日本刀コラム

日本刀由来の言葉

文字サイズ

古来より刀剣は、神への奉納品として祭事などに使われ、時代が進むにつれて、武士達にとっては日常になくてはならないものとして、日本人の生活と文化に深くかかわってきました。そのため、現在の日常生活に何気なく使う日本語にも、日本刀由来の言葉がたくさんあるのです。例えば、「あの人とはそりが合わない」、「相槌を打つ」などが、日本刀に由来した言葉。そんな、日本刀が由来となった言葉を見ていきましょう。

刀剣一般

古来より日本人は、日本刀と共に過ごし、その中で、日本刀由来の言葉が多く誕生しました。

ここでは、刀剣そのものを指す言葉に関連する、日本刀由来の言葉についてご紹介します。

助太刀

助太刀

助太刀

「助太刀」とは、武士の時代にできた言葉で、加勢をしたり、援護をしたりする人、すなわち「助っ人」を指す言葉。果し合いや敵討ちなどで、武士が太刀を持って加勢することから生まれた言葉です。

もともとは室町時代頃から使われはじめたと言われますが、現在のように広く使われるようになったのは、江戸時代の後期からだったと言います。

時代劇などで、敵討ちに行く人に向かって「助太刀いたす」と言うことがありますが、江戸時代には、敵討ちをするのにも、助太刀をするのにも、奉行所の許可が必要でした。

伝家の宝刀

伝家の宝刀

伝家の宝刀

「伝家の宝刀」は、家宝として代々伝えられた名刀を意味しており、大切な家宝を使わざるを得ないほど、追い詰められた状況でのみ使われる物。

転じて、いよいよという場面で取り出したり、使われたりするとっておきの手段、切り札という意味があります。

土壇場

現在、日常的に使う言葉として、直近の予定をキャンセルすることを「ドタキャン」と言いますが、実はこれも日本刀由来の言葉。

ドタキャンとは、「土壇場でキャンセルする」ことの略語で、この「土壇場」が、日本刀に深くかかわっている言葉なのです。

土壇場とは、江戸時代、罪人の処刑や、首のない胴体を使って、刀剣の試し切りをした場所(土壇)のこと。転じて、現在では土壇に上げられたような絶体絶命の状況にあること、もうあとがないことを指す言葉として使われるようになりました。

諸刃の剣

諸刃の剣

諸刃の剣

「諸刃の剣」(もろはのつるぎ)とは、刀身の両側に刃がある刀剣のこと。

諸刃の剣は、相手に刃を向けて切ろうとすると、自分にも刃が向いているため、同じように自分自身も傷付けてしまう可能性があります。

そのため、諸刃の剣は、両刃の刀剣を指す言葉でもあると同時に、非常に役立つものが、一方では大きな損害を与え得る危険を孕んでいるということを、意味しているのです。

刀剣の部位

刀剣は、昔の日本人にとっては身近な物でした。そのため、現在使われている言葉の中にも、刀剣の部位が比喩として使われている物があります。

そこで、ここでは、「」(しのぎ)や「切羽」(せっぱ)などが由来となった言葉をご紹介。

鎬を削る

鎬を削る

鎬を削る

鎬とは、刀身の刃と棟の間にある、山になった筋の部分のこと。刀剣同士で激しく戦った際、薄く作られている刃の部分で切り結ぶ(刀を打ち合わせて切り合うこと)と、すぐに欠けてしまいます。そのため、切り結ぶ際は、分厚い鎬筋を合わせて戦いましたが、激しい打ち合いでは鎬が削れてしまうため、激しく戦うことを、「鎬を削る」と言うようになりました。

切羽詰る

切羽詰る

切羽詰る

切羽とは、刀身と鍔を、に安定させる役割を持った刀装具のひとつ。

この切羽が詰まると、刀身がから抜けなくなってしまうことから、「切羽詰まる」とは、物事が差し迫って、どうにもならない状況や、余裕がなくなった状態を表す言葉として使われているのです。

