日本刀の基本

鋒(切先)とは

文字サイズ

刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。
鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

刀剣の「鋒/切先」とは

「鋒/切先」の役割

ふくら・横手・三つ頭・鎬筋

ふくら・横手・三つ頭・鎬筋

「鋒」は「切先」とも書かれ、この部位は、刀身の先端部分にあたります。具体的には、「鎬筋」(しのぎすじ)と刃から棟に引かれた「横手」(よこて)が交わる、「三つ頭」(みつがしら)より上の部分。

刀剣の美しさが一番際立ち、敵を直接斬ったり、刺したりする部位でもあります。鋒/切先の仕上がりが、その刀剣の美と威力を左右すると言っても過言ではありません。

刀匠達は、この鋒/切先がさらに強固で切れ味の良い物になるように、合戦が繰り返されるたびに、改良を重ねていったのです。そのため、各時代の戦闘におけるニーズに伴って、形態が徐々に変化しているのも特徴と言えます。

さらに、鋒/切先は美術的な観点において非常に重要な部分であると認識されて、どれだけ他の部分が美しく仕上がっていたとしても、鋒/切先の形状が良くないと、刀剣全体の評価を落としてしまうと言われるほどです。これは、刀剣の鑑定者である「本阿弥光遜」(ほんあみこうそん)なども説いています。

刀剣には様々な部位があり、刃先をはじめとして鎬筋や、棟角、棟筋など、そして中心尻などのどの部分から眺めていても、最終的にはすべて鋒/切先の頂点である先端につながっているのです。特に、刀剣鑑定や鑑賞を行なう際には、刀剣を垂直に立てて鑑賞を進めるため、最終的には自然と鋒/切先へとつながっていくので、ある意味、一番の「華」であるとも言えるでしょう。

鋒/切先が詰まったような形状は、美術品として刀剣を鑑賞した場合に、評価が低くなることがあります。もちろん、刀剣を武器としてみた場合は十分な実用性があるのですが、現代においては武器ではなく美術品としての要素が重要視されているため、鋒/切先は非常に重要な鑑賞ポイントとなるのです。

刀剣の鋒/切先の構造

刀剣の鋒/切先と一言で言っても、この中でもいくつかの部位に分類することができます。ここでは、それぞれの部位とその意味について、詳しくご紹介します。

鋒/切先のふくら

ふくら

ふくら

ふくら」とは、横手から鋒/切先の先端にかけてある曲線状の刃先部のことを言います。

現代においては、しっかりとしたふくらみがある形状が美しいとされており、刃こぼれなどによって研いだ際に、研ぎ方が悪く、ふくらみが落ちてくると美しくないと評価されやすい傾向。

丸みがあることを「ふくら付く」、「ふくら張る」、逆に丸みがなく鋭くなることを「ふくら枯れる」と表現するのです。

鋒/切先の帽子

帽子

帽子

帽子」(ぼうし)は、鋒/切先全体のことを指すケースもあります。しかし、細かく分類すると鋒/切先には刃文があり、鋒/切先の刃文のことを帽子と呼ぶのです。

刀工や流派によって、特徴的な形状になっている物も多く、帽子を観ることで、どの刀工や流派が打った物なのか推察できることもあります。

鋒/切先の形と帽子の部分は、時代によって異なる戦闘様式や流行によって変化。難しい技術が必要な箇所で、刀匠の個性が最も表現される部位なのです。

刀剣鑑賞をする際には、ぜひ注目してみましょう。

刀剣の鋒/切先の形状と種類

鋒/切先は長さや形によって、以下の5種類に分けられます。この鋒/切先を観るだけで、ある程度、作刀された時代を判定することが可能です。

鋒/切先の種類

鋒/切先の種類

かます鋒/かます切先(かますきっさき)
長さ:2~3cm。ふくら枯れる。平安~鎌倉時代。日本における初期型の刀剣に多い形状です。文字通り、カマスの口のような形状をしていることから、この名前が付けられました。
小鋒/小切先(こきっさき)
長さ:2~3cm。ふくら付く。平安~鎌倉時代。文字通り小型の鋒/切先です。

古刀」(ことう)と呼ばれるような古い時代の刀剣に多い傾向。

「古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

猪首鋒/猪首切先(いくびきっさき)
長さ:3~4cm。鎌倉時代中期。身幅(みはば)が広い太刀(たち)に中鋒/中切先(ちゅうきっさき)でふくら付いてイノシシの首のように詰まった感じに見えることから、この名前が付けられました。
中鋒/中切先(ちゅうきっさき)
長さ:3~4cm。ふくら付く。鎌倉時代中期~鎌倉時代後期。または室町時代、江戸時代。

