日本刀の名刀

日本刀の号とは

文字サイズ

日本刀の名前には、茎(なかご)に切られる「銘」(めい)と、公式の愛称にあたる「号」(ごう)、そして一般的な呼び名である「通称・俗称」があります。なかでも号は、美しい刀姿や印象的な逸話などをもとに付けられる名であり、名刀の証(あかし)と言っても過言ではありません。広く知られた号を持つ名刀を例に挙げ、号について解説すると共に、銘や通称・俗称との違いも取り上げます。
さらに、「刀剣ワールド財団」が所蔵する日本刀のなかには、どのような号を持つ作品があるのでしょうか。そのコレクションから打刀(うちがたな)2振と薙刀(なぎなた)1振を取り上げ、個性際立つ号についてご紹介します。

号と銘、通称・俗称の違い

一例として名刀・三日月宗近を観る

名刀中の名刀と称される「天下五剣」(てんがごけん)のなかでも最も古く、そして最も美しいと言われる太刀「三日月宗近」(みかづきむねちか)。作刀者は平安時代の刀工「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)です。

三日月宗近は国宝に指定されており、現在は「東京国立博物館」(東京都台東区上野)に所蔵されています。

この三日月宗近を例として、号と、通称・俗称の違いを見ていきましょう。

三日月宗近
三日月宗近
三条
鑑定区分
国宝
刃長
80
所蔵・伝来
足利家 →
徳川秀忠 →
東京国立博物館

三日月宗近
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

銘:三条

「銘」とは、(つか)に収められる握りの部分「」(なかご)に切られた文字のこと。銘には刀工の名前や居住地などが記されることが多く、現代で言えば「ブランド名」のようなもの。反対側の裏面には作刀年月を示す「年紀銘」(ねんきめい)が刻まれることもあります。 

三日月宗近の銘は、刀工名の「三条」です。この銘が切られているおかげで、作刀者を正しく特定することができます。

一方、銘のない「無銘」の日本刀も数多く存在していますが、その場合は作風や伝来などを手掛かりとして作刀者を見極めなければなりません。これを「極め」と言い、刀剣鑑定家として高名な「本阿弥家」(ほんあみけ)が無銘の作品を極めた場合など、金や銀の象嵌(ぞうがん:素材となる金属や木材・陶磁などに金、銀、貝など別の材料をはめ込んで表した文様)で「象嵌銘」を入れたり、朱色で書いた「朱銘」(しゅめい)を入れたりしました。

また江戸時代には、罪人の死体を使った試し斬りの結果を入れるようになるなど、銘には多くの情報が盛り込まれているのです。

号:三日月

優れた日本刀や有名な逸話を持つ日本刀には、それらにちなんだ愛称が付けられています。この愛称が「号」です。

三日月宗近の号は「三日月」で、これは刀身の刃縁(はぶち)に沿って浮かび上がる文様の「打ちのけ」が美しい三日月形であることから名付けられました。三日月という単語に作刀者である「宗近」の名を加えて、三日月宗近を号とする見方もあります。

刀工は自分のどの作品にも同じ銘を入れることが多く、銘を聞いただけでは日本刀それぞれの区別が付きません。三条宗近の場合は、三条、または宗近と切られた作品が複数現存しています。そこで、特に優れた作品には固有の号を付けることが行われてきたのです。

号は、保管用の鞘である「白鞘」(しろさや)や鑑定書にあたる「折紙」(おりがみ)に書かれることはありますが、茎など日本刀自体に刻まれることはほとんどありません。それゆえに、号が伝承されているということは、その日本刀が歴史に埋もれることなく名を馳せるほどの名刀であることを表しているのです。

通称・俗称:三日月宗近

号は三日月ですが、最も知られた名称は三日月宗近ではないでしょうか。この広く使われる名前が「通称・俗称」です。

通称・俗称のパターンとしては、号や伝来した家名など、その日本刀にちなむ単語の後ろに刀工名が付くのが一般的。三日月宗近の場合は、前述の通り号と通称・俗称が同一という考え方もあります。

刀剣ワールド財団が所蔵する号を持つ名刀 号:雷風神

截断銘(金象嵌)

截断銘(金象嵌)

本刀の茎に切られた銘は「於武州江戸越前康継 慶長十九年寅七月十一日二ッ筒落(金象嵌)」(ぶしゅうえどにおいてえちぜんやすつぐ けいちょうじゅうきゅうねんとらしちがつじゅういちにちふたつどうおとし)。

新刀期を代表する名工「越前康継」が壮年期に鍛えた作品です。

越前(現在の福井県北東部)松平家の祖である「結城秀康」(ゆうきひでやす)の次男「松平忠昌」(まつだいらただまさ)が、1615年(慶長20年)の「大坂夏の陣」で差した1振。その後、越前藩32万石を治めた松平家に伝来しました。

