日本の歴史と日本刀

身分による日本刀の違い

文字サイズ

日本に鍛鉄技術が生まれ、刀を国内で生産できるようになったことで誕生した日本刀。時代により刀の様式は変化し、身分により帯刀する日本刀の違いも生まれています。例えば、武士と貴族では刀を使用する目的が異なるため、著しい違いがあったと言えます。また、身分が高ければ高いほど、有名な刀工による刀身に、豪華な拵(こしらえ:刀の外装のこと)の日本刀を所持していたのです。室町時代末期から江戸時代にかけて、身分による日本刀の違いにスポットを当ててご紹介します。

室町時代末期から安土桃山時代の身分による日本刀の違い

室町時代末期から安土桃山時代において、日本刀を始め、武具は著しい変化を遂げていきました。戦場では、歩兵による交戦が活発化し、腰に吊り下げる「太刀」(たち)に代わり、腰に差して抜刀しやすい「打刀」(うちがたな)が使用されるようになります。

また、も握りやすいように改良され、長い太刀の(なかご)を切り縮めて打刀にする磨上げ(すりあげ)も行なわれたのです。武士、庶民、貴族に分けて、刀の違いについて見ていきます。

武士の刀

南北朝時代末期頃までの戦で重用されていた太刀は、騎乗して戦うことができるような身分が高い武士が持っていた日本刀でした。打刀は、馬に乗ることができない身分の低い武士や、戦いに駆り出された農民、僧兵が用いていたのです。

また、太刀を佩用する武士も、「腰刀」(こしがたな)と呼ばれる短寸の刀を、護身用、または接近戦で使用する目的で帯刀していたと言われています。つまり、高級武士は太刀と腰刀を併用し、下級武士は単独で打刀を帯刀したのです。

室町時代に入り、太刀に替わって用いられるようになった打刀は、この腰刀が伸びて発展した物、下級武士が用いていた打刀が原型になった物の2通りの流れがあったと言われています。時代が下るにつれ、打刀の大小を常用するようになった武士は、刀身の切れ味や強度だけに留まらず、や外装など、見た目の美しさにもこだわるようになりました。

身分が高い武士ほど打刀の大小を同じ拵のデザインに揃えるなど、意匠をこらした刀を所持するようになったのです。

庶民の刀

刀狩り

刀狩り

乱世の世相を映し、室町時代から戦国時代にかけては、農民や町人、僧侶、つまり誰もが自衛のために武器を所持していました。当時は、少年が成人になった祝いを「刀指」(かたなざし)と呼び、打刀や脇差を帯刀することが成人の証しでもあったのです。

また、各大名は戦争時に、農民や浪人を「足軽」(あしがる)として招集しており、大名から貸し出される刀を「お貸し刀」と呼びました。お貸し刀は、大量生産された安価な品で、使い捨てに近い品質だったと推測されています。しかし、足軽による戦地での略奪や盗みも横行し、盗品を稼ぎとする農民も出現。農民の武装は治安悪化にも繋がっていたのです。

そこで、1588年(天正16年)、豊臣秀吉は「刀狩り令」を施行。農民から刀剣類や弓、槍、鉄砲など、すべての武器を取り上げます。町人には、免許制で帯刀を許可。治安維持や一揆防止の目的に加え、「兵農分離」と呼ばれる身分制度を確立していったと言えます。

貴族や高級武士の儀仗用の刀

納言や参議以上、高位の公家が佩用する「飾り太刀」(かざりだち)は、「正倉院」の「唐太刀」(からたち)を継承して、煌びやかな装飾が施されました。飾り太刀は戦うための刀ではないため、刀身の代わりに漆を塗った木製、または竹や鉄の板などが用いられています。

3位以上の官位が佩用できた「金装飾太刀」(きんそうかざりたち)は、柄に白鮫皮、鞘に螺鈿(らでん)を施し、柄頭(つかがしら)・一の足・二の足・責金(せきがね)・石突(いしづき)の5ヵ所に長金物(ながかなもの)を入れた儀仗用(ぎじょうよう:儀礼のために用いられる武器や武具のこと)の太刀です。

一方、位階が低く、経済的に豪華な飾り太刀を手に入れることができない公家や貴族は、「細太刀」(ほそだち)と呼ばれる略式の太刀を佩用しました。細太刀は、長金物を省略して簡素化した太刀で、飾太刀の代用として佩用したので、「飾り太刀代」(かざりたちだい)とも呼ばれます。