古刀や「新刀」を問わず、様々な時代の刀剣に多く採用。中型の鋒/切先であり、現存している刀剣の中でも、最も多い形状。

「古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

大鋒/大切先(おおきっさき)
長さ:5cm超。ふくら付く。南北朝時代。または室町時代、江戸時代。大型の鋒/切先。特に南北朝時代においては、馬上戦を想定した太刀や大太刀が流行。そのようなタイプの刀剣には、このような鋒/切先が採用されていることが多いです。

このように見てみると、鋒/切先は時代によって変化を遂げていることが分かります。鋒/切先の形状と種類をしっかりと把握しておけば、刀剣の鋒/切先を観るだけで、ある程度打たれた時代を推測することができるのです。

鋒/切先を観れば刀剣が作られた時代が分かる

先にご紹介した通り、刀剣は鋒/切先を観ることで、いつの時代に作られた物なのかを判別できるようになりました。

全体的な歴史の傾向としては、時代が経つにつれて、鋒/切先は伸びて、ふくらが曲線的になっていくのが特徴です。

直刀時代の鋒/切先の特徴

直刀時代(奈良時代以前)、鋒/切先の多くは小さく直線的でした。つまり、現代のふくらのようにカーブ形状とはなっていなかったのです。

この時代の刀剣は、「上古刀」と呼ばれており、そもそも刀身部分に反りもない形状となっていました。反りがないのと同様に鋒/切先も小さく、かます鋒/かます切先の刀剣が多い傾向に。

七星剣
七星剣
-
鑑定区分
国宝
刃長
62.1
所蔵・伝来
聖徳太子 →
四天王寺
その後、平安時代後期になる頃に、刀剣としての形状の原点ともなる太刀が登場します。鎬造の形状は、非常に細身となっており、茎から腰もとにかけて大きく反っているのが特徴。そして、先幅が極端に細くなって、小鋒/小切先の物が使われるようになりました。

この時代では、まだまだふくらは小さいものの、しっかりとカーブを描くような形状。このような形状の刀剣は、おおよそ鎌倉時代初期まで継続されました。

そして、鎌倉時代中期になると、武士の勢力が徐々に拡大していき、刀剣にも豪壮さが求められるようになります。鎌倉時代初期のような腰反り形状の刀剣ではあったものの、先端が細くなっていない形状。この時代の刀剣は、「中鋒/中切先」よりも詰まった形状である「猪首鋒/猪首切先」のタイプが多かったのです。

鎌倉時代後期になると、中鋒/中切先タイプの刀剣も増加。さらに、南北朝時代になると、合戦の方法に変化が生じます。鎌倉時代後期までは、基本的には1対1での戦いを想定した刀剣が流行。そのため、刀剣の長さは長すぎず、短すぎず、取り回しの良い刀剣が人気でした。

しかし、大陸からの侵攻の際に、非常に多くの軍勢と戦うことを強いられたため、1対1の戦いではなく、一対多数の戦いが必要となります。

また、騎馬戦も主流となっていき、馬上から刀剣を使って一度に多くの敵をなぎ払うことに使われることが多くなったのです。そのため、南北朝時代では、刃長が3mを超えるような長大な大太刀も誕生し、それに合わせて、鋒/切先も大きくなり、長さ5cmを超える大鋒/大切先を採用。

このように、奈良時代以前の直刀時代から、南北朝時代にかけては、合戦の仕方やニーズの変化によって、徐々に鋒/切先が長くなっていきました。刀剣の歴史としては、激動の時代にあったと言えます。

「上古刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

室町時代以降の鋒/切先の特徴

室町時代初期になると、一時的に戦乱の世が治まったため、刀剣の流行も大きく変化が生じました。刀剣自体は、鎌倉初期に戻ったような形状になっている物が多く見られます。

ただし、反りに関しては先反り傾向になり、それに合わせて中鋒/中切先の物を多く採用。その他にも、刀剣全体のバランスと流行に呼応して、中鋒/中切先や大鋒/大切先を中心として様々なタイプが登場しました。

