歴女について

御城印とは

文字サイズ

近年の日本では、神社仏閣を参拝した証しに頂ける「御朱印」がブームになっていますが、そのお城バージョンとも言える、「御城印」(ごじょういん)をご存じでしょうか。最近の戦国武将人気により、ゆかりのあるお城を巡る人達が増え、「登城証明」である御城印を集めることが、ブームの兆しを見せています。御城印について解説しながら、御城印という言葉を初めて聞いたという人にも分かりやすく、オススメの御城印のある日本全国のお城についてご紹介します。

御城印と御朱印の違いとは?

御城印

御城印

日本全国における多くのお城で頒布(はんぷ)されている「御城印」(ごじょういん)は、その天守国宝に指定されている「松本城」(長野県松本市)で、1990~1991年(平成2~3年)頃から始められたことが最初であると言われています。

松本城の御城印は「朱印符」(しゅいんふ)と称され、同城の城主を務めた「小笠原家」と「戸田家」、両家にまつわる意匠の朱印符が2種類用意されており、セットでの購入も可能です。

御城印を頂くことをここでは「購入」と表現しましたが、実はこの言葉には、「御朱印」と御城印が持つ意義の違いが表されています。御朱印は、寺社を参拝し、初穂料などを「納める」ことで初めて授与される、言わば神仏とのご縁を結んだ神聖な証し。一方で「登城証明」である御城印は少し毛色が異なり、観光地で押印できる記念スタンプと同じような意味合いがあるのです。

また御朱印は、事前に用意されている「書置き」(かきおき)の他に、主に宮司や僧侶などに直接御朱印帳に書いて頂く、「直書き」(じかがき)の方式を採っているところもありますが、御城印は、そのほとんどが印刷された物を頂くようになっています。

このように御城印は、御朱印と見た目が似ていても異なる性質を持っているため、御朱印帳に貼り付けて保管しないようにしましょう。寺社で御朱印を頂く際、御朱印帳に御城印が混ざっていると、御朱印が授与されないこともあります。

  • 「御朱印とは」をはじめ、歴女に人気の「城」、「城下町」、「史跡」、「宿場町」、「神社」についてご紹介します。

  • 刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀
    日本刀が奉納・展示されている主な神社・仏閣や宝物館などを一覧でご紹介。

御城印巡りが人気である2つの理由

約30年前に松本城から始まった御城印ですが、その当時は、御城印を頂けるお城はあまり多くありませんでした。

しかし、「真田幸村/真田信繁」(さなだゆきむら/さなだのぶしげ)の生涯を描いた2016年(平成28年)のNHK大河ドラマ「真田丸」(さなだまる)や、同じく「明智光秀」を題材にした2020年(令和2年)の「麒麟がくる」のヒットなどによって戦国武将がブームとなり、その居城や軍事拠点となっていたお城を訪れる人が急増。

さらには、御朱印ブームも追い風となり、天守のあるお城のみならず、城跡においても御城印を頂けるところが増加したのです。

なお、御朱印であれば、神社なら社務所(授与所)、寺院なら納経所(寺務所)で授与されることがほとんどですが、御城印の場合、城内はもちろんのこと、近隣の観光案内所や博物館などお城ごとに頒布場所が異なるため、お出かけ前に一度確認しておきましょう。

  • 真田幸村(真田信繁)のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 「真田幸村ゆかりの史跡」をはじめ、歴女に人気の「城」、「城下町」、「史跡」、「宿場町」、「神社」についてご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 真田幸村と城

    真田幸村の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

  • 戦国武将
    日本の歴史に登場する戦国武将をイラスト付きでご紹介します。
  • 刀剣展示 博物館の日本刀
    全国にある主な博物館・美術館を一覧でご覧頂けます。

気軽に始められる

宗教的な意味合いがある御朱印に比べると、登城証明である御城印は、お城を訪れた記念となる側面があることから、他のお土産と同様、気軽に入手することが可能。

また、御城印の価格は100~300円ほどと比較的安価であり、はがき程度のサイズで持ち帰るのにも邪魔になりません。こういったハードルの低さにより、御城印集めを始める人が増えたと考えられているのです。

お城の歴史を学べる

会津若松城(鶴ヶ城)

会津若松城(鶴ヶ城)

御城印には基本的に、登城したお城の名称だけでなく、歴代城主の家紋や花押(かおう)などをモチーフにした意匠が配されています。

もちろん、実際にお城を訪問し、そのなかで展示されている史料などを見学すれば、お城の由緒や城主となった戦国武将について知ることは可能ですが、御城印があればそれを見返すだけで、お城の歴史を窺えるのです。

例えば、赤瓦の天守が設けられていることで知られる「会津若松城」(福島県会津若松市)別称「鶴ヶ城」(つるがじょう)の御城印には、初代城主であった「葦名家」(あしなけ)の「丸に三つ引」を初めとする、歴代城主の8種類の家紋が押印されています。

