説話、伝承、古記録(平安前期)

膝丸(ひざまる)

文字サイズ

鎌倉時代の軍記物語であり、登場人物の栄枯盛衰を仏教の無常観をもって描いた「平家物語」は、創作されてから近代まで、多くの人々の心を揺さぶる一大エンターテインメントとして楽しまれてきました。その中で、「髭切」(ひげきり)とともに名刀中の名刀と謳われるのが、今回取り上げる「膝丸」(ひざまる)です。

名刀・髭切とともに生まれた膝丸

膝丸が物語に登場するのは、平家物語に付属する「剣巻」(つるぎのまき)。

物語の冒頭で、天皇家の由緒ある血をひいた多田満仲(ただのみつなか)は、国の守護をするよう勅宣(ちょくせん:天皇が命じること)を受けます。

別の名を源満仲(みなもとのみつなか)と言ったその人は、それにふさわしい刀を手に入れようと刀鍛冶を集めますが、思うようにいきません。

そんなとき、筑前国(福岡県西部)の三笠郡土山に優れた刀鍛冶がいるという噂を聞き、さっそく彼を呼び寄せましたが、やはり気に入る刀剣はできませんでした。これでは名工の名が廃ると、刀鍛冶は八幡宮に参詣して、思うような刀が打てるように祈願し、手を尽くします。

すると7日目の夜、刀鍛冶は夢の中で八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ:八幡宮の祭神に対して奉られた菩薩号)からお告げを受け、お告げの通りに60日間かけて長さ2尺7寸(約80cm)、2振の太刀を鍛え上げたのです。

試し切りとして罪人の首を斬ったところ、膝のあたりまで斬り下げたので膝丸と名付けられ、もう1振の刀剣は髭まで見事に切り落としたため「髭切」と名付けられました。

膝丸

膝丸

源頼光を病にかけた山蜘蛛を退治

土蜘蛛退治

土蜘蛛退治

膝丸にまつわる逸話として、源頼光(みなもとのよりみつ)の有能な家臣である四天王のひとり、綱(つな)がを退治する話がありますが、同じ年に髭切を使って怪物を退治する逸話があります。

病に悩まされていた源頼光の看病にあたっていた四天王が、源頼光の状態が落ち着いたある夜、詰所(つめしょ:一時的に宿泊や仮眠、待機をする施設)で休んでいたときのこと。

源頼光のもとに、背が7尺(2m)以上もある法師が歩み寄り、縄をかけようとしたのです。源頼光は驚いて飛び起き「何者だ!」と、枕元に置いてあった髭切で法師を切り付けました。

すると、法師の姿はたちまち消えてしまったのです。駆け付けた四天王に、源頼光はことの次第を話します。そして、ふと燭台の下を見ると、血がこぼれていたのを見付け、四天王はその痕跡を追うことにしました。

北野(京都府京都市)の裏に大きな塚があるところで血が途絶えていたので、掘り返してみると、4尺(1.2m)もある大きな山蜘蛛が手傷を負って倒れていました。

四天王が山蜘蛛にとどめを刺したところ、源頼光の病が癒えたのです。病の元凶が、山蜘蛛だったことが分かり、これがきっかけで膝丸は「蜘蛛切」(くもきり)と名前が変えられたのでした。

源氏のもとを離れ熊野へ

次に刀が名を変えたのは、源為義(みなもとのためよし)に受け継がれたときのことです。

ある夜、この刀が突然吠え出しました。「蜘蛛切」は蛇のように、「鬼切」(おにきり:髭切の別名)は獅子のように鳴くので、それぞれの名前を「吼丸」(ほえまる)、「獅子の子」(ししのこ)と改めます。

この頃、源氏と平氏の間で合戦が起こるという噂が広まっていました。この噂は、都のみならず遠くの国・熊野を統括する教真(きょうしん)という人物の耳にも届きます。

教真は源為義の娘を娶ったことが原因で、源為義とは疎遠になっていました。それでも教真は合戦を案じて「私は不孝者だが、こんなときこそ駆け付ければ不孝も許されるかもしれない」と、援軍を連れて上洛(じょうらく:京都へ行くこと)。

