日本刀鑑賞のポイント

茎(なかご)とは

文字サイズ

普段は「柄」(つか)に収められている、日本刀のグリップ部分である「茎」(なかご)。茎には、刀工名や制作年月日などの情報が記された「銘」(めい)があるため、日本刀を鑑賞するうえでとても重要な部分です。茎の形状や種類などについて解説していきます。

日本刀の茎(なかご)とは

」(なかご)とは、日本刀を持つときに直接触ることが許された部分のことで、「柄の中に込める」という意味から、その名が付いています。日本刀の刀身は大まかに茎と、刃の部分である「上身」(かみ)の2つの部位に大別されるのが一般的。

「なかご」は茎以外にも「中心」、「柄心」、「忠」といった文字があてられたり、「こみ」と呼ばれたりするのです。

また、日本刀が折れないように、茎は「芯鉄」(しんがね)と呼ばれるやわらかい鉄でできているため、時間が経つにつれて錆びてきます。この錆びが付いている場所や、錆の量・色などが、「」と共に鑑定する際の重要なポイントになるのです。

茎と上身

茎と上身

日本刀の茎の特徴

茎は、日本刀が作られた時代や流派、刀匠の個性や違いが最もよく現れる部分だと言われています。それは、刀工が日本刀を作る際に茎部分が最終工程にあたり、日本刀全体のバランスを見たうえで、最後にすべての精力を注ぐからです。

日本刀作りの仕上げは、「茎仕立て」(なかごじたて)と呼ばれ、茎がから抜けにくくするために、鑢(やすり)をかけてきれいに整え、目釘穴を開け、銘を切って完成させます。また、茎の長さはだいたい柄と同じ長さですが、これは、茎が短すぎると破損する可能性が高くなってしまうためです。

佩表・差表

佩表・差表

また、日本刀の茎にはもともと銘が刻まれています。銘とは、日本刀を作った刀工が、茎に入れた名前や製造年月日などのこと。

太刀は「佩表」(はきおもて:腰に付けた状態での表)、打刀は「差表」(さしおもて:刃を上にしたときの茎の左側)に入れることが決められています。

701年(大宝元年)に制定された「大宝律令」(たいほうりつりょう)によって、日本刀を作った作者は、銘を入れることを法によって義務付けられました。そして時代が経つにつれて、刀工の居住地名や俗名など、様々な銘が見られるようになるのです。

ただし、大宝律令という法律によって、日本刀に銘を入れることが決められたにもかかわらず、銘が入れられていない「無銘の物」も存在。それは以下の5種類です。

  1. 制作時には銘が入っていたが、磨上げをしたときに銘が切断されてしまった日本刀
  2. 神社や仏閣に奉納する日本刀には銘を入れない習わしがある「奉納無銘」という日本刀
  3. 身分の高い人に献上する際には、銘を入れるのは失礼にあたるため、銘を入れない「献上無銘」という日本刀
  4. 日本刀を新規に注文する場合、3振作った中から1振を選び、残りの2振には銘を入れない「影打無銘」という日本刀
  5. 大量生産品の日本刀

銘がある物の方が価値は高いと思われがちですが、これらの理由で無銘の日本刀も存在。無銘の中でも国宝「無銘一文字」(山鳥毛一文字)や国宝「石田正宗」のように、価値の高い物が数多くあるのです。

茎の構造

茎の中でも、さらに「茎先」と「茎尻」と呼ばれる部分があります。

茎先
「なかごさき」と呼ばれ、茎の先端部分。
茎尻
「なかごじり」と呼ばれ、茎先の尻の面。

茎の使用方法

茎は上身のように刃が付いていないため、直接触っても手が切れる心配はありませんが、そのままではとても握りにくいのです。そこで、しっかり握ることができるようにするため、「柄」に収めて使用。

実際には、茎を柄に入れたあと、茎の真ん中に開けられた「目釘穴」(めくぎあな)に、乾燥した竹などで作られた釘である「目釘」(めくぎ)を通し、固定してから使います。

「生ぶ」と「磨上げ」の違い

大磨上げ茎

大磨上げ茎

茎を鑑賞するときに一番重要なのは、その日本刀が「生ぶ」(うぶ)なのか、「磨上げ」(すりあげ)がされている物なのかを見極めることです。生ぶとは、日本刀が作られたままの状態であること。

