日本刀の基礎・基本学習

日本刀の棟とは

文字サイズ

刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

刀剣の「棟」とは

刀剣は現在、「美術刀剣」として主に鑑賞用に使用されていますが、昔は武器として使用されていました。日本における刀剣は基本的に両刃ではなく、片方にしか刃は付いていないことが特徴。両刃のほうが威力はあるように思われますが、片刃ならではのメリットもありました。

例えば、片刃であれば、お互いが鍔迫り合いの状態となった場合、自分のほうに向いている刃で傷を負うというリスクがないことや、刃の反対側にあたる「」(むね)に手を添えることで、体重をかけて斬り裂くことができます。

棟とは、刀身の背にあたる場所で、刃が付いてない側のこと。別名「峰」(みね)とも呼ばれ、刃が付いてないほうを使って、斬らずに相手へ打撃を与えることを「棟打ち」、「峰打ち」と言い、時代劇などで有名です。

また、棟にちなんだ他の言葉としては、「棟を盗む」という物がありますが、これは「鎬筋」(しのぎすじ)部分の重ね(厚さ)に比べて、棟の重ねを極端に薄くした作りのこと。大和伝の特徴のひとつであり、戦国時代には「長船與三左衛門祐定」(おさふねよさざえもんすけさだ)と「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が棟を盗む造りの名人と言われています。

また、刀剣の刃の形を指す「菖蒲造」(しょうぶづくり)・「冠落造」(かんむりおとしづくり)・「鵜首造」(うのくびづくり)の一部が、この形態。「刀身を軽くすること」、「靱性(じんせい:材料の粘り強さ)と反発力を強化すること」が目的であり、さらに斬り付ける際に刃の通り抜けを円滑にする目的もかねているのです。

刀剣の棟の種類

棟は、その断面の形から4種類に大別され、それぞれ「三つ棟」(真の棟)、「丸棟」(草の棟)、「角棟」、「庵棟[いおりむね]」(行の棟)という名前が付けられています。

その種類から刀剣が作られた時代などを読み取ることもできるため、鑑賞の際の重要なポイント。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

棟の種類

棟の種類

三つ棟(みつむね)

棟が台形になっている棟で、三面あることからその名が付いており、別名は「真の棟」。平安時代以降、庵棟と共に主流となり、古刀期、新刀期を通じて作られました。山城伝相州伝の刀剣または短刀に多く見られます。

三つ棟の断面図

三つ棟の断面図

丸棟(まるむね)

断面が半円の形状をした棟で、別名は「草(そう)の棟」。

九州や北陸の刀剣によく見られます。

丸棟の断面図

丸棟の断面図

角棟(かくむね)

角棟は別名で「平棟」(ひらむね)とも呼ばれ、棟先の筋がなく平らに仕立てられています。

最も古い形式の棟で、上古刀に多い造り。ただし、刀剣に反りが付いてからは、ほとんど見られなくなりました。

角棟の断面図

角棟の断面図

庵棟(いおりむね)

庵棟は、別名で「行(ぎょう)の棟」とも呼ばれる物で大太刀に多く、頂点が鋭角になるようにした形状の棟。

棟の高さのことを庵、山形部分の傾斜が鋭い物を「庵高い」(いおりたかい)、部分の傾斜がゆるい物を「庵低い」(いおりひくい)と言います。

庵棟の断面図

庵棟の断面図

スペーサー画像

棟部の厚さ「重ね」とは

重ねが薄い_重ねが厚い

重ねの厚さ

刀剣を縦に並べた状態にして、棟のほうから見た厚み、つまり刀剣の厚さのことを「重ね」と言います。その厚さを棟で測った場合は「棟重ね」と呼び、「鎬」(しのぎ)で測った場合を「鎬重ね」と呼び、その鎬というのは、鎬造りの刀剣に表れる刀身の側面(刃と棟の間)にある山形に高くなっている筋のことです。

切れ味を良くするために刃の部分は薄く、さらに衝撃を緩和するために、鎬は生まれたと言われています。鎬は刀身の中央に横手筋から棟区(むねまち)まで続いており、これを鎬筋と呼び、鎬筋と棟の間の面を「鎬地」(しのぎじ)と呼ぶのです。ちなみに、現代でも激しく争うことを「しのぎを削る」と言いますが、これは刀剣のしのぎから。「重ねが薄い物は切れ味が良い」というメリットがありますが、「曲がりやすい」といった点がデメリットです。

上身部分の各部名称

上身部分の各部名称

重ねの厚さを確かめる方法

重ねの厚さを見るには、刀剣を真っ直ぐに立て、棟を正面にして鎬の山形が棟の左右に突起する具合などを確かめます。

鞘に収めるには棟の形と重ねの厚さがぴったりの刀身が必要

刀剣は、必ず(さや)に収めておかなければなりません。

刀剣を持ち歩く際、自分も他人も傷付けないようにするためと、刀剣自体を破損しないようにするため。別れていたカップルが元通りになることを「元の鞘に収まる」と言いますが、それだけ刀剣と鞘は切っても切れない関係であり、棟の形と重ねの厚さが合わなければ、刀身を鞘に収めることはできません。

