日本刀の基礎・基本学習

刀身彫刻の種類

文字サイズ

「刀身彫刻」は、刀工達が時間をかけて作刀した日本刀を、より魅力的な作品へと仕上げるための工程です。日本刀の美しさを損なわないように、強度を保ったまま、吉祥を授かるよう、神仏や聖獣などを題材にします。そこには、制作者や所持者の守護を願う気持ちが込められているのです。
そうした刀身彫刻について紐解いていきましょう。

刀身彫刻写真集刀身彫刻写真集
「刀身彫刻写真集」では刀剣の中でも彫刻が施されている刀剣の写真のみをまとめました。

刀身彫刻とは

刀身彫刻とは、日本刀の刀身に施された彫刻のことです。刀身彫刻の歴史は古く、飛鳥時代に制作され「聖徳太子」が所持していた「七星剣」(しちせいけん)には、すでに彫刻がなされていました。この時代は、刀身に溝を彫り金銀を嵌め込んだ「象嵌」でしたが、平安時代になる頃には、刀身に立体的な意匠を彫り込む技法が確立。刀身彫刻は、制作者や所有者の宗教観を表します。

また、装飾的な美しさだけではなく、刀身の軽量化など実用性もかねていました。主な刀身彫刻について見ていきましょう。

刀身彫刻の種類

倶利伽羅

刀身彫刻の代表格に「倶利伽羅」(くりから)という、龍が剣に巻き付いた様子を表した意匠があります。このことから別名「剣巻龍」(けんまきりゅう)とも呼ばれていました。この倶利伽羅は、平安時代中期に流行した「密教」(みっきょう)の影響を受けていると考えられます。

そして密教の尊格は、煩悩を断ち、悪を退けると伝わる「不動明王」(ふどうみょうおう)です。この不動明王が持っている武器が「倶利伽羅剣」(くりからけん)と呼ばれ、炎と龍が巻き付いている剣。この龍は「倶利伽羅龍王」(くりからりゅうおう)と言い、倶利伽羅剣とともに不動明王の化身であると伝わっています。

こうしたことから倶利伽羅の刀身彫刻のある日本刀には、厄除けの意味が込められているのです。そんな刀身彫刻の倶利伽羅の種類には、「草の倶利伽羅」・「真の倶利伽羅」が挙げられます。草の倶利伽羅と真の倶利伽羅について、解説していきましょう。

草の倶利伽羅
草の倶利伽羅

草の倶利伽羅

草の倶利伽羅は、平安時代中期の古刀期に制作されることが多く、龍は写実的な彫りではなく簡略化されていました。この「草」とは書道の草書を表しています。同じく簡略化された表現として行書からなぞらえた「行の倶利伽羅」といった彫刻も古刀期にはよく見られました。草の倶利伽羅には、龍や剣と並んで、密教で使用される「梵字」(ぼんじ)を彫刻した日本刀もあります。

刀 銘 備前国住長船忠光
刀 銘 備前国住長船忠光
備前国住
長船忠光
延徳三年二月日
鑑定区分
重要美術品
刃長
62.4
所蔵・伝来
宇和島藩・伊達家 →
刀剣ワールド財団

〔 東建コーポレーション 〕
真の倶利伽羅
真の倶利伽羅

真の倶利伽羅

真の倶利伽羅とは、江戸時代初期の新刀期に多く見られるようになった意匠です。この場合の倶利伽羅龍は、写実的な彫刻をされており、立体的な表現になっているところが特徴です。

刀 銘 天秀
刀 銘 天秀
水心子
白熊入道正秀
(刻印)天秀
文政三年
二月吉日行年
七十一才
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
76.4
所蔵・伝来
上州館林秋元家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

不動明王

不動明王

不動明王

不動明王の刀身彫刻は、前述した通り、煩悩を断ち、悪を退ける意味を持ちます。刀身彫刻には、不動明王が剣と羂索(けんさく:紐状になっており衆生救済の象徴と言われている)を持ち、岩に立って滝に打たれる図や、炎に包まれる図などがよく作られました。

不動明王は、インド神話の「シヴァ神」であり、暴風雨の威力を神格化した存在です。暴風雨のような破壊的な災害を起こしますが、そののち雨によって植物を育てるといった破壊と再生による相反した性質を持ちます。

