刀剣の種類と特徴

矛とは(矛と槍の違い)

文字サイズ

「矛」(ほこ)とは、長い柄(つか)の先に両刃を取り付けた武器のこと。日本だけではなく、世界的にも使用された武器であり、槍や薙刀の前身と言われています。神話では、神が所有する武器としてしばしば登場するため、その名称だけは聞いたことがあるかもしれません。
矛とはどのような武器で、どのような使い方がされたのか。矛の特徴や種類、現存する矛の他、神話に登場する著名な矛をご紹介します。

矛とは

記紀神話にも登場する武器

矛

「矛」(ほこ)は、記紀神話(ききしんわ:古事記と日本書紀の総称)にもその名が見られるほど古くからある武器です。

鍛造技術が未熟だった時代において、頑丈な構造をしていた矛は戦場で重宝されていましたが、次第に制作されなくなりました。その理由は、(やり)や薙刀(なぎなた)よりも制作にかかるコストが大きかったため。

矛は、次第に構造が簡単で制作コストがかからない槍・薙刀などに取って代わられていったのです。

矛と槍の違い

矛は、その形状が槍と似ているため、しばしば槍と混同されますが、矛と槍を見分けるポイントはあります。それは穂先の形状、柄への固定方法、戦闘時の持ち方の3つです。

穂先の形状

矛の穂先は、幅が広い両刃となっています。槍との違いは、先端部の形状。

槍は刺突を目的としているため、その先端部は鋭く尖っていますが、矛は「斬る」ことを目的としているため、先端部は丸みを帯びた形状です。

柄への固定方法
柄への固定方法

柄への固定方法

槍と矛は、柄へ固定する際にも違いが見られます。槍は、(なかご:刀身の中でも柄に収める部分)を柄の内部へ差し、蔓などを巻いて固定。

一方矛は、ソケット状となった部位に柄を差し込み、鋲(びょう)などで柄と刀身を固定することで長柄の武器へと姿を変えるのです。

戦闘時の持ち方

矛と槍は、日本においてはどちらも両手で持って使用するため、持ち方に大きな違いはありませんが、中国では持ち方にも違いが生じました。

矛は、片手で使用するのが基本であったため、空いている片手には「盾」を装備することがあったと言われています。一方で、槍は両手での使用が前提とされていたため、盾を同時に装備することはありませんでした。

  • 矛と盾を装備した兵
    矛と盾を装備した兵
  • 両手で槍を持つ兵
    両手で槍を持つ兵

矛の種類

矛の種類は、穂先の材料によって大きく3つに大別されます。ひとつ目は、木の枝を削って尖らせた「木矛」(きほこ)。2つ目は、細長い石の先端を尖らせた「石矛」(いしほこ)。3つ目は、銅を素材にした「銅矛」(どうほこ)。

木矛

木矛とは、原始的な矛のこと。平安時代中期に編纂された格式「延喜式」のなかには、平安時代初期、朝廷の官僚「隼人」(はやと:古代日本に存在した人びと、及び律令制における衛門府に属した機関)に1丈1尺(約333.3㎝)の「木槍」(もくやり)を持たせたという記録があるため、日本では少なくとも平安時代初期には武器として木矛が使用されていたことが分かります。

石矛

石矛とは、木矛よりも鋭利で耐久性がある矛のこと。

棒の先に石を縛り付けることで完成する矛で、古墳時代、「垂仁天皇」(すいにんてんのう)の時代に新羅の王子が持ってきた「出石桙」(いづしのほこ)が石矛です。なお、出石桙は「美しい石矛」という意味で「出石」と名付けられたというのが定説ですが、この他に「いづ」は「厳」(いつ)、つまり「鋭い」という意味もあるのではないかという説もあります。

銅矛

銅矛とは、銅製の穂先を付けた矛のこと。古墳時代、銅剣が使用されるようになった時期から銅矛も作られました。木矛や石矛と異なり、柄の先端に覆いかぶせるような形で穂を装着しますが、これは後世の「袋槍」(ふくろやり:槍の一種)と同じ構造となっています。

