日本刀鑑賞のポイント

日本刀の映りとは

文字サイズ

日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。
映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の「映り」とは?

地中の働きのひとつ「映り」とは

映り

映り

日本刀を評価する際、大切なポイントのひとつが「映り」。これは、作刀の様々な工程の中で現れる働きのひとつ。

地鉄部分に現れる模様(地中)の一種で、刃文鎬筋の間に淡く白い影のように見える働きを指し、まるで刃文の影が映ったかのようにも見えます。白っぽく見える映りの下で黒っぽく見える物は、「影映り」(かげうつり)と呼ばれてきました。

映りは、古い日本刀ほど鮮明に現れ、映りがある日本刀は折れにくく、良く斬れるとも言われています。日本刀を構成する要素でもあり、その美しさを評価するために欠かせないポイント。

刀匠の技量の高さと鋼の精錬ぶりを表す物としても捉えられていますが、映りが判然としている物、淡くしか確認できない物など、その程度は様々です。

映りの様子から、「乱れ映り」、「棒映り」、「沸映り」、「白気映り」といった言葉が生まれました。

このうち、「まるで息を吹きかけたかのように刀身が白く曇っている」という意味の白気映りは古刀末期の関物などに良く用いられる表現ですが、あまり良い意味ではありません。

乱れ映り

乱れ映り

乱れ映り

乱れ刃の刃文と同様に、映りが乱れている物を乱れ映りと呼びます。

鎌倉時代の初期から中期にかけて、備前刀に良く現れる物で、江戸時代まではごく一部の日本刀で見受けられました。

乱れ映りを再現することはもう叶わないと長年考えられてきましたが、現代の刀匠「河内國平」氏が乱れ映りの再現に成功し、刀剣界の大きなニュースになっています。

棒映り(直ぐ映り)

棒映り(直ぐ映り)

棒映り(直ぐ映り)

刃文が乱れ刃であった場合でも、映りが棒のように真っすぐな状態になっている物を「棒映り」もしくは「直ぐ映り」(すぐうつり)と呼びます。

鎌倉時代末期頃から現れ、室町時代にかけて備前刀を中心に見受けられました。棒映りは備前刀以外にも見受けることがあります。

乱れ映りが、なりをひそめた段階で、「映り」と言えば棒映りを指すようになりました。

地鉄部分に現れる模様「地中」

地中とは

地中

地中

「地中」(じちゅう)は、折り返し鍛錬や焼き入れによって地鉄部分に現れた模様のこと。

焼き入れをする際に、刀身と刃部を分ける目的から、刀身全体に「焼刃土」(やきばつち)を厚く塗り、刃部には薄く塗って変化を持たせる「土置き」を行ないます。

この焼刃土の厚さや量、素材にひそむ微妙な組成(そせい)の偏りから、地鉄に自然に模様が現れるのが地中だと考えられてきました。

地鉄に深みのある美しさを与える地中のひとつが映りですが、こうした見栄えの良い変化を付けること自体が大変難しい技術です。次に、映りも含めて地中の種類について解説します。

「焼刃土」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

地中の種類

地中の種類は、以下の6種類です。

地景(ちけい)
焼き入れの際、物理的変化によって地中に現れる筋状の働き。刃中に現れる金筋、稲妻と同じで、黒光りする(にえ)が線状あるいは鍛え目に沿った模様のように現れる物。光に透かすと木肌状の文様がきらきらと光るように見えますが、折り返し鍛錬の回数が少なくて鍛着面が太い場合は太く力強く、折り返し鍛錬の回数が多くて鍛着面が細い場合は細かく繊細になります。

地景

地景

映り(うつり)
刃文と鎬筋との間に光を反射させて観察すると、淡く白い影のように見える物で、古刀期の備前物や山城物に良く見受けられる特徴。

乱れ映り(影映り)や棒映り、地映りといった違いがあり、時代や生産国によっても現れ方が異なります。

映り

映り

地沸(じにえ)
目に見える鉄粒子のことで、黒光りする荒い粒状の物が地肌に現れた物。刃文に現れる物を「刃沸」(はにえ)、地鉄に現れる物を地沸と呼ぶという区別がありますが、現れる部位が違うだけで同質の物のことです。

