歴女について

歴女におすすめのお祭り

文字サイズ

勇壮な合戦絵巻に鉄砲隊の演武、甲冑姿の武者達や、姫を乗せた輿(こし)の行列など、歴女の心を躍らせるイベントが目白押し。それが、戦国武将ゆかりのお祭りです。現在、全国各地で戦国武将にまつわるお祭りが開催され、毎年多くの観客を集めています。お祭りでは、歴史の教科書や時代劇でしか観ることのできなかった戦国時代の風景が、まさに目の前で再現されるのです。歴女のみなさんもその世界へいざなわれ、迫力に圧倒されることでしょう。そんな全国の名だたるお祭りのなかから、山梨県甲府市の「信玄公祭り」、京都府京都市の「時代祭」(じだいまつり)、愛知県名古屋市の「名古屋まつり」、福島県相馬市の「相馬野馬追」(そうまのまおい)の4つをピックアップ。歴女におすすめのお祭りとして、特徴や見どころをご紹介します。

武田信玄の遺徳を偲ぶ「信玄公祭り」

甲斐国(現在の山梨県)を治めた「武田信玄」は、歴女からの人気も高い戦国武将です。越後国(現在の新潟県)の「上杉謙信」と北信濃(現在の長野県北部)の覇権を争った5次に亘る「川中島の戦い」は、あまりにも有名。そんな武田信玄のお膝元である山梨県では、武田信玄の命日にあたる毎年4月12日直前の金曜日から日曜日にかけて、遺徳を偲ぶ様々なお祭りが行なわれています。

  • 武田信玄のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 上杉謙信のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した川中島の戦いをご紹介!

  • 武将達が戦った川中島の戦いの古戦場をご紹介!

  • 上杉謙信のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

1,000名を超える軍勢が出陣!

そのなかでもメインとなるのが、山梨県甲府市の中心街を舞台とした「甲州軍団出陣」です。これは、武田信玄の重臣「武田二十四将」をモチーフとした時代行列で、県内各地から集結する軍勢は1,000名以上。武者行列の規模としては抜きん出ています。

舞鶴城公園

舞鶴城公園

JR甲府駅」にもほど近い「舞鶴城公園」で執り行なわれる「出陣の儀式」、「三献の儀」は、勇ましくも厳かな雰囲気に包まれ、見る者の身も引き締まるようです。

そのあとに、「風」、「林」、「火」、「山」の各軍団が出陣。夕刻の甲府市内を馬に乗った武田信玄と武田二十四将が、おのおの徒歩の軍勢を率いて練り歩きます。

川中島への出陣を再現した壮大な行列は、歴女達の気持ちを掴んで放すことはありません。

また、俳優など有名人が武田信玄に扮するのも大きな見どころのひとつ。さらに、NHK大河ドラマ「風林火山」の放送が決まると、2006年(平成18年)からは、武田二十四将のひとりでもある軍師山本勘助」(やまもとかんすけ)役も有名俳優が務めることとなりました。

もちろん、お祭りではグルメや文化交流、パフォーマンス披露など、多彩なイベントも開催。歴女のみなさんが3日間をたっぷりと楽しめる内容となっています。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 主君や師匠を陰で支えてきた歴史上の実力者についてご紹介します。

歴史絵巻が京を彩る「時代祭」

時代祭」(じだいまつり)は、平安遷都1,100年を記念し、1895年(明治28年)に始まった「平安神宮」(京都市左京区)の大祭です。毎年、京都の誕生日と言われている10月22日に執り行われます。

葵祭」、「祇園祭」と並ぶ「京都三大祭り」のひとつにも数えられ、京都市民が主体となって行なわれるメイン行事の「時代祭行列」は、総勢2,000名が参加する一大行列。「明治維新時代」、「江戸時代」、「安土桃山時代」、「室町時代」、「吉野時代」、「鎌倉時代」、「藤原時代」、「延暦時代」という8つの時代をさかのぼり、それぞれの行列が秋の京都を華やかに彩ります。

伝統が活きる衣装にも注目を!

時代祭

時代祭

豪華絢爛な行列のなかでも、特に歴女が見逃せないポイントは、参加者が身に付けている衣装や、調度、祭具12,000点にもなるこれらの品々は、綿密な時代考証に基づき、伝統工芸が持つ技術の粋(すい)を集めて復元された本物。

そこには、京都が1,000年の間、都として守り抜いてきた文化の歴史が息づいているのです。

この時代祭行列が歩むルートは、「京都御所」を出発地として京都市役所の前を通り、平安神宮へ至るおよそ2km。京都市の中心街を通るので、お祭り見物の傍ら近隣の名所・旧跡を訪れるのもおすすめです。歴女ならではの視点で、京都の新しい魅力を見付けてみましょう。

三英傑が200万人を集める!?「名古屋まつり」

名古屋まつり」は、毎年10月中旬の2日間に開催。「名古屋城」(愛知県名古屋市中区)や、名古屋の中心街を縦断する「久屋大通公園」などをメインの会場として、多彩なパレードやイベントを楽しむことができます。

その規模は、大都市・名古屋らしく盛大で、2日間を通して名古屋市の人口に迫る約200万人の観客を集めるほど。地元ではない歴女のみなさんも、名古屋まつりについては、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

  • 当時の建物や町並みが楽しめる名古屋の城下町をご紹介します。

  • 戦国武将にまつわる祭り「名古屋まつり」についてご紹介!