本刀の号である「雷風神」(らいふうじん)の由来は、刃中の働きにあります。中直刃(ちゅうすぐは)に小互の目(こぐのめ)を交えた刃文には、鋭さを秘めた(にえ)が輝き、ところどころに金筋砂流しがかかる様は稲妻のようです。雷神・風神の出現を思わせる、それらの荒々しい働きは、「雷風神」の号にふさわしい神々しさすら感じさせます。

また、金象嵌で記された「二ッ筒落」の截断銘(さいだんめい)は試し斬りの結果を表し、罪人の死体を2体重ねて切れたことを表現。この圧倒的な切れ味も、雷風神の号に恥じない本刀の大きな特徴です。

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
於武州江戸
越前康継
(金象嵌)
慶長十九年寅
七月十一日
二ツ筒落
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.4
所蔵・伝来
松平忠昌 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣ワールド財団が所蔵する号を持つ名刀 号:走雲

本刀「銘 備前国住長船忠光」(めい びぜんのくにじゅうおさふねただみつ)は、宇和島藩(現在の愛媛県宇和島市)藩主・伊達家に伝来した由緒ある1振で、室町時代後期に備前国(現在の岡山県南東部)で活躍した「忠光」により作刀されました。

裏側の茎に「延徳三年」(1491年)の年紀銘があることから、忠光を名乗った刀工の中でも、とりわけ名工として名高い「7代 彦兵衛尉忠光」(ひこべえのじょうただみつ)の作であると考えられています。

忠光は、直刃の名手として知られていますが、本刀においては匂口(においぐち)の冴える乱刃(みだれば)が特徴的。この刃文が風にたなびく雲を想起させることから、刀剣愛好家の「岡野多郎松」(おかのたろまつ)氏によって「走雲」(そううん)という号が付けられました。

岡野多郎松氏は大正時代から昭和初期を代表する実業家であり、刀剣コレクターとしても有名な人物。本刀の優れた刃文の出来栄えに着目し、走雲と命名したその感性には感服するばかりです。

さらに刀身には、雲間に現れる竜のごとく「倶利伽羅竜」(くりからりゅう:破邪の剣に巻き付いた竜王の意匠)の文様が刻み込まれ、本刀の個性をいっそう際立たせています。

刀 銘 備前国住長船忠光
刀 銘 備前国住長船忠光
備前国住
長船忠光
延徳三年二月日
鑑定区分
重要美術品
刃長
62.4
所蔵・伝来
宇和島藩・伊達家 →
刀剣ワールド財団

〔 東建コーポレーション 〕

刀剣ワールド財団が所蔵する号を持つ名刀 号:大外刈

豊臣秀吉」より、家臣の「山口修弘」(やまぐちながひろ)が賜った本薙刀。1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」で西軍に与した山口修弘は、本薙刀を手に500余りの兵を従え、東軍の「前田利長」(まえだとしなが)率いる20,000の軍勢に立ち向かったと伝えられています。

しかし、奮戦むなしく追い詰められた山口修弘は自害。その後、本薙刀は加賀(現在の石川県南部)前田家へと渡り、「前田利次」(まえだとしつぐ)が支藩として越中(現在の富山県富山藩を立藩して以降は富山藩に伝来しました。

本薙刀は無銘ですが、作刀したのは「片山一文字派」の刀工と言われています。片山一文字派は、備前国「福岡一文字派」の刀工「則房」(のりふさ)が、備中国(現在の岡山県西部)片山に移住したことにより誕生した一派です。

本薙刀の号である「大外刈」(おおそとがり)は、薙刀術の大技を由来としています。大外刈とは、ためらうことなく思い切り刈るという必殺の技であり、20,000の敵軍にも臆することのなかった山口修弘の奮闘する姿が目に浮かぶような名前です。また、その切れ味においても、大外刈の号に見合った鋭さであるとされています。

薙刀 無銘 片山一文字
薙刀 無銘 片山一文字
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
50.6
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
山口修弘→前田家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀の号とは

日本刀の号とはをSNSでシェアする

「日本刀の名刀」の記事を読む


天下五剣とは

天下五剣とは
素晴らしい名刀を賛美して、「天下五剣」(てんがごけん)と呼ぶ言葉があります。具体的に、どの日本刀のことを言うのか、ご存知でしょうか?どんなところが優れているのか。なぜ「5」という数字なのかなど、詳しくご紹介します。 天下五剣 YouTube動画

天下五剣とは

天下五剣 童子切安綱

天下五剣 童子切安綱
「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる、太刀「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)を作刀したのは、平安時代の刀工「大原安綱」(おおはらやすつな)です。「童子切」という号は、「源頼光」(みなもとのよりみつ)が「酒呑童子」(しゅてんどうじ)という鬼を切った伝説に由来しています。数ある日本刀の中でも特に名刀と言われた天下五剣の中でも最も古いことから、特別な地位を確立している名刀中の名刀。今回はそんな童子切安綱について、ご紹介していきます。 天下五剣 童子切安綱 関連YouTube動画 天下五剣 鬼滅の刃(日輪刀)と日本刀