地沸

地沸

沸こぼれ(にえこぼれ)
沸が刃線を越えて、飛焼状あるいは湯走状に地中にまで及び、まだらになった物。

刃中が沸ついて焼刃からこぼれ落ちるように沸が豊富な状態の物。

沸こぼれ

沸こぼれ

地斑(じふ)
強弱のある地沸がからみあって、複雑なまだら模様になった物。

地斑

地斑

湯走り(ゆばしり)
刃縁から沸やが地中に流れ込むように連なり、激しく流動的な模様になった物。沸が地に一部だけ濃くついた状態を指します。

湯走り

湯走り

日本刀の価値に影響する「映り」

「映り」が日本刀の魅力をアップさせる

日本刀を作るには、複数の素材を組み合わせつつ、何度も鉄を折りたたみながら鍛える必要があります。こうした鍛造法で作られる日本刀は、鉄という素材をいかに用いるか、刀匠達の感性や力量が試される日本刀でもあるのです。

刀匠達は1振の日本刀を作るために、「鉄がどういった状態にあるのか」、「鉄がどういった性質を持っているのか」など分析を重ねています。その結果が、刀身に現れる肌目であり、働き。これらが日本刀だけに現れる特徴・魅力につながってきました。映りは、日本刀の価値にも大きく影響を与えています。

映りを鑑定するのはなかなか難しく、プロであっても見落とす可能性が高いのです。また、乱れが美しさとして評されることもあり、一概には判断できません。だからこそ、細部へのこだわりが強いコレクターの目には魅力になり、日本刀の価値を左右させる要素になる訳です。

匠によっても「映り」は異なる

名刀と言われる物にはそれぞれの特徴があります。

これは、刀匠達が様々な要素を組み合わせ、個性を出しているから。備前刀の刀匠達が「意識的に映りを出していたのか」、「特定の材料や方法で焼き入れをしていたのか」は分かりませんが、刀匠によって映りにも変化が現れるのです。

映りの形状や濃淡には刀匠によって大きな違いがあり、その日本刀がどの名人の作なのかを判断する鑑定にも活用されてきました。

映りがある日本刀は、一般に折れにくく、良く斬れると言われていると先にご紹介しましたが、刀匠によってその硬さにも違いがあることが知られています。

例えば、新々刀期の有名刀工「大慶直胤」(たいけいなおたね)刀匠の日本刀は、映りが刃と同じく硬い組織になっていて、見た目は美しいものの折れやすく、実用性は低いとされてきました。

実際、幕末に行なわれた堅物試しでは、大慶直胤作の日本刀は実用には耐え難いとの評価が下されていますが、現在では新々刀期の最上作として評価される人気の刀工です。

脇差 銘 直胤(花押)
脇差 銘 直胤(花押)
直胤(花押)
鑑定区分
保存刀剣
刃長
37.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

時代による「映り」の違い

映りは、刀匠達の力量や技を表すだけではありません。映りの働きは時代によっても大きく異なり、それぞれの時代で見られる特徴や形状があるため、日本刀が作られた時代を鑑定する際の評価基準にもなっているのです。

映りが現れるのは、刃文と同じく、焼き入れによって鋼の表面が変化するから。まるで、刃文の影のようにも見えますが、刃文と比較すると微妙な現れ方をするため、良く研がれていなければなりません。光線の取り方でも見え方が違ってくるのです。その違いを見極めると、映りによって日本刀の作られた時代を推定できるようになります。

刃文の影が黒く澄んだ状態になり、まるで地に映ったように見える「乱れ映り」。鎌倉時代の初期から中期にかけての備前刀に良く見られ、江戸時代に入ると、石堂一派の物に時折見受けられる程度で、その後、乱れ映りは姿を消しました。

また、映り鎬から刃境までの間にもやっと現れる「地映り」(じうつり)は、鎌倉末期から吉野朝期にかけての備前刀で良く見られる特徴です。さらに、鎌倉末期の刀工「景光」ごろから現れるのが、直ぐ映りとも言われる棒映り。刃文の焼頭に沿うかたちで、鎺(はばき)元から上部へ向かって地に白く棒状に現れる物です。

棒映りが見られるのは、「左安吉」(さのやすよし)、吉野朝期の高田物、応永頃の備前刀や宇多物など。応永以降には、映りと言えば棒映りという状態になります。

乱れ映りや棒映り以外にも、「白気映りなら室町期の作刀に多い」といった特徴があり、時代を特定するのに役立ってきました。

刀工「景光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

日本刀の映りを現代で再現するのは不可能?

