甲冑(鎧兜)を知る

甲冑武具審査会・審査認定基準とは

文字サイズ

皆さんのなかには、所有している甲冑(鎧兜)や武具を、審査や評価してみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。「一般社団法人日本甲冑武具研究保存会」が開催している「甲冑武具審査会」では、お手持ちの甲冑(鎧兜)や武具を専門家に審査・評価して頂くことができます。一般社団法人日本甲冑武具研究保存会の会員でなくても、審査の申込みが可能という点も魅力。この「甲冑武具審査会」と「審査認定基準」について、詳しくご紹介します。

甲冑武具審査会とは?

「甲冑武具審査会」とは、一般社団法人日本甲冑武具研究保存会が開催している、甲冑及び武具の審査・評価会のことです。皆さんがお持ちになっている甲冑(鎧兜)や武具を専門家に審査してもらうことができます。

審査結果は、「重要文化資料」、「甲種特別貴重資料」、「特別貴重資料」、「貴重資料」、「保存資料」、「返却」の6段階。評価を受けた甲冑(鎧兜)・武具には、「認定証」が発行されます。日時や会場などの詳細は、一般社団法人日本甲冑武具研究保存会のホームページに随時掲載。事前に申込みをすることで、一般社団法人日本甲冑武具研究保存会の会員でない人でも、気軽に参加できます。

毎年1~2回、1968年(昭和43年)から開催されている歴史ある審査会です。

甲冑武具審査会の審査結果と評価
重要文化資料 歴史的な資料として優れた美術工芸品
甲種特別貴重資料 重要文化資料に次ぐ重要文化資料候補の物
特別貴重資料 甲種特別貴重資料候補で、鑑賞度が高く資料として優秀な物
貴重資料 鑑賞・資料共にすぐれた物
保存資料 資料として保存すべき物
返却 資料的価値乏しき物、改造甚だしき物、または現代改造作品

審査認定基準とは?

「審査認定基準」とは、重要文化資料、甲種特別貴重資料、特別貴重資料、貴重資料、保存資料、返却という評価がなされる際、基準となる重要な指標のこと。

申込みを行なう前に、自分の甲冑(鎧兜)や武具の制作年代や制作国、状態について、確認しておきましょう。

審査対象

甲冑武具審査会の審査対象となるのは、平安時代から現代までに日本で作られた甲冑及び武具です。甲冑類、弓具類、馬具類、その他(旗幟・捕具・指揮用具・合図用具・陣営具・小武器・付属具)のこと。

なお、古代に作られた甲冑や武具、鉄砲類、刀剣や刀装具など「日本美術刀剣保存協会」が審査を行なっている物は審査の対象にはなりませんので、要注意。

また、現代に作られた甲冑・武具で著しく作域の劣る物や、外国で作られた甲冑・武具も審査の対象にはなりません。ただし、外国製の甲冑(鎧兜)でも、日本で改変、改修された物は審査対象となります。

甲冑武具審査会 審査対象

甲冑武具審査会 審査対象

日本美術刀剣保存協会日本美術刀剣保存協会
「日本美術刀剣保存協会」は、日本国の文化財の保護と文化の普及振興に寄与することを目的として活動しています。

重要文化資料に選ばれるには

兜の場合
南北朝時代以前に作られた兜・鉢で、大きな改変のない物。室町時代に作られた覆輪(ふくりん:縁取りが付いた飾り)付き兜・鉢で、金物がほぼ健全な物。安土桃山時代以前に作られた在銘の兜・鉢で、作域の優れた物。

