徳川家を支えた武将

徳川御三家

文字サイズ

「徳川御三家」とは「尾張徳川家」、「紀州徳川家」、「水戸徳川家」の3家のこと。江戸時代、全国に存在した藩は300以上。そのなかでも徳川将軍家に次ぐ地位を持っていたのが徳川御三家です。徳川御三家の基礎知識と共に、3家にゆかりのある名刀をご紹介します。

尾張徳川家

尾張徳川家は、徳川将軍家の支系である「徳川御三家(とくがわごさんけ)の中で筆頭格の大名家です。徳川氏だけが用いることを許されていた家紋「徳川葵」を掲げる尾張徳川家は、江戸時代に存在した300藩の中でも、随一の家格を誇っていました。現在の愛知県西部に位置する尾張一国に加え、三河国…

詳細情報を見る

紀州徳川家

紀州徳川家は、徳川将軍家に次ぐ地位を持つ「徳川御三家」のひとつです。紀州とは、紀伊国(現在の和歌山県、三重県南部)のことで、紀伊徳川家は、紀伊国一国のほかに伊勢国(現在の三重県北中部、愛知県北西の一部、岐阜県海津市の一部)を所領とし、石高は555,000石でした。歴代当主は、「和歌山城…

詳細情報を見る

水戸徳川家

水戸徳川家は、徳川将軍家の支系である「徳川御三家」のひとつで、常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)を拠点とした大名家です。江戸時代を通して水戸徳川家の歴代当主が、現在の茨城県中部・北部を治める水戸藩の藩主を務めました。家祖の「徳川頼房」(とくがわよりふさ)は、晩年の「徳…

詳細情報を見る

徳川御三家

徳川御三家をSNSでシェアする

「徳川家を支えた武将」の記事を読む


徳川御三卿

徳川御三卿
「徳川御三卿」とは、徳川将軍家から分立した3家「田安徳川家」、「一橋徳川家」、「清水徳川家」のこと。江戸時代に300以上あった藩のなかでも最高位に位置付けられていた「徳川御三家」と似た役割を持っていながらも、徳川御三家とは異なる特徴がありました。徳川御三卿の特徴や徳川御三家との違い、ゆかりのある名刀をご紹介します。

徳川御三卿

徳川四天王

徳川四天王
「徳川四天王」とは「徳川家康」に仕え、最も重用された4名の戦国武将のことを指します。彼ら徳川四天王は、徳川家康が若く、人質であった頃から支え、生涯に亘って忠義を尽くしました。江戸幕府の開設には、彼ら四天王の支えが必要不可欠だったと言われ、現在でもその名は広く知られています。

徳川四天王

徳川十六神将

徳川十六神将
「徳川十六神将」(とくがわじゅうろくしんしょう)とは、徳川家康が三河国(現在の愛知県東部)の1大名であった頃から忠義深く仕え、江戸幕府の開設に力を尽くした家臣達のことを言います。この16名は特に武勇で名を馳せ、黎明期の徳川家康を力強く支えました。

徳川十六神将

徳川二十八神将

徳川二十八神将
「徳川二十八神将」(とくがわにじゅうはちしんしょう)とは、「徳川家康」に仕え、江戸幕府の設立に大きな貢献をした、28名の功臣のこと。この28名は、栃木県日光市にある「日光東照宮」において、徳川家康と共に配祀(はいし:同じ神社の中に主祭神以外の神を祭ること)され、信仰を集めています。

徳川二十八神将

注目ワード
注目ワード