現代の玉鋼では再現不可能

刀身に現れるのは、木目模様だけではありません。作刀の工程の中で、様々な働きが現れ、働きが多い日本刀ほど鋼が良く精錬されており、刀匠の技量の高さを示していると言います。

映りは、そもそも日本刀の強度を高めるために行なう特殊な熱処理のもとで発生する地紋のひとつ。鎌倉から室町にかけては良く見受けられたものの、江戸時代以降は姿を消しています。

この中世以前の作刀方法や原料となる鋼の製法、鍛法などは史料が残られておらず、現代の技術、材料をもってしても、映りを再現することは不可能だと長年考えられてきました。

実際、長年自家製鉄に取り組み、人間国宝(重要無形文化財保持者)となった刀工「天田昭次」氏も、古刀新刀の地鉄には決定的な違いがあると述べています。

古刀期の刀工は、砂鉄を原料にたたら吹きによって製造された「玉鋼」(たまはがね)を主たる原料にしてきました。この鋼の質は、製法の変化からか、鎌倉時代を頂点として、それ以降徐々に低下しはじめます。

様々な分野で専門家が研究を続けてきましたが、貴重な古刀の実物を分析することもできず、鎌倉期の名刀に見られるような映りを再現することができずにいました。ところが、2014年(平成26年)に、こうした定説が覆ることになります。

刀 銘 天田昭次作
刀 銘 天田昭次作
天田昭次作
昭和五十六年
初冬日
鑑定区分
未鑑定
刃長
75.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 「人間国宝」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「新刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「玉鋼の特徴」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

現代によみがえる鎌倉~室町時代の名刀

2014年(平成26年)、公益財団法人日本美術刀剣保存協会主催の「新作名刀展」に出展された「國平河内守國助」(くにひらかわちのかみくにすけ)は、地紋の乱れ映りを完全に再現し、現代の材料では不可能だとされていた古刀の特徴を見事によみがえらせた作でした。

この再現を成功させたのが、奈良県無形文化財保持者であり現代の名工でもある刀匠河内國平氏です。乱れ映りの再現によって河内國平氏は、18年もの長きにわたって該当者のなかった刀剣界の最高賞「正宗賞」(太刀・刀の部門)を受賞しました。

河内國平氏が乱れ映りの再現に成功したのは、受賞刀の地鉄のやわらかさゆえに、武器としての強靭さを出すために焼き入れの方法を変えたからとのこと。刃文を美しく見せようとするアプローチではないところから、映りの再現に成功したのです。河内國平氏の手によって乱れ映りのメカニズムは解明され、現在ではほぼ100%に近い割合で乱れ映りを再現。

これは、河内國平氏が40年の歳月をかけ、鎌倉時代の鍛冶作業を研究した成果です。「正宗や一文字のような名刀に負けない名刀を生み出したい」、「800年前の技を現代によみがえらせたい」という河内國平氏の情熱が実を結んだ結果と言っても過言ではありません。

この乱れ映りの再現に至るまで、河内國平氏は、古代刀剣「七支刀」(しちしとう)[国宝]や藤ノ木古墳出土の日本刀の復元、伊勢神宮第61回・第62回式年遷宮における太刀と鉾(ほこ)の制作などを手掛けています。刀鍛冶としての経験を半世紀近くにわたって積んだことが、この画期的な技術を生み出したとも言えるのです。

刀 銘 國平製之
刀 銘 國平製之
祝 昭和期
當主福老寿
綿谷喜寿刻印
平成十六年
五月三十一日
國平製之
(棟)泉州佐野川徳平家
鑑定区分
未鑑定
刃長
73
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 公益財団法人日本美術刀剣保存協会
    日本刀・甲冑に関連する組織団体「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」をご紹介します。
  • 「刀鍛冶になるには」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