天下五剣 童子切安綱

天下五剣 三日月宗近

天下五剣 三日月宗近
「三日月宗近」(みかづきむねちか)は、数ある日本刀の中でも特に名刀と言われている「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられています。 三日月宗近の最大の特徴は、その名の由来にもなった三日月形の「打ちのけ」(刃の模様)です。天下五剣の中で最も美しいと言われている刀身の優美な太刀姿と刃の縁に沿って浮かび上がるいくつもの三日月形の文様は観る者を魅了します。 そんな三日月宗近を作刀した平安時代の刀工「三条宗近」(さんじょうむねちか)や、三日月宗近を所持していた室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)のエピソード、そして三日月宗近の独特な刀身の形状や刃文などについて詳しく解説します。 江戸時代の名刀リスト「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)にも名を連ねている三日月宗近とは、いったいどのような刀なのでしょうか。 天下五剣 YouTube動画

天下五剣 三日月宗近

天下五剣 鬼丸国綱

天下五剣 鬼丸国綱
数ある名刀の中でも特に名刀と言われた「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)は、鎌倉時代の刀工「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)が作刀した太刀です。鬼丸の号(ごう:呼び名)は、かつての所持者「北条時政」(ほうじょうときまさ)を苦しめた小鬼を退治したという逸話に由来。ここでは、数々の逸話を有する「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有財産)である鬼丸国綱をご紹介します。 天下五剣 童子切安綱 関連YouTube動画 天下五剣 鬼滅の刃(日輪刀)と日本刀

天下五剣 鬼丸国綱

天下五剣 大典太光世

天下五剣 大典太光世
「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「大典太光世」(おおでんたみつよ)は、戦国武将「前田利家」(まえだとしいえ)を先祖とする旧加賀藩主・前田家に伝わる日本刀です。前田利家や、その娘である「豪姫」(ごうひめ)といった人物にかかわり、前田家の歴史と共に長い時を亘って来ました。鎺(はばき)の裏には、梅をモチーフにした前田家の家紋が入っています。大典太光世には、前田家の人々が生きてきた証しが込められているのかもしれません。ここでは、前田家伝来の名刀であり、天下五剣の1振でもある大典太光世についてご紹介します。 天下五剣 YouTube動画

天下五剣 大典太光世

天下五剣 数珠丸恒次

天下五剣 数珠丸恒次
「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)は、武器として用いられる刀でありながら、人々を苦しみから救い出すための仏教で用いられる「数珠」(じゅず)という言葉が、その号に付けられています。それ故に、名刀とされる「天下五剣」(てんかごけん)の中でも、とりわけ異彩を放つ存在であると言えます。ここでは、数珠丸恒次にまつわるエピソードなどを紐解きながら、日本刀と仏教、一見すると相反する両者が結び付いた理由について探っていきます。 天下五剣 YouTube動画

天下五剣 数珠丸恒次

天下三名槍

天下三名槍
数ある槍の中でも、特に名槍(めいそう)と誉れの高い3振を「天下三名槍」(てんがさんめいそう)、もしくは「天下三槍」(てんがさんそう)と呼びます。江戸時代には「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)、「御手杵」(おてぎね)の2振が「西の日本号、東の御手杵」と並び称されていましたが、いつしかそこに「蜻蛉切」(とんぼぎり)が加わって、明治時代からはこの3振が天下三名槍と呼ばれるようになりました。

天下三名槍

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣
国内外問わず、美術品として高い人気を誇る日本刀。時代を超えて現代に残る日本刀は、その歴史的・美術的価値を守るために、「有形文化財」として登録されることがあります。日本刀の価値を高め、後世に残すための「文化財保護法」。また、それに付随する「国宝」や「重要文化財」とは何か、どのような基準で登録されるのか。分かりやすくご紹介します。 名古屋刀剣ワールドの日本刀 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)に収蔵される旧国宝や重要文化財の指定を受けた日本刀をYouTube動画でご覧頂けます。 play 旧国宝 play 重要文化財(刀・短刀) play

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

特別保存刀剣・保存刀剣の日本刀

特別保存刀剣・保存刀剣の日本刀
古来より、日本刀は武具としてのみではなく戦功の褒賞として下賜されるなど、宝物的な意味合いも持ち合わせてきました。日本刀が成立してから現在に至るまで、日本刀は絶えず切れ味の鋭さやその美しさを評価されてきましたが、現代日本において武器としての意味合いは、ほとんど消滅し、美術品として世界的に高い評価を得ています。その評価の基準となるのが、「日本美術刀剣保存協会」の審査を受けた際に付けられる鑑定ランクです。鑑定ランクのひとつである「特別保存刀剣」と「保存刀剣」がどのような物なのか、どのような日本刀が選ばれているのかを見ていきましょう。

特別保存刀剣・保存刀剣の日本刀