  • 戦国三英傑
    「戦国三英傑」の特徴や逸話、合戦の背景。そして後世に与えた影響などをご紹介します。
  • 戦国時代の姫・女武将たち
    陰ながら戦国武将を支えた戦国時代の姫・女武将をご紹介します。
  • 特別史跡 名古屋城へ行こう!
    天下統一を果たした徳川家康によって築城された「名古屋城」の見どころをご紹介します。
  • 刀剣ブログ「名古屋の秋の風物詩【名古屋まつり】」を紹介します。

「名古屋まつり」 YouTube動画

名古屋まつり

勇壮にして華麗な「郷土英傑行列」

郷土英傑行列

郷土英傑行列

ここでは歴女向けに、お祭りの中心となる「郷土英傑行列」をご紹介しましょう。郷土英傑行列に登場するのは、尾張名古屋ゆかりの戦国武将、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の「三英傑」です。

行列の先陣を切るのは、騎馬姿も凛々しい織田信長。次に、名古屋中村で足軽の子として生まれながら天下を取った豊臣秀吉。そして、天下泰平を実現した徳川家康が行列のラストを飾ります。

三英傑はいずれも大勢の家臣や、あでやかな衣装のを率いており、その人数はおよそ600人。名古屋の街が戦国絵巻一色となる光景には、歴女のみなさんも感嘆の声を上げずにはいられないでしょう。

行列の道中では、三英傑の軍勢による火縄銃や竹槍の実演を見ることができます。戦国時代の合戦を再現した臨場感あふれる演技には、歴女ならずとも目が釘付けです。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 武具(馬具、弓矢、火縄銃、など)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「火縄銃とは」をはじめ、武具(馬具、弓矢、火縄銃、など)に関する基礎知識をご紹介します。

「戦国三英傑の武者絵」 YouTube動画

戦国三英傑の武者絵(武将浮世絵)

合戦さながらの騎馬戦に息をのむ「相馬野馬追」

毎年7月下旬の3日間、福島県相馬市で開催される「相馬野馬追」(そうまのまおい)の起源は、およそ1,000年前の「平将門」までさかのぼります。野馬を放ち、敵兵に見立てて軍事訓練を行なったことが、このお祭りの由来と言われているのです。

相馬野馬追は、1日目の「宵乗り」(よいのり)から始まります。出陣の儀式が執り行なわれたのち、騎馬武者達が列を作って出陣。南相馬市原町にある「雲雀ヶ原祭場地」(ひばりがはらさいじょうち)へ向かい、そこでは「宵乗り競馬」が開催されます。

2日目にあたる「本祭り」の主な神事は、騎馬武者による「甲冑競馬」と「神旗争奪戦」(しんきそうだつせん)です。そして3日目は、馬を捕らえて「相馬小高神社」(そうまおだかじんじゃ:福島県南相馬市)へ奉納する「野馬懸」(のまかけ)が行なわれ、お祭りは大詰めとなります。

「相馬野馬追」
YouTube動画

  • 相馬野馬追 ~出陣・宵乗り~
  • 相馬野馬追 ~本祭り~
  • 相馬野馬追 ~野馬懸~

歴女の声援にも熱が入る「神旗争奪戦」

神旗争奪戦

神旗争奪戦

3日間に及ぶお祭りのなかでも、最も観客を熱くするのが神旗争奪戦ではないでしょうか。

これは、雲雀ヶ原祭場地に集った騎馬武者達が、花火で打ち上げられて舞い落ちてくる御神旗を奪い合う行事です。

参戦する騎馬武者は約500騎。花火1発ごとに2本の御神旗が上げられると、舞い降りてくる地点を目指して、騎馬武者達が我先にと殺到します。

巧みに馬を操りながら、押し合い圧し合いする様は、激しい合戦そのもの。落馬してしまう武者もおり、その迫力は並ではありません。

御神旗を勝ち取った騎馬武者は、観客席の傍らにある「羊腸の坂」(ようちょうのさか)を駆け上り、本陣山の山頂へ至ります。そこで、観客の拍手に包まれながら、神社からの御礼と副賞を受け取るのです。

歴女のみなさんも騎馬武者達に声援を送り、勇壮なお祭りを満喫してみてはいかがでしょうか。

「歴女におすすめのお祭り」
YouTube動画

  • 歴女におすすめのお祭り
    歴女におすすめのお祭り
  • 歴女に人気の戦国武将
    歴女に人気の戦国武将

  • 戦国武将
    歴史を動かした有名な戦国武将を取り上げ、人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 武将・歴史人の日本刀
    武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 武将・歴史人イラスト集
    戦国武将や歴史の武将・歴史人のイラストをご覧頂けます。

歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめのお祭りをSNSでシェアする

「歴女について」の記事を読む


歴女におすすめの浮世絵

歴女におすすめの浮世絵
「浮世絵」とは、江戸時代に発達した風俗画のことです。江戸時代には、木版印刷が普及して本や木版画が身近な物となり、歴女が好きな武将を描いた「武者絵」や「偽名絵」(にせなえ)が数多く描かれました。また、浮世絵は観賞するだけではなく、切り抜いて遊ぶなど「おもちゃ」としても活用されたのです。新たな浮世絵の魅力に気付ける、歴女におすすめの浮世絵についてご紹介します。

歴女におすすめの浮世絵

歴女に人気の戦国武将

歴女に人気の戦国武将
戦国武将と言えば、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の三英傑を思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、戦国時代には三英傑だけでなく、多くの武将が戦乱の時代を鮮烈に生き、足跡を残しました。憧れとなるその生き様は日本人の心に刻まれ、その史跡は多く残されているのです。そんな歴女に人気の戦国武将達を、ゆかりの地や食べ物と共にご紹介していきます。

歴女に人気の戦国武将

歴女におすすめの城

歴女におすすめの城
「日本の城」という言葉でイメージする物と言えば、美しく積まれた石垣や高くそびえる天守(てんしゅ:城郭建築の中心となる高く造った建物のこと)ではないでしょうか。実は、城の起源は弥生時代にまで遡り、日本国内には分かっているだけでも50,000もの城跡があると言われています。戦乱が増加した南北朝時代から江戸時代までの城についての解説と、歴女におすすめの城をご紹介します。

歴女におすすめの城

新撰組とは

新撰組とは
江戸時代末期、京都治安維持のために結成された「新撰組」(しんせんぐみ)。新撰組は、「尊皇攘夷思想」(そんのうじょういしそう:天皇を敬い、外国人を打ち払う考え)を持ち、京都で乱暴狼藉を行なっていた、不逞浪士の取り締まりをするために結成されました。この組織のリーダーに「近藤勇」、副長「土方歳三」、隊士「沖田総司」らがいます。 彼らは様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物として取り上げられ、今なお歴史ファンや歴女を魅了してやみません。そんな新撰組と、近藤勇、土方歳三、沖田総司の3人についてご紹介します。

新撰組とは

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの甲冑
戦国武将の姿をイメージするとき、甲冑をまとった勇姿を思い浮かべる歴女の方も多いのではないでしょうか。現代でも馴染み深い、日本独自の甲冑スタイルである「大鎧」(おおよろい)が登場したのは平安時代のこと。以降、日本の甲冑は、「日本式甲冑」として世界でも類を見ない進化・発展を遂げることとなります。 そのなかでも、戦国時代後期の安土桃山時代から江戸時代にかけて主流となった「当世具足」(とうせいぐそく)は、大規模な集団戦や鉄砲戦に対応できる機能を備えていたばかりでなく、着用する武将の思想や世界観がデザインに反映され、個性が際立っていました。戦国武将が身に付けていた甲冑にはどのような個性が表れていたのか、歴女人気の高い名将を中心に見ていきましょう。さらに、歴史的に貴重な甲冑の名品もご紹介します。

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの古戦場

歴女におすすめの古戦場
歴史を感じることができる場所のなかでも、近年、注目度が高まっている「古戦場」。古戦場の魅力とは、どんなところにあるのでしょうか。古戦場の解説に加え、全国にある古戦場から歴女におすすめの地をピックアップしてご紹介します。

歴女におすすめの古戦場

御城印とは

御城印とは
近年の日本では、神社仏閣を参拝した証しに頂ける「御朱印」がブームになっていますが、そのお城バージョンとも言える、「御城印」(ごじょういん)をご存じでしょうか。最近の戦国武将人気により、ゆかりのあるお城を巡る人達が増え、「登城証明」である御城印を集めることが、ブームの兆しを見せています。御城印について解説しながら、御城印という言葉を初めて聞いたという人にも分かりやすく、オススメの御城印のある日本全国のお城についてご紹介します。

御城印とは

城ガールとは

城ガールとは
近年、若い女性を中心に「〇〇ガール」や「〇〇女子」、「〇女」といった造語が生まれていますが、そのひとつである「城ガール」とは、「お城女子」とも呼ばれるお城が好きな女性のこと。城ガールはフットワークが軽いため、様々なお城を巡り、楽しんでいます。 そんな城ガールの特徴と、人気のお城をご紹介します。

城ガールとは

御朱印とは

御朱印とは
神社仏閣を参拝した際に、その証しとして授与される「御朱印」(ごしゅいん)。昨今の日本史ブームとパワースポットブームが相乗効果を生み、収集する人達が急増しています。そんな中で、実際に御朱印巡りを行なっていても、そもそも御朱印とはいったいどんな物なのか、また、御朱印を拝受する際のマナーはどのようなことに気を付ければ良いのかなど、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。御朱印の由緒や歴史についてご説明すると共に、御朱印巡りの実状についても解説します。

御朱印とは

注目ワード
注目ワード