日本では、「天照大神」の岩戸隠れの際に、「伊斯許理度売命」(いしこりどめのみこと)が天香山(あまのかぐやま)で銅を採掘して銅矛を作りました。その後、北方アジアから鉄製の矛が導入されたため、鋭利さで劣る銅製の矛は廃れたと言います。

鉄製の矛は、平安時代末期から薙刀に取って代わられますが、その後、室町時代になると槍という形で戦場の主役として復活しました。

武器以外の使用例

儀仗用の道具

矛の使用用途は、実戦だけに限りません。「神武天皇」が即位したと言われる、奈良県橿原市の「櫃原宮」(かしはらのみや:現在の橿原神宮[かしはらじんぐう])には、儀式に用いるための矛や盾が並べてあったと言われています。

また、698年(文武天皇2年)11月の「大嘗会」(だいじょうえ:天皇の皇位継承に際して行われる宮中祭祀)の他、745年(天平17年)の平城宮再建の際には、1丈8尺(約545.4㎝)の「戟」(ほこ)を8口新調することになっていました。戟は、矛から派生した武器のひとつで、穂の形状が丸みを帯びたL字型になっているのが特徴です。

「祇園祭」の矛

祇園祭

祇園祭

「祇園祭」は、平安時代に起源を持つ、京都の伝統的な神事。

貞観年間(859~877年)の当時、京では疫病が流行した他、全国的に大地震や富士山の噴火などの災害が相次ぎ、人びとはこれを牛頭天王(ごずてんのう:平安京の祇園社[現在の八坂神社]の祭神)による怒りと信じて恐れました。

そこで、牛頭天王の怒りを静めるために行ったのが、国と同じ数の66口の矛を立て、神輿を「神泉苑」へ送る祇園祭の起源となる厄払いです。

その後、矛は車や飾りを付けた「山鉾」(やまぼこ:祭礼の際に引かれる山車の一種)に姿を変えて、京の夏を彩る風物詩として親しまれています。

現存する矛と神話の矛

正倉院にある矛

鉤付きの矛

鉤付きの矛

奈良県奈良市にある「正倉院」には、複数の矛が現存。その中には、穂先の下部に鉤(かぎ)の付いた矛もあります。

鉤の付いた矛は、騎馬武者を引きずり落として突き刺す他、馬の脚を払って騎馬武者を落馬させるといった使い方がされ、日本軍と唐軍の戦いである「白村江の戦い」では、日本軍はこの鉤付きの矛によって苦戦を強いられました。

そののち、有用な武器として日本でも鉤付きの矛が製造されるようになります。

なお、正倉院にはこの他にも「手鉾」(てぼこ)と呼ばれる屈曲した穂の矛が存在。手鉾は長年、祭祀用の道具と見なされていましたが、近年では実戦用に制作された武器だったのではないかと言われています。

天沼矛

天之瓊矛

天之瓊矛

「天沼矛」(あめのぬぼこ)とは、「記紀神話」に登場する矛のこと。

古事記では天沼矛、日本書紀では「天之瓊矛」、または「天瓊戈」と記されており、日本の国土創生譚である「国生み神話」では、皇室の先祖である「伊邪那美」(いざなみ)と伊邪那美の夫「伊邪那岐」(いざなぎ/いざなき)が「天浮橋」(あめのうきはし)と呼ばれる橋から、混沌とした地上を天沼矛でかき混ぜて島を作り出したとされています。

比比羅木之八尋矛

「比比羅木之八尋矛」(ひひらぎのやほこ)とは、古事記に登場する矛のこと。

「倭建命」(やまとたける)が、父である「景行天皇」(けいこうてんのう)から授けられたと言われる矛です。なお、名称の「比比羅木」は、その材料に邪気を払う神聖な樹木「柊」(ひいらぎ)が使われていたことから名付けられたと推測されます。

矛とは(矛と槍の違い)