日本へ伝来した不動明王も、シヴァ神の相反する性質を受け継いでおり、不動明王は悪人をこらしめたあとに、その悪人を仏法へと導き常に守護してくれるのです。こうした、悪魔退散や修行者守護といった思いが刀身彫刻に込められています。

短刀 銘 越前康継 於武州江戸
短刀 銘 越前康継 於武州江戸
越前康継 於武州江戸
鑑定区分
重要刀剣
刃長
29.7
所蔵・伝来
榎本武揚→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

金剛杵

「金剛杵」(こんごしょ)とは、「三鈷杵」(さんこしょ)や「独鈷」(とっこ)などの密教で使用される法具のことを指します。これらは、儀式などに使用することから、煩悩を断ち、厄を払う象徴として刀身彫刻にも用いられました。

金剛杵を題材とした「三鈷柄剣」(さんこづかけん)・「素剣」(すけん/そけん)・独鈷について解説します。

三鈷柄剣
刀身彫刻(三鈷剣/三鈷柄剣)

三鈷剣/三鈷柄剣

「三鈷柄剣」とは、不動明王が持つ剣のことです。前述した倶利伽羅龍剣も不動明王の剣ですが、どのような違いがあるのかと言うと倶利伽羅龍剣は剣に龍が巻き、燃え盛る炎に巻かれています。一方の三鈷柄剣は、龍も炎もない剣です。

三鈷柄剣は、密教の祈祷・瞑想・浄化・魔除けなどに使われる密教法具でもあり、三つ又の柄を有する構造が特徴です。真の倶利伽羅・草の倶利伽羅と同様に、厄除けの意味合いや邪気などを寄せ付けないと言われています。

刀 銘 肥前国忠吉
刀 銘 肥前国忠吉
肥前国忠吉
鑑定区分
重要刀剣
刃長
69.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
素剣
刀身彫刻(素剣)

素剣

「素剣」とは、三鈷柄剣を簡略化した彫刻です。見栄えのする倶利伽羅や三鈷柄剣とは違い、やや簡素な意匠であることから、広く用いられています。

また、簡素であるが故に「刀身彫刻は素剣にはじまり素剣に終わる」と言われるほど奥が深いのも素剣の彫刻ならではです。

太刀 銘 信国
太刀 銘 信国
信国
應永十五年
八月日
鑑定区分
重要刀剣
刃長
63.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
独鈷
刀身彫刻(独鈷)

独鈷

「独鈷」は、三鈷柄剣と同じく密教法具のひとつに挙げられます。法具としては「独鈷杵」と言い、金属製の両端が尖った短い槍の姿で、中央が柄です。所有者の守護や、煩悩などを打ち砕くとされています。

脇差 無銘 貞宗
脇差 無銘 貞宗
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
39.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

護摩箸

護摩箸

護摩箸

「護摩箸」(ごまはし)とは、刀身に2本の細い溝を施した彫刻のこと。日本刀の樋の種類である二筋樋(ふたすじひ/にすじひ)と同じ形状をしているのが特徴です。護摩箸も密教法具のひとつで、密教では「不動護摩」(ふどうごま)という炎に供物を入れて、不動明王の加護を祈るという儀式が行なわれていました。この儀式に使用したのが、鉄製の箸である護摩箸で、このことから護摩箸も不動明王の化身であると伝わります。

短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
25.3
所蔵・伝来
桑山元晴→
徳川将軍家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

梵字

梵字

梵字

「梵字」は、インドのサンスクリット語を起源とした仏教用語。刀身へと彫刻する場合は、陰刻(いんこく)という、刀身の表面をへこませて彫る技法がよく用いられる手法です。

サンスクリット語は、もとはインド神話にある、万物を創造した神「ブラフマー」(日本では[梵天]と訳される)が作った文字であると伝わり、密教とともに日本へ渡りました。梵字は、一字一字が諸仏諸尊を表しており、刀身彫刻でもっとも多いのは不動明王です。

その他には、「愛染明王」・「大威徳明王」・「摩利支天」などが多く見られます。

短刀 銘 国光(新藤五)
短刀 銘 国光(新藤五)
国光
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
23.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