それに対して磨上げとは、刃長の長い「太刀」(たち)や「大太刀」(おおたち)の茎部分を短く詰めることで、この作業は「磨上げる」、または「区切る」とも呼ばれているのです。

磨上げが行なわれるようになったのは、室町時代後期からとされています。その前の南北朝時代では、騎馬で大太刀を振り回して戦う形式が多用されましたが、それが徒歩による接近戦や一騎打ちの戦闘形式に変化することにより、「打刀」(うちがたな)が主流になったため。

打刀は太刀よりも長さが短く、刃を上向きにして帯刀(たいとう)し、抜刀しやすいのが特徴です。したがって、従来の太刀や大太刀が実戦で使用できるよう、打刀のようにサイズをコンパクトに加工することが頻繁に行なわれました。また、江戸時代には幕府から帯刀の長さに関する規定が発布されたこともあり、磨上げで短くなったということもあったのです。

ちなみに、なぜ茎の部分だけを短くして、上身部分を短く詰めなかったのかと言うと、刃がとがった先の部分である鋒/切先をカットすると、鋒/切先の刃文である「帽子」がなくなってしまうから。帽子は日本刀の華とも言える部分で、刀工の個性が最大限に発揮された美しい部分。帽子はあとから付けることができないため、茎部分しか短くできないという事情があった訳です。

茎の種類

茎の種類は、大きく分けると「生ぶ」と「磨上げ」の2つ。さらに、生ぶは2種類、磨上げは4種類あり、合計で6種類。ここでは、それらの一部の種類を挙げて、解説していきます。

茎の種類

茎の種類

生茎(うぶなかご)
作られたままの茎で、磨上げをしていない物。長年にわたり加工されていない物ということで歴史的な価値が高く、貴重。
区送り(まちおくり)
茎と刀身の境目にある「刃区」(はまち)と「棟区」(むねまち)の上部を削って、刃長を短くした物。「区上げ」(まちあげ)とも呼ばれています。刀身に手を加えることにはなりますが、茎自体を変えることにはならないため、生ぶの扱い。
磨上げ茎(すりあげなかご)
磨上げにより日本刀の茎を切って短くすることで、銘が残る物。
大磨上げ茎(おおすりあげなかご)
もとの銘が残らないくらいに磨上げられた茎。南北朝時代にあった大太刀のほとんどが、使いやすくするために大磨上げ茎になっています。
折り返し茎(おりかえしなかご)
磨上げすぎて銘がなくなってしまうという「大磨上無銘」(おおすりあげむめい)にならないように、銘の部分が折り返された物。
額銘茎(がくめいなかご)
銘の部分を切り取って、茎に埋め込んだ物。

茎・茎尻の形状の種類

茎と茎尻(なかごじり)は、時代や流派、刀工の個性や違いが顕著に表現される部分だと言われています。

そのため、日本刀の茎を鑑賞する際は、茎と茎尻の形をしっかりとらえることが重要。実は、刀工が作品ごとに茎と茎尻の形状を変えるということはありません。茎と茎尻の形は、刀工のオリジナリティが最もよく現れる部分であると共に、本当にその刀工の作品かどうかを見分けるポイントにもなります。

茎の形状の種類

「生ぶ」の茎を 観ると、いくつかの形があり、茎は長さや形によって、以下の7種類に分類することができるのです。

この茎の形を 観るだけで、ある程度、日本刀が制作された時代を判定できます。

茎の形状

茎の形状

普通形(ふつうがた)
古刀から新刀時代全般に見られた茎で、一般的な形。
雉子股形(きじももがた)
平安時代から鎌倉時代に見られ、鳥の股の形に似ていることにちなんだ呼び名。皇居護衛の役所である「衛府」(えふ)の役人が帯刀する「衛府太刀」(えふだち)の中身として使用するために仕立てた物。
振袖形(ふりそでがた)
鎌倉時代の短刀に多い形の物で、刃元から茎先の間の反りが高くなっている茎。