教真が都に着くと「和泉や紀州にこんな大名はいないはずだが、誰だろう」などと人々から尋ねられ、名前を明かしたところ、源為義に知られることとなりました。

そこで源為義は「かいがいしい者だ。姓や素性は知らないが、どこの一門だ」と尋ねると、「実方中将(さねかたちゅうじょう)の末孫です」と答えたのです。

実方中将とは、平安時代の貴族で優れた歌人でもあった藤原実方(ふじわらのさねかた)のこと。それを聞いた源為義は、名家の血を継ぐ教真に対して「私が命令できるような相手ではなかった」と言い、初めて教真と対面し、その志に感じ入りました。

そして源為義は、源氏に伝わる名刀である吼丸を教真に進上しましたが、「私ごときが持つ物ではありません」と、熊野権現(くまのごんげん:熊野三山に祀られる神)に奉納しました。

源義経の手へ渡り、戦を制す

源義経

源義経

壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)など数々の戦で平氏を追い込む活躍を見せたのが、源義経(みなもとのよしつね)です。

その頃、教真から熊野の地を継いでいた湛増(たんぞう)という人物は「源氏は私達の母方であり、源氏の世になることは素晴らしい。熊野権現に奉納されたという吼丸を使って、首尾良く平氏を滅ぼしてもらいたい」とはるばる都へ上り、吼丸を源義経に渡しました。

源義経はとても喜び、熊野から春の山々を分けて出てきたことから、吼丸を「薄緑」(うすみどり)と改名。

この名刀を手に入れて以降、平氏に従っていた山陰や山陽、南海や西海の兵達までも源氏に従属し、戦で勝ち進み、源義経は名を挙げていきます。

名刀にも直せなかった兄弟仲

源頼朝

源頼朝

源義経は平氏を討ち、兄である源頼朝(みなもとのよりとも)のいる鎌倉へと帰ります。しかし源頼朝は、戦上手な源義経が兵を率いて戻るふりをして裏切ると考え、鎌倉へ入ることを許されませんでした。

諦めて京へ戻る途中、源義経は箱根権現(はこねごんげん)に参詣して、兄弟仲が和らぐよう薄緑を奉納し祈りました。

しかしその甲斐もなく対立は深まり、源義経は妻と娘を殺したあと、31歳で自害します。その後、1193年(建久4年)になると、曾我祐成(そがすけなり)と曾我時致(そがときむね)の兄弟が親の敵であった工藤祐経(くどうすけつね)を仇討ちする事件が起こります。

これは赤穂浪士(あこうろうし)の仇討ちや伊賀越の仇討ちと並ぶ、日本三大仇討ちのひとつです。この鎌倉時代初期に起きたとされる事件の顛末は、作者不詳の「曾我物語」にもまとめられています。

2人は、箱根別当(はこねべっとう)から「兵庫鎖太刀」(ひょうごくさりたち)を授かり、望みを果たしましたが、この太刀こそ源義経の奉納した薄緑でした。そして、薄緑は源頼朝に召し上げられ、2振の刀剣は巡り巡ってまた同じ場所に戻されたのです。

現在、京都の大覚寺には重要文化財である薄緑が、神奈川県箱根神社には「薄緑丸」が収蔵されています。

文献で語られる薄緑その物であるか、あるいは伝承にあやかり作られた物か、その真偽は分かりませんが、謎多き刀として今もなお人気を集めています。

膝丸(ひざまる)

膝丸(ひざまる)をSNSでシェアする

「説話、伝承、古記録(平安前期)」の記事を読む


小烏(こがらす)

小烏(こがらす)
歴史に名を残す名刀の中には、一族の宝として代々大切に受け継がれてきた物が多くあります。絶えず移り変わる無常の世を見つめてきた刀は数々の伝説をまとい、歴史に刻まれ今の世に伝わっています。「盛者必衰」の無常観で描かれた「平家物語」には、「平家にあらずんば人にあらず」と記されるほどの平氏の栄華と、その滅びゆく様が描かれた歴史物語です。そんな平家に、代々伝わった「小烏」(こがらす)と言う名刀があります。平家物語や「平治物語」、「源平盛衰記」、「太平記」など様々な書物に登場し、「小烏丸」(こがらすまる)や「子烏丸」(こがらすまる)とも呼ばれています。平安時代から伝わる刀のため、その来歴や所在については諸説ありますが、その伝説や逸話などをご紹介します。

小烏(こがらす)

騒速(そはや)

