日本刀を知る

押形とは

文字サイズ

刀剣を入手したなら、まずは刀剣の管理の仕方や、保管方法を学ぶことと思います。そして、知識を深めるために「押形」(おしがた)や「入札鑑定」(にゅうさつかんてい:刀剣の反り、地鉄、焼刃などを観察して、制作者や時代を当てる遊び)など、様々な刀剣との触れ合い方を知ることになるでしょう。刀剣を記録する方法である押形についてご紹介します。

刀剣押形の歴史

「押形」(おしがた)とは、立体的な物に塗料を塗り、紙や布にその形状を写し取ることです。子供の頃に10円玉の上に紙を置き、その上から鉛筆でこすっていくことで、10円玉の姿が浮かび上がってくるという遊びをした方もいるのではないでしょうか。この遊びと押形の原理は同じです。

押形の歴史

手書き押形

手書き押形

押形が行なわれはじめたのは、室町時代からと言われています。

この頃の押形は、写生が一般的な方法で、美術的な価値を残すというよりも、単なる記録資料としての意味合いしか持ちませんでした。

その後、より正確に立体物の姿を写し取る絵図の技法である「拓本」(たくほん)が中国で発案され、拓本を応用して生まれたのが、刀剣の形状を写し取る日本独自の「刀剣押形」。刀剣押形は、湿気によって錆びやすく、刃は破損しやすいといった、非常に繊細な刀剣を、絵や図で正確に記録する方法として活用されるようになります。

刀剣は、戦や火事による焼失や紛失も多く、素晴らしい名刀の情報を正しく後世に残すことは、当時とても困難を極めました。しかし、刀剣押形ができたことにより、たとえ実物の刀剣を失ったとしても、大きさ、形、意匠などを、後世に伝えることができるようになります。

また、制作者の名前や、作刀した日付などが記されている「」(めい)が刻まれた「」(なかご:刀剣の持ち手の部分)を記録できるため、押形と実際の刀剣を見比べることにより、贋作(がんさく:偽物のこと)を見抜くのにも有効な方法として重宝されました。

刀剣押形には、刀身全体を写し取る「全身押形」と、「鋒/切先」(きっさき)や茎などの一部分だけを写し取る「部分押形」があります。

現代の押形

現在は、写真技術の発達により、投影が困難とされてきた「刃文」(刀身に見られる模様)を記録できるカメラが登場しています。そのため、わざわざ押形で刀剣を記録する必要がないと思われるかもしれません。しかし、押形を作ることは、刀剣を観察する訓練にもなります。

また、精密に描写された押形は、「刃中の働き」(はちゅうのはたらき:刃文のさらに中に現れる模様のこと)による景色が写真以上に分かりやすく、観るだけで刀剣鑑賞の勉強になるという点で、あらためて評価されるようになりました。

このように、押形は記録資料でありながら、鑑賞の対象にもなったり、鑑定眼を鍛えたりすることにも繋がっているのです。

拓本の歴史

ここでは、中国から伝来した「拓本」とは、いったいどのような方法なのかを解説していきます。

拓本の種類

拓本を作る方法は、大きく分けて「湿拓」(しったく)と「乾拓」(かんたく)の2種類です。

湿拓は、紙や布を濡らして対象物に密着させ、乾く前に墨を塗って写し取る方法、乾拓は、鉛筆や固形の墨などでこすって拓本を取る方法となっています。

室町時代から行なわれていた拓本は、中国から伝来した湿拓で、乾拓は明治時代に日本で考案された方法です。さらに乾拓には細かな分類がされており、「間接拓」(かんせつたく)と「直接拓」(ちょくせつたく)があります。

