古事記、日本書紀ほか

神度剣(かむどのつるぎ)

文字サイズ

「日本神話」のなかで、現在の天皇制につながる重要な話として「国譲り」(くにゆずり)があります。天皇家の祖とされる「アマテラスオオミカミ」(天照大神)が、その子である「アメノオシホミミノミコト」(天忍穂耳命)に、葦原中国(あしはらのなかつくに)を治めさせるまでにはいくつものストーリーがあり、「神度剣」(かむどのつるぎ)はその過程で登場します。

それぞれに神が住む3つの世界

様々な神々が登場する日本神話。その中にも序列があります。

まず、神々が住む世界には、最初に神が生まれた場所である天上界「高天原」(たかまのはら)と、高天原の神々がつくった地上界「葦原中国」、そして地下にある「黄泉国」(よみのくに)の3つの国があります。

日本神話の冒頭にあたる「国生み」(くにうみ)の神話で、イザナギノカミ(伊邪那岐神)が黄泉国へ行ったあとに禊(みそぎ)を行なっていることから、黄泉国は穢れ(けがれ)と見なされていることが分かります。

葦原中国には「葦が生い茂るほどの未開拓な中間の国」と言う意味があり、アマテラスオオミカミの弟であった「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)が、高天原を追放された先も葦原中国でした。

高天原に住む神は「天つ神」(あまつかみ)、芦原中国に住む神は「国つ神」(くにつかみ)と呼び方が分かれ、神話には国つ神が天つ神を畏れ多き物としてへりくだる場面が見られることからも、高天原が最も尊い存在であることが分かります。

オオクニヌシノカミによる葦原中国の「国づくり」

稲羽の素兎

稲羽の素兎

葦原中国に降り立ったタケハヤスサノオノミコトは、国つ神の祖となります。しかしその後、母である「イザナミノカミ」(伊邪那美神)のいる根の国(黄泉国)へ行きました。

イザナギノカミとイザナミノカミの「国生み」によって生まれた葦原中国の国づくりは、イザナミノカミの死によって中断していましたが、それを再び始めたのがタケハヤスサノオノミコトの子孫にあたるオオクニヌシノカミ(大国主神)でした。

オオクニヌシノカミは、もとの名をオオナムヂノカミ(大穴牟遅神)と言い、ワニに毛皮を剥がされ苦しんでいたうさぎを助けて、妻「ヤマガミヒメ」を娶る(めとる)「稲羽の素兎」(いなばのしろうさぎ)の神話でも有名な神です。

オオクニヌシノカミは、ヤマガミヒメと結婚したことで嫉妬した兄弟神から命を狙われ、根の国へ逃亡。今度はタケハヤスサノオノミコトの娘であるスセリビメ(須勢理毘売)と恋に落ちます。

タケハヤスサノオノミコトから与えられる様々な試練をくぐりぬけ、スセリビメを連れて根の国から脱出するとき、オオクニヌシノカミはこっそりと、生太刀(いくたち)と生弓矢(いくゆみや)、天の沼琴(あめのぬこと)を持ち出そうとしますが、それに気づいたタケハヤスサノオノミコトが追いかけます。

しかし、とうとう追いつけなかったため、タケハヤスサノオノミコトはオオクニヌシノカミに向かって、「生太刀と生弓矢で兄弟神を倒し、スセリビメを正妻とし、出雲に国をつくるように」と叫びました。

オオクニヌシノカミの名前も、正式にはこのときに賜ったものです。こうして芦原中国に戻り兄弟神を倒したオオクニヌシノカミは、国づくりを始めます。

国づくりは、出雲を治めたオオクニヌシノカミと、御大之岬(みほのみさき)に船でやってきた天つ神「スクナビコナノカミ」(少名毘古那神)との出会いから進展していきます。

スクナビコナノカミは、この世で3番目に生まれた古い神「カムムスヒノカミ」(神産巣日神)の子どもで、カムムスヒノカミはオオクニヌシノカミが兄弟神に一度殺されたときに命を救ってくれた神でもありました。

2柱(神の数え方は柱)は兄弟となり国をつくっていきますが、しばらくするとスクナビコナノカミは常世の国へ帰ってしまいます。

その後、オオモノヌシノカミ(大物主神)が海を照らしながらやってきて共に国を築き、国づくりが完成します。

「葦原中国平定」で登場する「神度剣」

国ができあがると、いよいよ「国譲り」へと物語は進みます。その間にあるのが「葦原中国平定」(あしはらのなかつくにへいてい)です。

国づくりが終わった葦原中国はおおいに賑わい、それは高天原まで伝わりました。天つ神に命を助けられたオオクニヌシノカミが、天つ神の力を借りてつくった葦原中国。高天原のアマテラスオオミカミは子であるアメノオシホミミノミコトに治めさせるべきとして向かわせますが、天の浮き橋(あめのうきはし)から覗いた芦原中国は、とても騒がしく荒れているようでした。

そこで、国つ神を諭すために、高天原から神を遣わせることにします。最初に遣わしたのは、アメノホヒノカミ(天菩比神)。しかしオオクニヌシノカミに懐柔(かいじゅう)され、3年経っても戻ることはありませんでした。

次に選ばれたのはアメノワカヒコ(天若日子)で、立派な光る弓と羽の付いた矢を持たせて遣わせますが、今度はオオクニヌシノカミの娘であるシタデルヒメ(下照比売)と結婚して、国を自分の物にしようと目論みます。そして報告のないまま、8年のときが流れてしまいました。

