古事記、日本書紀ほか

十拳剣(とつかのつるぎ)

文字サイズ

日本列島の創世から神武天皇(じんむてんのう)の即位までの時代が描かれている「日本神話」。「古事記」、「日本書紀」に記される日本神話のなかに、繰り返し登場する剣が「十拳剣」(とつかのつるぎ)です。「十握剣」、「十掬剣」、「十束剣」などと表記されることもあり、話によってその持ち主も変わる霊剣。一体どのような物なのでしょうか。

十拳剣とは、どんな物?

十拳剣

十拳剣

様々な神が持つ剣の名称として登場している十拳剣。「つか」とは、握ったときの人差指から小指までの長さのことです。

つまり「十拳」には、「十握りの長さ」「十つかみの長さ」と言う意味があり、十拳剣は固有名詞ではなく、刀身が十束ほどの剣の総称だとされています。1本の剣を指す言葉ではないため、多くの神話に登場していたのです。

そんな十拳剣が登場する、日本神話の中で代表的な場面を紹介します。

「神生み」でイザナギノカミがふるった剣

神話のなかで、日本列島を創ったとされる男神「イザナギノカミ」(伊邪那岐神)と女神「イザナミノカミ」(伊邪那美神)。2柱(神の数え方は柱)は「国生み」で日本の島々を創ったのち、続いて「神生み」を行ないます。

「イハツチビコノカミ」(石土毘古神)は石や土の神、「アメノフキオノカミ」(天之吹男神)は屋根葺の神、「ワタツミノカミ」(綿津見神)は海の神など、自然や暮らしにまつわる様々な物が神となりましたが、火の神である「ヒノカグツチノカミ」(火之迦具土神)を生んだとき、イザナミノカミはその火に焼かれて死んでしまいます。

嘆き悲しんだイザナギノカミは、その怒りのあまり、生まれたばかりのヒノカグツチを斬り殺してしまうのです。そのときにふるったのが「十拳剣」、またの名を「天之尾羽張」(あめのおはばり)「伊都之尾羽張」(いつのおはばり)と言われる剣でした。

黄泉の国へ行ってしまったイザナミノカミを再び取り返そうと、そのあとを追ったイザナギノカミ。2柱は再会しますが、ときすでに遅く、イザナミノカミは黄泉の国の住人となっていました。「帰れるように黄泉の国の神と相談するので、待っていて下さい」と言い残し、御殿に入ったまま戻らないイザナミノカミを待ちかねて、イザナギノカミは部屋へ入ってしまいます。

そこで目にしたのは、腐りかけて変わり果てたイザナミノカミの姿でした。恐れて逃げ帰るイザナギノカミを、約束を破られ醜い姿を見られたイザナミノカミは怒って追いかけます。このときにイザナギノカミは、イザナミノカミが遣わした追っ手を振り払おうと、腰に差していた「十拳剣」を抜いて後手に振りながら走って逃げ帰るのでした。

ヤマタノオロチを退治したタケハヤスサノオノミコトの剣

黄泉の国から帰ったイザナギノカミが禊をしたとき、左目から「アマテラスオオミカミ」(天照大御神)、右目から「ツクヨミノミコト」(月読命)、鼻から「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)が生まれます。

のちの神話で、アマテラスオオミカミが岩戸に隠れる原因を作ったタケハヤスサノオノミコトは、罪を償うために高天原(たかあまはら)を追放され、出雲国(現在の島根県)の斐伊川(ひいがわ)上流の鳥髪(とりかみ)に降り立ちます。そこで行なったのが、かの有名なヤマタノオロチの退治です。

お腹をすかせていたタケハヤスサノオノミコトは、川上から箸が流れてきたのを見て、誰かが住んでいるのではと思い、川を登りました。思った通り、たしかに家があり、そこで泣いている老夫婦とその娘に出会います。彼らは、出雲の地の守護神である山の神「オオヤマツミノカミ」(大山津見神)の子である「アシナヅチ」(足名椎)と、その妻の「テナヅチ」(手名椎)、娘の「クシナダヒメ」(櫛名田比売)でした。