まとめ

この記事では、日本刀を評価するうえでのポイントのひとつである映りを取り上げ、詳しく解説してきました。映りは、刃境と鎬の間に現れる地鉄の働きのこと。

日本刀の美しさを表現する要素であり、古刀ならではの魅力と長年考えられてきました。これは、鎌倉から室町時代にかけて、さらに江戸時代の一部の作にしか映りを見出すことができなかったからです。しかし、2014年(平成26年)現代の名工である河内國平氏が、長年の研究の成果として乱れ映りの再現を成功させました。

これは、刀剣界における画期的な出来事であり、驚きと喜びをもって迎え入れられています。今、映りのメカニズム解明によって乱れ映りを再現した新たな名刀が生み出されている最中で、古刀の魅力もまた新たに発見されつつあると言って良いのです。

日本刀の映りとは

日本刀の映りとはをSNSでシェアする

「日本刀鑑賞のポイント」の記事を読む


日本刀鑑賞ポイント

日本刀鑑賞ポイント
日本刀を鑑賞する際には、いくつかのポイントを知っておくと、より日本刀を楽しむことができます。観るポイントを押さえ、日本刀の美しさを体感しながら鑑賞することで、その深い魅力に気付くことができるのです。ここでは、そんな日本刀の鑑賞ポイントをご紹介します。

日本刀鑑賞ポイント

日本刀の姿

日本刀の姿
日本刀を鑑賞するポイントは、日本刀の美しさを構成している要素をよく観ること。ズバリ、日本刀の「姿」(すがた)・「刃文」(はもん)・「地鉄」(じがね)、そして「茎」(なかご)です。まずは、日本刀の姿に注目。日本刀の姿を作る、「鋒/切先」(きっさき)・「反り」(そり)・「造込み」(つくりこみ)・「長さ」を良く観て全体的にとらえることができれば、作刀された時代や個性を読み取れるようになれます。そこで、日本刀の姿について詳しくご紹介しましょう。

日本刀の姿

日本刀の造り・姿とは

日本刀の造り・姿とは
美術品として刀剣の鑑賞を楽しむときに観どころとなる部分はいくつかありますが、なかでも、作刀された時代を知る有力な手がかりとなるのが「造り」や「姿」です。刀剣は、それぞれの時代によって異なる必要性や要求に合わせて作られているため、その造りや姿の中に時代ごとの社会的特徴が反映されています。つまり、刀剣の造りや姿を知ることは、「日本の歴史そのものを知ることにつながる」と言えるのです。ここでは、刀剣の造りや姿について、詳しくご紹介します。

日本刀の造り・姿とは

反りとは

反りとは
時代背景や流行などによって、日本刀の形状は変化してきました。そのため、様々な形状がある日本刀ですが、多くの日本刀では一定の「反り」(そり)を確認できます。日本刀は、ある意味この独特な「反り」があるからこそ、美しいとも言えるのです。この日本刀の反りには、いったいどのような役割があり、反らせることによってどのような効果があるのか。また、日本刀にある反りの種類や時代による反りの変化について、詳しくご紹介します。

反りとは

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

棟(むね)とは

棟(むね)とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

棟(むね)とは

茎(なかご)とは

茎(なかご)とは
普段は「柄」(つか)に収められている、日本刀のグリップ部分である「茎」(なかご)。茎には、刀工名や制作年月日などの情報が記された「銘」(めい)があるため、日本刀を鑑賞するうえでとても重要な部分です。茎の形状や種類などについて解説していきます。

茎(なかご)とは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

日本刀の地鉄とは

日本刀の地鉄とは
「地鉄」(じがね)の美しさに気付くことは、日本刀を鑑賞する上で、とても重要なポイントです。地鉄とは、「折り返し鍛錬」によって生じた、「鍛え肌」(きたえはだ)・「地肌」(じはだ)の模様のこと。「姿」(すがた)や「刃文」(はもん)とともに、その刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる見どころです。日本刀の地鉄の見方について、詳しくご紹介しましょう。

日本刀の地鉄とは

注目ワード
注目ワード