困り果てた天つ神は、報告がない理由を問うために雉(きじ)を遣いにやりますが、アメノワカヒコは周囲の扇動もあり、この雉を天から賜った弓と矢で殺してしまったのです。雉の胸を射抜いた矢は天まで届き、アマテラスオオミカミとタカミムスヒノカミ(高御産巣日神)は驚きます。

裏切り者の「アメノワカヒコ」

裏切り者の「アメノワカヒコ」

そして、「この矢は悪しき神を討つために射られた物か。邪心を持って射られた物なら、アメノワカヒコに当たれ」と命じて再び矢をはなちます。すると、その矢は寝ているアメノワカヒコの胸を射抜き、その裏切りを証明したのでした。

妻であるシタデルヒメの泣き声は高天原にいたアメノワカヒコの父や妻子へも届き、その地に亡骸を安置する喪屋(もや)を建て、八日八夜にわたって歌や舞を行ないました。

するとそこに、オオクニヌシノカミの子「アジシキタカヒコネノカミ」(阿遅志貴高日子根神)が弔いに訪れます。嘆き悲しむ父と妻子は、その容姿が亡くなった息子と似ていたために、「我が子は死なずに生きていた!」と勘違いして手足にすがりついたのです。

しかし故人と間違えられたアジシキタカヒコネノカミは、「友を弔いにきて、穢れた死人と間違えられるとは」と怒り、携えていた十拳剣(とつかのつるぎ)で喪屋を切り倒し蹴飛ばしてしまうのでした。

神度剣

神度剣

この太刀の名前こそ、「神度剣」(かむどのつるぎ)、またの名を「大量」(おおはかり)と言います。このときに切り倒された喪屋は出雲国(現在の島根県)から美濃国(現在の岐阜県)まで飛び、喪山(もやま)になったとされ、今もなお岐阜県の美濃市垂井町にその伝承や地名が残っています。

その後、紆余曲折を経て葦原中国は平定され、高天原の神々とオオクニヌシノカミの話し合いによって国譲りが実現。オオクニヌシノカミにより譲られた「国」ですが、現在では考古学的にも出雲には国が存在したとされています。

日本神話は空想の物語ですが、編纂時の宗教観や政治的な思惑が反映されていることも考えると、どこまでが空想でどこまでが現実か、想像を巡らせるのも楽しいですね。

神度剣(かむどのつるぎ)

神度剣(かむどのつるぎ)をSNSでシェアする

「古事記、日本書紀ほか」の記事を読む


天之尾羽張(あめのおはばり)

天之尾羽張(あめのおはばり)
世界に天地が生まれることで始まる「日本神話」。これらは「古事記」の上巻、「日本書紀」の1~2巻に記された神々の物語と神武天皇(じんむてんのう)の即位までの物語です。神話の冒頭、日本列島と神々の誕生にまつわるストーリーの中で登場する神剣「天之尾羽張」(あめのおはばり)についてご紹介します。

天之尾羽張(あめのおはばり)

天之瓊矛(あめのぬぼこ)

天之瓊矛(あめのぬぼこ)
日本では古来より、自国を「神の国」や「神国」と表現することがありました。これは「天皇は神である」「天皇が治める国は、神の国である」と言う思想に基づくもので、その由来となるのが「日本神話」と呼ばれる古代史です。現在では、当時の宗教観や倫理観、編纂時の思惑が反映された空想の物語とされていますが、第二次世界大戦が終結するころまで、日本神話の世界はすべて史実とされていました。

天之瓊矛(あめのぬぼこ)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

草薙剣(くさなぎのつるぎ)
「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)は、日本で最も有名な剣と言っても過言ではありません。別名「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)とも言います。日本神話に登場する伝説の神剣であり、正当な皇位の証として古代より歴代天皇に継承されている「三種の神器」のひとつです。「古事記」と「日本書紀」ではその三種の神器である「八咫鏡」(やたのかがみ)、「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)、そして草薙剣の三種の宝物、それぞれの起源が記されています。八咫鏡と八尺瓊勾玉は「アマテラスオオミカミ」(天照大御神)が天岩戸に隠れてしまう物語に登場し、草薙剣はアマテラスオオミカミの弟である「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)が「八岐大蛇」(ヤマタノオロチ)を退治する物語に登場します。

草薙剣(くさなぎのつるぎ)

十拳剣(とつかのつるぎ)

十拳剣(とつかのつるぎ)
日本列島の創世から神武天皇(じんむてんのう)の即位までの時代が描かれている「日本神話」。「古事記」、「日本書紀」に記される日本神話のなかに、繰り返し登場する剣が「十拳剣」(とつかのつるぎ)です。「十握剣」、「十掬剣」、「十束剣」などと表記されることもあり、話によってその持ち主も変わる霊剣。一体どのような物なのでしょうか。

十拳剣(とつかのつるぎ)

布都御魂(ふつのみたま)

布都御魂(ふつのみたま)
日本の古代神話には、様々な神剣が登場します。なかでも特に重要な物に「神代三剣」(かみよさんけん)と呼ばれる3種の剣があります。三種の神器のひとつにも数えられる「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)、「タケハヤスサノオノミコト」(建速須佐之男命)の大蛇退治で使われた「十拳剣」(とつかのつるぎ)、そして「布都御魂」(ふつのみたま)。いずれも「古事記」や「日本書紀」に神々が使ったとされる伝説が記され、長い歴史を経て現在まで受け継がれている物です。

布都御魂(ふつのみたま)

注目ワード
注目ワード