細太刀

細太刀/飾り太刀代

安土桃山時代に入ると、下剋上を勝ち抜いた大名や豪商が全国各地に次々と誕生。また、絢爛豪華な桃山文化が花開き、刀にも影響が現れます。高級武士の儀仗用として、金や色糸を使った煌びやかな「糸巻太刀」(いとまきたち)の登場です。

拵には、佩用者の家紋を金蒔絵で描いたり、鞘全体を薄い金の板で包んだりと、見るからに派手な太刀が現存しています。この糸巻太刀は、江戸時代に入ると、天皇や将軍家からの下賜(かし)や、武家同士の贈答などにも用いられました。

金梨子地葵紋散糸巻太刀拵_表

金梨子地葵紋散 糸巻太刀拵

江戸時代の身分による日本刀の違い

大小二本差し

大小二本差し

戦乱が落ち着いた江戸時代になると、「士農工商」(しのうこうしょう)と呼ばれる身分制度ができ、法令により、武士だけに帯刀が認められることになります。武士には、大小1組、打刀と脇差の2本の帯刀が義務化され、帯刀は武士の誇りでもあったのです。

ただし、士農工商で身分が一番高いとされる武士の中にも階級が存在し、各階級にふさわしい日本刀を持つべきとされました。また、正式な場所や儀式における服装についても細かい決まりがあり、日本刀はその重要な要素のひとつ。

拵は、儀仗用、兵杖用(ひょうじょうよう:実用の武器)に大別され、兵杖用は、登城用、平常用、旅行やタカ狩り用などに分けられていました。藩士の階級ごとに刀の違いを見ていきましょう。

大名が差す日本刀

藩の領主である大名は、古名刀の初代または2代、あるいは新刀の最上位がふさわしいとされました。古刀とは、901年(延喜元年)から1596年(慶長元年)に作られた日本刀のことです。

名刀とは、古来より有名で優れた刀であり、特に歴史的価値の高い物を「名物」(めいぶつ)と呼びます。

名物については、江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)の命により、「本阿弥家」(ほんあみけ)が調査した「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)にまとめられています。

次に新刀は、1596年(慶長元年)から1781年(天明元年)において作られた日本刀のことです。徳川吉宗は、特に新刀を奨励しており、「諸国鍛冶代目録」など、刀工の格付けを記した書物が編纂されています。江戸時代の武家は、こうした刀や刀工の格付けを参考に、自身が所持、帯刀すべき刀を見極めていたのです。

また、儀式の際に身に着ける刀は糸巻太刀を帯刀することが定められており、蒔絵や金具細工を施した豪華な拵で権威を表現しました。

刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日
刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日
洛陽一条住
信濃守国広
鑑定区分
重要刀剣
刃長
69.7
所蔵・伝来
山内忠豊→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

中級武士(旗本)が差す刀

中級武士(旗本)が差す刀は、お国刀(おくにがたな:その武士の出身地で作刀された日本刀)の上位か中位、または古刀・新刀の中位か下級品が適当です。物流が発展し、材料の調達が容易になった江戸時代では、各藩で城下に刀工を抱えるようになります。武士は藩への帰属意識が強かったので、藩内で作られた刀を持つことも当然と言えば当然と言えるでしょう。

下級武士(御家人以下)が差す刀

落とし差し

落とし差し

下級武士(御家人以下)については、お国刀の代下がりか無銘または仕出し物(既製品)とされていました。以上の物でも以下の物でも許されなかったと言います。

また、主家断絶などで職を失った武士を「浪人」(ろうにん)と呼びました。浪人は、脇差は持たず、2本差しの大刀を胸につくほど縦にして帯に差す「落とし差し」というスタイルで帯刀していたと言います。

以上のように、日本刀は身分相応の品物を持つことが、しっかりと決められていました。また、将軍から家臣への下賜としてはもちろん、大名から将軍へ、また、大名間でも、吉事に日本刀を贈ることが定番化。江戸幕府4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)の時代までは、古刀に高い価値があったため、各大名は普段から名刀の収集に力を尽くしました。

