日本刀鑑賞のポイント

日本刀の造り・姿とは

文字サイズ

美術品として刀剣の鑑賞を楽しむときに観どころとなる部分はいくつかありますが、なかでも、作刀された時代を知る有力な手がかりとなるのが「造り」や「姿」です。刀剣は、それぞれの時代によって異なる必要性や要求に合わせて作られているため、その造りや姿の中に時代ごとの社会的特徴が反映されています。つまり、刀剣の造りや姿を知ることは、「日本の歴史そのものを知ることにつながる」と言えるのです。ここでは、刀剣の造りや姿について、詳しくご紹介します。

日本刀の見どころ 日本刀の姿

日本刀の見どころ「日本刀の姿」

刀剣の「姿」とは

刀剣の姿の別名

刀剣の姿を鑑賞

刀剣の姿を鑑賞

刀剣の姿は、別名「体配」(たいはい)とも呼ばれ、「刀身」(とうしん)の「」(なかご)以外の部分、「鋒/切先」(きっさき)から「棟区」(むねまち)までを指します。

姿は様々な部位から構成されており、刀剣を鑑賞する際には、そのひとつひとつに注目していくことが大切です。

刀剣の姿を鑑賞する際には、白鞘(しらさや)や(さや:刀身を収めるための筒状の覆い)から刀身を抜き出して、まっすぐに立てた状態で鑑賞をします。

まっすぐに鑑賞すると言うと、鋒(ほう:刃物の先端)と中心を結んだ線を垂直にして鑑賞してしまいがちですが、これは誤りで刀剣の中心をまっすぐに立てた状態で鑑賞するのが正しい方法。

このように鑑賞することによって、それぞれの刀剣の違いをしっかりと見比べることができるのです。

時代の特徴が反映される日本刀の姿

刀剣の姿は、どれも同じ形であると思われがちですが、刀剣には一定の流れがあり、それぞれ全く違った姿をしています。制作された時代の中で、必要や目的に応じて、その姿が色濃く反映。

刀剣の反り

刀剣の反り

つまり、刀剣の姿を観ることによって、どのような時代に生み出されたのかを、推察することができます。特に時代背景を色濃く残しているのが、「反り」の部分です。

非常に古い時代に作られた刀剣は、手元部分に反りがあるのが大きな特徴。平安時代後期に主流となっていた刀剣は、鎺元(はばきもと)部分で大きく湾曲している形になっています。逆に、鋒部分では、あまり反りがないのです。

このような形状は、斬撃力に加えて、刺突に優れ、効率性を求めて作られています。

その後、鎌倉時代や南北朝時代など、時代が進んでいくにつれて、この反りの部分が鋒側に移動。さらに、反り幅自体も浅めになっていくのです。

身幅や刀身の厚さ、刀剣自体の長さなども、時代に合わせてそのつど変化。鎌倉時代中期までは、身幅は徐々に広くなり、合わせて厚くなっていきました。

そして、鎌倉時代以降から南北朝時代にかけては、大太刀などの刀身の長い物が登場したことによって、身幅はさらに広くなる一方で、軽さを得るため薄くなっていったのです。

一般的な刀剣は、1対1での戦いが主流でしたが、大太刀などは一対多数を目的として生み出された物であり、騎馬戦において相手集団を薙ぎ払う(なぎはらう:勢いよく横にはらう)ために使用。また、鋒/切先部分もしっかり観察すると、時代ごとに微妙な違いがあります。

例えば、平安時代などは鋒が小さめの小鋒/小切先となっているのですが、鎌倉時代や南北朝時代の流れの中で、徐々に大きさが変わっていき、南北朝時代においては刀身の長大化に合わせて大鋒/大切先の形状が主流に。

このように、刀剣の姿を観ることによって、いつの時代にできた物なのかを高い確率で推測することができます。

鋒/切先の種類

鋒/切先の種類

美術品として鑑賞される日本刀の姿

刀剣という言葉を聞いたとき、真っ先に思い浮かぶのは「戦」。古くから刀剣は存在しており、大陸などの剣と異なり「いかに効率よく切ることができるのか」「切った際に刃先のダメージを抑え、いかに長く切り続けることができるのか」といった戦における効率性を重視して、刀剣は生み出されてきました。そのため、戦の戦法やどのような相手との戦いを想定するかによって形状が変わってきたのです。