アシナヅチの話によると、ヤマタノオロチと言う赤い目の、頭と尾が8つある巨大な怪物が毎年同じ時期にやってきて、8人いた娘は毎年1人ずつ食べられてしまった。残った最後の1人も、もうすぐヤマタノオロチに食べられてしまうだろうと言うのです。それを聞いたタケハヤスサノオノミコトは、クシナダヒメを貰い受けることを条件に、ヤマタノオロチの退治を引き受けます。

タケハヤスサノオノミコトはアシナヅチとテナヅチに命じて、8つの穴を用意してそこに酒を入れる器を置き、強い酒をたっぷり入れてヤマタノオロチを待ちました。姿を現したヤマタノオロチは、8つの頭をそれぞれの器に突っ込んで強い酒をがぶがぶと飲むとその場で酔っ払って眠ってしまいました。

タケハヤスサノオノミコトはその隙をついて、腰に差していた「十拳剣」でヤマタノオロチに切りかかり、退治したのです。また、ヤマタノオロチの尾を切ったとき、何か硬い物にあたって十拳剣の刃が欠けてしまいます。

尾から出てきたのは見るからに神々しい剣。これが、今も皇位の印「三種の神器」のひとつとされる「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)です。

草薙剣

草薙剣

日本の剣~神剣・鉄剣~のYouTube動画

日本の剣~神剣・鉄剣~

アジシキタカヒコネノカミが喪屋を切り倒した剣

「葦原中国平定」(あしはらのなかつくにへいてい)の説話に出てくる「十掬剣」は、「アジシキタカヒコネノカミ」(阿遅志貴高日子根神)の物でした。荒れていた葦原中国を治めようと、高天原の神々は様々な神を遣わせます。そのうちのひとりが「アメノホヒノカミ」(天菩比神)です。

しかし、アメノホヒノカミは「オオクニヌシノカミ」(大国主神)の娘である「シタデルヒメ」(下照比売)と結婚して、国を自分の物にしようと目論み、高天原には戻りませんでした。

困った神々は、報告がない理由を問うために雉を遣いにやると、アメノホヒノカミは、天つ神(高天原の神々のこと)から賜った「天之波士弓」(あめのはじゆみ)と「天之加久矢」(あめのかくや)でその遣いの雉を射殺してしまったのです。

血に濡れた矢は天まで届き、驚いたアマテラスオオミカミと「タカミムスヒノカミ」(高御産巣日神)は、その矢が悪しき神を討つために射られた物か、邪心を持って射られた物かを見定めようと、再び矢を返します。すると、その矢は寝ているアメノホヒノカミの胸にあたり、死んでしまったのです。天にいたアメノホヒノカミの父や妻子は嘆き悲しみ、亡骸を安置する喪屋(もや)を建てます。

そこにオオクニヌシノカミの子「アジシキタカヒコネノカミ」(阿遅志貴高日子根神)が弔いに訪れると、その容姿が亡くなった息子と似ていたために、「我が子は死なずに生きていた!」と手足にすがりつきました。しかし死人と間違えられたと憤慨したアジシキタカヒコネノカミは、持っていた「十掬剣」で喪屋を切り倒してしまうのでした。

この大刀の名前は「大量」(おおはかり)、「神度剣」(かむどのつるぎ)とも呼ばれています。

タケミカヅチが切先にあぐらをかいた剣

タケミカヅチノオノカミと十拳剣

タケミカヅチノオノカミと十拳剣

葦原中国への神の派遣が失敗に終わるなか、次は誰を遣わそうかとアマテラスオオミカミは神々に尋ねました。するとオモイカネノカミ(思金神)と神々は、イツノオハバリノカミ(伊都之尾羽張神)か、その子どものタケミカヅチノオノカミ(建御雷之男神)を遣わすべきと提案しました。

このイツノオハバリノカミは、イザナギノカミがヒノカグツチを斬り殺したときにふるった剣のこと、そしてタケミカヅチノオノカミは、その剣の刃の根元についた血が飛び散って生まれた神のことです。

相談の結果、葦原中国へ行くことになったタケミカヅチノオノカミは、出雲国の伊耶佐之小浜(島根県出雲市の稲佐浜)に降り立つと、「十拳剣」を抜き、波の先に刺し立て、その剣先にあぐらを組んで座り、オオクニヌシノカミと話し合いました。

