甲冑の部位

草摺(くさずり)・佩楯(はいだて)・臑当(すねあて)

文字サイズ

戦闘が大規模化・集団化するにつれ、兵の生命・身体を守る甲冑(鎧兜)も進化していきました。
そこで注目されたのが下半身です。室町時代になると歩兵同士による戦闘「歩立戦」(かちだちせん)が一般的になります。機動性を高めるため、甲冑(鎧兜)においても下半身の可動域を広げる試みと同時に、下半身の防御力を高める試みがなされたのです。

草摺(くさずり)とは

草摺とは、甲冑(鎧兜)の胴から吊り下げられた、腰から太ももまでの下半身を覆い、防護するための部品です。通常、胴と同様の素材となる、韋や鉄板などで制作されています。

草摺の枚数は、甲冑(鎧兜)の種類や時代によって変化し、4枚から8枚ほどに分かれているのが一般的。草摺の名前は、裾が草をこすることが由来とされ、「下散」(げさん)や「こしよろい」とも呼ばれました。

大鎧の草摺

大鎧の草摺

大鎧の草摺

大鎧には、「四間草摺」(よんけんくさずり)と呼ばれる前後左右に付けられた計4枚の草摺が附帯。

平安時代から鎌倉時代にかけて使われた大鎧では、騎射戦が中心となっていましたので、装甲が厚く、また裾が広い形の草摺が、防具として最も合理的でした。

この時代に作られていた大鎧の草摺は、小札を連結して作る小札板から構成されています。小札は革製と鉄製を交互にすることで、軽量化と防御性能の維持を図っていました。

胴丸の草摺

銅丸の草摺

銅丸の草摺

歩兵戦が盛んになり始めた頃に登場した胴丸。大鎧はかなり重い装束であり、地上を歩くこと自体ほとんど想定されていないつくりでした。

その一方、胴丸は地上での歩兵戦用に作られた甲冑です。大鎧のような大きく重たい草摺は、歩くのには不向きだったのです。そこで、胴丸の草摺は大きく形状を変化させます。

まず、四間草摺だった物が、「八間草摺」(はちけんくさずり)になりました。これまで4枚で足周りを防護していた物を、8枚に細分化したのです。これにより、機動力が格段に上昇しました。

腹巻の草摺

腹巻

腹巻

胴丸とほぼ同じ時期に作られた腹巻も、胴丸同様、歩兵戦のために作られた鎧でした。腹巻における草摺の枚数は、5~7枚と幅がありますが、大鎧よりも分割されており、動きやすさの面では格段に上でした。

さらに腹巻は、小札を5段重ねる形式の胴丸よりも短く、2~4段で形成されていました。胴丸は切込の数を増やすことで機動性を上げ、腹巻は裾自体を短くして機動性を上げていた、と考えることもできるでしょう。

当世具足の草摺

鉄錆地縦矧五枚胴胸取具足
鉄錆地縦矧五枚胴胸取具足

戦国時代になると歩兵戦はさらに激化し、強度とさらなる軽量化が求められました。

このとき、胴丸や腹巻を下地にした甲冑が進化していきます。

従来は胴からそのまま連結していた草摺ですが、下腹部までを覆う胴部と草摺が完全に分離し、「揺糸」(ゆるぎのいと)を長く取り、より自由度を高めた形で繋がれるようになったのです。

縅毛の処理技術の進化、小札のバリエーションが増えたことなども手伝って、様々な草摺が誕生しました。

特に特徴的なのは、南蛮胴の草摺です。「徳川家康」が所用していたと伝わる「鉄錆地縦矧五枚胴胸取具足」(てつさびじたてはぎごまいどうむなとりぐそく)は、プレート状の鉄板などを縅した物で、横方向への柔軟性がほとんどなく、西洋甲冑のように左右開きになっています。

これまでの草摺が全方向を守れるスカート状になっていたのとは大きな違いが見受けられるのです。

佩楯(はいだて)とは

佩楯とは、太ももと膝を守るための防具で、エプロンのように腰で縛り、左右の太ももを覆うようにして装着するもの。

古墳時代から用いられており、平安時代には「膝鎧」(ひざよろい)と称されていました。形状は、足さばきの良いように左右で2枚に分かれているのが特徴で、胴や袖と同様に、小札を縅して制作されるのが一般的です。

佩楯の歴史

佩楯

佩楯

室町時代末期から戦国時代にかけて合戦が大規模化・激化すると、佩楯の種類も増加し、より高い防御性、柔軟性が求められるようになりました。伊予札ができるまでは縅佩楯が、その後は伊予佩楯と板佩楯が主流になっていきます。

縅佩楯、伊予佩楯、板佩楯は、どれも実用性が非常に高いことが特徴です。鎖佩楯は非常に優秀な防具ではありましたが、制作にかかるコストが大きかったため、あまり採用されることはなかったと言われています。

江戸時代前期は、戦いの少ない時代となり、甲冑自体が作られることは減りました。その後、江戸時代中期になると、甲冑の芸術品としての価値が再発見されます。いわゆる「復古調」の流行です。

復古調では、機能性よりも図柄を意識して甲冑が作られます。佩楯の中でも、特に意匠を凝らしやすい板佩楯と、宝幢佩楯が好んで作られるようになりました。

佩楯の種類

兜や鎧、袖と同様に、小具足である佩楯も基本的には小札を縅して制作する形式が一般的でした。作り方によって幾つかの種類があります。

  1. 伊予佩楯(いよはいだて)

    伊予佩楯

    伊予佩楯

    伊予佩楯は伊予札を使った一般的な佩楯です。伊予札を使うことで軽量化と柔軟性を保っていました。山形県の指定文化財となっている「色々縅伊予佩楯」(いろいろおどしいよはいだて)は、革製で黒塗、伊予札を5段にわたって縅しています。草摺の内側に、直接腰紐を括り付ける形で使用されていました。

  2. 板佩楯(いたはいだて)

    板佩楯

    板佩楯

    伊予佩楯と同様に一般的だったのが、板佩楯です。こちらも、大きな伊予札状の物を使っていますが、伊予佩楯が伊予札を縅して作られたのに対し、小札を縅したあとに漆で塗り固めて、板状にしたという違いがあります。これによって板佩楯は伊予佩楯よりもさらに軽量化することに成功しました。ただし、柔軟性にかけるため、前面にぶら下がっただけの形となっています。

  3. 縅佩楯(おどしはいだて)

    縅佩楯

    縅佩楯

    縅佩楯は、他の甲冑の部位と同じように、小札を縅して作られた佩楯です。動きやすさの観点では伊予佩楯や板佩楯に劣りますが、防御力が高く、芸術的な図柄を出しやすいという特徴があります。当世具足としては位の高い武将が使っていた他、江戸時代の復古調では、より絢爛に見せやすいため、この形式が取られた物も多いようです。

  4. 鎖佩楯(くさりはいだて)

    鎖佩楯

    鎖佩楯

    細かく鎖をつないで作られた佩楯は鎖佩楯と呼ばれます。鎖佩楯の最も優れている点は、高い柔軟性と防御力。鎖をつなぎ合わせているため、守るべき部位にぴったりとフィットします。また、鎖の繋ぎ目で変形するため、非常に動きやすい構造でした。

  5. 宝幢佩楯(ほうどうはいだて)

    宝幢佩楯

    宝幢佩楯

    上半分が伊予佩楯、下半分が3つに分かれた縅佩楯のようになっています。立ち姿では守るべき膝回りに隙間があり、歩兵戦には向いていませんでしたが、馬に乗るときにはこの切れ目が膝の柔軟性を上げる効果がありました。騎馬武者を中心として用いられていた他、復古調の佩楯として多く制作されています。

臑当(すねあて)とは

臑当とは、その名の通り、臑を守るための防具で、膝からくるぶしを覆い、古くは古墳時代から着用されていました。古代は「足纏」(あまき)と称され、平安時代に騎射戦が主な戦法だったことから、当時着用された大鎧の小具足として発達。

以降、時代の変容や戦法の変化によって、臑当も進化していきました。

臑当の種類

筒臑当(つつすねあて)
筒臑当

筒臑当

筒臑当は、鉄板3枚を蝶番でつなぎ合わせた形の臑当です。脛の正面に1枚の金属を配置し、その左右に1枚ずつ金属を蝶番で留めた形をしています。

これを脛に巻き付けるようにして装備し、革紐で繋ぎ留めて使用していました。この形式に類似する臑当は非常に古くからあると考えられ、古墳から出土された武装埴輪において、臑当の存在が確認できます。

篠臑当(しのすねあて)
篠臑当

篠臑当

細い鉄板を横方向に並べ、布に貼り付けて形成する臑当です。

筒臑当りも密着性が高くなりますが、布地が露出している部分は防御性能が低くなるという弱点もあります。

鎖臑当(くさりすねあて)
鎖臑当

鎖臑当

鎖を布に貼り付けて形成する臑当です。篠臑当の弱点である金属の隙間を減らすことはできましたが、当世具足の小具足として使うには制作コストがかかることから、そこまで広く普及したわけではないようです。

臑当の進化

臑当は古墳時代からその存在が確認されています。ただ、日本式甲冑(鎧兜)と古墳時代の甲冑(鎧兜)については、厳密には種類が異なる防具であるという見解も有力。そのため、臑当についても同一系譜上にあるとは言い切れません。

大鎧が中心となっていた時代は、筒臑当が一般的でした。その後、室町時代を経て、臑当のカバー範囲が膝上にまで拡大した「大立挙」(おおたてあげ)が流行します。

大立挙も筒臑当ではありますが、膝までカバーする形に進化したため、後ろ側に金具が届きません。そこで、「臆病金」(おくびょうがね)という細い金属板を当てることになります。臆病金は、敵に背を向けたときに初めて見える金属だったことから、その名が付けられました。

篠臑当や鎖臑当の手法が編み出されたのは、戦国期以降と考えられています。筒臑当よりも柔軟性に優れ、機動性を上げるためです。戦乱の世が終わり、江戸時代中後期になって復古調が流行すると、再びきれいに磨き上げた筒臑当が臑当の中心となりました。

草摺(くさずり)・佩楯(はいだて)・臑当(すねあて)

草摺(くさずり)・佩楯(はいだて)・臑当(すね...をSNSでシェアする

「甲冑の部位」の記事を読む


甲冑の胴

甲冑の胴
甲冑(鎧兜)における胴は、胸から腹の下までの前面と側面、背中をカバーする防具です。その中でも、特に人の胴体を保護するのが、甲冑(鎧兜)の胴。人の胴体には多くの内臓があり、頭や首と同様、優先的に守る必要のある部位です。胴もそれに合わせて、大きく丈夫に作られています。甲冑(鎧兜)の胴の種類や、その姿が時代と共に、どのように変化していったのかをご説明します。

甲冑の胴

甲冑の袖

甲冑の袖
古墳時代に出現した甲冑(鎧兜)は、時代を追うごとに進化し、平安時代から用いられた「大鎧」(おおよろい)でほぼ基本的な部分の完成が見られます。主な部位としては、頭を守る「兜」(かぶと)、身体の中心を守る「胴」、足回りを守る「草摺」(くさずり)、そして戦闘力の要として、腕部分を守る「袖」(そで)です。大鎧には、「小札」(こざね)で作られた「大袖」(おおそで)があり、敵の矢や刃による攻撃に対し、肩から上腕部を保護しました。このように、甲冑(鎧兜)の部位のひとつひとつには、古人の工夫が込められているのです。甲冑(鎧兜)の袖について、その役割や種類、進化の過程を追っていきます。

甲冑の袖

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能
「兜」(かぶと)とは、頭部を守る防具です。「兜」という漢字は人が兜を被っている様子からできています。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変化と共に武将達の威厳や個性を表現する役割も担うようになりました。現代では、端午(たんご)の節句に兜を飾ります。兜を飾る意味は、男の子が病気や事故などにならずに成長してくれることへの願いです。地域によっては誰が買うかも決まりがあります。兜は伝統的な兜飾りから、現代風のおしゃれな兜飾りまで様々です。兜の種類や兜飾りについて、また兜の付属品(立物、面具)及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介しましょう。

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜鉢(かぶとのはち)とは

兜鉢(かぶとのはち)とは
甲冑において、頭部を守るための防具が「兜」です。頭部は言わずと知れた人体の最重要部。そのため、兜は鉄板などの素材を用いて頑強に作られていました。その歴史は古く、日本式甲冑が登場する前からすでに存在。そののち、日本式甲冑と共に独自の進化を遂げていきました。頭部を守る兜の本体である「兜鉢」(かぶとのはち)についてご説明します。

兜鉢(かぶとのはち)とは

陣笠・とんきょ帽

陣笠・とんきょ帽
室町時代末期になると、戦での戦い方が大きく変化しました。騎馬武者同士による一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれた彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。今回は、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

陣笠・とんきょ帽

変わり兜

変わり兜
中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

変わり兜

面頬(面具)とは

面頬(面具)とは
面頬(めんぽお/めんぼお)は、甲冑(鎧兜)に付属した顔面を守るための防具で、最初に登場したのは平安時代後期。そののち、室町時代末期から安土・桃山時代にかけて広く普及したと言われています。 この時代には、機動性と堅固さをかね備えた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場。各戦国武将が趣向を凝らし、百花繚乱の様相を呈した当世具足と同様、面頬(面具)も様々な作品が登場しました。 ここでは、面頬(面具)の基本的な事項についてご説明します。

面頬(面具)とは

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の歴史
面頬(めんぽお/めんぼお)は、日本式甲冑とともに進化・発展を遂げてきました。平安時代になると、それまで用いられていた「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)から「大鎧」(おおよろい)へと進化。これに伴い、小具足のひとつとして、面頬(面具)が誕生したのです。西洋においても顔面を防御する、いわゆる「兜面」(かぶとめん)がありますが、これとは一線を画する日本独自の発展を遂げた防具。ここでは、日本における面頬(面具)の歴史についてご紹介します。

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の種類

面頬(面具)の種類
面頬(めんぽお/めんぼお)に取り外し可能な鼻が付属するようになると、様々な表情が作出されるようになりました。表情のある面頬(面具)は、着用した武者達にとって、仮面の役割も果たし、ときに怒り、ときには笑みを浮かべます。美女や老婆、翁さらには動物、鬼霊、神仏まで。様々な表情の面頬(面具)が制作されるようになりました。こうした表情は、敵を当惑させ、不気味さを感じさせるなど、精神的な揺さぶりをかける役割も果たしていたのです。面頬(面具)に表現された表情についてご説明します。

面頬(面具)の種類