室町時代

室町幕府とは

文字サイズ

「室町幕府」は、1338年(暦応元年)に、「足利尊氏」(あしかがたかうじ)によって京都に樹立された武家政権です。鎌倉幕府の政策を踏襲しつつ、各国の支配を一任した守護大名の設置や、明(現在の中国)との日明貿易などにより、3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)の時代に最盛期を迎えます。現代日本における美意識の源とも言える、東山文化の発達なども踏まえて、約240年間にわたる室町幕府について、ご紹介します。

鎌倉幕府に継ぐ、武家政権の成立

足利尊氏

足利尊氏

1333年(元弘3年)に鎌倉幕府が滅亡すると、「後醍醐天皇」は、配流先の隠岐から京都に戻り、「建武の新政」と呼ばれる政治改革に着手します。しかし、後醍醐天皇による政策は天皇中心で、武士をないがしろにする内容であったため、武士の間で不満が募っていったのです。

そこでついに、1336年(建武3年)、「足利尊氏」(あしかがたかうじ)が挙兵し、京都を制圧。後醍醐天皇に退位を迫った足利尊氏は、「光明天皇」(こうみょうてんのう)を擁立し、室町幕府を開きました。

ところが、後醍醐天皇は吉野(現在の奈良県吉野町)へ逃れ、そのまま政治を続けたことで、京都に室町幕府側の光明天皇による北朝と、吉野に後醍醐天皇による南朝が並び立つ、南北朝時代に突入します。全国の武士を巻き込んだこの対立は約60年間も続き、国内に大きな混乱をもたらしました。

1338年(暦応元年)、足利尊氏は、北朝から征夷大将軍に任命されると「建武式目」を制定し、政府の指針を示します。

室町幕府では、鎌倉時代に治安の維持と警察権の行使のために配置された「守護」に、より多くの権限を持たせて一国の支配を任せる「守護大名」制を採択。足利一門や有力武将に諸国の守護大名を任せ、間接的に全国を統治する守護領国制を採りました。

また、将軍を補佐する役職を有力な守護大名から選び、菅領(かんれい)として重用。斯波家(しばけ)、細川家、畠山家(はたけやまけ)が交替で菅領を出す3家となり、三菅領と呼ばれました。

そして、地方機関として鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)に「鎌倉府」を設置。足利氏の一族を中心に世襲で重職に就き、関東を統治していきました。

約240年にわたり君臨した足利15代将軍

武家の棟梁、征夷大将軍として、15代も続いた足利氏の室町幕府。しかし、幕府として最盛期を迎えた3代将軍・足利義満以降は、守護大名の台頭や各地における反乱、一揆などにより徐々に弱体化していきます。

