古事記、日本書紀ほか

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

文字サイズ

「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)は、日本で最も有名な剣と言っても過言ではありません。別名「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)とも言います。日本神話に登場する伝説の神剣であり、正当な皇位の証として古代より歴代天皇に継承されている「三種の神器」のひとつです。「古事記」と「日本書紀」ではその三種の神器である「八咫鏡」(やたのかがみ)、「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)、そして草薙剣の三種の宝物、それぞれの起源が記されています。八咫鏡と八尺瓊勾玉は「アマテラスオオミカミ」(天照大御神)が天岩戸に隠れてしまう物語に登場し、草薙剣はアマテラスオオミカミの弟である「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)が「八岐大蛇」(ヤマタノオロチ)を退治する物語に登場します。

タケハヤスサノオノミコトによる八岐大蛇退治

日本神話のなかで日本列島を生み出したとされる「イザナギノカミ」(伊邪那岐神)。そのイザナギノカミから生まれたタケハヤスサノオノミコトは、とても気性の荒い神でした。

神々が住む高天原(たかまのはら)で問題を起こし追放されたタケハヤスサノオノミコトは、出雲の国(現在の島根県)へ降り立ち、そこで泣いている老夫婦とその娘・クシナダヒメに出会います。

その夫婦は、毎年襲来する八岐大蛇に次々と7人の娘を食べられて、今年は最後の娘が生贄となり食べられてしまうのだと嘆き悲しんでいました。

聞けば八岐大蛇は8つの頭と8つの尾、檜や杉など木々の生えた体を持ち、腹は血で赤くただれ、谷8つと山8つを合わせるほどの大きさの怪物だと言います。

タケハヤスサノオノミコトはクシナダヒメを妻にもらうことを条件に、八岐大蛇退治を引き受けることになりました。タケハヤスサノオノミコトが強い酒を用意し隠れて待ち構えていると、八岐大蛇がやってきて酒を飲み干し酔っぱらって寝てしまいます。

その隙にタケハヤスサノオノミコトは持っていた「十拳剣」(とつかのつるぎ)と言う長い剣で頭と尾を斬り刻み、大蛇を倒すことに成功しました。尾を斬っているときに剣の刃が何かにあたり欠けてしまい、不思議に思ったタケハヤスサノオノミコトが斬り開いてみると、1振の剣が出てきます。

それがのちに、草薙剣と呼ばれるようになる剣です。それはいかにも妖しく禍々しさを感じさせる剣だったので、タケハヤスサノオノミコトは高天原のアマテラスオオミカミのもとへ使いを遣り、献上することにしました。

草薙剣

草薙剣

日本の剣~神剣・鉄剣~の紹介動画

日本の剣~神剣・鉄剣~

再び地上に降り立ち、伊勢の地へ

伊勢神宮

伊勢神宮

アマテラスオオミカミに献上された草薙剣は、ニニギノミコト(邇邇芸命)が地上に天孫降臨する際に再び登場します。

ニニギノミコトはアマテラスオオミカミの孫にあたる神で、地上を治めるために降りてくるのですが、その際に前述の八咫鏡、八尺瓊勾玉、草薙剣の三種の宝物を携えて降臨するのです。

「古事記」「日本書紀」によれば、ニニギノミコトの曾孫が大和政権の初代天皇と言われる神武天皇だとされています。

三種の神器はその頃より宮中に置かれ、天皇の皇位とともに継承されていくことになります。

日本書紀によると、やがて10代崇神(すじん)天皇の時代に、神宝を宮中に奉祀しているのはあまりに恐れ多いと考えられ、笠縫邑(かさぬいむら)と言う場所へ奉遷されます。次いで11代垂仁(すいにん)天皇の代に、伊勢の五十鈴川の畔に遷され、それが伊勢神宮の起源となったとされています。

宝物を遷すにあたり、草薙剣の神力を分祀(ぶんし)した形代(かたしろ:神霊が依り憑く)が作られ、以降、宮中ではその形代を祀り継承していくこととなりました。

ヤマトタケルノミコトの東征

垂仁天皇の跡を継いだのは景行(けいこう)天皇、そしてその息子が「古事記」の英雄物語として活躍する「ヤマトタケルノミコト」(日本武尊、倭建命)です。

景行天皇は息子の猛々しい性格を恐れ、西の部族の征伐を命じます。父親の言いつけ通りに九州のクマソタケル兄弟と出雲のイズモタケルを倒して戻ってきたヤマトタケルノミコトは、今度は東にある12の国の荒ぶる神と朝廷に服従しない者達の平定を命じられます。

ヤマトタケルノミコトは伊勢に赴き、叔母である「ヤマトヒメノミコト」(倭姫命)に、「父親が自分にこのような過酷な命令をするのは早く死んでほしいからではないか」と泣きつきます。

伊勢の地に伊勢神宮を創建し祀ったとされる皇女のヤマトヒメは、嘆き悲しむヤマトタケルノミコトに草薙剣と「万が一のときに開けるように」と言った、火打石入りの袋を授けます。そうして、ヤマトタケルノミコトは草薙剣を携え東征へと旅立ったのでした。

各地の敵を従えながらやがて相模国(現在の神奈川県)に辿り着いたときのことです。この地の国造(くにのみやつこ:地方を治める官職の一種)は、言葉巧みにヤマトタケルノミコトを野に誘い出し、火を放ち殺そうと企みます。騙されたことを知り、進退きわまったヤマトタケルノミコトは火打石を取り出します。

そして草薙剣を抜き辺り一帯の草を薙ぎ払い、火打石で向かい火を放ちます。炎は逆方向に燃え広がり、ヤマトタケルノミコトは無事に生還。国造らをすべて斬り滅ぼし、さらに火を放ちました。この出来事が、草薙剣と言う名の由来になったと言われています。

