日本刀を作る

天皇・藩主が作刀した日本刀

文字サイズ

日本刀を作る職人のことを「刀工」と呼びます。日本刀のほとんどは、この刀工が作り上げた作品です。 しかし、なかには専門職の刀工ではない、高貴な身分の人々が手掛けた日本刀もあります。天皇や公家、藩主などの日本刀好きが高じて自ら作り上げた作品で、それらは「慰み打ち」(なぐさみうち)と呼ばれてきました。現存する慰み打ちの日本刀には、どのような作品があるのでしょうか。制作した著名人と併せてご紹介します。

天皇・皇族による作刀

後鳥羽上皇 菊御作(菊紋)

後鳥羽上皇

後鳥羽上皇

はじめて慰み打ちを行なった貴人は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて在位した「後鳥羽天皇」(ごとばてんのう:のちの後鳥羽上皇)です。日本刀文化への理解が深く、月ごとに当時の名刀工達が交代で作刀を行なう「御番鍛冶」(ごばんかじ)の制度を確立したことで知られています。これは、作刀の技術向上を図り、より優秀な日本刀を作ると同時に、朝廷を守る武士達の士気を高めることを目的としていました。

さらに後鳥羽上皇は、自ら作刀にも参加。これほど日本刀に対する思い入れが強くなった背景には、「三種の神器」なしに即位したことへの引け目があったとも考えられています。

後鳥羽上皇が天皇に即位した1184年(元暦元年)は、源氏と平氏が覇権を争う「源平合戦」の只中でした。このとき三種の神器は、平氏が擁立した幼い「安徳天皇」(あんとくてんのう)のもとにあり、翌年1185年(文治元年)の「壇ノ浦の戦い」において、三種の神器のひとつ「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)は、入水する安徳天皇と共に海へ沈んで失われてしまったのです。

「神器を持たない天皇」の烙印(らくいん)は、文武両道に秀でた天皇として政治手腕を発揮した後鳥羽上皇の生涯に、一片の暗い影を落とすこととなりました。

このような経緯が影響を与えたためか、作刀にも熱心であった後鳥羽上皇。御番鍛冶を担う刀工の助力を得て優れた日本刀の作品を残しています。後鳥羽上皇の作品には、「鎺下」(はばきした)の部分に12弁あるいは16弁の「菊紋」が毛彫り(細い線で彫った彫刻)されており、これが皇室の紋章である「菊花紋」の起源となりました。

ここでご紹介する「太刀 銘(菊紋)菊御作」は、後鳥羽上皇が焼き入れしたのち、菊紋が刻まれた1振です。後鳥羽上皇は、自身が手掛けた太刀を武士達に賜り、士気を鼓舞しました。

本太刀の地鉄(じがね)は板目で、刃文は小乱れ。総体としては山城国(現在の京都府)の作風が強く表れています。現在は「京都国立博物館」(京都府京都市東山区)が所蔵。重要文化財に指定されている名刀です。

太刀 銘(菊紋)菊御作

太刀 銘(菊紋)菊御作

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
(菊紋)菊御作 鎌倉時代 重要文化財 京都国立博物館
  • 「後鳥羽上皇の生涯」をはじめ、皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 「御番鍛冶とは」をはじめ、皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 刀剣にまつわる神事・文化・しきたりなどをご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

日本の剣~神剣・鉄剣~の紹介動画

日本の剣~神剣・鉄剣~

朝香宮鳩彦王「人間国宝高橋貞次 陸軍大将朝香宮鳩彦王殿下注文打」

朝香宮鳩彦王

朝香宮鳩彦王

「朝香宮鳩彦王」(あさかのみややすひこおう)は、1887年(明治20年)に「久邇宮朝彦親王」(くにのみやあさひこしんのう)の第8王子として生まれ、1939年(昭和14年)には陸軍大将になりました。朝香宮初代当主ですが、1947年(昭和22年)にGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の命令により皇籍離脱しています。

GHQからは、第2次世界大戦当時の責任を問われ、戦犯に指定される可能性がありましたが、皇族であったため戦犯指定はされませんでした。

日本刀に対しても造詣の深い朝香宮鳩彦王は、作刀にも参加しています。

1941年(昭和16年)、朝香宮鳩彦王は「水無瀬神宮」(大阪府三島郡)において、刀工の「高橋貞次」(たかはしさだつぐ)と合同で作刀に携わりました。

そのときの作品は、潤っているような美しい梨子地肌に小板目よく詰んだ上品な出来栄え。刃文は金筋、足の入った互の目(ぐのめ)に、細かな小沸(こにえ)が表れて明るく冴えた、華やかな傑作です。

朝香宮鳩彦王と合作した高橋貞次は、1957年(昭和32年)に刀工としては初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されました。「現代刀」を代表する名工です。

また、作刀が行なわれた水無瀬神宮には、前述の後鳥羽上皇も祀られています。

刀 銘 朝香宮鳩彦王殿下賜御親淬之 刀工貞次

刀 銘 朝香宮鳩彦王殿下賜御親淬之 刀工貞次

朝香宮鳩彦王殿下賜御親淬之 刀工貞次 昭和十六年四月八日於
水無瀬神宮 奉献朝香宮鳩彦王殿下 昭和十六年吉日 中央刀剣会近畿支部
時代 鑑定区分 所蔵・伝来
昭和時代 特別保存刀剣 個人蔵

公家が作刀した日本刀

千種有功

「千種有功」(ちぐさありこと/ちくさありこと)は、江戸時代後期の公卿(くぎょう:公家の中でも特に国政を担う職位)であり、和歌のみならず書画にも堪能な歌人でした。公家ながら日本刀を愛好し、収集するだけでなく、自ら作刀しています。