室町時代後期には、再び戦が多く繰り広げられるようになります。ただし、これまでのような騎馬戦中心の戦いではなく、徒歩における集団戦闘が主流に。この要因としては、既製品となる数打物が流通したことにあります。

2尺1寸(63.6cm)前後で中鋒/中切先タイプの短い刀剣が多くなり、安土・桃山時代では、京都や江戸などに刀工が集まるようになりました。

室町時代後期よりも、長めである2尺4寸、5寸(72.7~75.8cm)の刀剣が増加。身幅が広く、それに合わせて中鋒/中切先や大鋒/大切先になっていきました。重ねも厚くなり、形状としては南北朝時代の太刀に近い物となります。江戸時代から幕末になると、新刀から「新々刀」とへと刀剣が変化していきました。

新々刀

新々刀

特に、幕末期になると長寸の刀剣が増えていき、反りが浅い形状の物が増えていきます。また、大鋒/大切先の造り込みになっているのが大きな特徴。明治以降においては、「廃刀令」によって一部を除いて刀工は刀を作ることができなくなりました。

現代刀

現代刀

この時代以降の刀剣は、「現代刀」と呼ばれており、古刀や新刀などの時代に関係なく、かつて名刀と呼ばれたような刀剣の作風を模写した物が作り続けられています。

なかでも、特に鎌倉時代に主流となっていた太刀タイプの刀剣が作られることが多い傾向。このように、刀剣は時代の変化に合わせて、様々なタイプの形状へと進化を遂げていきました。

鋒/切先としては、奈良時代以前から徐々に伸びる傾向にあり、南北朝時代では5cmを超える大鋒/大切先まで伸びていったのです。室町時代以降は、中鋒/中切先や大鋒/大切先を中心として、流行によって様々なタイプが登場。

刀剣鑑賞をする際には、歴史背景を把握しておくと、ある程度は鋒/切先を観るだけで、時代を推測することができるので、ぜひ覚えておきましょう。

  • 「新々刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「現代刀」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

まとめ

刀剣の鋒/切先は、刀身の先端部分のことを指し、美術的な観点において、ある意味刀剣全体の中でも特に重要な部位として認識されています。この部分の見た目によって、刀剣の評価が落ちてしまうこともあるほど。

鋒/切先はふくらと帽子に細分化され、さらに5種類の形状に分類。それぞれ、時代背景が異なり、傾向としては古刀から新刀にかけて鋒/切先のふくらが長く丸みを帯びていく傾向です。

刀身鑑賞などをする際には、鋒/切先に注目してみると、いろいろな情報を得ることができるでしょう。

鋒(切先)とは

鋒(切先)とはをSNSでシェアする

「日本刀の基本」の記事を読む


日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

日本刀の基本解説

日本刀の基本解説
日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

日本刀の基本解説

日本刀の帽子とは

日本刀の帽子とは
日本刀の「刃文」とは、「焼き入れ」(やきいれ)によって付けられた焼刃の形状のこと。それは、日本刀の魅力と言えることであり、ひとつとして同じ紋様はありません。「帽子」(ぼうし)は、日本刀の鋒/切先(きっさき)に現れる刃文で、刀工の個性が顕著に見られることでも知られています。日本刀の鑑定をするうえでも、特に重要と言われるのが鋒/切先です。そこに描かれる帽子とはどのような物なのか、基礎的な情報と共に、種類や刀工にとっての帽子の存在について、解説していきます。

日本刀の帽子とは

棟(むね)とは

棟(むね)とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

棟(むね)とは

日本刀の映りとは

日本刀の映りとは
日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の映りとは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

樋の種類

樋の種類
「樋」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られる細長い溝のこと。刀身に樋を施すことを「掻く」あるいは「突く」と言い、樋がある日本刀は見栄えが良いため、樋が掻かれた日本刀の方が好きという刀剣ファンも多いです。しかし、なぜ日本刀に樋が掻かれているのかまでは知られていません。樋の役割と共にどのような種類があるのかをご紹介します。

樋の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類
「刀身彫刻」は、刀工達が時間をかけて作刀した日本刀を、より魅力的な作品へと仕上げるための工程です。日本刀の美しさを損なわないように、強度を保ったまま、吉祥を授かるよう、神仏や聖獣などを題材にします。そこには、制作者や所持者の守護を願う気持ちが込められているのです。そうした刀身彫刻について紐解いていきましょう。

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際
刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、刀の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

刀身彫刻の実際

注目ワード
注目ワード