それからさらに東へ向かい、遭遇する蝦夷(えみし)や山河の荒ぶる神々をすべて平定したヤマトタケルノミコトは、やがて帰路に就きます。

熱田神宮

熱田神宮

尾張の国(現在の愛知県西部)に辿り着き、尾張国造の娘であるミヤズヒメ(宮簀媛、美夜受比売)と結婚。

妻のもとで休息を取ったヤマトタケルノミコトは、伊吹山(岐阜県滋賀県の間にある山)の神の征伐に向かいますが、このとき、草薙剣をミヤズヒメに預けて出かけてしまうのです。

それが原因かは定かではありませんが、ヤマトタケルノミコトはこの戦いに破れ、そのまま西へ逃走するも、三重県の鈴鹿山脈付近で息絶えることとなります。置いてきてしまったミヤズヒメと剣への想いを歌にして、そっと息を引き取ったことが描かれています。

ミヤズヒメの手元に遺された草薙剣は、彼女と尾張氏(天火明命と言う神の末裔)によって尾張の地に祀られることになり、そのために熱田神宮(愛知県名古屋市熱田区)が建立されました。以来、草薙剣は熱田神宮のご神体として現在も祀られているのです。

壇ノ浦の戦いで海の底へ沈んだ草薙剣

二位尼の入水

二位尼の入水

時は経ち、再び歴史書に草薙剣の名が挙がるのは、平安時代末期の1183年(寿永2年)、平家が壇ノ浦の戦いで源氏に破れ、滅亡したときのことです。

「吾妻鏡」や「平家物語」によると、敗北を悟った平家の二位尼(にいのあま)が、まだ8歳の安徳天皇を抱き、草薙剣と八尺瓊勾玉を身に付け入水してしまうのです。のちに勾玉は見つかりますが、草薙剣は見つからず失われてしまいました。

これは宮中で祀られてきた形代(かたしろ:神霊が依り憑き易いように形を整えた物)の草薙剣ですが、神剣の喪失は大問題だったはずです。のちに順徳天皇が、伊勢神宮から贈られた剣を新たに草薙剣の形代とし、今に受け継がれています。

神話の時代から現在にいたるまで、時代の流れとともに様々な運命を乗り越えてきた、神剣・草薙剣。神聖であるがゆえに、天皇や熱田神宮の宮司でさえも、実物を見てはいけないとされているのです。とは言え、長い歴史のなかでは、江戸時代に熱田神宮の神官数人が見た、と言う記録が残っています。しかし、見ると祟りにあって死んでしまうなどと言う、恐ろしい噂もあります。

現在、熱田神宮に本体が、形代が皇居の「剣璽の間」(けんじのま)に安置されています。数々の伝説に彩られ、多くの深い謎に包まれ眠る宝剣。この国の歴史とともに、これからも受け継がれていくことでしょう。

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)をSNSでシェアする

「古事記、日本書紀ほか」の記事を読む


天之尾羽張(あめのおはばり)

天之尾羽張(あめのおはばり)
世界に天地が生まれることで始まる「日本神話」。これらは「古事記」の上巻、「日本書紀」の1~2巻に記された神々の物語と神武天皇(じんむてんのう)の即位までの物語です。神話の冒頭、日本列島と神々の誕生にまつわるストーリーの中で登場する神剣「天之尾羽張」(あめのおはばり)についてご紹介します。

天之尾羽張(あめのおはばり)

天之瓊矛(あめのぬぼこ)

天之瓊矛(あめのぬぼこ)
日本では古来より、自国を「神の国」や「神国」と表現することがありました。これは「天皇は神である」「天皇が治める国は、神の国である」と言う思想に基づくもので、その由来となるのが「日本神話」と呼ばれる古代史です。現在では、当時の宗教観や倫理観、編纂時の思惑が反映された空想の物語とされていますが、第二次世界大戦が終結するころまで、日本神話の世界はすべて史実とされていました。

天之瓊矛(あめのぬぼこ)

十拳剣(とつかのつるぎ)

十拳剣(とつかのつるぎ)
日本列島の創世から神武天皇(じんむてんのう)の即位までの時代が描かれている「日本神話」。「古事記」、「日本書紀」に記される日本神話のなかに、繰り返し登場する剣が「十拳剣」(とつかのつるぎ)です。「十握剣」、「十掬剣」、「十束剣」などと表記されることもあり、話によってその持ち主も変わる霊剣。一体どのような物なのでしょうか。

十拳剣(とつかのつるぎ)

神度剣(かむどのつるぎ)

神度剣(かむどのつるぎ)
「日本神話」のなかで、現在の天皇制につながる重要な話として「国譲り」(くにゆずり)があります。天皇家の祖とされる「アマテラスオオミカミ」(天照大神)が、その子である「アメノオシホミミノミコト」(天忍穂耳命)に、葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めさせるまでにはいくつものストーリーがあり、「神度剣」(かむどのつるぎ)はその過程で登場します。

神度剣(かむどのつるぎ)

布都御魂(ふつのみたま)

布都御魂(ふつのみたま)
日本の古代神話には、様々な神剣が登場します。なかでも特に重要な物に「神代三剣」(かみよさんけん)と呼ばれる3種の剣があります。三種の神器のひとつにも数えられる「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)、「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)の大蛇退治で使われた「十拳剣」(とつかのつるぎ)、そして「布都御魂」(ふつのみたま)。いずれも「古事記」や「日本書紀」に神々が使ったとされる伝説が記され、長い歴史を経て現在まで受け継がれている物です。

布都御魂(ふつのみたま)

注目ワード
注目ワード