古事記、日本書紀ほか

天之尾羽張(あめのおはばり)

文字サイズ

世界に天地が生まれることで始まる「日本神話」。これらは「古事記」の上巻、「日本書紀」の1~2巻に記された神々の物語と神武天皇(じんむてんのう)の即位までの物語です。神話の冒頭、日本列島と神々の誕生にまつわるストーリーの中で登場する神剣「天之尾羽張」(あめのおはばり)についてご紹介します。

「神生み」で生まれたヒノカグツチ

イザナミノカミ

イザナミノカミ

古事記によると、世界に天地が誕生したのち、高天原(たかまのはら)には次々と神が現れました。

天に住まう神々は、「神世七代」(かみのよななよ)と呼ばれる、神の中で最後に登場した男神「イザナギノカミ」(伊邪那岐神)と女神「イザナミノカミ」(伊邪那美神)に、水に浮く脂やクラゲのように漂っている存在だった地上世界を、創り固めるように命じます。これが「国生み」の始まりです。

2柱(神の数え方は柱)が天と地上の間にかかっている天の浮き橋(あめのうきはし)に立ち、神々から授かった天沼矛(あめのぬほこ)で混沌とした地上世界をかき回し引き上げると、矛の先から滴り落ちた物が固まって淤能碁呂島(おのごろじま)となります。2柱はそこに降り立ち、日本列島を創り上げていくのです。

国生みを終えると、2柱は続いて「神生み」を行ないます。「イハツチビコノカミ」(石土毘古神)は石や土の神、「アメノフキオノカミ」(天之吹男神)は屋根葺の神、「ワタツミノカミ」(綿津見神)は海の神など、自然や暮らしにまつわる35柱の神々が生まれますが、そのなかでイザナミノカミは命を落とすことになります。

その原因をつくったのが、火の神である「ヒノカグツチノカミ」(火之迦具土神)でした。ヒノカグツチを生んだときに、大火傷を負ったイザナミノカミは苦しんだ末に亡くなってしまうのです。

ヒノカグツチはなぜ斬り殺されたか

天之尾羽張を抜いたイザナギノカミ

天之尾羽張を抜いたイザナギノカミ

夫婦であったイザナギノカミとイザナミノカミ。愛しい妻の亡骸のもとで腹ばいになりながらイザナギノカミは嘆き悲しみ、ついに腰に差していた「天之尾羽張」を抜いて、生まれたばかりのヒノカグツチを手にかけてしまうのでした。このとき、首をはねられたヒノカグツチの体や血からも新たな神々が生まれます。

剣先から飛び散った血が岩についたところからは、岩と剣の神が、剣の根元についた血が岩に飛び散ると雷と火の神が、剣のについた血がイザナギノカミの指の間からあふれ出たところには、滝と水の神が生まれました。

さらに、ヒノカグツチの亡骸からは山の坂の神、山奥の神、谷間の神など、山にまつわる神々が次々と生まれ出ます。

天之尾羽張とはどんな剣か

「天之尾羽張」は、またの名を「伊都之尾羽張」(いつのおはばり)と言います。

神話上の剣であるため、実際には存在しない物ですが、「十拳剣」(とつかのつるぎ)とも記されていることから、剣を握ったときの人差指から小指までの長さが、10個分の剣と言うことになります。

葦原中国平定で再び登場する天之尾羽張

神話の序盤で登場した「天之尾羽張」ですが、物語が進み、荒れた地上世界を治める神話「葦原中国平定」(あしはらのなかつくにへいてい)のなかで再びその名前が出てきます。

イザナギノカミとイザナミノカミによって始められた国生みは、イザナミノカミの死によって中断していましたが、その後、「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)の子どもである「オオクニヌシノカミ」(大国主神)によって国づくりが完成し、葦原中国(あしはらのなかつくに)として栄えます。

しかしあるとき、高天原の神である「アマテラスオオミカミ」(天照大御神)は、その地を我が子である「アメホオシホミミノミコト」(天忍穂耳命)に治めさせると決め、オオクニヌシに使者を遣わせます。これが現在の天皇家の祖とされるアマテラスオオミカミとその子孫への「国譲り」の始まりです。

アマテラスオオミカミは葦原中国へ様々な神を遣わせますが、ことごとく失敗してしまいます。そのようななか、最後に候補に挙げられたのが、「イツノオハバリノカミ」(伊都之尾羽張神)と、その子どもの「タケミカヅチノオノカミ」(建御雷之男神)でした。

イツノオオバリノカミは、「天之尾羽張」の別名である「伊都之尾羽張」のこと。つまり、イザナギノカミがヒノカグツチを斬り殺したときにふるったのは、剣でありながら神でもあったのです。

イツノオオバリノカミは、高天原にある「天の安の河」(あめのやすのかわ)の河上の「天の石屋」(あめのいわや)にいる神で、タケミカヅチノオノカミはその剣の刃の根元についた血が飛び散って生まれた神です。

