日本刀の作り方

皆焼(ひたつら)とは

文字サイズ

日本刀を美術品として鑑賞する際の見どころは、大きく分けて、刀全体の「姿」(すがた)にはじまり、「刃文」(はもん)や「地鉄」(じがね)、「刀身彫刻」(とうしんちょうこく)、そして「銘」(めい)と言われています。なかでも刃文は、刀工の個性が最も現れる部分であり、様々な種類の刃文が存在しています。刃文の一種「皆焼」(ひたつら)について、詳しくご紹介します。

刃文とは

焼き入れ

焼き入れ

日本刀の「刃文」とは、刀を光線にかざすことにより鑑賞できる、刃先部分に現れた白い波のような模様のことです。日本刀が美術品とみなされる最大の要素でもあり、日本刀制作における「土置き」と「焼き入れ」によって個性豊かな刃文が誕生します。

土置きとは、日本刀の姿を形成したのち、焼き入れを行なう前段階のことで、刀身に耐火性のある粘土や木炭、砥石の粉などを合わせた「焼刃土」(やきばつち)を塗ります。この焼刃土は、各刀匠独自の調合による物で、焼きを強く入れたい場所には薄く、逆にあまり焼きを入れたくない部分には厚く塗布。焼き入れは、土置きした刀身を火炉に入れて高熱で熱したのち、水で急冷すると、刃先の鋼(はがね)が急変して刃文が発生するのです。

また、焼き入れにより日本刀独特の反り(そり)が生まれ、焼き入れの温度が高い場合は「沸出来」(にえでき:が主体となった刃文)、低い場合は「匂出来」(においでき:が主体となった刃文)の刃文に仕上がります。焼刃土の調合、そして土置き、焼き入れにより、刃文の形状が変化するため、刃文は刀工の個性が最も現れると言われているのです。

皆焼とは

皆焼刃

皆焼刃

「皆焼」(ひたつら)は、この刃文の一種です。日本刀の刃部のみでなく、刀身全体に網目のような模様が華やかに広がっている物で、平地や鎬地、棟までも一面に大きな飛焼(とびやき:沸が一部分に固まっている状態)や湯走りがある物を指します。皆焼は、「ヒタ面」とも書き、いずれも「ひたつら」と読みます。

皆焼は、南北朝時代に、「五箇伝」(ごかでん)のひとつで、日本刀の進化における立役者でもある「相州伝」(そうしゅうでん)の「広光」(ひろみつ)によって創始されました。皆焼は相州伝の特徴のひとつであり、広光に学んだ山城国(現在の京都府)の「長谷部国重」(はせべくにしげ)も得意としています。

長谷部国重は、「織田信長」の愛刀であり、国宝の「へし切長谷部」の作者としても知られています。へし切長谷部を観てみると、身幅は広く、重ねは薄く、反りは浅い、大鋒の姿。地鉄(じがね)は小板目肌がよく詰んで、地沸付き、刃文は互の目(ぐのめ)、小のたれを基調とした皆焼で匂口冴えた逸品です。

へし切長谷部
へし切長谷部
長谷部国重本阿(花押)
黒田筑前守
鑑定区分
国宝
刃長
64.8
所蔵・伝来
織田信長 →
黒田官兵衛 →
福岡市博物館

皆焼の種類

皆焼は、非常に難しいと言われる技法でもあり、大きく分けて2つの種類があります。ひとつは、沸出来の皆焼。硬軟2種類の鉄を混ぜて鍛えた鋼に、均等に焼刃土を引いて、焼き入れを行なうと、硬い鉄にのみ焼きが入り、沸の飛び焼きが発生。

沸出来の皆焼は、相州伝の広光や「秋広」(あきひろ)、長谷部国重などが得意としました。もうひとつは、匂出来の皆焼で、均質の鋼に焼刃土を塗った上に、様々な形の厚土を置いて焼き入れることで発生。匂出来の皆焼は、室町時代以降に「綱広」(つなひろ)一門によって作られた「末相州物」、室町時代中期に駿河(現在の静岡県中部)で活動した「島田派」、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)の「千子村正」(せんごむらまさ)などに多く見られます。

また、飛焼きの中まで、沸が詰まっている刃文を「玉の皆焼」、詰まっていない刃文を「飛入り」と表現。玉の皆焼は相州伝の上位の作、飛入りは末相州物に見られる特徴です。

いろいろな皆焼

刃文の鑑賞において、華やかな皆焼は比較的判別しやすい刃文とも言えます。刀剣ワールド財団が所有する皆焼刃が美しい日本刀を観てみましょう。

刀 銘 兼延

重要刀剣である本刀は、明治時代に陸軍軍人として陸軍一等主計(大尉相当)及び宮内庁御用掛(ごようがかり:宮内庁などに任じられて用務を担当する職)を務めた「今村長賀」(いまむらながよし/ちょうが)が所有した1振です。刀剣鑑定家としても知られ、晩年には、宮内庁御刀剣係に就き、3,000振にも及ぶ刀剣を収集したと伝えられています。

本刀は、1927年(昭和2年)に出版された「今村押形」(いまむらおしがた)にも掲載される「兼延」の名品。兼延は、「直江志津」(なおえしづ)を代表する名工のひとりで、尾張国志賀(現在の名古屋市北区志賀町付近)で作刀していたことから、「志賀関」(しがせき)とも称されています。