矛とは(矛と槍の違い)をSNSでシェアする

「刀剣の種類と特徴」の記事を読む


日本刀と刀の違い

日本刀と刀の違い
「日本刀」と「刀」は、一見同じ意味で言葉が違うだけに思えます。しかし、実際には細かな定義があり、異なる意味を持っているのです。例えば日本刀には、日本で考案された独自の鍛刀方法がありますが、刀は、日本はもとより世界中のどんな方法でも作ることができます。また日本においては、日本刀という大きなカテゴリの中に、刀も入っていると言えるのです。日本刀と刀の違いについて詳しく見ていきましょう。

日本刀と刀の違い

太刀と打刀の違い

太刀と打刀の違い
皆さんは「刀剣」と聞くと、どのような形状を思い浮かべますか。刃長が1尺(約30.3mm)に満たない「短刀」や、短刀より長く、2尺(約60.6cm)以下である「脇差」(わきざし)などの刀剣は、その長さによってひと目で見分けを付けられます。しかし、いくつかある刀剣の種類の中で、戦によく使われていた「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)については、どちらも2尺以上の刃長であることが基本となっているため、ほんの少し見ただけでは、その区別があまり分からない方も多いかもしれません。太刀と打刀の違いでは、太刀と打刀における見分け方のポイントについて、詳しくご紹介します。

太刀と打刀の違い

直刀とは

直刀とは
「直刀」(ちょくとう)とは、反りがない刀剣のこと。日本刀の原型と言われる反りの付いた刀剣「湾刀」(わんとう)が作られるより前の、古墳時代から平安時代中期の時代に区分される「上古刀」(じょうことう)で多く制作されていました。直刀がどのように使用され、湾刀へ変わっていったのか、直刀の基礎知識と著名な直刀をご紹介します。

直刀とは

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。

太刀とは

打刀とは

打刀とは
「打刀」とは、一般に「日本刀」と言われる刀剣のこと。江戸時代を舞台にした時代劇では、武士が腰に長い刀剣と短い刀剣の2振を差していますが、長い方の刀剣が打刀です。馬上で使用することを目的とした「太刀」よりも短く軽量であるため、主に徒歩による戦闘で活躍しました。そんな打刀の基礎知識と著名な打刀をご紹介します。

打刀とは

脇差とは

脇差とは
「脇差」(わきざし)とは、一般的な日本刀よりも短い刀剣のこと。江戸時代、武士は腰に2振の日本刀を差していましたが、その短い方が脇差です。打刀が使えなくなった場合の予備の武器として使用された他、武士階級ではない町民も持つことが許されたため、江戸時代には特に多くの名刀が作られました。脇差の基礎知識と共に名刀と称される脇差をご紹介します。

脇差とは

短刀とは

短刀とは
「短刀」とは、日本刀の一種で反りがほとんどない短い刀剣のこと。太刀や打刀と違って、女性や子どもでも扱える護身刀として、古くから重宝されてきました。短刀を制作した刀工のなかには、国宝や重要文化財に指定される作を多く生み出した「短刀の名手」も存在するのです。短刀の基礎知識と共に、優れた短刀を制作した刀工、及び名刀をご紹介します。

短刀とは

鎧通(よろいどおし)とは

鎧通(よろいどおし)とは
「鎧通」(よろいどおし)とは、短い刀剣「短刀」の一種で、武士が甲冑(鎧兜)を着て戦をしていた時代に使用された、補助的な武具のひとつです。現存数は多くありませんが、ゲームなどのフィクション作品では暗殺のために使用される「暗器」(あんき)として非常に高い人気があるため、その名称を知っている人も少なくありません。鎧通の基礎知識と共に、著名な鎧通をご紹介します。

鎧通(よろいどおし)とは

薙刀とは

薙刀とは
「薙刀」(なぎなた)は、平安時代に登場した柄(え)が長い武器のひとつです。歴史文学として知られる「太平記」の中で、最も登場する武器が薙刀です。間合いが広く、斬る以外にも刺突や打撃を与えられることから、南北朝時代には主要武器として広く浸透しました。薙刀の基礎知識をご紹介します。

薙刀とは

注目ワード
注目ワード