そりが合わない

そりが合わない

そりが合わない

刀剣の「反り」は1振ごとに違っているため、鞘もその刀剣の反りに合わせて作られます。

「そりが合わない」とは、反りが合っていない刀身が、鞘にうまく収まらないように、考え方や性格の違いなどにより、気が合わないこと、相性が合わないことを指す言葉として用いられるようになりました。

鍔競合い

鍔競合い

鍔競合い

「鍔競合い」(つばぜりあい)は「鍔迫り合い」とも書き、刀剣の刀装具である鍔をぶつけ合い、戦いの決着がつかなくなった様子を指しています。

転じて、互いの実力が拮抗し、膠着状態に陥ること、同じような力量の者同士が、張り合って争うことを指す言葉となりました。

目貫通り

「目貫通り」は「目抜き通り」とも書き、街の中心で賑わいのある華やかな大通りを指す言葉。

目貫」とは、刀身の(なかご)を、柄に固定するための重要な金具で、装飾品としての働きもあります。本来は刀身が柄から抜けないように固定する、目釘(めくぎ)を装飾する物でしたが、のちに拵を装飾する物となりました。

江戸時代には、目貫を「目立つもの」という意味の言葉として使うようになり、現在使われている、目貫通りの語源となったのです。

剣術

刀剣を扱う際の技などが由来となった言葉は、部位や刀剣一般の言葉とは違い、現在でも攻撃的な意味を残している物が多いです。

ここでは、剣術が元となった、日本刀由来の言葉をご紹介します。

太刀打ちできない

「太刀打ちできない」とは、相手の力が強すぎるために、まともに張り合って立ち向かうことができないという意味。

本来「太刀打ち」とは、刀剣の太刀を使って戦うことを意味しており、転じて、太刀打ちできないとは力量の違う相手と、互角に戦うことができないという意味の言葉となりました。

抜き打ち

抜き打ち

抜き打ち

学校などで使われる言葉で、予告なく行なわれるテストのことを「抜き打ちテスト」と言いますが、これも日本刀由来の言葉。

本来「抜き打ち」とは、「居合」のように、どのような状態からでも、突然刀剣を鞘から抜いて斬りかかることを指します。

現在では、予告なく行なわれる物事に対して、抜き打ちと呼ぶようになったのです。

火花を散らす

火花を散らす

火花を散らす

「火花」とは、金属や石が強くぶつかり合ったときに発生する火のことで、そこから、刀剣同士が激しく切り結ぶことを、「火花を散らす」と言うようになりました。転じて、相手と激しく争ったり、ぶつかったりすることを意味しています。

横槍を入れる

横槍を入れる

横槍を入れる

「横槍」とは、戦場で、対戦中に別の部隊が、横から槍で攻撃を加える戦法を表す言葉。そこから、関係のない人が横から入り込んで口出しをし、話などを妨げることを意味する言葉となりました。

本来の横槍が攻撃的な意味を持つため、似たような言葉の「口をはさむ」などよりも、話を妨害するなどの意図があります。

制作工程

現代に浸透している言葉の中には、刀剣そのものにまつわる言葉だけでなく、刀鍛冶が刀剣を作るときの工程にまつわっているものもあるのです。

ここでは、日常生活でよく耳にする、刀剣の制作工程が由来となった言葉をご紹介します。

相槌を打つ

相槌を打つ

相槌を打つ

誰もが使ったことのある「相槌を打つ」という言葉は、話し手の調子に合わせて頷いたり、返事をしたりすること。

これも日本刀由来の言葉で、「相槌」とは、刀工が刀剣を鍛造するときに、師が槌で打つのに合わせて、タイミングよく弟子がもうひとつの槌で打つことを言います。この交互に刀剣を鍛える相槌が、現在では相手の話にタイミングよく反応することを指すようになったのです。

付け焼き刃

付け焼き刃

付け焼き刃

「付け焼き刃」とは本来、質の悪い刀剣の地鉄に、あとから刃金(はがね)を焼き付けた物のことを言います。

しかし、そうした付け焼き刃は、すぐにはがれてしまい、切れ味が悪くなることから、現在では、その場しのぎでにわかに身に付けた技術や知識という意味で、使われる言葉になりました。