間接拓は、写し取りたい対象物の上に、紙などを載せてさらに上から固形の墨でこする方法。直接拓は、対象物に直接墨を塗り、版画のように紙を押し付けて写し取ります。

江戸時代の「石華墨」による拓本

江戸時代末期になると固形の墨である「石華墨」(せっかぼく)が使われるようになり、さらに明治時代以降は、鉛筆による刀剣押形も作られました。

石華墨は、もともと中国で碑石の書を紙に写すために考案されましたので、茎の銘などを写し取る刀剣押形にぴったりの墨だと言えます。

押形の作り方

現在、最も広く行なわれている押形の作り方は、和紙と石華墨を使用する方法です。茎の一部を写し取る部分押形の作り方について、用意する道具と作り方の手順を解説します。

用意する道具

和紙と石華墨

和紙と石華墨

押形で使用する和紙は、刀剣押形用の「上質和紙」と呼ばれる紙です。一般的な和紙では、上手く投影できない可能性があります。

その他に必要な基本の道具は、消しゴムや練り消しゴム、墨筆、濃淡に違いのある鉛筆を数種類などです。

また、固定した位置から和紙がずれないように、重りとなる道具を用意すると良いでしょう。

石華墨の手順

  1. 刀剣の上から和紙を被せ、位置を固定
  2. 日本刀の輪郭を取る

    日本刀の輪郭を取る

    和紙の上から刀剣の姿に沿って石華墨で縁取ります。茎の形や、銘として刻まれている文言、鑢目(やすりめ)などが浮かび上がりますが、強くこすり過ぎると細かな模様がつぶれてしまうので細心の注意が必要です。

    また、こする箇所によって強弱を付けてしまうと、色ムラができてしまうため、均等な力加減が重要となってきます。

  3. 茎部分は特に丁寧に石華墨で刷る
  4. 銘文を浮かす

    銘文を浮かす

    茎の部分は、特に丁寧に石華墨でこすりましょう。茎の銘文を綺麗に刷るため、慎重な作業が必要になります。

    このとき和紙を動かさないようにすることが重要で、重りでおさえる、または布でくるんだ洗濯ばさみを使用するなど、身の回りの道具を活用しても構いません。石華墨でこすっていくと、次第に茎の形や、銘文が浮かび上がってきます。

    また、石華墨を使用すると墨の粉が出てきますので、ブラシで掃きながら行なうのが、綺麗に描くためのコツです。

  5. 刃文や刃中を観察して加筆する
  6. 刃文や刃中を加筆する

    刃文や刃中を加筆する

    押形では細かく表現しづらいような刃文や、刃中の働きは、墨筆で描くのがおすすめ。

    刃文や、刃中の働きは、刃をしっかり観察すると見えてくるので、加筆により表現することが、押形の醍醐味のひとつとも言えます。

石華墨の注意点

石華墨はやわらかいため、和紙の上からこすったとしても、刀身を傷付けることはありません。前述した要点に気を付ければ、初心者でも失敗せず行なうことが可能です。

一方で最も難しいとされるのが、墨汁を使って描き出す方法で、石華墨のように容易ではなく、熟練の技と集中力が必要となります。なお直接、刀剣に墨汁やインクを塗ってはいけません。

刀剣に錆を発生させる原因になってしまう他、損傷にも繋がってしまいます。

刀剣の研究や鑑賞に役立つ押形集

江戸時代になると、鑑定家や刀工、刀剣研究家などが著した絵図や押形を集めて本にした「押形集」(おしがたしゅう)が編纂されるようになりました。

代表的な押形集をいくつかご紹介します。

往昔抄
「往昔抄」(おうじゃくしょう)は、1516年(永正13年) 美濃国(現在の岐阜県)の戦国武将「斎藤利安」(さいとうとしやす)が集めた茎の押形を、子の「斎藤利匡」(さいとうとしまさ)がまとめた押形集。

原本の書名は「往昔集」でしたが、戦の混乱により失われ、現存しているのが写しである往昔抄(「抄」は書き取る、または抜き取るといった意味がある)のみだからです。

しかし、日本最古の押形集として、1944年(昭和19年)に重要美術品の指定を受けており、現在は「国立国会図書館デジタルコレクション」のサイトから閲覧することができます。

埋忠銘鑑
「埋忠銘鑑」(うめただめいかん)は、もともと京都西陣で金工家(刀剣の金属装飾を作る職人)から刀工となった埋忠家に、彫刻や金具の制作、「磨上げ」(すりあげ:大太刀太刀の茎先を詰めて刃も短くすること)などのために持ち込まれた刀剣の記録書です。

1596~1652年(慶長元年~慶安5年)の刀剣が掲載されています。

太閤御物刀絵図
「太閤御物刀絵図」(たいこうぎょぶつかたなえず)は、江戸時代の刀剣鑑定家「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)が写生した絵図です。