珠追龍

珠追龍

珠追龍

「珠追龍」(たまおいりゅう:[玉追龍]とも)とは、龍が珠を追いかけて掴もうとする図を装飾化したもの。珠追龍のもとは、古代中国の「神仙思想」(神仙術により仙人になることを目指す思想)から来る「北辰信仰」を背景とした彫り物です。「北辰」は、北極星と北斗七星を指します。

そして古代中国の皇帝は、宇宙の中心である北極星に位置付けられていたため、龍は権力の象徴として用いられました。珠追龍の他にも、天を目指して進む「昇龍」や、地上に降りてくる「降龍」などの彫り物も多く見られます。

短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六
短刀 銘 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長拾三年三月吉日 所持熊谷清六
山城国西陣住人
埋忠明寿
慶長拾三年
三月吉日
所持熊谷清六
鑑定区分
重要美術品
刃長
25.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

蓮台・蓮華

蓮台

蓮台

「蓮台」(れんだい:別名を[蓮華]とも)は、蓮華の花を象っている仏像の台座を指し、これを簡略化した図です。刀身の上部に施された彫りを蓮華、下部に配された彫りを蓮台と言います。

梵字や素剣といった、密教法具とともに描かれることが多い意匠です。

短刀 銘 洛陽住藤原国広
短刀 銘 洛陽住藤原国広
洛陽住藤原国広
慶長十五仲夏日
鑑定区分
重要刀剣
刃長
28.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

鍬形・爪

「鍬形」(くわがた:別名を[爪]とも)は、前述した三鈷柄剣の三つ又を意匠化した図です。三つ又の柄部分を爪のように伸ばし、特に長く伸びた場合に鍬形と呼び分けています。

鍬形は、素剣や梵字など密教法具と一緒に表されることが多い意匠です。

旗鉾

旗鉾

旗鉾

「旗鉾」(はたぼこ)は、十字型の剣先に旗が巻き付いている図。この刀身彫刻は、「毘沙門天」を示しており、不動明王と同様に所持者の厄を払い守護する意味を持ちます。

毘沙門天は、インド神話に登場する富と財宝の神でしたが、中国を経て日本へと伝来する際に、軍神となり、日本では多くの武士に信仰されました。

刀 無銘 大和志津
刀 無銘 大和志津
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
70.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類をSNSでシェアする

「日本刀の基礎・基本学習」の記事を読む


日本刀の部位名称

日本刀の部位名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の部位名称

日本刀の帽子とは

日本刀の帽子とは
日本刀の「刃文」とは、「焼き入れ」(やきいれ)によって付けられた焼刃の形状のこと。それは、日本刀の魅力と言えることであり、ひとつとして同じ紋様はありません。「帽子」(ぼうし)は、日本刀の鋒/切先(きっさき)に現れる刃文で、刀工の個性が顕著に見られることでも知られています。日本刀の鑑定をするうえでも、特に重要と言われるのが鋒/切先です。そこに描かれる帽子とはどのような物なのか、基礎的な情報と共に、種類や刀工にとっての帽子の存在について、解説していきます。

日本刀の帽子とは

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

日本刀の棟とは

日本刀の棟とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

日本刀の棟とは

日本刀の刃(やいば)とは

日本刀の刃(やいば)とは
日本刀は「世界一切れる」と称される刀剣類です。では、その切れ味を表す日本刀の「刃」(は/やいば)とは明確に言うと何のことなのでしょうか。ここでは刃の意味や、良い切れ味を出す刃のための作刀技術、刃に付けられる模様「刃文」についてご紹介しています。

日本刀の刃(やいば)とは

日本刀の映りとは

日本刀の映りとは
日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の映りとは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

樋の種類

樋の種類
「樋」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られる細長い溝のこと。刀身に樋を施すことを「掻く」あるいは「突く」と言い、樋がある日本刀は見栄えが良いため、樋が掻かれた日本刀の方が好きという刀剣ファンも多いです。しかし、なぜ日本刀に樋が掻かれているのかまでは知られていません。樋の役割と共にどのような種類があるのかをご紹介します。

樋の種類

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際
刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、刀の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

刀身彫刻の実際

注目ワード
注目ワード