和服の振袖を思わせる形。

舟底形(ふなぞこがた)
鎌倉時代や室町時代の相州伝に多い形で、「相伝茎」(そうでんなかご)とも言われています。舟底の形に似ていることから、この名が付きました。
タナゴ腹形(たなごはらがた)
室町時代の村正とその一門に見られる茎。文字通り、魚のタナゴの腹に似て幅が盛り上がった形。
薬研形(やげんがた)
江戸時代初期、繁慶(はんけい)一門のみに見られる茎。薬種を粉末にする「薬研」(やげん)という道具に似ており、ゆるやかな弧を描く形。

野田繁慶」(のだはんけい)だけが制作したことから、「繁慶茎」とも呼ばれています。

御幣形(ごへいがた)
江戸時代初期の伊勢守国輝(いせのかみくにてる)のみに見られる形。神社に奉納する御幣(ごへい)に似ており、最下部が切り込まれている形であることが特徴。

茎尻の形状の種類

茎尻も刀工の個性がよく表れる部分で、時代や流派によって異なります。

代表的な形状として、以下の5種類です。

茎尻の形状

茎尻の形状

栗尻(くりじり)
すべての時代を通じて日本刀の茎尻の中で最も一般的な形状であり、丸い栗の実のようなタイプ。
刃上栗尻(はあがりくりじり)
栗尻と同じく丸みがありますが、「鎬筋」(しのぎすじ)を境にして、棟側よりも刃側の角度が急に上がっていくタイプ。
剣形(けんぎょう)
先端が左右対称にとがったタイプ。
入山形(いりやまがた)
剣形とは異なり、刃側が長く棟側が短く仕立てられており、先端がとがっているタイプ。
切り(きり)
横一文字に切り揃えたようなタイプで、一文字と呼ばれることもあります。「切り」の「鑢目」(やすりめ)は磨上げを行なった日本刀に多く見られ、生ぶにはほとんど見られません。

茎の仕上げ鑢目とは

茎の仕上げは「鉋」(かんな)で整えて、さらに「鑢」(やすり)をかけて完了。茎に鑢で仕上げた跡のことを鑢目と呼ぶのです。

鑢目の種類

鑢目は、主に10種類近くあり、鑢目があることでザラザラしてすべりにくくなるため、柄から茎が抜けるのを防ぐ効果があります。さらに、鑢目は時代や流派によって顕著に違いが表れる部分。右利きか左利きかなど、刀工個人の癖が出やすい場所であり、時代が経つにつれて美しく装飾を施されるようになった部分でもあります。

そのため、鑢目は鑑定においても刀工個人を特定するための重要なポイントです。

鑢目の種類(切鑢・勝手上り鑢・勝手下り鑢・筋違鑢・大筋違鑢)

鑢目の種類(切鑢・勝手上り鑢・勝手下り鑢・筋違鑢・大筋違鑢)

切鑢(きりやすり)
鑢を横(平行)にかけた模様をしています。
勝手上り鑢(かってあがりやすり)
棟側の鑢目が少し上がった模様。勝手とは右手のことです。
勝手下り鑢(かってさがりやすり)
「勝手上がり鑢」とは逆に、棟側の鑢目が少し下がった模様をしています。左利きの刀工が作刀した日本刀に多く見られ、真偽を見極める際のポイントのひとつ。
筋違鑢(すじかいやすり)
刃側の鑢目において、勝手上り鑢や勝手下り鑢などと比べてかなり傾斜が上がった模様をしています。
大筋違鑢(おおすじかいやすり)
筋違鑢の中でも、さらに角度が急になった模様。目安としてはおおむね45度以上で、古刀の筑前国(現在の福岡県)左文字派、備中国(現在の岡山県)青江派などの作刀によく見られます。
鑢目の種類(檜垣鑢・鷹の羽鑢・逆鷹の羽鑢・化粧鑢)

鑢目の種類(檜垣鑢・鷹の羽鑢・逆鷹の羽鑢・化粧鑢)

