歴史上の人物と日本刀

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

文字サイズ

「明治天皇」は、明治時代を切り開いた近代日本の指導者であり、「大正天皇」はその明治天皇の三男。そして、大正天皇の長男「昭和天皇」は太平洋戦争という大波を乗り越えた人物です。ご紹介する大正天皇は、在位期間が15年ほどであったことから一般的には影の薄い天皇と言われることもあります。しかし、大正天皇も他の皇族に倣い儀式においては、多くの日本刀を授かる機会を持ちました。刀工である11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)は、こうした名誉ある機会を得て皇太子時代の大正天皇に刀を献上。大正天皇と11代目和泉守兼定のこと、そして11代目和泉守兼定が打った「刀 銘 大日本兼定」についてご紹介します。

大正天皇と激動の時代

大正天皇

大正天皇

大正天皇」は、1879年(明治12年)に「明治天皇」と側室「柳原愛子」(やなぎわらなるこ)との間に生まれました。

明治天皇の正室「昭憲皇太后」(しょうけんこうたいごう)との間にも子供がいましたが、皆、体が弱く早世していたため、大正天皇は次代の天皇として育てられることになります。

そんな大正天皇の父・明治天皇は、史上最も偉大な天皇だと謳われるほど真面目で厳格な人物。その当時、皇太子であった大正天皇も、のちに同じ手腕を求められるようになります。

病弱だった幼少時代

大正天皇は、生まれた頃から体が弱く、歩けるようになったのも3歳を過ぎてからでした。8歳になり学習院初等科に上がってからも病気がちで、学校を休むことが多かったと言います。

学習院中等科へ進学したものの、1894年(明治27年)に病弱のため学校を中退。以降は療養と勉学のため、長期的な地方巡啓(じゅんけい:皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃が外出すること)へと向かいます。1900年(明治33年)に福岡県佐賀県長崎県熊本県を行啓(ぎょうけい)しました。

旅の途上、大正天皇は体調を崩すこともありましたが、以前より健康状態は良くなり、何より遅れがちだった学習への意欲も向上。本来、地方巡啓は立ち寄る県の県民総出で歓待するのが常でしたが、あくまで実施学習を目的としていたことから大げさな行事をすべて禁止。

こうした地方巡啓は、詰め込み方式の座学ばかりだった学習方法を忘れ、また皇太子としての重責からも開放される重要な時間でした。

ひょうきんで気さくな人柄

大正天皇は、とても自由奔放でありのままに行動する人物であったと伝わっています。それを示す逸話に、夜にお供のひとりも付けずに公園の散歩をしたことや、身分を隠して店に行き食事をするなどということもありました。

また、フランス語が堪能で、外国語でのコミュニケーション能力も高かったと言います。フランス語は、当時の列強王族や外交官達の共通言語でした。大正天皇は、来日したスペイン公使と長時間に亘り談笑したこともあり、自筆のフランス語による手紙も残されています。

大正天皇の即位から永眠まで

明治天皇

明治天皇

明治天皇が、1912年(明治45年/大正元年)に崩御すると、大正と改元し、大正天皇として即位。

こうして比較的自由な生活を送っていた皇太子時代は終わりを告げ、天皇として一国を背負う身となります。

しかし、明治天皇が持っていた政治手腕や人間としての重厚さ、これらを習得することのないまま天皇の位に就いてしまいました。

さらにこの当時、東ヨーロッパにあたるバルカン半島の情勢は荒れ「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれるほど不安定で、いつ戦争が起きてもおかしくない状況。

日本は、1902年(明治35年)にイギリスと「日英同盟」を結んでいました。このことから戦争が起きれば日本も参戦する可能性が高く、政治手腕に不安の残る天皇のままでは許されなくなっていました。

1914年(大正3年)に起きた「サラエボ事件」(サラエボで起きたオーストリア帝国の皇太子夫妻殺害事件)を契機として、ヨーロッパを中心に「第一次世界大戦」が勃発。この戦争中にドイツやロシアで革命が起き、それぞれの王朝が断絶し、大帝国オーストリアも瓦解。

こうして世界は君主制を脱却する時代へ移ろうとしていました。国内ではこうした流れを受け、天皇を廃する社会主義運動が台頭。時代が求めていた天皇の姿は「気さくで親しみのある天皇」ではなく「誰よりも強い天皇」でした。

大正天皇は、公務による心労や、激務が重なり病にかかります。このことにより1921年(大正10年)に、大正天皇の長男で皇太子の「裕仁親王」(ひろひとしんのう:のちの昭和天皇)が摂政に就任することになりました。この当時、大正天皇はすでに体を動かすことが難しく、言葉なども不明瞭であったと言われています。