イツノオオバリノカミと相談した末、葦原中国へ行くことになったタケミカヅチノオノカミは、「アメノトリフネノカミ」(天鳥船神)とともに出雲国の伊耶佐之小浜(島根県出雲市稲佐の浜)に降り立ち、オオクニヌシノカミと話し合いを行ないます。

最終的には、オオクニヌシノカミ達が自分達が住む場所として立派な殿舎を建てることを条件に、高天原の神への国譲りが実現するのでした。

ゆかりの地

天之尾羽張が登場する神話の数々。そのゆかりの地をご紹介します。

出雲大社(いずもおおやしろ)

出雲大社

出雲大社

所在地:島根県出雲市

出雲大社の主祭神は、オオクニヌシノカミ。国譲りの条件として建てられた殿舎が、この出雲大社と伝えられます。

出雲大社のなかには、オオクニヌシノカミの父である、スサノオノミコトを祀る「素鵞社」(そがのやしろ)もあります。

稲佐の浜(いなさのはま)

稲佐の浜

稲佐の浜

所在地:島根県出雲市

出雲大社の西にある浜で、タケミカヅチノオノカミがオオクニヌシと話し合うために降り立った場所です。

浜辺には、国譲りの交渉が行なわれた地とされる「屏風岩」(びょうぶいわ)があります。

また、「出雲国風土記」で語られる「国引き」の神話で、島を引いた綱がこの浜の南にある長浜海岸(薗の長浜)になったとも伝えられ、さらに旧暦の10月10日に全国から八百万の神を迎える浜であるとも言われており、神話や日本古来の宗教観にゆかりのある場所です。

はじめは神がふるう剣として登場し、物語が進むとその姿形を神に変えて登場した「天之尾羽張」。神達が織りなす神話には、愛や憎しみ、悲喜こもごもが込められ、ときに人間臭さすら感じさせます。その一方で、やはりこの世の物でないからこその神秘性も垣間見えるのでした。

天之尾羽張(あめのおはばり)

天之尾羽張(あめのおはばり)をSNSでシェアする

「古事記、日本書紀ほか」の記事を読む


天之瓊矛(あめのぬぼこ)

天之瓊矛(あめのぬぼこ)
日本では古来より、自国を「神の国」や「神国」と表現することがありました。これは「天皇は神である」「天皇が治める国は、神の国である」と言う思想に基づくもので、その由来となるのが「日本神話」と呼ばれる古代史です。現在では、当時の宗教観や倫理観、編纂時の思惑が反映された空想の物語とされていますが、第二次世界大戦が終結するころまで、日本神話の世界はすべて史実とされていました。

天之瓊矛(あめのぬぼこ)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)
「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)は、日本で最も有名な剣と言っても過言ではありません。別名「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)とも言います。日本神話に登場する伝説の神剣であり、正当な皇位の証として古代より歴代天皇に継承されている「三種の神器」のひとつです。「古事記」と「日本書紀」ではその三種の神器である「八咫鏡」(やたのかがみ)、「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)、そして草薙剣の三種の宝物、それぞれの起源が記されています。八咫鏡と八尺瓊勾玉は「アマテラスオオミカミ」(天照大御神)が天岩戸に隠れてしまう物語に登場し、草薙剣はアマテラスオオミカミの弟である「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)が「八岐大蛇」(ヤマタノオロチ)を退治する物語に登場します。

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

十拳剣(とつかのつるぎ)

十拳剣(とつかのつるぎ)
日本列島の創世から神武天皇(じんむてんのう)の即位までの時代が描かれている「日本神話」。「古事記」、「日本書紀」に記される日本神話のなかに、繰り返し登場する剣が「十拳剣」(とつかのつるぎ)です。「十握剣」、「十掬剣」、「十束剣」などと表記されることもあり、話によってその持ち主も変わる霊剣。一体どのような物なのでしょうか。

十拳剣(とつかのつるぎ)

神度剣(かむどのつるぎ)

神度剣(かむどのつるぎ)
「日本神話」のなかで、現在の天皇制につながる重要な話として「国譲り」(くにゆずり)があります。天皇家の祖とされる「アマテラスオオミカミ」(天照大神)が、その子である「アメノオシホミミノミコト」(天忍穂耳命)に、葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めさせるまでにはいくつものストーリーがあり、「神度剣」(かむどのつるぎ)はその過程で登場します。

神度剣(かむどのつるぎ)

布都御魂(ふつのみたま)

布都御魂(ふつのみたま)
日本の古代神話には、様々な神剣が登場します。なかでも特に重要な物に「神代三剣」(かみよさんけん)と呼ばれる3種の剣があります。三種の神器のひとつにも数えられる「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)、「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)の大蛇退治で使われた「十拳剣」(とつかのつるぎ)、そして「布都御魂」(ふつのみたま)。いずれも「古事記」や「日本書紀」に神々が使ったとされる伝説が記され、長い歴史を経て現在まで受け継がれている物です。

布都御魂(ふつのみたま)

注目ワード
注目ワード