そのため、この御城印からは城主が目まぐるしく代替わりを果たし、会津若松の地が激動の歴史を経ていたことが分かるのです。

  • 「会津若松城」をはじめ、刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

  • 「鶴ヶ城(若松城)」をはじめ、日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツをご紹介します。

  • 武将の家紋一覧
    有名武将や偉人の他、「主な江戸100藩」に掲載している、各藩(最終藩主)が使用していた家紋を一覧で掲載しております。

オススメの御城印があるお城3選

ここまでは御城印の概要について解説してきましたが、実際に御城印集めを始めてみたいと思われた人も、いらっしゃるのではないでしょうか。そんな御城印初心者の皆さんにオススメしたいお城3城をご紹介します。

彦根城(滋賀県彦根市)

彦根城

彦根城

国宝に指定されている「彦根城」(滋賀県彦根市)は、「徳川家康」の重臣「徳川四天王」のひとりに数えられる猛将「井伊直政」を始めとする「井伊家」が居城としていたお城です。

こちらの御城印は「入城記念符」と呼ばれ、その最大の特徴は、用紙が鮮烈な朱色であること。

これは合戦の際に、井伊家当主とその軍勢が、「井伊の赤備え」と称される真っ赤な甲冑を着用していたことがモチーフとなっています。このようにカラフルな御城印は、他のお城ではあまり見られません。

さらには、井伊家の定紋(じょうもん:家々に伝わる家紋のうち、正式に用いられている紋章)である「丸に橘」や、旗印に施されていた「井桁」(いげた)の意匠、そして同家の「通字」(とおりじ/つうじ:ある家系で名前に代々用いられている字)である「直」の字が押印されています。

なお、彦根城の御城印は、同城の管理事務所で購入が可能です。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 井伊直政のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史上の人物と刀剣にまつわるエピソードをまとめました。

  • 「彦根城/彦根城博物館」をはじめ、刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

  • 当時の建物や町並みが楽しめる彦根の城下町をご紹介します。

  • 「甲冑とは」をはじめ、甲冑に関する基礎知識をご紹介します。

  • 徳川家康と城

    徳川家康の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

  • 「彦根城(金亀城)」をはじめ、日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツをご紹介します。

日本の城 彦根城 YouTube動画

「彦根城」国宝5城・現存12天守

竹田城(兵庫県朝来市)

竹田城

竹田城

雲海に浮かぶ姿が美しいことから「天空の城」と称され、観光スポットとしても高い人気を博している「竹田城」(兵庫県朝来市)。

厳密に言うと城跡であるこちらでは、2019年(令和元年)11月より、御城印の販売を開始。

築城したと伝わる「山名家」の家紋「五七桐七葉根笹」(ごしちのきりななはねささ)、最後の城主であった「赤松家」の家紋「二つ引両に右三つ巴」(ふたつひきりょうにみぎみつどもえ)、両家(山名家・赤松家)の家紋が施された意匠という3種類の御城印が用意されており、バラ売りでもセットでも購入できます。

また、これらの頒布場所である城跡入口の料金収受棟、及び情報館「天空の城」では、2020年(令和2年)3月より、竹田城跡オリジナルの「御城印帳」も販売されました。茶色と赤の2種類があり、金色の文字が配された表紙からは、「日本100名城」に選定された竹田城の重厚な風格が感じられます。

なお、山城である竹田城跡は、例年1月4日~2月末まで閉山となりますが、この期間中でも御城印と御城印帳は購入可能です。

「竹田城跡」をはじめ、日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツをご紹介します。

姫路城(兵庫県姫路市)

姫路城

姫路城

1993年(平成5年)、日本で初めてユネスコの世界文化遺産に登録された「姫路城」(兵庫県姫路市)は、真っ白な漆喰の城壁を有していることから、別名「白鷺城」(はくろじょう/しらさぎじょう)とも呼ばれています。

姫路城を含め、前述した彦根城や松本城など、5城の天守が国宝に指定されており、姫路城は5城のなかでは最後となる2020年(令和2年)2月に、御城印「入城記念書」を販売。

同城の「冬の特別公開」に合わせた期間限定での販売であったことに加えて、世界遺産や姫路城といった文字は、すべて姫路藩2代藩主「酒井忠以」(さかいただざね)が直筆した文字を抜き出して作られた、大変貴重な御城印であったため、こちらを買い求めようと多くの人が姫路城を訪れました。

  • 「世界遺産の姫路城と城下町」をはじめ、歴女に人気の「城」、「城下町」、「史跡」、「宿場町」、「神社」についてご紹介します。

  • 当時の建物や町並みが楽しめる姫路の城下町をご紹介します。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 歴史上の人物と刀剣にまつわるエピソードをまとめました。

