日本刀の基礎を学ぶ

短刀とは

文字サイズ

「短刀」とは、日本刀の一種で反りがほとんどない短い刀剣のこと。太刀や打刀と違って、女性や子どもでも扱える護身刀として、古くから重宝されてきました。短刀を制作した刀工のなかには、国宝や重要文化財に指定される作を多く生み出した「短刀の名手」も存在するのです。短刀の基礎知識と共に、優れた短刀を制作した刀工、及び名刀をご紹介します。

短刀の特徴

「短刀」(たんとう)とは、刀身の長さが1尺(約30㎝)以下の日本刀のこと。

短刀という呼び方は、比較的最近になって付けられました。古くは、武士が刃を上向きにして腰に差していたことから「腰刀」(こしがたな)、または刃長が長い太刀などに対して短い刀剣を「かたな」と呼んでいたと言います。

短刀は、その大きさから「脇差」(わきざし:1尺[約30㎝]以上2尺[約60cm]未満の刀剣)と間違われることがありますが、(こしらえ)に(つば)が付いていれば脇差、鍔が付いていない「合口拵/匕首拵」(あいくちごしらえ)であれば短刀と見分けることが可能です。

短刀の拵と脇差の拵

短刀の拵と脇差の拵

短刀の使用用途

短刀は、力が弱い女性や子どもでも扱えるため、主に護身用の武器として利用されました。現代まで残る護身用の短刀で著名なのは、「平野藤四郎」(ひらのとうしろう)と呼ばれる御物(ぎょぶつ:皇室の私有品)の短刀。

平野藤四郎は、刀工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)が制作した短刀で、皇后陛下の枕刀(まくらがたな:枕元に置く護身用の刀剣)として知られています。

平野藤四郎

平野藤四郎

また、短刀は病魔や災厄から所有者を守るための「お守り」として利用されました。

天皇家・宮家では、生まれた子に打ち卸し(新作)の短刀を贈る「賜剣の儀」(しけんのぎ)が行なわれます。

和装の結婚式では、花嫁が帯に「懐剣」(かいけん)と呼ばれる短刀を差しますが、これは武家の娘が護身用の懐剣を所持していた頃の名残です。懐剣には、魔を退けるお守りとしての意味があったため、現代でも花嫁衣裳の必需品として使用されています。

短刀の種類

懐剣
懐剣・懐刀

懐剣・懐刀

懐剣とは、「隠剣」、「懐刀」(ふところがたな)とも呼ばれる、脇差を佩用できないときに懐に隠し持つ短刀のこと。

刀剣鑑定家「本阿弥家」(ほんあみけ)では、4寸(約12cm)から5寸(約15cm)までの長さの短刀を懐剣として折紙に記載していました。「刀子」(とうす:切削するための工具の一種)や「小柄小刀」(こづかこがたな:日本刀に付属する小さい刀)などの小型の刀剣も懐剣に分類されます。

懐剣は、懐に入れやすいように拵の装飾を極力省くのが一般的です。拵の主な特徴として、柄(つか)に組紐を巻かないことや鍔は付けないことなど、懐に入れやすいように工夫されました。

鎧通し
鎧通し

鎧通し

鎧通し」(よろいどおし)とは、「馬手差し」(めてざし)とも呼ばれる、甲冑を着用した相手と対峙する際に用いられた短刀の一種。

右手で逆手に持って使用するため、刃長は9寸5分(約28.8㎝)以下、つまり肘までの長さになるのが一般的です。また、城を攻める際は石垣の間に差して足場に利用しました。

なお、鎧通しは相手と組み合ったときに相手に奪われる恐れがあったため、腰に差す際は通常の刀剣と違ってが後ろ、(こじり:[さや]の先端部)が前に来るように身に着けたと言います。

寸延短刀
寸延短刀

寸延短刀

寸延短刀」(すんのびたんとう)とは、長さ1尺(約30cm)以上の短刀のこと。

現在の登録制度では脇差に分類されますが、短刀用途として制作されたため、短刀の一種と見なされています。

寸延短刀は、鎌倉時代末期以降に盛んに制作されました。著名な刀工が制作した寸延短刀は、のちに多くの刀工が写し(もととなる作品を忠実に再現した作)を作っており、なかには本科(ほんか:写しのもととなった作)が戦争などによって失われた結果、写しが貴重な資料となった例もあります。

短刀の名手と呼ばれた刀工達

粟田口吉光

粟田口吉光は、「藤四郎吉光」(とうしろうよしみつ)とも呼ばれる、鎌倉時代中期に山城国(現在の京都府南半部)で活躍した刀工集団「粟田口派」(あわたぐちは)の刀工。

代表作のひとつである短刀「薬研藤四郎」(やげんとうしろう)が、切腹をしようとした「徳川家康」の切腹を阻止したという逸話から「所有者の身を守る刀剣」という認識が広まり、徳川将軍家や諸大名に重宝されるようになりました。