その名の通り、太閤「豊臣秀吉」が蒐集(しゅうしゅう:趣味・研究のために集めること)した名物刀剣を掲載しており、内容の異なる以下の5つの写本が存在します。

  • 石田三成」の依頼で書かれた「石田本」
  • 毛利輝元」に献上された「毛利本」
  • 大友氏(北九州を支配した戦国大名家)所蔵の「大友本」
  • 金工家「埋忠寿斎」(うめただじゅさい)によって写された「埋忠本」
  • 刀剣研究家「中村覚太夫」(なかむらかくだゆう)による「中村本」
  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 石田三成のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 毛利輝元のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

光山押形
「光山押形」(こうざんおしがた)は、刀剣鑑定家「本阿弥光貞」(ほんあみみつさだ)によって著された、江戸時代を代表する押形集のひとつ。

古刀の押形が2,700振ほど掲載されています。書名の「光山」は本阿弥光貞の父の名となっており、これは1917年(大正6年)に「中央刀剣会」から出版された際に、誤って光山押形と名付けられたためです。

継平押形
「継平押形」(つぐひらおしがた)は、1717年(享保2年)に2代目「近江守継平」(おうみのかみつぐひら)の著した本。江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」の命で、将軍家所蔵の刀剣を描いた絵図です。

名物刀剣の全身押形を含め、茎と刃文を写した押形が、89振掲載されています。折紙(刀剣の鑑定書。銘、寸法、彫り物などが記されている)の枚数や、献上者なども記載されているため、刀剣史料としても貴重な押形集です。

徳川吉宗を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

土屋押形
「土屋押形」(つちやおしがた)は、江戸時代末期の旗本で、多くの刀剣を蒐集した刀剣研究家の「土屋温直」(つちやはるなお)の所蔵品。大名家に伝わる宝刀が多数掲載されているなど希少性の高い押形集です。

まとめ

押形がはじめられた室町時代当時、刀剣の押形は単なる記録としての意味しか持ちませんでした。しかし、戦国時代から江戸時代に発達した押形は、刀剣の記録でありつつ美術的価値を伝える媒体へと進化。

そして現在の押形は、刀剣鑑賞の楽しみ方のひとつでもあります。それは、押形が単なる記録としての側面以上に、刀剣の美しさを客観的に理解し、鑑賞眼を鍛えるなど学びの精神にも貢献しているからです。

刀剣の押形体験は、刀剣愛好団体のイベント、または各地の博物館などで行なわれていますので、ぜひ興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

押形とは

押形とはをSNSでシェアする

「日本刀を知る」の記事を読む


国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣
国内外問わず、美術品として高い人気を誇る日本刀。時代を超えて現代に残る日本刀は、その歴史的・美術的価値を守るために、「有形文化財」として登録されることがあります。日本刀の価値を高め、後世に残すための「文化財保護法」。また、それに付随する「国宝」や「重要文化財」とは何か、どのような基準で登録されるのか。分かりやすくご紹介します。

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

御物の日本刀とは

御物の日本刀とは
「御物」(ぎょぶつ)とは、皇室の私有品として天皇家に伝来した美術品や古文書などの所蔵品のこと。現在は宮内庁が管理しており、御物の中には日本刀も多数含まれています。その理由は、大名などから献上された他、「明治天皇」をはじめ「愛刀家」として知られる天皇らが名刀を収集したためです。御物の日本刀では、御物の歴史と共に御物に指定されている名刀をご紹介します。

御物の日本刀とは

守り刀・枕刀とは

守り刀・枕刀とは
日本には、古くから日本刀にまつわる風習が数多く伝わってきました。そのひとつが、大切な人を守護するために短刀を贈るという習慣で、これらの短刀は「守り刀」(まもりがたな)と呼ばれています。誕生したばかりの子どもや花嫁などの子女に贈る場合の他、故人の枕元や胸元に置くのも守り刀です。一方、就寝時に枕元へ置いて魔除けの効果をもたらす守り刀のことを「枕刀」(まくらがたな)と呼び、この慣習は武家の時代から行なわれていました。守り刀・枕刀とはでは、持ち主を護るための日本刀である「守り刀」についてご紹介します。

守り刀・枕刀とは

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀だと言われて高い金額で購入した日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

本阿弥家と折紙

鞘書とは?

鞘書とは?
「鞘書」(さやがき)とは、日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

注目ワード
注目ワード