重ねの厚さと身幅の差について

身幅」とは、一般的に棟から刃先までの幅のこと。ただし、この幅の基準には複数の説があり、主に研究者や鑑定者などが基準としている「身幅には棟を含まない」という場合と、実際に刀剣を制作する方の観点から「身幅には棟を含む」場合があります。

これは、身幅に棟を含めておかなければ、鞘に収まらない物を作ってしまう危険があるという実用的な理由によるものです。

大和伝系の刀剣は、鎬が高いだけでなく身幅も広く、相州伝系や備前伝系は比較的鎬が低く身幅が広い物が多いという特色。

そして、の身幅と重ねのことをそれぞれ「元幅」(もとはば)、「元重ね」(もとかさね)と呼び、同じように先端部分の身幅と重ねを「先幅」(さきはば)、「先重ね」(さきかさね)と呼んでいます。重ねはもとのほうでおよそ7mm、先のほうでおよそ5mmが一般的です。

「重ね」の厚さ「身幅」の差

「重ね」の厚さ「身幅」の差

時代によって変化する身幅と重ねの関係

先幅と元幅の差が大きいことを「踏ん張りがある」という言い方をしますが、この形状の物は鋒/切先が小さくなり、優美な印象のある姿になるのが特徴。

これは、足元が幅広く頭に行くにつれて幅が狭くなる様子が、人間が足を踏ん張って立っている姿を連想させることに由来しています。踏ん張りのある部分は、刀剣を研磨するときなどに破損することが多いため、踏ん張りがある刀剣はそれだけ刀剣が作られたときからの保存状態が良いという証です。

こうした踏ん張りがある姿の刀剣は、平安時代まで多く見られましたが、鎌倉・南北朝時代には、先幅と元幅の差が小さくなっていくようになりました。また、身幅の変化を考えるときには、重ねとの関係にも注目してみると、より詳細に刀剣が作られた時代が見えてきます。

棟の形と重ねの厚さなどのバランスで美しさや使用感が変わる

このように、「鎬の高さ」、身幅、「棟の形」、重ねの厚さのバランスが、刀剣全体の印象や美しさだけでなく、実際に使用する場合の使用感にも大きく影響するのです。

「峰打ち」は実際に使われていたのか

峰打ち

峰打ち

「峰打ち」は、刀身の刃がない背の部分で打つことを言い、刀剣で相手を殺さずに退治すること。

テレビの時代劇やコントなどで、敵を切り付けたと思ったら、「安心いたせ、峰打ちじゃ。死にゃあせん!」と言って、相手を殺さずに倒すシーンを見たことがあると思います。

ここで言う峰打ちとは、抜刀したあと、敵を骨折させたり致命傷を与えたりしないよう、刀剣の刃を上に返して反りを逆さにし、棟のほうを下にして振り下ろす技のこと。なお、鎬のある刀剣の側面で叩くことは「平打ち」と言います。

実際に峰打ちが使用されたケースはあまりない

しかし、この峰打ち、実際にはあり得ないことで、侍は敵を殺さずに殴り付けるような場合は抜刀しません。なぜなら、侍が抜刀すれば、必ず敵を倒してとどめを刺すことを意味していたからです。もし殴るだけであれば、刀剣を鞘ごと帯から抜き取って、鞘の部分で撃てば良いこと。

元来、刀剣は峰で打つようには作られていないため、峰で硬い物を打ってしまうと、刃が折れる危険があり、そもそも峰打ちはなかったという考え方もありました。歴史上の文献で、実際に峰打ちが使用されたとされるケースとしては、以下のような例があります。

後愚昧記(ごぐまいき)
1383年(弘和3年)、「三条厳子」(さんじょうたかこ)が出産後宮中に戻るのに1ヵ月以上もかかったことについて、浮気ではないかと疑った「後円融天皇」。

本当に自分の子どもなのかと疑った後円融天皇は、三条厳子を背中から峰打ちで殴打、命の危険にさらされてしまい、三条厳子は結局、実家に戻りました。

小田原北条記
1554年(天文23年)3月3日に起きた加島合戦において、「原美濃守平虎胤」(はらみののかみたいらとらたね)が騎乗している状態で、近藤右馬丞の兜と首の骨を2、3度、峰打ちにて殴打。

右馬丞は馬から落ちたため、美濃守の味方がとどめを刺そうとしたが、美濃守が「甲州にいたときに目をかけていた者なので、命は助けてやって欲しい」と制止し、相手方の所に引き連れたと記述されています。

本朝武芸小伝
天道流の達人である「日夏弥助繁高」(ひなつやすけしげたか)が1716年(享保元年)に刊行した、最古の日本武芸列伝に関する書物。17世紀前半頃と推定されますが、剣豪「宮本武蔵」が小笠原信濃守邸にやって来る前、そこで料理人を務めていた男が仲間内で「宮本武蔵に勝ったら賞金がもらえる」という賭けをしました。