ご紹介する作品は、千種有功とその子「千種有文」(ちぐさありふみ)との合作による脇差です。千種有文もまた父と同じく和歌に優れていたと言われ、父子は武士の精神を和歌に詠んで本脇差の刀身に刻みました。

彫られた和歌は「やきたちは さやにをさめて ますらをの こころますます とくへかりけり」。漢字で表現すると「焼太刀刃 鞘に収めて 益荒男の 心益々 研ぐへかりけり」となり、その意味は「武士たる者は太刀を鞘に収め、内面の心を磨くべきである」と言うことです。

本脇差の鍛えは、板目肌が詰んで地沸(じにえ)付き、地景(ちけい)入り。刃文は、(なかご)に近い元を直刃(すぐは)に焼き、その上は規則的な互の目に、(よう)が入って(におい)主調となり小沸付き、砂流し(すながし)がかかっています。

刀身の状態は良く、彫られた文字のひとつひとつを鮮明に観ることができ、研ぎ減りもほとんどありません。

千種有功の現存する本物は少なく、子の千種有文が残した作品はさらに稀で、父子の合作である本脇差は、貴重な作品と言えます。

なお、茎に銘のある注文主「隆盛」という人物について詳しいことは不明です。姓がなく、名のみ切られていることから、父子にとって親しい間柄であったと推察されています。

脇差(刀身銘)やきたちは さやにをさめて ますらをの こころますます とくへかりけり 正三位有功造并詠 天保十四年 有文彫 為隆盛造之

脇差(刀身銘)やきたちは さやにをさめて ますらをの こころますます
とくへかりけり 正三位有功造并詠 天保十四年 有文彫 為隆盛造之

(刀身銘)やきたちは さやにをさめて ますらをの こころますます とくへかりけり正三位有功造并詠 天保十四年 有文彫 為隆盛造之
時代 鑑定区分 所蔵・伝来
江戸時代後期 保存刀剣 個人蔵

藩主が作刀した日本刀

酒井忠恭

「酒井忠恭」(さかいただずみ)は、江戸時代中期の大名で、江戸幕府9代将軍「徳川家重」に老中首座として仕えました。上野前橋藩(現在の群馬県前橋市)9代藩主でしたが、1749年(寛延2年)に播磨姫路藩(現在の兵庫県南西部)へ転封(てんぽう:所領を別の土地へ移すこと)。そのとき老中の職も辞しています。

転封の直前には、姫路で大旱魃(だいかんばつ)が起こり、生活に困窮した農民による一揆が勃発。酒井家の転封が遅れることとなりました。

さらに、転封後には2度にわたって台風の被害に遭い、一揆と台風によって被害を受けた姫路領では年貢収入も芳しくなく、転封に伴う費用も嵩んだことから、酒井家の財政は悪化したと伝えられています。

そんな姫路への転封後に作刀されたとされる打刀は、大名の慰み打ちとして珍しく貴重な作品です。精緻な装飾の「黒蝋色塗鞘打刀拵」(くろろいろぬりさやうちがたなこしらえ)が付き、酒井忠恭の作品に対する深い思い入れが窺えます。

刀 銘 姫路左小将忠恭弓馬餘興作之(酒井忠恭公慰打)

刀 銘 姫路左小将忠恭弓馬餘興作之(酒井忠恭公慰打)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
姫路左小将忠恭
弓馬餘興作之
(酒井忠恭公
慰打)
江戸時代中期 特別保存刀剣 個人蔵
  • 徳川家重のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 姫路藩をはじめ、江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

徳川斉昭

「烈公」(れっこう)の諡号(しごう:死後に奉じられる名)でも知られる、水戸藩(現在の茨城県水戸市)9代藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)も、慰み打ちを行なった貴人のひとりです。

徳川斉昭は、江戸幕府15代将軍「徳川慶喜」の実父であり、藩政改革を推し進めた一方、「尊王攘夷」(そんのうじょうい:天皇を尊び、外国を排斥しようとする思想)を掲げ、江戸幕府の政治にも積極的に参加しています。

他方、1832~1833年(天保3~4年)頃からは、水戸藩のお抱え刀工達を御相手鍛冶として、自ら作刀を行ないました。

御相手鍛冶を務めたのは、水戸の名高い刀工達で、水戸藩随一と謳われた「市毛徳鄰」(いちげのりちか/とくりん)や、大坂で「尾崎助隆」(おざきすけたか)に学んだのち、江戸で「水心子正秀」(すいしんしまさひで)に師事した名工「直江助政」(なおえすけまさ)、その子「直江助共」(なおえすけとも)などが挙げられます。

徳川斉昭は、作刀を通して「八雲鍛え」(やくもきたえ)と称する独自の鍛刀法を確立。ここでご紹介する作品も、地鉄は八雲鍛えで、綾杉(あやすぎ)風の肌模様が交じる味わいが見事です。

また銘はなく、茎に紋章のみが刻まれています。これは水戸徳川家の家紋であった「葵紋」(あおいもん)をもとにした「葵紋崩」(あおいもんくずし)と呼ばれる意匠です。時計の針のような3本の線が入っていることから、「時計紋」とも言われます。

徳川斉昭は、自身の作品に銘を切ることはなく、この紋章のみを入れました。

刀 銘 葵紋崩(烈公)
刀 銘 葵紋崩(烈公)
葵紋崩
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
70.9
所蔵・伝来
徳川斉昭 →
青木家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 水戸藩をはじめ、江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 徳川慶喜のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川十五代将軍
    初代将軍「徳川家康」から第十五代将軍「徳川慶喜」まで、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍の姿を紐解きます。

天皇・藩主が作刀した日本刀

天皇・藩主が作刀した日本刀をSNSでシェアする

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード
注目ワード