刀剣の種類と特徴

鎧通(よろいどおし)とは

文字サイズ

「鎧通」(よろいどおし)とは、短い刀剣「短刀」の一種で、武士が甲冑(鎧兜)を着て戦をしていた時代に使用された、補助的な武具のひとつです。現存数は多くありませんが、ゲームなどのフィクション作品では暗殺のために使用される「暗器」(あんき)として非常に高い人気があるため、その名称を知っている人も少なくありません。鎧通の基礎知識と共に、著名な鎧通をご紹介します。

鎧通しの特徴と使用用途

鎧通し

鎧通し

「鎧通し」(よろいどおし)とは、「馬手差し」(めてざし)とも呼ばれる、甲冑(鎧兜)を着用した相手と取っ組み合って戦う際に用いられた短刀のこと。甲冑(鎧兜)は頑丈であるため、刀で斬ることはできませんが、弱点が存在します。

それは、関節部にある隙間。鎧通しは、この弱点部へ刺す目的で作られました。逆手に持って使用するため、刃長は肘までの長さである9寸5分(約28.8㎝)以下。また、城を攻める際は、その頑丈さを活かして石垣の間に差し、足場として利用しました。

なお、鎧通しは相手と組み合ったときに、刀身が自然に抜け落ちてしまったり、相手に奪われたりする恐れがあったため、腰に差す際は通常の刀と違って(つか)が後ろ、(こじり:[さや]の先端部)が前に来るように身に着けたと言われており、この様子は戦国時代の武将「細川澄元」(ほそかわすみもと)を描いた絵図などで見られます。

鎧通しの拵

鎧通しの拵

鎧通しの拵

現存する鎧通しの拵は、そのほとんどが一般的な短刀と同じ合口拵(あいくちこしらえ:鍔[つば]が付いていない[こしらえ])です。

右腰に差し、右手だけで抜くことを前提としているため、栗形(くりがた:鞘にある、下緒[さげお:鞘が帯から抜け出ないように鞘と帯を結ぶための紐]を通すための部位)や返角(かえりづの:鞘から刀身を抜く際に、鞘が腰から抜けないように帯へ引っ掛ける留め具)は外側、つまり通常の刀で言えば「差し裏」に付き、返角の頭が鐺の方へ向いていました。

返角の頭が通常と逆向きに付けられた理由は、鎧通しを右手だけで抜くときに鞘ごと抜けてしまわないようにするための工夫です。返角に下緒を絡めたり、鐺に「犬招き」と呼ばれる穴を空けてそこに下緒を通したりすることで、鞘の脱落を防ぎました。

著名な鎧通し 短刀 銘 吉光(名物 厚藤四郎)

短刀 銘 吉光」は、「厚藤四郎」(あつしとうしろう)の通称で知られる「享保名物帳」所載の短刀。本刀は、刀工「藤四郎吉光」作のなかでも重ねが極めて厚い典型的な鎧通しの造りとなっています。

はじめは足利将軍家が所有していましたが、のちに「豊臣秀吉」の家臣「一柳直末」(ひとつやなぎなおすえ)、戦国武将「黒田孝高(黒田官兵衛)」など、様々な人の手を経て、最終的に徳川将軍家へと伝わりました。現在は、東京都台東区の「東京国立博物館」が所蔵しています。

厚藤四郎
厚藤四郎
吉光
鑑定区分
国宝
刃長
21.8
所蔵・伝来
足利将軍家 →
本阿弥光徳 →
一柳直末 →
黒田孝高 →
豊臣秀次 →
豊臣秀吉 →
毛利家 →
徳川家綱 →
一橋家 →
独立行政法人
国立文化財機構
(所蔵は東京国立博物館)
厚藤四郎
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。

著名な鎧通し 鎧通 銘 長運斎綱俊 天保七年八月日

鎧通 銘 長運斎綱俊 天保七年八月日」は、江戸時代に活動した刀工「長運斎綱俊」(ちょううんさいつなとし)によって制作された鎧通し。

本刀の特徴は、深めの反りが付いている他、鋒/切先(きっさき)部分だけが両刃となる「切先両刃造」(きっさきもろはづくり)などが挙げられます。制作者である長運斎綱俊は、「新々刀の祖」と称される「水心子正秀」の門人で、技量に秀でた刀工です。

同時代における「備前伝の第一人者」とも呼ばれ、幕末時代の江戸では一大流派を築いたと言われています。

鎧通 銘 長運斎綱俊 天保七年八月日
鎧通 銘 長運斎綱俊 天保七年八月日
長運斎綱俊 応須長君次義需 天保七年八月日
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
24.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

著名な鎧通し 鎧通 銘 備州長船祐定 明応七年八月日

鎧通 銘 備州長船祐定 明応七年八月日」は、室町時代後期に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した刀工「祐定」(すけさだ)が制作した鎧通し。