そこで騙し討ちをしたところ、宮本武蔵に刀の(こじり)で胸板を突かれて反撃を食らうことに。その料理人は倒れたあと、さらに起き上がろうとしたところを峰打ちで右腕を4、5回打たれました。そのあと、その料理人は腕が治らないまま、結局二度と調理ができなくなり、笑い者になったと記されています。

撃剣叢談(げっけんそうだん)
著者は備前国岡山藩士の「三上元龍」で、1843年(天保14年)刊行。様々な剣術に関する記録がなされている書物です。18世紀末頃、神道無念流の剣豪である「戸ヶ崎熊太郎」は、四谷で有名な剣術の師との勝負に勝利。その帰る途中、負けっぷりを悔しがった剣術の師が戸ヶ崎熊太郎を走って追いかけ、斬りかかります。

しかし戸ヶ崎熊太郎は最終的に峰打ちで再び相手を倒し、そのまま帰ったのでした。

「峰打ち」は安全ではない

もし刀身を返して峰の部分を相手に向けると、殺意がないことが気付かれてしまい、逆に斬られてしまうリスクがあります。

また、通常とは逆の持ち方になるため重心がずれて使いこなせないという面も。通常の刀剣と比較して刃と峰を逆にした構造である「逆刃刀」を使いこなす武士であれば、峰打ちができた可能性があります。ただし、この逆刃刀はマンガ「るろうに剣心」で生み出された架空の物です。

時代劇では、視聴者が峰打ちとはっきり分かるように、抜刀して刀身を逆さに持ち直して峰で打っていますが、本来は「普通に斬り付けようとして相手の体に届く寸前に刃を返す」のが正しい方法。つまり、峰打ちは実際に打つことではなく、相手に「自分が斬られた」と思い込ませて意識を失わせることが目的です。

しかし、刀剣はかなり重いため、実際に打ってしまうと力の入れ具合によっては骨折させてしまったり、最悪の場合は致命傷になってしまったりする危険性もあり、本来あるべき峰打ちの真意から外れてしまいます。したがって、峰打ちは実際には使用されたケースはあまりなく、行なったとしても安全なものではありません。

まとめ

今回は刀剣の部位のひとつである棟について、その意味と種類、またドラマなどでよく知られている峰打ちについて説明しました。刀剣は鎬の高さ、身幅、棟の形、重ねの厚さのバランスが見た目の良さだけでなく、実用性にも影響を与えているのです。

棟の形や身幅と重ねの関係性にも着目してみると、どの時代の物なのかという推測もできるようになるので、そのあたりもポイントとして鑑賞してみましょう。

日本刀の棟とは

日本刀の棟とはをSNSでシェアする

「日本刀の基礎・基本学習」の記事を読む


日本刀の部位名称

日本刀の部位名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の部位名称

日本刀の帽子とは

日本刀の帽子とは
日本刀の「刃文」とは、「焼き入れ」(やきいれ)によって付けられた焼刃の形状のこと。それは、日本刀の魅力と言えることであり、ひとつとして同じ紋様はありません。「帽子」(ぼうし)は、日本刀の鋒/切先(きっさき)に現れる刃文で、刀工の個性が顕著に見られることでも知られています。日本刀の鑑定をするうえでも、特に重要と言われるのが鋒/切先です。そこに描かれる帽子とはどのような物なのか、基礎的な情報と共に、種類や刀工にとっての帽子の存在について、解説していきます。

日本刀の帽子とは

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

日本刀の刃とは

日本刀の刃とは
日本刀は「世界一切れる」と称される刀剣類です。では、その切れ味を表す日本刀の「刃」(は/やいば)とは明確に言うと何のことなのでしょうか。ここでは刃の意味や、良い切れ味を出す刃のための作刀技術、刃に付けられる模様「刃文」についてご紹介しています。

日本刀の刃とは

日本刀の映りとは

日本刀の映りとは
日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の映りとは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

樋の種類

樋の種類
「樋」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られる細長い溝のこと。刀身に樋を施すことを「掻く」あるいは「突く」と言い、樋がある日本刀は見栄えが良いため、樋が掻かれた日本刀の方が好きという刀剣ファンも多いです。しかし、なぜ日本刀に樋が掻かれているのかまでは知られていません。樋の役割と共にどのような種類があるのかをご紹介します。

樋の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類
「刀身彫刻」は、刀工達が時間をかけて作刀した日本刀を、より魅力的な作品へと仕上げるための工程です。日本刀の美しさを損なわないように、強度を保ったまま、吉祥を授かるよう、神仏や聖獣などを題材にします。そこには、制作者や所持者の守護を願う気持ちが込められているのです。そうした刀身彫刻について紐解いていきましょう。

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際
刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、刀の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

刀身彫刻の実際