初代 足利尊氏
在任:1338年(暦応元年)~1358年(延文3年)
清和源氏一族で、北条氏の有力御家人となり、遂には鎌倉幕府を倒して室町幕府を樹立。弟の足利直義との抗争が勃発し、和睦するも、政権は不安定な状態が続きました。戦場では敵に怯むことなく常に笑みを湛え、部下からの尊敬を集める人徳ある人物だったと言われています。
2代 足利義詮(あしかがよしあきら)
在任:1358年(延文3年)~1367年(貞治6年)
足利尊氏の嫡男で、近江(現在の滋賀県)、美濃(現在の岐阜県南部)、尾張(現在の愛知県西部)の統治のため、「半済令」(はんぜいれい:荘園の土地を領主と武士で折半させる法令)を策定。南朝勢力を圧迫し、室町幕府の安定に貢献しました。さらに、大内氏と山名氏を帰服させて、中国地方への支配も固めます。
3代 足利義満
在任:1368年(応安元年)~1394年(応永元年)
足利義詮の嫡男。1392年(明徳3年)、約60年続いた南北朝を講和させ、内乱に終止符を打ちました。歴代将軍で初めての太政大臣となった足利義満は、明から「日本国王」の称号を受け、日明貿易を開始。国産の刀剣や甲冑(鎧兜)などを輸出し、銅銭や生糸を得るなどしました。足利義満の時代が室町幕府の最盛期であり、北山文化も開花します。
4代 足利義持(あしかがよしもち)
在任:1394年(応永元年)~1423年(応永30年)
足利義満の嫡男ですが、父と不仲であったことや、朝貢(ちょうこう:貢物)を理由に、明の使節団の入京を拒否。日明貿易を廃止し、明との国交を断ちました。
5代 足利義量(あしかがよしかず)
在任:1423年(応永30年)~1425年(応永32年)
足利義持の嫡男で、16歳のとき将軍に就任。病弱であった上に大酒飲みがたたり、19歳で急逝してしまいます。引退した足利義持が、将軍代行として政務を担いました。
6代 足利義教(あしかがよしのり)
在任:1429年(永享元年)~1441年(嘉吉元年)
足利義満の三男で、日明貿易を復活させます。将軍権力の強化を図り、公家や武家を弾圧したため、鎌倉府とも対立。足利義教による独裁的な政治は反発を招き、1441年(嘉吉元年)に、有力守護大名の赤松氏に暗殺されてしまいました。
7代 足利義勝(あしかがよしかつ)
在任:1442年(嘉吉2年)~1443年(嘉吉3年)
足利義教の嫡男。父が暗殺されたため9歳で将軍職に就くも、在位わずか8ヵ月で急死してしまいました。
8代 足利義政(あしかがよしまさ)
在任:1449年(宝徳元年)~1473年(文明5年)
足利義勝の弟。芸術を愛した文化人で、わび・さびに重きを置いた「東山文化」を開花させました。晩年は、後継者問題を解決できず、ついには「応仁の乱」へと発展してしまいます。
9代 足利義尚(あしかがよしひさ)
在任:1473年(文明5年)~1489年(延徳元年)
足利義政の嫡男。和歌に熱心で、文化人として高く評価されています。将軍権力の確立に努めたものの、寺社領への押領を重ねる近江守護、六角氏征伐の出兵中、病死しました。
10代 足利義稙(あしかがよしたね)
在任:1490年(延徳2年)~1493年(明応2年)、1508年(永正5年)~1521年(大永元年)
足利義政の甥。六角氏を征伐し成果を上げますが、幕府内で力を持っていた細川政元と対立したことで将軍職を退くことになり、幽閉生活を送ります。しかし、幽閉先から逃亡し諸国を周り、力を付けて15年後に再び将軍に返り咲きました。
11代 足利義澄(あしかがよしずみ)
在任:1494年(明応3年)~1508年(永正5年)
足利義稙が幽閉されたため、将軍に就任。足利義稙の復帰を阻止するため、様々な外交戦を繰り広げます。最終的には、足利義稙を擁立する大内義興が挙兵したため、将軍職を追われました。
12代 足利義晴(あしかがよしはる)
在任:1521年(大永元年)~1546年(天文15年)
足利義澄の嫡男。側近を内談衆として再編成し、長期の政権を築きます。将軍権力の復帰を目指しますが、当時幕府の権力を独占していた細川家の内紛をきっかけに京都を追われることとなり、最期は近江で自害しています。
13代 足利義輝(あしかがよしてる)
在任:1546年(天文15年)~1565年(永禄8年)
足利義晴の嫡男。細川家の家臣だった三好家と和睦し入京。「足利義輝」は、将軍権威の復活を目指し、大名同士の紛争にも積極的に干渉し、和平のために尽くしました。しかし、別の将軍を擁立しようと動く三好家と争乱となり、討ち死にしてしまったのです。
14代 足利義栄(あしかがよしひで)
在任:1568年(永禄11年)~1568年(永禄11年)
三好氏によって傀儡(あやつり人形)将軍として擁立されます。在位中1度も入京することなく、在位7ヵ月で病死しています。
15代 足利義昭(あしかがよしあき)
在任:1568年(永禄11年)~1573年(天正元年)
足利義輝の弟。美濃の「織田信長」に擁立されて入京し、将軍に就任。その後、織田信長によって京都を追われたため、諸国大名に織田信長討伐を指示します。晩年は、天下を取った豊臣政権に従い、余生を送りました。

農村と都市部も発展

室町時代には、農業や工業の発展を背景に、一般の人々が表舞台に登場する時代となりました。農業では二毛作が普及し、収穫も安定。共同で使う土地や農機具などを、自治により管理するようになります。

有力な農民のもと誕生した自治組織を「惣」(そう)と言い、惣が管理する村を「惣村」(そうそん)と呼びました。また、工業では、鋳物師や鍛冶、研師などの職人が独立。加賀絹や常陸紬、備前刀などの特産品が生まれていきます。

都市部では、小売店や定期市が増加したことで、商品の卸や保管、売買に加え、商人宿の機能を持つ問屋も誕生。高利貸しを兼業し力を付けた酒屋などは、戦国時代に台頭する「豪商」の先駆けとなります。

また、鎌倉時代に生まれた商人や職人による同業者の組合「座」も増えて、規模も拡大。産業や商業が活性化したことで、貨幣の需要が増加したため、明から輸入した銅銭「永楽通宝」(えいらくつうほう)を用いるようになりました。