しかし、刀剣は武器というだけで、今まで伝えられてきたのではありません。かつての日本人は、戦の道具として刀剣を評価するだけではなく、美術品、つまりは鑑賞の対象とするという文化がありました。

刀剣の姿は、一般的に曲線状の形をしています。非常に美しい形状であり、その美しさは、世界中を見渡しても、なかなか見かけることはありません。

そして、現代においても他に類を見ないほどの美しい刀剣として、日本人だけではなく、世界中の人達から愛される美術品として存在しているのです。

刀剣 刀剣各部の名称

刀剣には、様々な名称があり、それらを知っておくことで、さらに刀剣鑑賞を楽しむことができます。では、刀剣各部の名称について、詳しく見ていきましょう。

刀剣各部の名称

刀剣各部の名称

刀身

「刀身」とは、鍔(つば)に該当する部分から、鋒/切先までの部分のこと。いわゆる鞘に収まる部分であり、刀身は、さらに細かな部位に分類されます。

刃長

「刃長」とは、鋒/切先から茎(なかご:刀身の柄に被われる部分)までの長さのこと。刀剣は、刃長の長さによって、名称が異なります。主な名称としては、次のような物です。

  • 大太刀:刃長が約90cm以上3m未満(3尺以上10尺未満)
  • 太刀:刃長が約70cm以上90cm未満(2尺3寸以上3尺未満)
  • 刀:刃長が60.6cm以上(2尺以上)
  • 脇差:刃長が30.3cm以上(1尺以上2尺未満)
  • 短刀:刃長が30.3cm未満(1尺未満)

時代背景としては、大太刀は南北朝時代、太刀は平安から室町時代、刀は室町時代以降に多く用いられていたと言われています。

日本刀の種類ごとの刃長

日本刀の種類ごとの刃長

鋒・切先

鋒・切先

鋒・切先

「鋒」は「切先」(きっさき)とも書かれ、この部位は、刀身の先端部分。

具体的には、「鎬筋」(しのぎすじ)と刃から棟に引かれた「横手」(よこて)が交わる、「三つ頭」(みつがしら)より上の部分。

刀剣の美しさが一番際立つところで、敵を直接斬ったり、刺したりする部位でもあります。鋒/切先の仕上がりが、その刀剣の美と威力を左右すると言っても過言ではありません。

刀匠達は、この鋒/切先がさらに強固で切れ味の良い物になるように、合戦が繰り返されるたびに、改良を重ねていったのです。

帽子

時として、鋒/切先そのものを指すこともあります。

鋒/切先には刃文があり、鋒/切先の刃文のことを「帽子」と言い、鋒/切先の形と帽子の部分は、時代によって異なる戦闘様式や流行によって変化。難しい技術が必要な箇所で、刀匠の個性が最も表現される部位でもあるのです。

反り

反り

反り

鋒/切先から棟区(むねまち)までを線で結び、棟とその線までが一番離れている場所の寸法を反りと言います。

この反りこそ、刀剣を象徴する美しさの要。反りが付くことによって、少ない力で効果的に物を切ることができるのです。

刃先

鋒/切先から刃区(はまち)までの部分のこと。いわゆる刃がある部分であり、非常に切れ味が良い部分です。

刃文・焼刃

刃文

刃文

刀剣の焼き入れの際に生じる文様(もんよう:模様)のこと。

焼き入れの状況によって、様々な文様になるのが特徴であり、「沸出来」(にえでき)や「匂出来」(においでき)、「直刃」(すぐは)や「互の目乱刃」(ぐのめみだれば)、「丁子乱刃」(ちょうじみだれば)などいろいろな呼び名があります。