江戸時代に作られた兜で、制作年代、作者等が明らかで、作域の特に優れた物は、重要文化資料として選ばれています。

大鎧・腹巻・胴丸の場合
室町時代以前に作られた小札・縅糸・金具廻で、健全な物。安土桃山時代に作られた金物を含む総体がほぼ健全な物。江戸時代に作られた、大名家伝来品、またはそれに準ずる復古調の一作揃った物は、重要文化資料として選ばれています。
袖の場合
室町時代以前に作られた小札・縅糸で、ほぼ健全な物。安土桃山時代以前に作られた小札・縅糸・金物で、ほぼ健全な物は、重要文化資料として選ばれています。
具足の場合
安土桃山時代に作られた縅糸・金物で、ほぼ健全かつ作域が優れた物。江戸初期以前に作られた作域優れ、部品がある程度揃った物。大名家伝来品、またそれに準ずる作域の、一具揃いの健全な物は、重要文化資料として選ばれています。
小具足の場合
安土桃山時代以前に作られた作域、保存状態ともに優れ、資料として貴重な面具。室町時代以前に作られた保存状態の良好な籠手臑当佩楯等の小具足。

江戸時代に作られた、特に作域が優れ、制作年代、制作者等の明らかな歴史資料として貴重な物は、重要文化資料として選ばれています。

馬具の場合
鞍・鐙揃いで作域の優れた物。鞍・鐙単品でも室町時代以前に作られた作域の優れた物。蒔絵・螺鈿等、加飾の特に優れた桃山時代の鞍は、重要文化資料として選ばれています。
その他の武具の場合
作られた年代や制作者等が確実な歴史資料として重要、かつ作域が特に優れた物は、重要文化資料として選ばれています。

甲種特別貴重資料に選ばれるには

重要文化資料に準ずる価値のある物は、甲種特別貴重資料として選ばれています。

特別貴重資料に選ばれるには

甲種特別貴重資料に準ずる価値のある物は、特別貴重資料として選ばれています。

貴重資料に選ばれるには

甲種特別貴重資料に準ずる価値のある物。近・現代に作られた物でも特に作域の優れた物は、貴重資料として選ばれています。

保存資料に選ばれるには

以上のランクに達しない、江戸時代に作られた物や、近・現代の制作でも作域の優れた物は、保存資料として選ばれています。

申込み方法と受付料及び審査料

甲冑武具審査会に申込みをしたい場合には、一般社団法人日本甲冑武具研究保存会のホームページで、甲冑武具審査会の日時や会場などの詳細をよく確認しましょう。

「出品申込書」をダウンロードして、氏名、住所、電話番号、出品名と大きさを記入。メール、郵送、Faxいずれかの方法で送ります。年2回の開催で、各会、先着50点で締め切れられてしまうので、早めの行動が肝心です。

受付料は、甲冑(鎧兜)や武具の大きさにより、小2,000円、中4,000円、大6,000円と定められています。また別途、評価の結果により、その級の審査料(3,000~100,000円)が掛かります。支払い方法は、当日、会場払いで現金のみなので、ご注意を。

なお、審査品の返却は、原則として当日です。残念ながら返却(級認定なし)と評価された場合には、審査料は無料となるので安心ですが受付料はかかります。

認定書を獲得する

甲冑武具審査会 重要文化資料図録

甲冑武具審査会 重要文化資料図録

甲冑武具審査会に参加後、審査結果、及び認定書は2~3ヵ月後に発行されます。

また、その写真と記録は、後日「重要文化資料図録」として刊行されるのも嬉しい特典です。

甲冑(鎧兜)や武具をお持ちの方は、ぜひ1度、甲冑武具審査会を利用して、愛蔵品を出品してみてはいかがでしょうか。

甲冑武具審査会・審査認定基準とは

甲冑武具審査会・審査認定基準とはをSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)を知る」の記事を読む


甲冑を作る・保存する

甲冑を作る・保存する
平安時代に制作が始まった「日本式甲冑」は、膨大な数の部品によって構成されており、日本固有の工芸品として、世界的な知名度・人気を誇っています。現代においては、武具(防具)としての存在意義は失っていますが、美術品としてだけではなく、歴史的な遺品としての価値をも有する物。そのため、歴史の継承という要請から、保存においても細心の注意を払わなければなりません。ここでは、甲冑(鎧兜)制作の過程と共に、その保存についてご紹介します。

