徳川家を支えた武将

徳川十六神将

文字サイズ

「徳川十六神将」(とくがわじゅうろくしんしょう)とは、徳川家康が三河国(現在の愛知県東部)の1大名であった頃から忠義深く仕え、江戸幕府の開設に力を尽くした家臣達のことを言います。この16名は特に武勇で名を馳せ、黎明期の徳川家康を力強く支えました。

徳川十五代将軍徳川十五代将軍
江戸時代を語る上で欠かせない徳川十五代将軍の姿を紐解きます。

徳川十六神将とは

「徳川十六神将」(とくがわじゅうろくしんしょう)とは、「徳川家康」に仕え、天下統一までを支えた16名の家臣のこと。特に高名な「徳川四天王」とそれに準ずる功臣12名が、徳川十六神将と呼ばれました。

徳川四天王
酒井忠次(さかいただつぐ)        本多忠勝(ほんだただかつ)
榊原康政(さかきばらやすまさ)    井伊直政(いいなおまさ)
徳川四天王以外の功臣
 大久保忠世(おおくぼただよ)      大久保忠佐(おおくぼただすけ)
 高木清秀(たかぎきよひで)         鳥居元忠(とりいもとただ)
 鳥居忠広(とりいただひろ)       内藤正成(ないとうまさなり)
 蜂屋貞次(はちやさだつぐ)          服部正成(はっとりまさしげ)
 平岩親吉(ひらいわちかよし)      松平康忠(まつだいらやすただ)
 米津常春(よねづつねはる)       渡辺守綱(わたなべもりつな)

この16名が徳川十六神将と呼ばれるようになった理由は定かではありませんが、江戸時代には「東照宮信仰」における人気の図像として、徳川家康と、その配下16名が書画や錦絵等に描かれています。

なお、この16という数字の由来も分かっていませんが、仏教で用いられる「十六羅漢」(じゅうろくらかん)や「十六善神」(じゅうろくぜんしん)などと関連付けられた説が存在。また、徳川家康を権現(ごんげん:本地垂迹[ほんじすいじゃく]説で、仏や菩薩が姿を変えて現れた日本の神のこと)とし、仏の守護神である「四天王」を「徳川四天王」、それに「十二神将」を加え、徳川十六神将としたとする説があります。

いずれにせよ彼ら16名は、ほとんど全員が三河時代の黎明期から徳川家康に仕えた、武勇で名を馳せる武将達で、江戸幕府の開設に際して力を尽くし忠義深く仕えました。

徳川十六神将に数えられる武将

徳川十六神将に数えられる武将は16名おり、それぞれが徳川家康の忠臣として、江戸幕府の開設に尽力。ここでは、徳川四天王以外の、徳川十六神将に数えられている12名の内、4名をご紹介します。

鳥居元忠

鳥居元忠は、三河国(現在の愛知県東部)出身の戦国武将で、13歳のときに、今川氏の人質となっている徳川家康の近侍として仕え始め、「姉川の戦い」や「三方ヶ原の戦い」等、多くの合戦に参戦しました。

本能寺の変」ののち、信濃国(現在の長野県)と甲斐国(現在の山梨県)の覇権を得るために北条氏と争った「黒駒の戦い」では、北条軍10,000の兵を、2,000の兵を率いて撃退。圧倒的な兵力差がありながらも大勝し、敵方の首を300も500も挙げたと伝えられ、その勇名を轟かせました。

三方ヶ原の戦いで片足を悪くしていたものの、豊臣政権下でも数々の武功を立てた鳥居元忠に、「豊臣秀吉」から官位推挙の話が出ましたが、これを「2君に仕える才はなく、豊臣秀吉公に出仕する器量もない」として断っています。

関ヶ原の戦い」では、1,800人の兵で「伏見城」(現在の京都府京都市)に籠城し、玉砕覚悟で「石田三成」が派遣した使者を送り返したのち、13日間の攻防の末に自刃。徳川家康は、この鳥居元忠の忠義を称賛し、その忠節は「三河武士の鑑」とも言われました。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

服部正成

服部正成(2代目・服部半蔵)

服部正成(2代目・服部半蔵)

服部正成は、一般的には伊賀忍者の棟梁「服部半蔵」として広く知られている人物。

服部半蔵という名前は、徳川家に代々仕えた服部半蔵家の当主が襲名した名前で、服部正成は2代目に当たります。

のちに伊賀衆と甲賀衆の忍者組織を徳川家康より預けられますが、服部正成自身は忍者ではなく、伊賀忍者であったのは、初代服部半蔵のみ。

以降、歴代当主は忍者になることはなく、服部正成は徳川家康の足軽大将として、槍や体術を駆使して戦い、多大な功績を挙げた武将だったのです。

服部正成も三河武士らしく忠義に厚い人物で、「三河一向一揆」の際は、自身や親族が一向宗であったものの、徳川家康側として戦い、徳川家康の長男「徳川信康」(とくがわのぶやす)切腹の際には、服部正成が介錯を命じられたものの「3代相恩の主に刃は向けられぬ」と言い、涙を流したと言います。

また、服部正成は徳川家康最大の危機のひとつとされる「神君伊賀越え」にて、伊賀甲賀の地侍らと交渉し、一行を安全に通過させるよう手を尽くし活躍。そののち徳川方となった伊賀衆・甲賀衆は、服部正成の部下となり、以降江戸幕府に仕えました。

関ヶ原の戦い前に病没し、徳川家康が天下人となるのを見届けることはできませんでしたが、服部正成は若い徳川家康を支え、江戸幕府の開設に力を尽くしたひとりだと言えます。