とんちんかん

とんちんかん

とんちんかん

「とんちんかん」は、漢字で「頓珍漢」と書きますが、これは後世で付けられた当て字。

「とんちんかん」の語源は、刀剣を鍛造する際に、鉄を打つ音から来ています。師の刀工が槌を打つ合間に弟子が相槌を入れます。その相槌のタイミングが悪いと「トンチンカン」とずれた音がすることから、物事のつじつまが合わないことや、間が抜けた言動を指す言葉となりました。

焼きを入れる

焼きを入れる

焼きを入れる

「焼きを入れる」とは、刀剣を制作する過程のひとつである、「焼き入れ」が語源となっています。この焼き入れは、高温にした刀身を水に入れ、瞬時に冷却する作業。これは、強度を増したり、刃文や反りを生じさせたりする大変大切な工程です。

この作業から、やる気のない者に活を入れて気を引き締めさせること、転じて、制裁や拷問の意味で使われるようになりました。なお、「焼きが回った」という言葉も、同じく焼き入れの工程を由来とする言葉。

焼き入れをしすぎると切れ味が悪くなるため、歳を重ねて、能力が落ちることを意味する言葉となったのです。

鑑定

武将達にとって、名工によって生み出された名刀を所持することは、一種のステータスでした。

同時に、贋作と呼ばれる、名工の作を騙った偽物が出回ることが多く、有名な刀工の作と見られる刀剣を、鑑定に出し、鑑定書を出すことで、刀剣の真偽を見極めたのです。

ここでは、鑑定にまつわる日本刀由来の言葉をご紹介します。

折紙つき

折紙つき

折紙つき

折紙つき」とは、物の品質や人の実力などが確実に保証されていることを表す言葉。実はこれも日本刀由来の言葉で、折紙つきの「折紙」とは、「刀剣極所」(とうけんきわめどころ)によって発行された、刀剣鑑定書のことを指します。

この制度は1596年(慶長元年)に作られてから明治時代まで続き、代々「本阿弥家」(ほんあみけ)という、刀剣の鑑定を生業にする一族によって発行されました。この折紙が付いた刀剣は信用され、安定した相場が付けられたことから、現在の意味で使われるようになったのです。

極め付き

「極め付き」も、折紙つきと同じく、「極め書き」と呼ばれる鑑定書が付いた刀剣を指して使われた言葉。しかし、この極め書きは刀剣だけでなく、書画や古美術に付けられた物で、真偽を判定する基準として、この極め書きが使用されました。

極め付きの刀剣や古美術は価値が高く、信用されたことから、現在では確かな品質や実力を持っていることや、他よりも優れているという意味を持つ言葉となったのです。

日本刀由来の言葉

日本刀由来の言葉をSNSでシェアする

「日本刀コラム」の記事を読む


栗原彦三郎と日本刀及日本趣味

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味
「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)は、明治時代から昭和時代前期にかけて活動した人物です。雑誌編集者の他、政治家、また刀匠としても活動し、日本刀界においては日本刀廃絶の危機を2度も救ったことから「現代刀保存の立役者」として知られています。 また、栗原彦三郎は「日本刀及日本趣味」(にほんとうおよびにほんしゅみ)と言う月刊雑誌を創刊し、日本刀と「日本文化」の素晴らしさを国内外へ向けて発信しました。栗原彦三郎とはどのような人物で、また栗原彦三郎が創刊した月刊雑誌「日本刀及日本趣味」とは、どのような内容か。ここでは、その概要をご紹介します。

栗原彦三郎と日本刀及日本趣味

刀剣ブームの歴史

刀剣ブームの歴史
バトル系のアニメや漫画などで必ず登場する武器と言えば「刀剣」です。細身で美しい曲線を描く「日本刀」は、「最強の武器」として描かれることが多いのが特徴。また、刀剣が登場する作品が人気になると、子ども達の間では「ごっこ遊び」が流行する他、大人のファン向けに「模造刀」が作刀されることも。ここでは、日本で流行した漫画やゲーム作品に登場した刀剣の概要と、実際にどのような刀剣ブームが起きたのかをご紹介します。