釣針につくり変えられた山幸彦の剣

「海の獲物を獲る男」と言う意味の「海左知毘古」(うみさちびこ)と、「山の獲物を獲る男」と言う意味の「山佐知毘古」(やまさちびこ)。それぞれの神は、海幸彦と山幸彦の名前で親しまれる兄弟です。

弟の山幸彦は兄の海幸彦に「お互いの獲物を獲る道具を交換してみよう」と提案しますが、何度となく断られます。それでも山幸彦はあきらめず説得し続けた末、海幸彦が折れて2人は道具を交換することになりました。

ところが山幸彦は獲物が獲れず、そればかりか、兄の釣り針をなくしてしまいました。山幸彦は正直に打ち明けましたが、海幸彦は強く責め立てて釣り針を返すように言います。困り果てた山幸彦は、自分の「十拳剣」を打ち砕いて500本の釣り針を作って償おうとするのでした。

剣を指しているのではなく、その長さに基づく総称であった「十拳剣」。しかし、壮大な神話のなかから、剣と言う特定の物に注目した視点で読み解いてみるのも、独特なおもしろさがあります。すると、神々のつながりや物語のひとつひとつが、より鮮明に見えてくることでしょう。

十拳剣(とつかのつるぎ)

十拳剣(とつかのつるぎ)をSNSでシェアする

「古事記、日本書紀ほか」の記事を読む


天之尾羽張(あめのおはばり)

天之尾羽張(あめのおはばり)
世界に天地が生まれることで始まる「日本神話」。これらは「古事記」の上巻、「日本書紀」の1~2巻に記された神々の物語と神武天皇(じんむてんのう)の即位までの物語です。神話の冒頭、日本列島と神々の誕生にまつわるストーリーの中で登場する神剣「天之尾羽張」(あめのおはばり)についてご紹介します。

天之尾羽張(あめのおはばり)

天之瓊矛(あめのぬぼこ)

天之瓊矛(あめのぬぼこ)
日本では古来より、自国を「神の国」や「神国」と表現することがありました。これは「天皇は神である」「天皇が治める国は、神の国である」と言う思想に基づくもので、その由来となるのが「日本神話」と呼ばれる古代史です。現在では、当時の宗教観や倫理観、編纂時の思惑が反映された空想の物語とされていますが、第二次世界大戦が終結するころまで、日本神話の世界はすべて史実とされていました。

天之瓊矛(あめのぬぼこ)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)
「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)は、日本で最も有名な剣と言っても過言ではありません。別名「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)とも言います。日本神話に登場する伝説の神剣であり、正当な皇位の証として古代より歴代天皇に継承されている「三種の神器」のひとつです。「古事記」と「日本書紀」ではその三種の神器である「八咫鏡」(やたのかがみ)、「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)、そして草薙剣の三種の宝物、それぞれの起源が記されています。八咫鏡と八尺瓊勾玉は「アマテラスオオミカミ」(天照大御神)が天岩戸に隠れてしまう物語に登場し、草薙剣はアマテラスオオミカミの弟である「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)が「八岐大蛇」(ヤマタノオロチ)を退治する物語に登場します。

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

神度剣(かむどのつるぎ)

神度剣(かむどのつるぎ)
「日本神話」のなかで、現在の天皇制につながる重要な話として「国譲り」(くにゆずり)があります。天皇家の祖とされる「アマテラスオオミカミ」(天照大神)が、その子である「アメノオシホミミノミコト」(天忍穂耳命)に、葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めさせるまでにはいくつものストーリーがあり、「神度剣」(かむどのつるぎ)はその過程で登場します。

神度剣(かむどのつるぎ)

布都御魂(ふつのみたま)

布都御魂(ふつのみたま)
日本の古代神話には、様々な神剣が登場します。なかでも特に重要な物に「神代三剣」(かみよさんけん)と呼ばれる3種の剣があります。三種の神器のひとつにも数えられる「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)、「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)の大蛇退治で使われた「十拳剣」(とつかのつるぎ)、そして「布都御魂」(ふつのみたま)。いずれも「古事記」や「日本書紀」に神々が使ったとされる伝説が記され、長い歴史を経て現在まで受け継がれている物です。

布都御魂(ふつのみたま)