平岩親吉

平岩親吉は、三河国松平家(徳川家康の生家)の家臣であった平岩氏の次男として誕生。主君・徳川家康とは同年であったため、今川氏へ人質に出される徳川家康にしたがい、小姓として仕え始めました。

生涯を通して徳川家康から特に信頼された家臣であったとされ、徳川家康の嫡男・徳川信康の傅約(かしずきやく、もりやく:世話をする人、御守役)に着任。「織田信長」から徳川信康の切腹が命じられた際には、自分が責任を負い、その首を差し出すことで徳川信康の助命を願いましたが認められず、責任を感じた平岩親吉は自ら謹慎しました。

甲府城

甲府城

のちに徳川家康から許しを出されると直臣として復帰し、本能寺の変ののちは甲府13,000石を任され、「甲府城」(現在の山梨県甲府市)を築城。

豊臣政権下では、徳川家康にしたがい、「小田原の役」にて戦功を挙げています。

江戸幕府が設立されると、徳川家康の九男で「徳川御三家」となる尾張徳川家の始祖「徳川義直」(とくがわよしなお)の傅役となり、支えました。

平岩親吉は子供がいなかったため、平岩家の断絶を無念に思った徳川家康は、自らの子を与え、平岩家の養嗣子としたとする逸話があります。いかに信頼を寄せている者であろうとも、家臣に子を与えることは稀で、また嫡男や九男の傅役を任されていたことから、平岩親吉が徳川家康からどれほど厚い信任を得ていたかが分かります。

渡辺守綱

渡辺守綱は、三河国松平氏の譜代家臣の家柄として誕生。渡辺氏の先祖は、平安時代に退治の伝説がある源氏の武将「渡辺綱」(わたなべのつな)であるとされます。

槍を得意とし、今川氏との戦「八幡の戦い」において徳川軍が劣勢であったなか、槍1本で奮戦したことが認められ、軍功を称されました。通称が「半蔵」であったことから、服部正成が「鬼半蔵」、渡辺守綱は「槍半蔵」と呼ばれ、並び称されるようになります。

そののちも徳川家康にしたがい三河平定に尽力しますが、熱心な一向宗徒であったことから、三河一向一揆では徳川家康と対立。鎮圧後は徳川家の家臣として帰参することが許され、姉川の戦いでは一番槍を挙げました。

三方ヶ原の戦い

三方ヶ原の戦い

多くの合戦で先鋒を務め、徳川家康最大の危機のひとつとされる三方ヶ原の戦いでは、敗走する徳川家康を守るため、追撃する武田軍の騎馬隊を打ち破る軍功を立てています。

関ヶ原の戦いののちは、尾張徳川家の始祖となった徳川家康の九男・徳川義直の付家老(つけがろう:幕府から親藩、もしくは本家から分家に監督・補佐として付けられた家老)に任ぜられ、14,000石の大名となりました。

徳川十六神将が描かれた掛け軸

本掛軸は、作者、制作年代共に不明。しかし江戸時代において、徳川家康と徳川十六神将を主題とした図像は広く扱われ、徳川家康が「大権現」として祀られる東照宮信仰において、掛軸や錦絵の題材として、度々描かれました。

本掛軸は、天辺中心に座す徳川家康の左右に徳川十六神将を8名ずつ並べ、徳川家康の近くには、従兄弟である松平康忠を配した、最も一般的な構図のひとつで描かれた物。松平康忠とは対に、徳川家康の近くに配されているのは酒井忠次で、酒井忠次は徳川四天王及び、徳川十六神将共に筆頭とされる、徳川家康の厚い信任を得た武将です。

徳川十六神将

徳川十六神将をSNSでシェアする

「徳川家を支えた武将」の記事を読む


徳川御三家

徳川御三家
「徳川御三家」とは「尾張徳川家」、「紀州徳川家」、「水戸徳川家」の3家のこと。江戸時代、全国に存在した藩は300以上。そのなかでも徳川将軍家に次ぐ地位を持っていたのが徳川御三家です。徳川御三家の基礎知識と共に、3家にゆかりのある名刀をご紹介します。

徳川御三家

徳川御三卿

徳川御三卿
「徳川御三卿」とは、徳川将軍家から分立した3家「田安徳川家」、「一橋徳川家」、「清水徳川家」のこと。江戸時代に300以上あった藩のなかでも最高位に位置付けられていた「徳川御三家」と似た役割を持っていながらも、徳川御三家とは異なる特徴がありました。徳川御三卿の特徴や徳川御三家との違い、ゆかりのある名刀をご紹介します。

徳川御三卿

徳川四天王

徳川四天王
「徳川四天王」とは「徳川家康」に仕え、最も重用された4名の戦国武将のことを指します。彼ら徳川四天王は、徳川家康が若く、人質であった頃から支え、生涯に亘って忠義を尽くしました。江戸幕府の開設には、彼ら四天王の支えが必要不可欠だったと言われ、現在でもその名は広く知られています。

徳川四天王

徳川二十八神将

徳川二十八神将
「徳川二十八神将」(とくがわにじゅうはちしんしょう)とは、「徳川家康」に仕え、江戸幕府の設立に大きな貢献をした、28名の功臣のこと。この28名は、栃木県日光市にある「日光東照宮」において、徳川家康と共に配祀(はいし:同じ神社の中に主祭神以外の神を祭ること)され、信仰を集めています。

徳川二十八神将