刀剣ブームの歴史

日本刀の豆知識

日本刀の豆知識
日本刀を鑑賞するには、日本刀本体から放たれる美しさを感じ取ることが重要です。しかし、日本刀がどのような扱いを受けて、現代に受け継がれているのかというところにも思いを馳せることで、鑑賞の楽しみがより一層深くなる物。ここでは、そんな日本刀を楽しむポイントをご紹介します。

日本刀の豆知識

時代劇での日本刀

時代劇での日本刀
日本刀の知識が深まって歴史が好きになっていくと、映画やテレビの時代劇にも興味を持つのではないでしょうか。特に、刀の名士と呼ばれた人の話なら、「あの役者が演じるあの武士は、あの日本刀を持っていたはず」、「あの日本刀で殺陣(たて:闘争の演技)をするところがぜひ見たい」と興奮もひとしお。ここを見ると時代考証のツウになれる!?時代劇の注目ポイントをご紹介します。

時代劇での日本刀

妖刀とは

妖刀とは
日本の長い歴史において、戦国時代には、戦いの際の武具として用いられた日本刀。現代では美術品としての価値が見出され、その姿や刃文などの美しさはもちろんのこと、それぞれの日本刀が持つ、伝来にまつわる逸話や伝承について知ることも、日本刀鑑賞の醍醐味となっています。そんな逸話の中でも、波乱に満ちた戦国時代に、「徳川家」において数奇な運命をもたらしたと伝わる1振が、「妖刀」(ようとう)と呼ばれているのです。妖刀の全貌について解説すると共に、アニメや漫画など、フィクションの作品に登場する妖刀についてもご紹介します。

妖刀とは

日本刀と漆塗り

日本刀と漆塗り
日本刀は、塗鞘(ぬりさや)を筆頭に、刀身、鍔に至るまであらゆる箇所に「漆」(うるし)が施されています。それは、一体なぜなのでしょうか。日本刀と漆では、漆の性質や芸術性、機能性など、日本刀にまつわる漆仕上げについて詳しくご紹介します。

日本刀と漆塗り

斬る以外の日本刀の活用方法

斬る以外の日本刀の活用方法
江戸時代、武士が常に携帯していた日本刀ですが、実際に「斬る」ことは、ほとんどありませんでした。しかし、他にも日本刀を活用する道があったのです。それは「兵法」(へいほう)に則った活用法。武士は斬るという「攻撃力」はもちろん「防御力」や「情報分析力」、「論理的思考力」などを、総合して身に付ける必要がありました。武士がどのように日本刀を活用したのか、詳しくご紹介します。

斬る以外の日本刀の活用方法

武士の上位階級 侍とは

武士の上位階級 侍とは
「侍」(さむらい)の名称の由来は、「人に仕える」ことを意味する「侍う/候う」(さぶらう)という言葉にあります。では「侍」は、どのようにして生まれたのでしょうか。その起源は、平安時代までさかのぼります。「武士の上位階級 侍とは」では、侍の歴史をはじめ、侍の定義や地位について、詳しくご説明します。

武士の上位階級 侍とは

刀剣が出てくる漫画・アニメ・ゲーム

刀剣が出てくる漫画・アニメ・ゲーム
日本のポップカルチャーである漫画やアニメ、ゲームは「クールジャパン」と称され、刀剣と同様、日本人は勿論のこと海外の人達からの関心が高い分野です。漫画やアニメ、ゲーム作品には、スポーツやファンタジー、恋愛や医療まで細かな分類がありますが、刀剣などの武器が登場する冒険や戦いをテーマにした作品は大人気。舞台も日本や海外、異世界など作品によって様々です。こうした作品には、日本刀や作品独特の刀や剣が登場する物語も多数あり、また作品オリジナルの剣術流派がある点も楽しめます。「週刊少年ジャンプ」の作品を中心に、日本の剣や日本刀が登場する作品をいくつかご紹介していきましょう。 刀剣アニメ YouTube動画

刀剣が出てくる漫画・アニメ・ゲーム