりあげ)です。 現代では美術品として評価されている刀を切り詰めてしまうのは、良いことではないかもしれません。しかし、もともと刀は実用的な武器でした。そこで、持ち主に合わせて使いやすくするためなど、様々な理由から磨上げを行うことは不自然ではなかったのです。 磨上げが行われたその時代にはどのような背景と理由があったのでしょうか。磨上げ茎の種類についても併せて述べていきます。

磨上げが行われた理由

大磨上げ茎

大磨上げ茎

磨上げを行う理由は、主に2つ。

  • 持ち主の身長や腕の長さに合わせるため
  • 戦い方の変化に対応するため

正しく手入れをすれば数百年から1,000年以上も受け継がれる刀。当然のことながら、所有者も変わることになります。刀は実用品であるため、所有者の身長や腕の長さに合わせて、刀身を使いやすい長さに作り変えるのは当たり前のことなのです。

また、馬に乗って一騎打ちで戦うことが主流であった時代には、長大な太刀(たち)が用いられました。南北朝時代には、刃長が3尺(約90.9cm)もある大太刀が流行したと伝えられています。ところが、戦国時代に入り、徒歩(かち)での集団戦が主流になると、素早くから抜いて敏捷に振るうことができる刀(打刀)の方が有利となりました。優位性を失った大太刀は磨上げられ、比較的短い打刀に作り直されたのです。

江戸時代には刀の長さを規定

さらに、江戸時代に入ると帯刀する刀の長さが持ち主の身分によって厳格に規定されることになりました。武士や剣術の修行者は、3代将軍「徳川家光」の時代までは、2尺3寸(約69.7cm)以下、4代将軍「徳川家綱」以降は、2尺2寸8分(約69.0cm)以下とされたのです。武士以外の帯刀を許された武家奉公人などの身分の者は、2尺2寸3分(約67.5cm)までとされました。

この規定により、江戸時代初期には多数の刀が作刀され、同時に磨上げも数多く行われることとなります。そして幕末の動乱期には、より実用性の高い短い刀が求められるようになりました。長大な太刀は市中での戦いに向いていなかったからです。

磨上げによって長い刀を短くすることはできても、一度短くした刀をもとの長さに戻すことはできません。現存する大太刀が少ない理由は、時代の移り変わりにより多くが磨上げられた結果と言われています。

磨上げ茎の種類

区送り

区送り

刀のは大きく2つに分けることができ、それは手の加えられていない「生ぶ茎」(うぶなかご)と、磨上げが行われた「磨上げ茎」です。生ぶ茎には、刀工が作刀した当時のままの茎と、刃区(はまち)と棟区(むねまち)の上部を削って上身(かみ:刀の刃のある部分)を短くした「区送り」(まちおくり)の2種類があります。

区送りでは上身が短くなっていますが、茎は切り詰めていないため生ぶ茎です。磨上げ茎は4種類。茎を切って短くしつつものすべて、もしくは一部を残した磨上げ茎、銘が残らないほど大きく磨上げた「大磨上げ茎」、磨上げで無銘にならないよう銘の部分を折り返した「折り返し茎」、銘の部分のみ切り取って、磨上げたあと茎に埋め込んだ「額銘茎」(がくめいなかご)の4つです。

茎の種類

茎の種類

大磨上げ茎の場合、磨上げを担った職人によって鑢目(やすりめ)などの茎仕立てが施されるため、もとの茎の特徴が残ることはほとんどありません。また、折り返し茎に残された銘は、裏側へ折られるため逆様になります。磨上げ茎の刀は、生ぶ茎の刀に比べて価値が下がる傾向にありますが、刀の価値は時代や伝来、折紙(鑑定書)の有無など様々な要素を鑑みて評価されるので、一概に価値が低いとは言えないのです。

磨上げされた著名な刀

太刀 銘 助真

最初にご紹介する磨上げが行われた著名な刀は、国宝に指定されている太刀 銘 助真(すけざね)。助真は、鎌倉時代中期に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した「福岡一文字派」の名工です。本太刀は磨上げながらも茎尻に「助真」の銘が残されています。

助真の代表作とも言える名品であり、長く紀州徳川家に伝来しました。栃木県日光市の「日光東照宮」に伝わる「徳川家康」の愛刀「日光助真」と並び称されるほど素晴らしい出来栄えの1振です。福岡一文字派は、華やかな丁子の刃文を得意としましたが、助真はその特徴を良く表現し、本太刀にも華麗な刃文が見られます。

1935年(昭和10年)4月30日に重要文化財に指定されたのち、1953年(昭和28年)3月31日には国宝指定された本太刀。現在は、「独立行政法人 国立文化財機構」が所有し、「東京国立博物館」(東京都台東区上野)に所蔵されています。

太刀 銘 助真
太刀 銘 助真
助真
鑑定区分
国宝
刃長
66.9
所蔵・伝来
紀州徳川家→
国立文化財機構
(東京国立博物館)

脇差 大磨上無銘 伝義景

本脇差は、「刀剣ワールド財団」所蔵の「義景」(よしかげ)作と伝わる名品です。義景の身元については明らかではありませんが、その作風や逆鏨(ぎゃくたがね:普通の銘字とは逆に右から左へ彫った銘)に切る銘字の特徴などから、「備前長船派」(現在の岡山県瀬戸内市で栄えた刀工一派)の傍系にあたる刀工と考えられています。

本脇差は江戸時代に、戦国大名「伊達政宗」で知られる陸奥国(現在の東北地方北東部)伊達家に伝来しました。大磨上げ茎であるため、無銘となっていますが、体配は身幅が広く、鋒/切先(きっさき)の大きな南北朝時代らしい力強さを見せています。

小板目肌が精緻に詰んだ鍛えに、刃文は小互の目(こぐのめ)に小丁子や角張った互の目、小湾れ(このたれ)が交じるなど、明るく冴えた地刃が印象的。また、地景が盛んに入る地鉄と、(にえ)が厚く付き、表情豊かな小模様の刃文は、義景ならではの特色が色濃く表れた作風と言えます。

脇差 大磨上無銘 伝義景
脇差 大磨上無銘 伝義景
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
56.4
所蔵・伝来
伊達家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

磨上げ(すりあげ)とは

磨上げ(すりあげ)とはをSNSでシェアする

「日本刀の作り方」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。 日本刀の作り方(制作方法) 関連YouTube動画 日本刀 日本刀の作り方~刀匠編~

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を作刀するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の作刀を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

時代別の火造りの方法

時代別の火造りの方法
日本刀制作において「火」は欠かせない要素のひとつ。バラバラになっている「玉鋼」(たまはがね)に熱を入れ、鍛接してひとつにする「積み沸し」(つみわかし)や、玉鋼を叩き伸ばして不純物を取り除き、含まれる炭素量を均一化して刀身の強度を増加させる「鍛錬」(たんれん)など、火が使われる工程はいくつもあります。その際に、火の温度や火力を正しく見極め、いかに自在に操れるかが刀匠の腕の見せどころ。 そんな火という言葉が入った「火造り」(ひづくり)という工程は、日本刀制作の中でも刀身の姿を決定付ける最も重要なもの。 ここでは、時代によって異なる火造りの詳細についてご紹介しながら、火造りの全貌についてご説明します。 日本刀の作り方~刀匠編~ YouTube動画

時代別の火造りの方法

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。 日本刀の作り方~刀匠編~ YouTube動画

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きを入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード
注目ワード