1926年(大正15年)の12月25日、静養中の葉山御用邸にて肺炎に伴う心臓麻痺で崩御。臨終の間際には、母・柳原愛子が側におり、大正天皇は実母の手を握ったまま眠りにつきました。

天皇と元号一覧(令和と元号の決め方)
大化から令和までの元号についてご紹介します。

刀 銘 大日本兼定を作った11代目和泉守兼定

本作は、明治時代に作刀した刀剣で、会津藩(現在の福島県)のお抱え刀鍛冶であった11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)が打った日本刀です。

1892年(明治25年)に作刀され、大正天皇に献上されたと伝わる日本刀として、多くの関連資料が残されています。

11代目和泉守兼定とは

作刀した和泉守兼定は、幼名を「友哉」と言い、1837年(天保8年)に会津若松(現在の福島県会津若松市)で誕生。和泉守兼定の生まれた古川家は代々刀鍛冶の家系であり、和泉守兼定も14歳の時分に父について鍛法を学んでいきました。その甲斐あって、御櫓御道具御手入れ見習いとして出仕が決まり、稽古料一人扶持を賜るようになります。

1862年(文久2年)に、会津藩主「松平容保」(まつだいらかたもり)が京都守護職に任命。翌年の1863年(文久3年)に、27歳となっていた和泉守兼定は、主君・松平容保と共に上洛を果たしました。

京都でも作刀の腕を磨き、遂に「和泉守」の官位を受領し、以降、作刀する日本刀には「和泉守兼定」とを刻むようになります。和泉守兼定は、「新選組」の「土方歳三」へ日本刀を打つなど、江戸時代末期まで刀鍛冶として活躍していたのです。

彌彦神社

彌彦神社

時は流れて明治時代を迎える頃、和泉守兼定は新潟県加茂市の志田家に身を寄せて作刀に勤しんでいました。

1876年(明治9年)に施行された「廃刀令」とともに実戦に使用する作刀からは遠ざかっていましたが、「青海神社」(あおみじんじゃ:現在の新潟県加茂市)や「諏訪神社」(現在の新潟県新発田市)、「彌彦神社宝物殿」(現在の新潟県西蒲原郡弥彦村)へ日本刀を奉納します。

新潟県で5年を過ごした1874年(明治7年)に、和泉守兼定は福島県へ帰り、県の判任官御用掛(はんにんかんごようがかり:宮内庁の命を受けた職人)として土木課に勤務。そうしたなかで、1892年(明治25年)6月4日に、当時の皇太子のちの大正天皇に刀剣を1振献上しました。

また、本作には影打(数本打った刀のうち出来の良い物を依頼主に渡し、そのあと手元に残った刀のこと)が1振存在し、その刀は当時の新潟県知事「籠手田安定」(こてだやすさだ)が所持。そののち、前述した彌彦神社へと奉納されました。

刀 銘 大日本兼定について

本作は、和泉守兼定作としては珍しい大峰(鋒/切先の長いもの)で、鍛えは柾目がよく詰み、刃文は尖り心の互の目を連ねた三本杉風。柾目肌や尖り互の目など、「美濃伝」の雰囲気を残した作風です。銘には「大日本兼定」以外、「紀元二千五百五十二年二月日」とも刻まれています。

この銘は、西暦ではなく皇紀2552年のことであり、初代「神武天皇」(じんむてんのう)が即位してから2552年目を示しているのです。

刀 銘 大日本兼定 紀元二千五百五十二年二月日
刀 銘 大日本兼定 紀元二千五百五十二年二月日
大日本兼定
紀元二千五百五十二年二月日
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
69.2
所蔵・伝来
大正天皇 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大...をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作
「紀州徳川家」とは、紀伊国(現在の和歌山県と三重県南部)を治めた徳川家康の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)を祖とする一族です。その家老「三浦将監」(みうらしょうげん)の指料(さしりょう:腰に差す刀剣)が、「刀 銘 和泉守兼定作[金象嵌]二ツ胴 三浦将監所持」。名匠「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が作刀し、1996年(平成8年)に「特別重要刀剣」に指定された名刀です。どうして三浦将監の指料となったのか、その謎に迫ります。

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長
「黒田斉清」(くろだなりきよ)は、「黒田官兵衛」の子孫です。福岡藩(現在の福岡県)黒田家の10代藩主として、江戸時代後期に活躍。黒田家には、黒田官兵衛や「黒田長政」が蒐集した名刀が多数あったことで有名ですが、そのなかの1振、10代藩主・黒田斉清が佩用したという「刀 無銘 真長」が刀剣ワールドの所蔵刀となりました。黒田斉清と刀工「真長」(さねなが)について、詳しくご紹介します。