刀匠自身や流派によって大きく異なるので、美術品として刀剣を鑑賞する際にも重要なポイントとなる部位です。

刃は刃先を含む先端が鋭利に成型された箇所。焼き入れの工程によって、非常に硬質化している部分となっています。

平地

平地

平地

鎬筋から刃先までの部分のこと。地鉄をしっかりと鑑賞できる部分であり、刀剣鑑賞の際には重要な鑑賞箇所です。

横手

横手

横手

鎬筋から刃先にかけてできる平地と鋒/切先の境となる部分です。

ふくら

ふくら

ふくら

「ふくら」とは、鋒/切先のカーブのこと。丸みがあることを「ふくら付く」、「ふくら張る」。

逆に、丸みがなく鋭くなることを「ふくら枯れる」と表現し、特に直刀時代の雰囲気を残した、小鋒/小切先でふくらが付かない直線的な物を「かます鋒/切先」と呼びます。

鎬地

鎬地

鎬地

鎬筋から棟角(むねかど)までの部分。研師によって美しい鏡面仕上げに研ぎあげられることが多いです。

鎬筋

鎬筋

鎬筋

横手から茎尻までの平地と鎬地の境にある部分を言います。

このように、刀剣には、細かく名称が付けられています。はじめて聞いた部位名称や、どこかで聞いたことがある部位名称もあり、細かく名称が分類されていることで、非常に難しく感じてしまうことも。しかし、刀剣の各部名称をしっかり把握しておくことで、刀剣鑑賞をより楽しむことができます。

刀剣の形状「造込み」とは

「造込み」とは、刀剣の形状のこと。

反り具合や鎬(しのぎ)の有無、各部の厚みの違いにより、大きく2種類に大別。この形状は刀剣独自の物で、刀剣の美しさは、鎬の高さと身幅のバランスで決定するとも言われています。

刀剣の造込みの種類

造込みの種類としては、「鎬造り」(しのぎづくり)と「平造り」(ひらづくり)です。

造込みの種類

造込みの種類

鎬造り

「鎬造り」とは、別名「本造り」。刀身側の山形に高くなっている部分である鎬を造込むこと。

この鎬造りにより、刀剣を強く折れにくくする効果があります。なお、鎬筋は「棟側」に寄っているのがポイント。

鎬造りができる平安時代より前の「切刃造り」(きりはづくり)は、鎬筋が「刃側」に寄っているため、平安時代前期の物には、鎬筋がまだ中央に近い物もあります。

平造り

一方、平造りとは、鎬のない平面的な造込みのこと。平安時代以前の太刀の多くは平造りでした。平安時代以降は短刀に多く、刃先が鋭利で切れ味に優れています。

また、造込みは、鎬造りと平造りの他にも、時代の要請に応じて、以下の物が作られました。それぞれについて、簡単にご紹介します。

両刃造り(もろはづくり)
両側に刃が付いている、剣タイプの造込みで室町時代に多いです。
菖蒲造り(しょうぶづくり)
「菖蒲」(しょうぶ)の葉に似ているので、名付けられました。横手がなく、鎬筋が鋒まで伸びる物。室町時代中期から室町時代後期。
冠落造り(かんむりおとしづくり)
棟の上半分の肉を削ぎ落とし、菖蒲造りにした造込み。短刀に多い、古刀期の大和伝。
切刃造り(きりはづくり)
刀剣が完成する前の直刀に多い造込み。鎬が刃側に寄っているのが特徴。

鎬造りは、この切刃造りが進化した物。奈良時代に多いです。

おそらく造り(おそらくづくり)
横手筋が刀の中心ぐらいまで下がり、鋒/切先が大きく鋭くなる造込み。室町時代の駿州助宗の短刀にこの造りがあり、「おそらく」と銘が切られていたので名付けられました。
片切刃造り(かたきりはづくり)
片側が平造りで、もう片側が鎬造りになっている造込み。

南北朝時代の相州伝や江戸時代前期、幕末に多いです。

鵜首造り(うのくびづくり)
棟側から観ると、鵜(う)の首の形に似ています。鋒部分と下半分の棟を残し、その間の鎬地を削った物。鎌倉時代、南北朝時代の短刀、脇差に多い造り。
長巻造り(ながまきづくり)
薙刀を大きくしたような物。反りは浅く、中心が長い。室町時代に登場し戦国時代に多くなりました。
薙刀造り(なぎなたづくり)
先身幅が張って反り、中心が長い。鵜の首造りに多く、長巻よりも寸が詰まっています。江戸時代。
鎧通造り(よろいどおしづくり)
鎧の隙間を狙って刺し貫けるように作った物。身幅が狭く、重ねが厚いです。