贈答用の刀は、古名刀の格付に従い、「武家故実」(ぶけこじつ:武家の儀式や作法、服飾などの規定や習慣)に則り、贈る相手の格式に合わせて選ぶ必要があったのです。しかし、徳川吉宗は、高価過ぎる古刀を贈答品として用いることは、献上やその礼としての実際の意義を失っていると問題視。

新刀の奨励と共に名刀の献上や華美な贈答品を法令で禁止しました。将軍への太刀献上でさえ、「作太刀」(つくりだち:木製の太刀)で代用することを義務付けたのです。

民衆の脇差

武士以外の身分では、脇差程度であれば帯刀が許されていました。特に旅行者や奉公人が夜間に外出する際などは、脇差を護身用として持つことが許されていたのです。また、裕福な商人や町人は、小さな刀に意匠を凝らしたため、芸術性の高い脇差が多く生まれています。

貴族の儀仗用刀

江戸時代の公家は、江戸幕府により管理されており、政治的な権限はほとんどありませんでした。しかし、宮中では様々な儀式が行なわれており、高位の公家などは、平安時代以降の古風で華美な飾り太刀を好み、贅沢な装飾を施した飾り太刀を作らせています。

飾太刀拵 金沃懸地花喰鳥文螺鈿飾剣

飾太刀拵 金沃懸地花喰鳥文螺鈿飾剣

まとめ

戦が絶えなかった戦国時代には命を守る武具として、泰平の世となった江戸時代には、権威の象徴として、様々な意味を持っていた日本刀。身分の差が制度化した江戸時代には、帯刀においても特に細やかなルールがあったのです。

現代に受け継がれている刀1本1本に、どの時代のどんな身分の人が持っていたのか、刀の背景まで思いを馳せると、刀の鑑賞がより一層楽しめるのではないでしょうか。

身分による日本刀の違い

身分による日本刀の違いをSNSでシェアする

「日本の歴史と日本刀」の記事を読む


平安時代~南北朝時代と日本刀

平安時代~南北朝時代と日本刀
日本刀の姿は「戦」(いくさ)の発生に応じて変化してきました。日本刀の反りが生まれた優美な平安時代、日本刀の黄金期を築き上げた鎌倉時代、豪壮な作りが勇ましい南北朝時代と、その時代によって様々な魅力があるのです。ここでは、各時代の戦と日本刀の特徴についてフォーカスを当ててご紹介します。

平安時代~南北朝時代と日本刀

室町時代~安土桃山時代と日本刀

室町時代~安土桃山時代と日本刀
日本刀の姿は、室町時代以降も「戦」(いくさ)の発生に応じて変化していきます。合戦の戦術が変化することによって、日本刀も室町時代や安土桃山時代に合わせて変化していくのです。引き続き、各時代の戦と日本刀の特徴についてご紹介します。

室町時代~安土桃山時代と日本刀

江戸時代~明治時代と日本刀

江戸時代~明治時代と日本刀
日本刀は、1596年をもって古刀から新刀へと分類が変化します。新刀になって以降、江戸時代に入り戦が減っていくことで、日本刀はまた独自の進化を遂げていくのです。そんな中での、江戸時代以降における日本刀の変遷についてご紹介します。

江戸時代~明治時代と日本刀

3度の刀狩り

3度の刀狩り
日本において、武具という意味を超えて信仰の対象ともされた日本刀は、現在まで連綿と伝わる日本の文化的財産ですが、後世に伝わるまでに、日本刀はおよそ3度の危機を乗り越えてきました。大小2本差しの日本刀が武士の象徴とされていた歴史は現在でも広く知られていますが、かつては身分の隔てなく、庶民も同じように日本刀を所持することができていたのです。日本刀が国に厳しく取り締まられ、庶民にとって非日常となる原因となった、3つの「刀狩り」をご紹介します。

3度の刀狩り

武将の名前ゆかりの日本刀

武将の名前ゆかりの日本刀
古来、刀剣は神事などを司る、神聖な物とされてきましたが、武士の時代が訪れると、刀剣は戦いの道具、及び権威の象徴にもなりました。武将達は権威を示すために、名工の刀剣を挙って求め、そうして愛蔵した刀剣は、現在、茎(なかご)に刻まれた銘や号に、その来歴を見ることができます。武将の名前が刀身に刻まれた刀剣と、武将の名前が号として付けられた刀剣を見ていきましょう。

武将の名前ゆかりの日本刀

注目ワード
注目ワード