明応年間(1492~1501年)頃の作刀と推測される本刀は、華やかな皆焼の刃文が目を引きます。互の目丁子(ぐのめちょうじ)に飛焼、棟焼(むねやき)など様々な変化に富み、匂口明るく、大平造(おおひらづくり)の姿で覇気に満ち溢れた傑作刀です。

刀 銘 兼延
刀 銘 兼延
兼延
鑑定区分
重要刀剣
刃長
63.6
所蔵・伝来
今村長賀 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 (金象嵌銘) 来国真

本刀は、「来国真」(らいくにざね)の秀作と評される1振であり、重要刀剣に指定されています。上野前橋藩(こうずけまえばしはん)第9代藩主「酒井忠恭」(さかいただずみ)が幕府の老中首座に就任した際、江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)より、隠居祝いとして賜った1振です。その後、酒井忠恭が移封された播磨姫路藩(はりまひめじはん:現在の兵庫県姫路市)において、酒井家に伝来しました。

来国真は、山城国(現在の京都府)で活躍した「来派」の刀工です。来派を代表する刀工「来国俊」(らいくにとし)の門人説や、国俊の子であり、「国光」(くにみつ)の弟で「倫国」(ともくに)の兄であった説などが伝えられています。

国真の在銘作は少なく、太刀や小脇差や短刀に銘が切られた物がありますが、皆焼風を帯びた長谷部派によく似た作品も存在しているのです。

刀 (金象嵌銘) 来国真
刀 (金象嵌銘) 来国真
(金象嵌銘)
来国真
鑑定区分
重要刀剣
刃長
70.4
所蔵・伝来
徳川吉宗→
雅楽頭酒井家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

脇差 銘 勢州桑名住村正

特別保存刀剣である本脇差を制作した村正は、室町時代後期に、3代に渡って栄えた伊勢国桑名の名工です。村正の作風は、大湾れ(おおのたれ)、互の目乱れ(ぐのめみだれ)、箱乱れ(はこみだれ)の刃文が得意で、表裏が揃っているところに特徴があります。村正は、徳川家に不吉をもたらす「妖刀村正」と恐れられ、敬遠された刀です。しかし、徳川家に敵対する大名達は積極的に買い求め、隠し持っていたとも言われています。

本脇差は、身幅が広く、重ねが薄い体配で、刃文は焼きの高い互の目乱れの皆焼状に金筋・砂流しがかかっています。(なかご)は、「タナゴ腹」で、茎先は栗尻。村正らしさが発揮された1振です。また、「勢州桑名住村正」(現在の三重県桑名市住村正)と、居住地の銘が切られた作は珍しく、史料的価値も高い作と言えます。

脇差 銘 勢州桑名住村正
脇差 銘 勢州桑名住村正
勢州桑名住村正
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
40.0
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

平槍 銘 常州高田住英定作

本平槍(ひらやり)は、平安時代から常陸国(現在の茨城県)や出羽国(現在の山形県秋田県)を支配した佐竹家の家臣「根本里行」(ねもとさとゆき)の注文により制作された「槍」(やり)です。根本里行は、佐竹家譜代の重臣で、1570年(永禄13年/元亀元年)の「下野大山田合戦」(しものおおやまだかっせん)の活躍により、紀伊守(現在の和歌山県の国司)に任ぜられた武将です。

「富士大権現」(ふじだいごんげん)を信仰した根本里行は、武運長久(ぶうんちょうきゅう:武人としての命運が長く続くこと)を願い、刃文は皆焼に焼き、太樋(ふとび)の中に、富士大権現と刻んだのです。富士大権現は「浅間神社」の旧称で、主祭神は「木花之佐久夜毘売命」(このはなのさくやひめのみこと)。槍一筋に込められた武運の祈りを感じる1振です。

平槍 銘 常州高田住英定作
平槍 銘 常州高田住英定作
常州高田住
英定作
永禄八天〇
九月日
鑑定区分
未鑑定
刃長
28.0
所蔵・伝来
根元里行 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

皆焼(ひたつら)とは

皆焼(ひたつら)とはをSNSでシェアする

「日本刀の作り方」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。 日本刀の作り方(制作方法) 関連YouTube動画 日本刀 日本刀の作り方~刀匠編~

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

時代別の火造りの方法

時代別の火造りの方法
日本刀制作において「火」は欠かせない要素のひとつ。バラバラになっている「玉鋼」(たまはがね)に熱を入れ、鍛接してひとつにする「積み沸し」(つみわかし)や、玉鋼を叩き伸ばして不純物を取り除き、含まれる炭素量を均一化して刀身の強度を増加させる「鍛錬」(たんれん)など、火が使われる工程はいくつもあります。その際に、火の温度や火力を正しく見極め、いかに自在に操れるかが刀匠の腕の見せどころ。 そんな火という言葉が入った「火造り」(ひづくり)という工程は、日本刀制作の中でも刀身の姿を決定付ける最も重要なもの。 ここでは、時代によって異なる火造りの詳細についてご紹介しながら、火造りの全貌についてご説明します。 日本刀の作り方~刀匠編~ YouTube動画

時代別の火造りの方法

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。 日本刀の作り方~刀匠編~ YouTube動画

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは