日本刀の基礎を学ぶ

薙刀とは

文字サイズ

「薙刀」(なぎなた)は、平安時代に登場した柄(え)が長い武器のひとつです。歴史文学として知られる「太平記」の中で、最も登場する武器が薙刀です。間合いが広く、斬る以外にも刺突や打撃を与えられることから、南北朝時代には主要武器として広く浸透しました。薙刀の基礎知識をご紹介します。

  • 刀剣・日本刀写真
    薙刀をはじめ、様々な検索方法で、刀剣・日本刀が検索できます。
  • 槍・薙刀写真集
    日本の長柄武器である槍・薙刀を画像にて細部までご覧頂ける写真集です。

薙刀とは

薙刀

薙刀

薙刀」は、相手を「薙ぎ斬る」ことを目的にした武器です。

刃の先が大きく反っているのが特徴で、刃の長さによって「大薙刀」と「小薙刀」に大別されますが、制作年代や使用者の力量によって、その形式が異なります。

鎌倉時代の薙刀
鎌倉時代の薙刀は、(つか)の長さ約4尺(約120cm)、刃の長さ約3尺(約90cm)で総長約7尺(約210cm)と、後世の薙刀と比較して短いのが特徴です。
南北朝時代の大薙刀と小薙刀
南北朝時代に登場する大薙刀は、刃の長さと柄の長さがより長大に発達しました。なかには、柄の長さ約5尺(約150cm)、刃の長さ6尺3寸(約190cm)で総長約1丈1尺3寸(約333cm)の大薙刀も制作されたと言います。

小薙刀では、柄の長さ約3尺(約90cm)、刃の長さ2尺2寸(約82cm)という寸法の薙刀が制作され、それぞれ歩兵の主要武器として使用されました。

室町時代の薙刀
室町時代の薙刀は、柄の長さ9尺(約270cm)、刃の長さ2尺(約60cm)となり、柄の長さに比べて刃が短くなっています。

これは、槍が主要武器として台頭したためと言われており、また長さだけではなく反りも浅いのが特徴です。

薙刀の歴史

薙刀は、「菖蒲造」(しょうぶづくり)と呼ばれる形状の刀身を、長い柄の先に付けたのがはじまりと言われています。なお、当時の造りでは刀身が軽量すぎて威力に欠けたため、鎌倉時代頃から刀身の身幅を広げて、反りを強くした形状に変わりました。

また、重量を増すための工夫として、(むね:刃先と反対側)側に山型の突起を付けた薙刀が制作されるようになります。

薙刀は、南北朝時代の主要武器として流行しますが、戦闘形式が集団戦へと変化した戦国時代になると、味方を誤って斬り付ける事故が発生。そして、薙刀に代わって浸透したのが槍です。槍は、薙刀とは異なる形状の長柄武器で、大きく振り回すのではなく、刺突したり振り下ろしたりして使用します。

槍の登場により衰退した薙刀はそのあと、刀身を大きく整形し直した「薙刀直し」と呼ばれる日本刀へ作り変えられるなどして、長柄武器としての薙刀は合戦上から姿を消しました。

薙刀が再び使用されるようになるのは、江戸時代に入ってからです。武道としての「薙刀術」が確立したことで、全国各地の藩で様々な流派が誕生。また、薙刀術は武家の娘が身に着ける教養のひとつに数えられた他、婦人の護身術としても浸透します。

一方で、こうした経緯から「薙刀は女性が扱う武器のひとつ」という認識が生まれました。

薙刀の種類

薙刀は、その大きさだけではなく形状によって3種類に分けられます。ひとつは「源義経」の愛妾「静御前」にちなんで命名された「静形薙刀」(しずかがたなぎなた)。

ひとつは「木曽義仲」の愛妾「巴御前」にちなんで命名されたと言われる「巴形薙刀」(ともえがたなぎなた)。そして、最後のひとつは九州地方で盛んに用いられた「筑紫薙刀」(つくしなぎなた)です。

源義経のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

静形薙刀

静形薙刀は、「男薙刀」とも呼ばれ、形状や長さに明確な規定がない薙刀です。一般的には反りが浅く、身幅の先が狭い、いわゆる菖蒲造の日本刀に似ているのが特徴。

なお、「静流」(しずかりゅう)と呼ばれる静形薙刀術は、鬼から剣術を習った源義経が、その剣術を薙刀術に応用し、静御前だけに教えたことがはじまりと言われています。

薙刀 銘 和泉守兼定作
薙刀 銘 和泉守兼定作
和泉守兼定作
鑑定区分
重要刀剣
刃長
61
所蔵・伝来
京極高次→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

巴形薙刀

巴形薙刀は、「女薙刀」とも呼ばれ、形状や長さに明確な規定がない薙刀です。一般的には、鋒/切先(きっさき)の方が強く反り、身幅が広がっているのが特徴。

江戸時代に制作された婦人用薙刀の形状であり、巴形薙刀という名称も江戸時代になってから付けられました。なお、巴御前にちなんで名称が付けられたと言われていますが、名称由来に巴御前は関係がないという説も存在します。

薙刀 銘 洛陽住藤原国広造
薙刀 銘 洛陽住藤原国広造
洛陽住
藤原国広造
慶長十六八月日
鑑定区分
重要刀剣
刃長
45
所蔵・伝来
山名豊国→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

筑紫薙刀

筑紫薙刀は、九州地方の大名「大友家」を中心に、筑紫地方で盛んに使用された薙刀です。最大の特徴は、柄に収める(なかご)がないこと。

刀身の棟側に「櫃」(ひつ)という輪状の金具を付け、そこに柄を通すという特殊な構造をしています。

筑紫薙刀 無銘(波平)
筑紫薙刀 無銘(波平)
無銘
鑑定区分
特別貴重刀剣
刃長
47.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

大友家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

著名な薙刀

岩融

「岩融」(いわとおし)は、薙刀の名手として知られる「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)の愛刀。武蔵坊弁慶は源義経に仕え、「衣川の戦い」(ころもがわのたたかい)において、激戦の末に立ったまま絶命した僧として知られています。

生まれたときから歯が揃い、大きな体をしていたという武蔵坊弁慶が扱っていた岩融は、刃の部分だけで3尺5寸(約106cm)もある長大な大薙刀でした。

岩融の制作者は、「天下五剣」のひとつ「三日月宗近」を鍛えた「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)と言われています。三条小鍛冶宗近は、平安時代の名工で狐の精霊と共に鍛えたと言われる「小狐丸」(こぎつねまる)を作刀したことでも有名です。

なお、武蔵坊弁慶は実在しなかったというのが通説ですが、愛媛県今治市にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)には、武蔵坊弁慶が奉納したと言われる大薙刀があり、国の重要文化財にも指定されています。

大薙刀 無銘 伝 武蔵坊弁慶奉納

大薙刀 無銘 伝 武蔵坊弁慶奉納

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
無銘 重要文化財 大山祇神社
  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 刀工「宗近」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 「天下五剣」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「三日月宗近」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

権藤鎮教

「権藤鎮教」(ごんどうしずのり)は、江戸幕府が編纂した名刀リスト「享保名物帳」に記載されている「名物」の薙刀です。福岡藩祖「黒田家」に伝来した名物三作のひとつで、制作者は豊後国高田(現在の大分県豊後高田市)の刀工「平鎮教」(たいらしずのり)。

権藤鎮教の名称由来は2説あり、ひとつは「黒田官兵衛」(黒田孝高)が朝鮮出兵の折に、虎から襲われたときの逸話。黒田官兵衛を助けたのが家臣権藤で、権藤が薙刀で虎を仕留めたことが名称由来となった説。

もうひとつは、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」で西軍に与した延岡城主「高橋元種」(たかはしもとたね)の家臣「権藤平座衛門」の逸話。権藤平座衛門は、主命にしたがって宮崎城を守っていましたが、東軍の攻撃により落城。権藤平座衛門は、落城する寸前まで薙刀で戦い続け、18人の敵兵を斬ったのちに自害したと言われており、この出来事にちなんで権藤という名が付けられた説があります。

  • 黒田官兵衛のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 福岡藩をはじめ、江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 黒田官兵衛のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 関ヶ原の戦い
    「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

薙刀とは

薙刀とはをSNSでシェアする

「日本刀の基礎を学ぶ」の記事を読む


日本刀の基本解説

日本刀の基本解説
日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

日本刀の基本解説

直刀とは

直刀とは
「直刀」(ちょくとう)とは、反りがない刀剣のこと。日本刀の原型と言われる反りの付いた刀剣「湾刀」(わんとう)が作られるより前の、古墳時代から平安時代中期の時代に区分される「上古刀」(じょうことう)で多く制作されていました。直刀がどのように使用され、湾刀へ変わっていったのか、直刀の基礎知識と著名な直刀をご紹介します。

直刀とは

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。

太刀とは

打刀とは

打刀とは
「打刀」とは、一般に「日本刀」と言われる刀剣のこと。江戸時代を舞台にした時代劇では、武士が腰に長い刀剣と短い刀剣の2振を差していますが、長い方の刀剣が打刀です。馬上で使用することを目的とした「太刀」よりも短く軽量であるため、主に徒歩による戦闘で活躍しました。そんな打刀の基礎知識と著名な打刀をご紹介します。

打刀とは

脇差とは

脇差とは
「脇差」(わきざし)とは、一般的な日本刀よりも短い刀剣のこと。江戸時代、武士は腰に2振の日本刀を差していましたが、その短い方が脇差です。打刀が使えなくなった場合の予備の武器として使用された他、武士階級ではない町民も持つことが許されたため、江戸時代には特に多くの名刀が作られました。脇差の基礎知識と共に名刀と称される脇差をご紹介します。

脇差とは

短刀とは

短刀とは
「短刀」とは、日本刀の一種で反りがほとんどない短い刀剣のこと。太刀や打刀と違って、女性や子どもでも扱える護身刀として、古くから重宝されてきました。短刀を制作した刀工のなかには、国宝や重要文化財に指定される作を多く生み出した「短刀の名手」も存在するのです。短刀の基礎知識と共に、優れた短刀を制作した刀工、及び名刀をご紹介します。

短刀とは

長巻とは

長巻とは
「長巻」(ながまき)とは、「薙刀」(なぎなた)とよく似た武器のこと。もとは大太刀を扱いやすくするために発展した武器と言われており、薙刀とはその形状や扱い方が異なります。長巻とはどのような武器だったのか。薙刀との違いと共に、長巻の基本知識をご紹介します。

長巻とは

槍とは

槍とは
「槍」とは、長い柄(え)の先に刀剣を付けた武器のこと。地域を問わず、世界中で使用された武器で、近接戦闘の主力武器として最も活躍したと言われています。日本では、弥生時代頃に槍の前身である「矛」(ほこ)が使用されており、時代の流れと共に様々な形状、用途の槍が発展しました。槍の基本知識と著名な槍をご紹介します。

槍とは

日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

注目ワード
注目ワード