鎌倉時代、室町時代。

(けん)
長さに関係なく、両刃で表裏、左右均等の物。
毛抜型太刀造り(けぬきがたたちづくり)
平安時代後期に流行。茎に毛抜に似ている透かしがあります。

このように、時代によって造りにも大きな違いがあります。刀剣鑑賞の際には、造りもよく確認すると良いです。

まとめ

刀剣の姿や造込みというのは、美術品として刀剣鑑賞を行なう際に、有力な手がかりとなる部分です。歴史や需要などによって大きく異なっているので、これらを見ることでそれぞれの時代を特定する手助けとなります。

今回ご紹介したポイントを押さえながら、美しい刀剣の姿を紐解いてみましょう。

日本刀の造り・姿とは

日本刀の造り・姿とはをSNSでシェアする

「日本刀鑑賞のポイント」の記事を読む


日本刀鑑賞ポイント

日本刀鑑賞ポイント
日本刀を鑑賞する際には、いくつかのポイントを知っておくと、より日本刀を楽しむことができます。観るポイントを押さえ、日本刀の美しさを体感しながら鑑賞することで、その深い魅力に気付くことができるのです。ここでは、そんな日本刀の鑑賞ポイントをご紹介します。

日本刀鑑賞ポイント

日本刀の姿

日本刀の姿
日本刀を鑑賞するポイントは、日本刀の美しさを構成している要素をよく観ること。ズバリ、日本刀の「姿」(すがた)・「刃文」(はもん)・「地鉄」(じがね)、そして「茎」(なかご)です。まずは、日本刀の姿に注目。日本刀の姿を作る、「鋒/切先」(きっさき)・「反り」(そり)・「造込み」(つくりこみ)・「長さ」を良く観て全体的にとらえることができれば、作刀された時代や個性を読み取れるようになれます。そこで、日本刀の姿について詳しくご紹介しましょう。

日本刀の姿

反りとは

反りとは
時代背景や流行などによって、日本刀の形状は変化してきました。そのため、様々な形状がある日本刀ですが、多くの日本刀では一定の「反り」(そり)を確認できます。日本刀は、ある意味この独特な「反り」があるからこそ、美しいとも言えるのです。この日本刀の反りには、いったいどのような役割があり、反らせることによってどのような効果があるのか。また、日本刀にある反りの種類や時代による反りの変化について、詳しくご紹介します。

反りとは

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

棟(むね)とは

棟(むね)とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

棟(むね)とは

茎(なかご)とは

茎(なかご)とは
普段は「柄」(つか)に収められている、日本刀のグリップ部分である「茎」(なかご)。茎には、刀工名や制作年月日などの情報が記された「銘」(めい)があるため、日本刀を鑑賞するうえでとても重要な部分です。茎の形状や種類などについて解説していきます。

茎(なかご)とは

日本刀の地鉄

日本刀の地鉄
「地鉄」(じがね)の美しさに気付くことは、日本刀を鑑賞する上で、とても重要なポイントです。地鉄とは、「折り返し鍛錬」によって生じた、「鍛え肌」(きたえはだ)・「地肌」(じはだ)の模様のこと。「姿」(すがた)や「刃文」(はもん)とともに、その刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる見どころです。ここでは、日本刀の地鉄の見方について、詳しくご紹介しましょう。

日本刀の地鉄

日本刀の刃文

日本刀の刃文
日本刀を鑑賞する最大の魅力と言えば、「刃文」(はもん)の美しさでしょう。刃文とは、「焼刃」(やきば)に入った「刃先」(はさき)の模様のこと。「帽子」(ぼうし)もまた「鋒/切先」(きっさき)に入った刃文です。刃文は「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)と共に、その刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる物。ここでは、日本刀の刃文について詳しくご紹介します。

日本刀の刃文

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ
「日本刀」には様々な見所があります。それは、刀工によって細部までこだわりぬかれた結果です。ここでは、日本刀鑑賞における細かなポイント(刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ)についてご紹介します。

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ

注目ワード
注目ワード