武家と公家が融合した室町文化

 金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺(鹿苑寺)

室町幕府の都が京都に置かれたことから、鎌倉時代に発展した武家文化と京都の公家文化がより融合していき、室町文化が形成されました。

足利義満のころに栄えた文化は、「北山文化」と呼ばれます。「金閣寺」(鹿苑寺)がその代表例で、1層は公家風の寝殿造り、2層は和様の仏道、3層は禅宗様という、公武の特徴を併せ持った建築として知られています。

また、庶民の芸能だった猿楽(現在の歌舞伎)が、「観阿弥」(かんあみ)、「世阿弥」(ぜあみ)の手で「能」として大成。日明貿易の発展と共に、大陸文化の影響を受けた水墨画や文学も誕生しました。

また、8代将軍・足利義政の時代になると、大陸文化の影響は薄れ、禅の精神に基づいた「東山文化」が花開きます。近現代日本における美意識の原点と言える東山文化は、「銀閣寺」(慈照寺)や「龍安寺」の石庭に見る、「侘び・寂び」という幽玄性を特徴としています。

また、日本独自の水墨画や茶道、華道など、今日、日本の伝統文化と呼ばれる芸術も、この時代に形成されました。

応仁の乱で室町幕府の権力は失墜、 下剋上の時代へ

足利義昭

足利義昭

6代将軍・足利義教が暗殺されると、将軍の支配力はだんだんと弱まり、守護大名の内紛が激化していきます。三管領のうち、斯波家と畠山家が家督争いで勢いを失う中、残る細川家と、足利義教を暗殺した赤松氏の討伐を行なった山名家が台頭、二大勢力を形成していきます。

1467年(応仁元年)、守護大名が、細川家派の東軍、山名家派の西軍に分かれて対立する、11年に及ぶ戦乱「応仁の乱」が始まりました。応仁の乱により、京都の町は荒廃、戦乱は全国へ飛び火していきます。

各地で地域を守るために、地侍や農民が手を組み、守護大名による領地の支配に抵抗を始めました。1428年(正長元年)の近江(現在の滋賀県)における「正長の土一揆」や、1485年(文明17年)の山城(現在の京都府)における「山城国一揆」、1488年(長享2年)の加賀(現在の石川県)における「一向一揆」など、全国で一揆が頻発。守護大名を退け、農民や僧侶を中心に自治を実現していく地域もありました。

このように、室町幕府の統制が弱まったことで始まった応仁の乱は、守護大名を衰退させ、諸国の自立、そして有力武士達が次々と実力でのし上がる下克上の時代を招きます。実力で土地と人民を支配する戦国大名の誕生です。戦国大名は、独自の政策で富国強兵を図り、自領を拡大するため、全国的に戦乱の世へと突入していきます。

1573年(天正元年)、15代将軍・足利義昭は、戦国大名の織田信長より京都から追われたことで室町幕府は終焉を迎え、「安土桃山時代」が幕を開けたのです。

3つの幕府(3幕府)の比較表

内容\幕府名 鎌倉幕府 室町幕府 江戸幕府
幕府別称 (足利幕府) (徳川幕府)
成立年 1185年 1336年 1603年
倒幕年 1333年 1573年 1867年
存続年数 149年 238年 265年
当時の所在地 神奈川県
鎌倉市

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
京都府京都市
上京区

京都御苑
京都御苑
東京都
千代田区

江戸城富士見櫓
江戸城 富士見櫓
幕府の特徴 御家人制度 守護領国制 幕藩体制
著名な法律 御成敗式目 建武以来追加 武家諸法度
著名な乱 承久の乱 応仁の乱 島原の乱
主な貿易 日宋貿易/
日元貿易
日明貿易
(勘合貿易)
日朝貿易
将軍補佐役 執権 管領 老中(大老)
歴代将軍
一覧
初代 源 頼朝 足利 尊氏 徳川 家康
2代 源 頼家 足利 義詮 徳川 秀忠
3代 源 実朝 足利 義満 徳川 家光
4代 藤原 頼経 足利 義持 徳川 家綱
5代 藤原 頼嗣 足利 義量 徳川 綱吉
6代 宗尊親王 足利 義教 徳川 家宣
7代 惟康親王 足利 義勝 徳川 家継
8代 久明親王 足利 義政 徳川 吉宗
9代 守邦親王 足利 義尚 徳川 家重
10代 足利 義稙 徳川 家治
11代 足利 義澄 徳川 家斉
12代 足利 義晴 徳川 家慶
13代 足利 義輝 徳川 家定
14代 足利 義栄 徳川 家茂
15代 足利 義昭 徳川 慶喜