甲冑を作る・保存する

女性と甲冑

女性と甲冑
「刀剣」を愛する女性を表す「刀剣女子」という言葉はすっかり定着し、現在では、その甲冑版とも言うべき「甲冑女子」という言葉も生まれているほど、甲冑も身近になりました。甲冑の一般的なイメージは、屈強な武将が戦場で身にまとっている戦闘服といったところでしょうか。つまり男性の物というイメージ。 しかし、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物殿には、女性用の甲冑だと伝えられている1領が収蔵・展示されています。それが、国指定重要文化財の「紺糸裾素懸威胴丸」(こんいとすそすがけおどしどうまる)。 ここでは、甲冑と女性にまつわる話をご紹介します。

女性と甲冑

文献に見る甲冑

文献に見る甲冑
甲冑(鎧兜)は刀剣と同じように、制作された時代や戦闘様式の移り変わりによって、その形式が変化を遂げた武具のひとつ。その変遷は、時代ごとに著された歴史書や絵巻物、屏風図など、様々な資料から窺うことが可能です。そのような文献をいくつかご紹介すると共に、時代を経るごとに異なる甲冑(鎧兜)の特徴などについても解説します。

文献に見る甲冑

甲冑を比較する

甲冑を比較する
「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

甲冑を比較する

甲冑の装備

甲冑の装備
「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

甲冑の装備

甲冑着用時の所作

甲冑着用時の所作
戦場における甲冑(鎧兜)は、敵の攻撃から生命・身体を守るという防具としての役割はもちろん、着用している武将の権威誇示という役割も担っていました。もっとも、戦(いくさ)においては、守っているだけでは勝つことはできません。攻撃するためには甲冑(鎧兜)を着用していても、体が滑らかに動くことができる必要がありましたが、甲冑(鎧兜)の各部分をつなぎ合わせる技術と工夫がそれを可能にしました。甲冑(鎧兜)は、日本刀と共に武士が武士たることを示す物で、そこには様々な作法が存在します。ここでは、甲冑(鎧兜)着用時における所作について考察します。

甲冑着用時の所作

甲冑師と集古十種

甲冑師と集古十種
「甲冑」は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめる楽しみ方があるのに対し、甲冑では、形式の違いによって、作られた時代に着目することを除き、ほとんどそれがありません。その理由として甲冑は、日本刀とは異なり銘がないことが多く、作者が明らかな作品がほとんどないからです。ここでは、「甲冑師」(流派)と甲冑等の古美術品を収録した江戸時代の図録集、「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師と集古十種

甲冑師の流派と記録

甲冑師の流派と記録
「甲冑」(鎧兜)は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では、作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめるという楽しみ方があるのに対し、甲冑(鎧兜)では形式の違いや、用いられている素材、縅の方法などから、作られた時代に着目して楽しむことが一般的。甲冑については、銘がないことが多く、作者が明らかな作品が多くないためです。こうした経緯もあり、「甲冑師」は、「刀匠」と比べて一般的に知られている存在であるとは言えません。そんな甲冑師(流派)をご説明したあと、江戸時代に発刊された甲冑(鎧兜)などの古美術品の図録集「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師の流派と記録

身分による甲冑(鎧兜)の違い

身分による甲冑(鎧兜)の違い
甲冑(鎧兜)とは、弓や刀槍、銃などの武器による攻撃に対して、防御のために身に着ける武具で、胴体に着ける物を鎧(甲)、頭を守る物を兜(冑)と言います。平安時代中期には、日本独自の甲冑(鎧兜)が生まれ、時代が下るにつれ、戦法の変化に伴い甲冑(鎧兜)も進化、身分による違いも顕著になっていきます。そんな武士が誕生した平安時代から江戸時代にかけての、身分による甲冑(鎧兜)の違いをご紹介します。

身分による甲冑(鎧兜)の違い

注目ワード
注目ワード