檜垣鑢(ひがきやすり)
垣(檜の薄板を編んだような模様)が付いた模様。
鷹の羽鑢(たかのはやすり)
鷹の羽のように鋒方向へ山形になった模様。
逆鷹の羽鑢(ぎゃくたかのはやすり)
山形の鑢目が、鷹羽(たかば)の鑢と逆になった模様。
化粧鑢(けしょうやすり)
茎と柄がすべり落ちないようにするという実用的な理由ではなく、茎の美観を増すために意匠に工夫がこらされた模様をした物。新刀新々刀期に限られます。

化粧鑢の一種には「香包鑢」(こうづつみやすり)という物があり、新刀の刀工・摂津国(現在の大阪府津田越前守助広(つだえちぜんのかみすけひろ)より始まったとされるこの鑢目の手法は、香を包む絹布である袱紗(ふくさ)の複雑な畳み目をベースに考案されました。

茎の錆について

日本刀の原材料である鉄は、酸素と水分に触れることで酸化現象が起こります。この酸化によってできるのが、いわゆる「錆」(さび)です。

この錆は、大きな分類として「赤錆」(あかさび:三酸化二鉄)と「黒錆」(くろさび:四酸化三鉄)に区別できます。

赤錆と黒錆の違い

赤錆と黒錆の違い

赤錆と黒錆の違い

赤錆は、酸素と水によって自然に発生する錆です。全体的に赤みがかった色合いで、鉄を腐食させ、ボロボロにしてしまいます。金属組織の奥まで侵食する悪性の錆。

赤錆とは反対に、好まれる錆が黒錆です。鉄の表面に形成される酸化膜(さんかまく)を指し、一般的な鉄では自然に発生することはありません。

日本刀は手入れをするときや、鑑賞するときには茎を持ちますが、茎は手で触れることにより手の脂などが付いて錆を生じます。手入れが行き届いた日本刀の茎は、長い年月をかけ深みのある黒い錆に覆われるのです。また、表面に黒錆が付くと、赤錆が発生しにくくなります。

良い錆色は「羊羹色」

羊羹色の黒錆

羊羹色の黒錆

茎の錆色は、日本刀の価値を判断する重要な要素のひとつです。最も良い色とされるのは、紫がかった深い黒の「羊羹色」(ようかんいろ)。

「侘び寂び」の「寂び」とは、茎に生じた羊羹色の錆を愛でる気持ちがもとになっていると言われます。制作から間もない現代刀の茎が上身と同じように輝いていることから、黒錆の色には歴史があることが分かるのです。

近代では、羊羹色と呼ばれる錆色を薬品によって付けることも可能となっていますが、その錆の質は同じではありません。薬品で付けた錆は、ブツブツとした細かい粒状になってしまうのです。

この状態の茎を俗に「焙茎」(ほうじなかご)と言い、焼き直した日本刀を意味する「焙じ物」と同様に、まがい物を表す言葉として使われています。

茎のお手入れ

すでに赤錆が発生している場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

まず、歯ブラシなどを使って赤錆部分を優しく擦って落としたあと、乾いた布で丁寧に拭き、ごく薄く「刀剣油」を引きます。赤錆は一度では完全に落とせないため、コンディションが良くなるまで、「乾拭き」と「薄く油を塗る」を繰り返すことが大切です。

なお、刀剣油などのお手入れ道具は、刀剣商(刀剣店)で購入できます。

茎の手入れ(指に付いた油を塗布)

茎の手入れ(指に付いた油を塗布)

良質の黒錆が付いて安定している茎には、特に油を塗る必要はありません。刀身に軽く擦り付ける程度で大丈夫です。

前述の通り、茎を手で持った際に付くくらいの人の脂が最も適していると言われています。昔は、顔の脂を手で拭って茎に塗ったり、鍔(つば)に黒錆を定着させるために顔に擦り付けたりした人もいたと言われていました。

また、刀身に使用する「打ち粉」は、茎に使わないようにしましょう。茎の鑢目に粉末が残ると湿気を引き寄せてしまうため、好ましくないと言われています。

全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンク全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンク
日本全国の刀剣商(刀剣買取・販売店)リンクを一覧でご覧頂けます。