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真
「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)は、幕末期に「大政奉還」などの大胆な政策を実行した江戸幕府15代将軍です。徳川慶喜が「最後の将軍」であることは知っていても、その人物像までは深く知らない人も多いのではないでしょうか。また徳川慶喜は、「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)が主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)に、実父「徳川斉昭」(とくがわなりあき)と共に登場したことがきっかけとなり、にわかに注目を集める人物。そんな徳川慶喜について、徳川斉昭との関係を軸にして、その人となりをご紹介すると共に、徳川慶喜の愛刀「長巻 銘 備前長船住重真」についても解説します。

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継
「徳川家康」の跡を継ぎ、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」には、5つ上の兄がいたことをご存知でしょうか。武将としての実力は徳川秀忠よりも勝っていたとも言われている兄の名は「結城秀康」(ゆうきひでやす)。戦国武将の期待の星とされていました。では、なぜ弟・徳川秀忠よりも武功のあった結城秀康は将軍になれなかったのでしょうか。徳川家康の子でありながら「結城」姓を名乗っているなど、謎に包まれた徳川家康の次男・結城秀康の生涯を探ると共に、結城秀康に仕えた刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)についてご紹介します。

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広
「鍋島茂紀」(なべしましげのり)とは、江戸時代初期に活躍した佐賀藩(現在の佐賀県)の藩士です。藩主・鍋島家の親類同格で、自治領・武雄(たけお:現在の佐賀県武雄市)の領主をしていました。切れ味が鋭くて有名な、佐賀藩の御用刀工「藤原忠広」(ふじわらただひろ)に薙刀直しの脇差を注文し、愛用した人物。鍋島茂紀の生涯や刀工・藤原忠広が作る刀剣の特徴、化け猫騒動について詳しくご紹介します。

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀
「薙刀 銘 直光」は、江戸時代末期に幕臣によって結成された「京都見廻組」(きょうとみまわりぐみ)を指揮した「岩田通徳」(いわたみちのり)が所持した薙刀です。作刀したのは「細田直光」(ほそだなおみつ)。細田直光は刀鍛冶として優れていましたが、時代に翻弄された結果「贋作の名人」として有名になってしまった人物です。岩田通徳と細田直光の来歴を追っていきながら、薙刀 銘 直光について、詳しくご紹介していきます。

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
「刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之」(かたな めい えんりゅうさいたちばなくにひでこれをきたえる)は、幕末の国学者で尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び、外国を排斥しようとする一派)として活動した「宮和田光胤」(みやわだみつたね)の愛刀とされています。宮和田光胤は、「千葉周作道場」(ちばしゅうさくどうじょう)にて「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の免許皆伝を受けた剣客という顔も持っていました。 本刀の制作者「立花圓龍子国秀」(たちばなえんりゅうしくにひで)は、江戸末期の刀工で「中山一貫斎義弘」(なかやまいっかんさいよしひろ)の門下に入り、上野国(上野国:現在の群馬県)や相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で作刀。「坂本龍馬」もまた、国秀の日本刀を佩刀していたことは有名です。坂本龍馬と千葉周作道場の同門だった尊王攘夷派の剣客・宮和田光胤について述べると共に、国秀作の刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之について解説します。

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武
江戸時代初期の刀工である「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、またの名を「出雲守藤原吉武」(いずものかみふじわらよしたけ)、あるいは「堀川吉武」と言います。「堀川」の姓からも分かる通り、吉武は稀代の名工として名を馳せた「堀川国広」の一門でした。 ご紹介する打刀と脇差は、上級旗本で伊勢山田奉行を務めた「長谷川重章」(はせがわしげあき)が特別注文した逸品です。注文主である長谷川重章と、刀工の出雲大掾藤原吉武は、どのような人物だったのかを解説すると共に、吉武が手掛けた刀剣の魅力に迫ります。

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史
「鬼夜叉」の号を持つ「薙刀 銘 和泉守兼定作」は、美濃国(現在の岐阜県南部)の刀工「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が打った薙刀です。小浜藩藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所持していたと伝えられています。 京極高次は、「蛍大名」という不名誉なあだ名で有名になりましたが、のちに武勲を挙げて汚名を返上しました。その武勲を支えたのが、この鬼夜叉であると言われているのです。京極高次がいかにして汚名をそそいだのか、また、妖しくも美しい鬼夜叉について解説していきます。

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

注目ワード
注目ワード