本刀は、戦国武将「十市遠忠」(とおちとおただ)の愛刀です。十市遠忠は、武勇に秀で、和歌にも造詣の深かった武将として知られており、十市遠忠が詠んだ和歌は江戸時代の国学者「塙保己一」(はなわほきいち)が編纂した「群書類従」(ぐんしょるいじゅう)などに収録されています。

本刀の刃文には「蟹の爪」と呼ばれる、焼頭が2つに割れた腰の開いた互の目乱れの模様が現れていますが、これは末備前の刀工のうち、特に祐定に見られる特徴です。

制作者である祐定は、末備前を代表する刀工。「日本刀銘鑑」には、祐定と銘を切った刀工が68名も載っていますが、特に腕が優れていたのは「彦兵衛尉祐定」と「与三衛門尉祐定」の2名で、本刀もいずれかの作であると推測されます。

鎧通 銘 備州長船祐定 明応七年八月日
鎧通 銘 備州長船祐定 明応七年八月日
備州長船祐定
明応七年
八月日
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
21.5
所蔵・伝来
十市遠忠→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

鎧通(よろいどおし)とは

鎧通(よろいどおし)とはをSNSでシェアする

「刀剣の種類と特徴」の記事を読む


太刀と打刀の違い

太刀と打刀の違い
皆さんは「刀剣」と聞くと、どのような形状を思い浮かべますか。刃長が1尺(約30.3mm)に満たない「短刀」や、短刀より長く、2尺(約60.6cm)以下である「脇差」(わきざし)などの刀剣は、その長さによってひと目で見分けを付けられます。しかし、いくつかある刀剣の種類の中で、戦によく使われていた「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)については、どちらも2尺以上の刃長であることが基本となっているため、ほんの少し見ただけでは、その区別があまり分からない方も多いかもしれません。太刀と打刀の違いでは、太刀と打刀における見分け方のポイントについて、詳しくご紹介します。

太刀と打刀の違い

直刀とは

直刀とは
「直刀」(ちょくとう)とは、反りがない刀剣のこと。日本刀の原型と言われる反りの付いた刀剣「湾刀」(わんとう)が作られるより前の、古墳時代から平安時代中期の時代に区分される「上古刀」(じょうことう)で多く制作されていました。直刀がどのように使用され、湾刀へ変わっていったのか、直刀の基礎知識と著名な直刀をご紹介します。

直刀とは

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~太刀~」YouTube動画

太刀とは

打刀とは

打刀とは
「打刀」とは、一般に「日本刀」と言われる刀剣のこと。江戸時代を舞台にした時代劇では、武士が腰に長い刀剣と短い刀剣の2振を差していますが、長い方の刀剣が打刀です。馬上で使用することを目的とした「太刀」よりも短く軽量であるため、主に徒歩による戦闘で活躍しました。そんな打刀の基礎知識と著名な打刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~打刀~」YouTube動画

打刀とは

脇差とは

脇差とは
「脇差」(わきざし)とは、一般的な日本刀よりも短い刀剣のこと。江戸時代、武士は腰に2振の日本刀を差していましたが、その短い方が脇差です。打刀が使えなくなった場合の予備の武器として使用された他、武士階級ではない町民も持つことが許されたため、江戸時代には特に多くの名刀が作られました。脇差の基礎知識と共に名刀と称される脇差をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~脇差~」YouTube動画

脇差とは

短刀とは

短刀とは
「短刀」とは、日本刀の一種で反りがほとんどない短い刀剣のこと。太刀や打刀と違って、女性や子どもでも扱える護身刀として、古くから重宝されてきました。短刀を制作した刀工のなかには、国宝や重要文化財に指定される作を多く生み出した「短刀の名手」も存在するのです。短刀の基礎知識と共に、優れた短刀を制作した刀工、及び名刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~短刀~」YouTube動画

短刀とは

薙刀とは

薙刀とは
「薙刀」(なぎなた)は、平安時代に登場した柄(え)が長い武器のひとつです。歴史文学として知られる「太平記」の中で、最も登場する武器が薙刀です。間合いが広く、斬る以外にも刺突や打撃を与えられることから、南北朝時代には主要武器として広く浸透しました。薙刀の基礎知識をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~薙刀・長巻~」YouTube動画

薙刀とは

長巻とは

長巻とは
「長巻」(ながまき)とは、「薙刀」(なぎなた)とよく似た武器のこと。もとは大太刀を扱いやすくするために発展した武器と言われており、薙刀とはその形状や扱い方が異なります。長巻とはどのような武器だったのか。薙刀との違いと共に、長巻の基本知識をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~薙刀・長巻~」YouTube動画

長巻とは

槍とは

槍とは
「槍」とは、長い柄(え)の先に刀剣を付けた武器のこと。地域を問わず、世界中で使用された武器で、近接戦闘の主力武器として最も活躍したと言われています。日本では、弥生時代頃に槍の前身である「矛」(ほこ)が使用されており、時代の流れと共に様々な形状、用途の槍が発展しました。槍の基本知識と著名な槍をご紹介します。

槍とは