まとめ

日本刀の茎は刀を握る部分であり、普段柄に収められていて見えないのです。目立たない部分ですが、実は鑑定する際に重要なポイントのひとつと言われています。

それは、茎や茎尻の形状や仕上げの方法、刻まれている銘などによって年代などが分かるだけでなく、刀工のオリジナリティが最もよく表れる部分であるためです。刀身を鑑賞する際には、茎に注目してみましょう。

茎(なかご)とは

茎(なかご)とはをSNSでシェアする

「日本刀鑑賞のポイント」の記事を読む


日本刀鑑賞ポイント

日本刀鑑賞ポイント
日本刀を鑑賞する際には、いくつかのポイントを知っておくと、より日本刀を楽しむことができます。観るポイントを押さえ、日本刀の美しさを体感しながら鑑賞することで、その深い魅力に気付くことができるのです。ここでは、そんな日本刀の鑑賞ポイントをご紹介します。

日本刀鑑賞ポイント

日本刀の姿

日本刀の姿
日本刀を鑑賞するポイントは、日本刀の美しさを構成している要素をよく観ること。ズバリ、日本刀の「姿」(すがた)・「刃文」(はもん)・「地鉄」(じがね)、そして「茎」(なかご)です。まずは、日本刀の姿に注目。日本刀の姿を作る、「鋒/切先」(きっさき)・「反り」(そり)・「造込み」(つくりこみ)・「長さ」を良く観て全体的にとらえることができれば、作刀された時代や個性を読み取れるようになれます。そこで、日本刀の姿について詳しくご紹介しましょう。

日本刀の姿

日本刀の造り・姿とは

日本刀の造り・姿とは
美術品として刀剣の鑑賞を楽しむときに観どころとなる部分はいくつかありますが、なかでも、作刀された時代を知る有力な手がかりとなるのが「造り」や「姿」です。刀剣は、それぞれの時代によって異なる必要性や要求に合わせて作られているため、その造りや姿の中に時代ごとの社会的特徴が反映されています。つまり、刀剣の造りや姿を知ることは、「日本の歴史そのものを知ることにつながる」と言えるのです。ここでは、刀剣の造りや姿について、詳しくご紹介します。

日本刀の造り・姿とは

反りとは

反りとは
時代背景や流行などによって、日本刀の形状は変化してきました。そのため、様々な形状がある日本刀ですが、多くの日本刀では一定の「反り」(そり)を確認できます。日本刀は、ある意味この独特な「反り」があるからこそ、美しいとも言えるのです。この日本刀の反りには、いったいどのような役割があり、反らせることによってどのような効果があるのか。また、日本刀にある反りの種類や時代による反りの変化について、詳しくご紹介します。

反りとは

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

棟(むね)とは

棟(むね)とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

棟(むね)とは

日本刀の地鉄

日本刀の地鉄
「地鉄」(じがね)の美しさに気付くことは、日本刀を鑑賞する上で、とても重要なポイントです。地鉄とは、「折り返し鍛錬」によって生じた、「鍛え肌」(きたえはだ)・「地肌」(じはだ)の模様のこと。「姿」(すがた)や「刃文」(はもん)とともに、その刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる見どころです。ここでは、日本刀の地鉄の見方について、詳しくご紹介しましょう。

日本刀の地鉄

日本刀の刃文

日本刀の刃文
日本刀を鑑賞する最大の魅力と言えば、「刃文」(はもん)の美しさでしょう。刃文とは、「焼刃」(やきば)に入った「刃先」(はさき)の模様のこと。「帽子」(ぼうし)もまた「鋒/切先」(きっさき)に入った刃文です。刃文は「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)と共に、その刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる物。ここでは、日本刀の刃文について詳しくご紹介します。

日本刀の刃文

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ
「日本刀」には様々な見所があります。それは、刀工によって細部までこだわりぬかれた結果です。ここでは、日本刀鑑賞における細かなポイント(刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ)についてご紹介します。

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ

注目ワード
注目ワード