なお、吉光の作は「馬手差しの典型例」と言われており、現存する短刀の多くが国宝重要文化財に指定されています。

薬研藤四郎

薬研藤四郎

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 刀工「吉光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。


新藤五国光

「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)は、「来国光」(らいくにみつ)の通称で知られる鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて山城国で活躍した刀工。国光は「鎌倉鍛冶の祖」であり、刀工一派「来派」(らいは)を代表する名工です。

また、「五箇伝」(ごかでん:名工や刀工集団を輩出した5つの生産地における伝法)のひとつ「相州伝」を創始した人物としても有名で、制作した作品の多くが国宝や重要文化財に指定されています。

短刀 銘 国光(新藤五)
短刀 銘 国光(新藤五)
国光
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
23.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「来国光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 五箇伝に関する基礎知識をご紹介します。

正宗

正宗」は、「五郎入道正宗」とも呼ばれ、鎌倉時代末期から南北朝時代初期に相模国(現在の神奈川県)で活動した刀工。新藤五国光が創始した相州伝を確立したことで知られています。

徳川家康や「織田信長」など、著名な武将から愛好されたため武士の間でも人気がありましたが、作のほとんどが無銘であったことから、多数の偽作が出回りました。

日向正宗

日向正宗

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 刀工「正宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。


来国俊

来国俊」(らいくにとし)は、鎌倉時代後期に山城国で活動した刀工一派・来派を代表する刀工。銘に「来」を切った最初の刀工であり、在銘作で文化財に指定されている作数は来派の中でも最多です。

なお、来国俊が切った銘には「二字国俊」と呼ばれる「国俊」の二字銘と、「来国俊」の三字銘の2種類が存在。そのため、同一人物か別人かという議論が長年行なわれており、現在は銘の切り方や作風の違いなどから別人説が有力です。

同一人物説の場合は、二字国俊を前期、来国俊を後期と見なすのが通説となっています。

短刀 銘 来国俊
短刀 銘 来国俊
来国俊
鑑定区分
重要刀剣
刃長
24.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「来国俊」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

著名な短刀

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)

「短刀 銘 来国光」(名物 有楽来国光)は、来国光が制作した短刀。

三英傑のひとり織田信長の末弟「織田有楽斎(織田長益)」(おだうらくさい[おだながます])が、「豊臣秀吉」の 三男「豊臣秀頼」から拝領した由緒ある名刀です。

刀身の長さは9寸1分5厘(約27.7㎝)。差表(さしおもて:日本刀を腰に差した際、外側に来る側面)に素剣(すけん/そけん:不動明王の化身である剣)の掻き流し(かきながし:[なかご:柄に収める部位]の途中まで彫物が施されていること)が彫刻されているのが特徴で、「享保名物帳」には五千貫(現在の価格で約3.7億円)と記載された逸品です。

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
来国光
鑑定区分
国宝
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀頼 →
織田有楽斎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀頼のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田有楽斎(織田長益)のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

短刀 銘 備州長船住長義

「短刀 銘 備州長船住長義」(名物 大坂長義)は、南北朝時代に備前国(現在の岡山県東部)で活動した刀工「長船長義」(おさふねながよし/ちょうぎ)が制作した短刀。本短刀は、豊臣秀吉の愛刀で、のちに豊臣家家臣「前田利家」が大坂城(大阪城)で拝領し、以後加賀藩前田家に伝来した由緒ある名刀です。

制作者である長船長義は、備前国で栄えた刀工一派「長船派」を代表する「長船四天王」のひとりで、「日本刀中興の祖」と称される刀工・正宗の10人の高弟「正宗十哲」(まさむねじってつ)にも名を連ねます。

長義の特徴は、「匂い本位」の杢目鍛え(もくめぎたえ)という備前伝ではなく、「荒沸本位」(あらにえほんい)の板目鍛え(いためぎたえ)という相州伝を主体とした作風となっている点。本短刀は、長義の特徴が如実に表れた1振となっています。

短刀  銘  備州長船住長義
短刀 銘 備州長船住長義
表:備州長船
住長義
裏:正平十五年
五月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「長義」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 前田利家のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 前田利家のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

  • 前田家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

  • 刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。


短刀 銘 光包 延慶二年二月日

「短刀 銘 光包 延慶二年二月日」は、「中堂来」(ちゅうどうらい)とも呼ばれる、鎌倉時代後期に備前国で活動した来派の刀工「光包」(みつかね)が制作した短刀。

制作者である光包は、来派を代表する名工です。通称の「中堂来」は、「比叡山延暦寺」の「根本中堂」(こんぽんちゅうどう)で刀剣を鍛えたことが名称の由来となっています。