騒速(そはや)
古から語り継がれる刀には、史実とされる歴史から、長い時間の中で人々によって伝承されてきた伝説まで、数々の物語があります。特に名刀や神刀、宝刀などと呼ばれる刀には、様々な伝説があるものです。例えば平安時代の公卿(くぎょう:国政を担う職位)にして武官だった坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が所有し、戦で使用したとされる「騒早」(そはや)と言う刀。ソハヤノツルギ、側速、素早丸などとも呼ばれ、各地に様々な伝説を残す名将・坂上田村麻呂とともに、今に語り継がれる刀です。現在では、ソハヤと称される刀は日本各地に複数伝わっていて、様々な説が語られています。その謂れ多き刀の歴史と伝説をご紹介します。

騒速(そはや)

血吸(ちすい)

血吸(ちすい)
古くから鬼や魔物、妖怪の類を退治する英雄譚は、様々な伝承として日本各地で存在。ひとつの物語が場所や時代の変化によって少しずつ形を変えて、幾通りもの物語へと派生することも多々あります。そういった数ある伝説のひとつに登場するのが、今回ご紹介する「血吸」という刀。中世において人々に恐れられた日本三大妖怪の1匹に数えられる大妖怪「酒呑童子」(しゅてんどうじ)。退治した物語を伝える絵巻は多く残されていて、そこから能や歌舞伎の演目になるなど、長きにわたり語り継がれています。

血吸(ちすい)

髭切(ひげきり)

髭切(ひげきり)
歴史上、名前が何度も変わった面白い刀剣があります。それが「髭切」(ひげきり)です。名前の数だけストーリーがあり、持ち主も平安時代から鎌倉時代に活躍した有名な源氏一族であることから、どこか華々しさを感じる刀剣でもあります。

髭切(ひげきり)

岩切(いわきり)

岩切(いわきり)
鬼退治の物語は、子どもに読み聞かせる定番の昔話のひとつ。すでに室町時代には鬼退治の話が存在しましたが、そのうちのひとつが「酒呑童子」(しゅてんどうじ)です。今回は、物語に登場する、酒呑童子退治に佩刀した刀である「岩切」(いわきり)と、その持ち主「藤原保昌」(ふじわらのやすまさ)について紹介します。

岩切(いわきり)

朝日丸(あさひまる)

朝日丸(あさひまる)
名の知れた刀には、語り継がれる物語があります。それは、その刀が生まれた話や刀が活躍した話、刀を巡る神々や人の物語、言い伝えなど多様なものです。1振の刀の背景にあるものが、その刀の価値を高め、人を惹き付ける魅力になっています。刀を知ることで、その時代の出来事や人物、あるいは文学や思想を知ることもあるでしょう。それは、刀がただの道具ではなく、何かしら意味があるものだからです。 「西行物語」に記されている鳥羽院より下賜された朝日丸(あさひまる)と、その持ち主である、歌人の西行(さいぎょう)についてご紹介します。

朝日丸(あさひまる)

母子丸(ぼこまる)

母子丸(ぼこまる)
名刀には様々な謂れがあるものですが、その持ち主も同じ。「母子丸」(ぼこまる)の持ち主であった「平維茂」(たいらのこれもち)は、文献や能楽などでその武勇を存分に語られる人物です。その物語の数々と、母子丸にまつわる説話をご紹介します。

母子丸(ぼこまる)

日月護身之剣(じつげつごしんのけん)

日月護身之剣(じつげつごしんのけん)
日本の長い歴史のなかで皇室と深いかかわりを持つ刀剣は少なくありません。現存する物、失われてしまった物、年月を経て行方が分からなくなっている物、それぞれが数奇な運命を辿って、様々な逸話や伝説とともに今の世に語り継がれています。例えば、皇位継承とともに受け継がれる「三種の神器」のうちのひとつ「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)は、特に有名で一般的にもよく知られています。一方でその「三種の神器」に次ぐ宝器として、かつて皇室に継承されていた「大刀契」(だいとけい)については、あまり広くは知られていません。その大刀契のうち「日月護身之剣」(じつげつごしんのけん)と呼ばれる霊剣についてご紹介します。

日月護身之剣(じつげつごしんのけん)

小狐丸(こぎつねまる)

小狐丸(こぎつねまる)
名刀にはときに不思議な物語がありますが、「狐と共に打った」と言う話からその名前がついたのが「小狐丸」(こぎつねまる)です。平安時代に実在したと言う刀工「宗近」(むねちか)は、一体どのような経緯でこの刀を打つことになったのでしょうか。小狐丸と、その他の名刀についても紹介します。

小狐丸(こぎつねまる)