室町幕府とは

室町幕府とはをSNSでシェアする

「室町時代」の記事を読む


永享の乱

永享の乱
「永享の乱」(えいきょうのらん)は、1438年(永享10年)に関東で起こった戦乱です。この戦は「鎌倉公方」(かまくらくぼう:室町幕府が設置した鎌倉府の長官)であった「足利持氏」(あしかがもちうじ)と「関東管領」(かんとうかんれい:鎌倉公方を補佐する役職)であった「上杉憲実」(うえすぎのりざね)との直接対決となりました。永享の乱は京都に置かれていた室町幕府の6代将軍「足利義教」(あしかがよしのり)と足利持氏との対立が原因で起こったと言われています。永享の乱が、どのような戦乱だったのか詳しくご紹介します。

永享の乱

享徳の乱

享徳の乱
「享徳の乱」(きょうとくのらん)は1467年(応仁元年)から11年間にわたる「応仁の乱」(おうにんのらん)に先駆けて、関東で起こった戦乱です。戦いは断続的に28年間続き、関東はそのまま戦国時代に突入しました。この戦乱の発端は、その前段階に起こった「永享の乱」(えいきょうのらん)にあります。 永享の乱が起こった背景には「鎌倉公方」(かまくらくぼう:室町幕府の組織[鎌倉府]のトップで関東地方を統治する)と「関東管領」(かんとうかんれい:鎌倉公方の補佐役)の対立、そして鎌倉公方と室町幕府の将軍との対立という複雑な歴史的背景が大きくかかわっています。今回は、永享の乱をきっかけとして起こった享徳の乱についてご紹介します。

享徳の乱

応仁の乱

応仁の乱
室町幕府が衰退した理由とも言われる「応仁の乱」。11年という長い争いにより、戦国時代へと続くきっかけとなった応仁の乱はなぜ起こったのでしょうか。 室町幕府の悲劇とも言われている応仁の乱が起きたきっかけや、戦国時代の幕開けまでの流れなど、室町時代に起こった応仁の乱について解説します。

応仁の乱

川中島の戦い

川中島の戦い
「川中島の戦い」とは、1553年(天文22年)~1564年(永禄7年)の12年間、5回に亘る伝説の合戦の総称です。宿敵である甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信が、北信濃の支配権を巡って争いましたが、長い戦いにもかかわらず勝敗はついていません。 1561年(永禄4年)の第4次合戦の激戦が広く知られているため、その戦場となった地名から、他の場所で行なわれた戦いも含めて川中島の戦いと呼ばれていますが、一般的には川中島の戦いと言ったときには、第4次合戦を指します。

川中島の戦い

桶狭間の戦い

桶狭間の戦い
1560年(永禄3年)5月19日、日本の歴史を動かす大きな合戦が起こりました。「桶狭間の戦い」です。27歳の織田信長が4,000人ばかりの兵を味方に、2万5千人もの今川義元軍に戦いを挑み、勝利しました。その歴史的な合戦には、世代を通じて胸が熱くなるドラマがあります。このような歴史的瞬間が今もなお語り継がれるのは、それを記録する人物がいたからです。その人物の名は「大田牛一」(おおたぎゅういち)。彼は、織田信長の家臣でした。最も身近な距離で、織田信長を知ることができた人物が書きつづった記録「信長公記」。織田信長が天下統一への切符を手に入れた軌跡と今川義元の敗因はどのようなものだったのでしょうか。今、「信長公記」によって桶狭間の戦いの全貌が明かされます。

桶狭間の戦い

金ヶ崎の戦い

金ヶ崎の戦い
1570年(元亀元年)、越前国敦賀郡金ヶ崎(現在の福井県敦賀市金ヶ崎町)で織田信長・徳川家康率いる「織田・徳川連合軍」と「朝倉義景」(あさくらよしかげ)率いる「朝倉軍」が対峙しました。約3万の織田・徳川連合軍に対し、約4,500の朝倉軍。当初は、織田・徳川連合軍が優勢でしたが、織田信長の義弟「浅井長政」(あざいながまさ)の裏切りにより、形勢逆転。戦国史上有名な織田信長が危機的状況下で行なった撤退戦でもあることから、「金ヶ崎の退き口」や「金ヶ崎崩れ」とも呼ばれています。

金ヶ崎の戦い

注目ワード
注目ワード