  • 「姫路城」をはじめ、日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツをご紹介します。

日本の城 姫路城 YouTube動画

「姫路城」国宝5城・現存12天守

御城印とは

御城印とはをSNSでシェアする

「歴女について」の記事を読む


歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめのお祭り
勇壮な合戦絵巻に鉄砲隊の演武、甲冑姿の武者達や、姫を乗せた輿(こし)の行列など、歴女の心を躍らせるイベントが目白押し。それが、戦国武将ゆかりのお祭りです。現在、全国各地で戦国武将にまつわるお祭りが開催され、毎年多くの観客を集めています。お祭りでは、歴史の教科書や時代劇でしか観ることのできなかった戦国時代の風景が、まさに目の前で再現されるのです。歴女のみなさんもその世界へいざなわれ、迫力に圧倒されることでしょう。そんな全国の名だたるお祭りのなかから、山梨県甲府市の「信玄公祭り」、京都府京都市の「時代祭」(じだいまつり)、愛知県名古屋市の「名古屋まつり」、福島県相馬市の「相馬野馬追」(そうまのまおい)の4つをピックアップ。歴女におすすめのお祭りとして、特徴や見どころをご紹介します。

歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめの浮世絵

歴女におすすめの浮世絵
「浮世絵」とは、江戸時代に発達した風俗画のことです。江戸時代には、木版印刷が普及して本や木版画が身近な物となり、歴女が好きな武将を描いた「武者絵」や「偽名絵」(にせなえ)が数多く描かれました。また、浮世絵は観賞するだけではなく、切り抜いて遊ぶなど「おもちゃ」としても活用されたのです。新たな浮世絵の魅力に気付ける、歴女におすすめの浮世絵についてご紹介します。

歴女におすすめの浮世絵

歴女に人気の戦国武将

歴女に人気の戦国武将
戦国武将と言えば、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の三英傑を思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、戦国時代には三英傑だけでなく、多くの武将が戦乱の時代を鮮烈に生き、足跡を残しました。憧れとなるその生き様は日本人の心に刻まれ、その史跡は多く残されているのです。そんな歴女に人気の戦国武将達を、ゆかりの地や食べ物と共にご紹介していきます。

歴女に人気の戦国武将

歴女におすすめの城

歴女におすすめの城
「日本の城」という言葉でイメージする物と言えば、美しく積まれた石垣や高くそびえる天守(てんしゅ:城郭建築の中心となる高く造った建物のこと)ではないでしょうか。実は、城の起源は弥生時代にまで遡り、日本国内には分かっているだけでも50,000もの城跡があると言われています。戦乱が増加した南北朝時代から江戸時代までの城についての解説と、歴女におすすめの城をご紹介します。

歴女におすすめの城

新撰組とは

新撰組とは
江戸時代末期、京都治安維持のために結成された「新撰組」(しんせんぐみ)。新撰組は、「尊皇攘夷思想」(そんのうじょういしそう:天皇を敬い、外国人を打ち払う考え)を持ち、京都で乱暴狼藉を行なっていた、不逞浪士の取り締まりをするために結成されました。この組織のリーダーに「近藤勇」、副長「土方歳三」、隊士「沖田総司」らがいます。 彼らは様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物として取り上げられ、今なお歴史ファンや歴女を魅了してやみません。そんな新撰組と、近藤勇、土方歳三、沖田総司の3人についてご紹介します。

新撰組とは

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの甲冑
戦国武将の姿をイメージするとき、甲冑をまとった勇姿を思い浮かべる歴女の方も多いのではないでしょうか。現代でも馴染み深い、日本独自の甲冑スタイルである「大鎧」(おおよろい)が登場したのは平安時代のこと。以降、日本の甲冑は、「日本式甲冑」として世界でも類を見ない進化・発展を遂げることとなります。 そのなかでも、戦国時代後期の安土桃山時代から江戸時代にかけて主流となった「当世具足」(とうせいぐそく)は、大規模な集団戦や鉄砲戦に対応できる機能を備えていたばかりでなく、着用する武将の思想や世界観がデザインに反映され、個性が際立っていました。戦国武将が身に付けていた甲冑にはどのような個性が表れていたのか、歴女人気の高い名将を中心に見ていきましょう。さらに、歴史的に貴重な甲冑の名品もご紹介します。

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの古戦場

歴女におすすめの古戦場
歴史を感じることができる場所のなかでも、近年、注目度が高まっている「古戦場」。古戦場の魅力とは、どんなところにあるのでしょうか。古戦場の解説に加え、全国にある古戦場から歴女におすすめの地をピックアップしてご紹介します。

歴女におすすめの古戦場

城ガールとは

城ガールとは
近年、若い女性を中心に「〇〇ガール」や「〇〇女子」、「〇女」といった造語が生まれていますが、そのひとつである「城ガール」とは、「お城女子」とも呼ばれるお城が好きな女性のこと。城ガールはフットワークが軽いため、様々なお城を巡り、楽しんでいます。 そんな城ガールの特徴と、人気のお城をご紹介します。

城ガールとは

御朱印とは

御朱印とは
神社仏閣を参拝した際に、その証しとして授与される「御朱印」(ごしゅいん)。昨今の日本史ブームとパワースポットブームが相乗効果を生み、収集する人達が急増しています。そんな中で、実際に御朱印巡りを行なっていても、そもそも御朱印とはいったいどんな物なのか、また、御朱印を拝受する際のマナーはどのようなことに気を付ければ良いのかなど、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。御朱印の由緒や歴史についてご説明すると共に、御朱印巡りの実状についても解説します。

御朱印とは

注目ワード
注目ワード