本短刀は、差表に不動明王の種子/種字(しゅじ:梵字のこと)と素剣、差裏に不動明王の種子と護摩箸(ごまばし:密教道具のひとつで、護摩を焚く際に使用される鉄製の箸)が彫刻されているのが特徴です。

短刀  銘  光包  延慶二年二月日
短刀 銘 光包 延慶二年二月日
光包
延慶二年二月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「光包」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 旅探では比叡山延暦寺をはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)

「短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)」は、「桑山當麻」(くわやまたいま)とも呼ばれる、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて大和国北葛城郡当麻(現在の奈良県葛城市當麻)で活動した刀工一派「当麻派」(たいまは/たえまは)が制作した短刀。

大和国「御所藩」(ごせはん:現在の奈良県御所市御所)の初代藩主である「桑山元晴」(くわやまもとはる)が、江州大津(現在の滋賀県大津市)で買い求め、のちに「徳川御三家」の紀州徳川家や尾張徳川家などを渡り歩いた名刀です。

制作者である当麻派は、大和国で栄えた5つの刀工集団「大和五派」(やまとごは:千手院派[せんじゅいんは]、当麻派、尻懸派[しっかけは]、手搔派[てがいは]、保昌派[ほうしょうは])のひとつで、「當麻寺」(当麻寺)に所属して僧兵のための刀剣を制作していたことから当麻の名が付いたと言われています。享保名物帳には、当麻派の刀剣が2振記載されていますが、本短刀はそのうちの1振です。

短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
短刀 無銘 名物上部当麻(當麻)
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
25.3
所蔵・伝来
桑山元晴→
徳川将軍家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 旅探では當麻寺をはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

刀剣・日本刀写真/画像刀剣・日本刀写真/画像
「刀剣の種類から検索」で刀剣ワールド所蔵の短刀がご覧頂けます。

短刀とは

短刀とはをSNSでシェアする

「日本刀の基礎を学ぶ」の記事を読む


日本刀の基本解説

日本刀の基本解説
日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

日本刀の基本解説

日本刀の種類

日本刀の種類
「日本刀」とは、広義の意味としては日本国内で作られた刀剣類の総称です。狭義の意味は「鎬[しのぎ]があり、反りを持った湾刀」であり、これが作られるようになったのは、平安時代中頃と言われています。

日本刀の種類

直刀とは

直刀とは
「直刀」(ちょくとう)とは、反りがない刀剣のこと。日本刀の原型と言われる反りの付いた刀剣「湾刀」(わんとう)が作られるより前の、古墳時代から平安時代中期の時代に区分される「上古刀」(じょうことう)で多く制作されていました。直刀がどのように使用され、湾刀へ変わっていったのか、直刀の基礎知識と著名な直刀をご紹介します。

直刀とは

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。

太刀とは

打刀とは

打刀とは
「打刀」とは、一般に「日本刀」と言われる刀剣のこと。江戸時代を舞台にした時代劇では、武士が腰に長い刀剣と短い刀剣の2振を差していますが、長い方の刀剣が打刀です。馬上で使用することを目的とした「太刀」よりも短く軽量であるため、主に徒歩による戦闘で活躍しました。そんな打刀の基礎知識と著名な打刀をご紹介します。

打刀とは

脇差とは

脇差とは
「脇差」(わきざし)とは、一般的な日本刀よりも短い刀剣のこと。江戸時代、武士は腰に2振の日本刀を差していましたが、その短い方が脇差です。打刀が使えなくなった場合の予備の武器として使用された他、武士階級ではない町民も持つことが許されたため、江戸時代には特に多くの名刀が作られました。脇差の基礎知識と共に名刀と称される脇差をご紹介します。

脇差とは

日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

日本刀と伝統美術

日本刀と伝統美術
「欲しい!」と思っても、大変高価であるため、手が届かないのが「日本刀」。それもそのはず、日本刀は元来身分が高い天皇・貴族・士族の持ち物です。なかでも「名刀」は、偉大な人物からのご褒美、あるいは家宝、贈答品として、大切に受け継がれてきました。しかし、1945年(昭和20年)に日本は第二次世界大戦で敗戦。GHQの方針により、多くの日本刀が処分されることになったのです。のちに「日本刀は武器ではなく美術品」だという主張が認められ、誰でも所有できるようになりました。日本刀は先人達の努力の賜物であり、それを受け継ぐことはとても光栄なことなのです。

日本刀と伝統美術

日本刀を鑑賞する・所有する

日本刀を鑑賞する・所有する
刀剣を擬人化したオンラインゲームが大ヒットし、「日本刀」に興味を持つ人が年々急増しています。そこで、もっと日本刀の知識を深めてもらうために、おすすめのスポットや、鑑賞ポイントをご紹介。また、購入する際の注意点や手入れ方法などについても、詳しく取り上げました。

日本刀を鑑賞する・所有する

注目ワード
注目ワード