刀剣の種類と特徴

脇差とは

文字サイズ

「脇差」(わきざし)とは、一般的な日本刀よりも短い刀剣のこと。江戸時代、武士は腰に2振の日本刀を差していましたが、その短い方が脇差です。打刀が使えなくなった場合の予備の武器として使用された他、武士階級ではない町民も持つことが許されたため、江戸時代には特に多くの名刀が作られました。脇差の基礎知識と共に名刀と称される脇差をご紹介します。

脇差の特徴

「脇差」(わきざし)とは、刀身の長さが1尺(約30㎝)以上、2尺(約60㎝)未満の刀剣のこと。

名称の由来については諸説ありますが、「腰の脇に差したから」というのが定説です。江戸時代以前までの脇差は、同時に佩刀する打刀と異なる外装が用いられていました。

江戸時代以降、「大小二本差」(だいしょうにほんざし:打刀と脇差を同時に携帯すること)が武士の正装として見なされるようになると、(つか)、(さや)の素材や色を打刀と統一した(こしらえ)が使用されるようになります。

また、脇差は武士が農民などから無礼な態度を取られた場合、合法的に相手を斬る「斬り捨て御免」(無礼討ち)においても使われました。斬り捨て御免では、武士は打刀を使い、相手に自分の脇差を与えて、刃向かわせてから斬るといった形式で行なわれたと言います。

なお、相手から返り討ちに遭ったり、脇差を奪われた挙句、町中に「私が武士に勝った」と言いふらされたりした結果、「士分はく奪」や「家財屋敷の没収」など、厳しい処分を与えられることもあったため、実際には滅多に行なわれませんでした。

脇差の種類

脇差の種類は、長さによって「大脇差」、「中脇差」、「小脇差」の3つに分類されます。

大脇差
大脇差とは、1尺8寸(約54.5㎝)から2尺(約60.6㎝)未満の脇差のこと。

打刀とほぼ同じ大きさのため、斬り捨て御免などで町民が抵抗する場合において役に立ったと言われています。

また、大脇差は新選組の局長「近藤勇」や、二刀流の剣豪「宮本武蔵」など、著名な武士の間でも流行したと言われており、新選組の副長「土方歳三」は、「堀川国広」と呼ばれる大脇差を所有していました。

堀川国広
堀川国広
不明
鑑定区分
未鑑定
刃長
59
所蔵・伝来
土方歳三

中脇差
中脇差とは、1尺3寸(約40cm)から1尺8寸(約54.5㎝)未満の脇差のこと。

三英傑のひとり「豊臣秀吉」の家臣「石田三成」は、「石田貞宗」(いしださだむね)と呼ばれる中脇差を所有していました。

石田三成は、1600年(慶長5年)に起きた「関ヶ原の戦い」において、「石田正宗」と呼ばれる打刀と石田貞宗を佩刀して合戦に臨んだと言われています。

脇差 無銘 相州貞宗(号 石田貞宗)

石田貞宗

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
小脇差
小脇差とは、1尺3寸(約40cm)未満の脇差のこと。

大きさとしては、最小の日本刀「短刀」と近いため、同一視される場合がありますが、脇差は拵に(つば)を付けるのに対して、短刀は鍔を付けないのが一般的です。

鯰尾藤四郎」(なまずおとうしろう)は、三英傑のひとり「織田信長」の次男「織田信雄」(おだのぶかつ)が所有し、のちに豊臣秀吉のもとへ渡った薙刀直し(なぎなたなおし:薙刀を短く切り詰めて造り変えられた打刀や脇差のこと)の小脇差として知られています。

鯰尾藤四郎
鯰尾藤四郎
吉光
鑑定区分
未鑑定
刃長
38.6
所蔵・伝来
織田信雄 →
豊臣秀吉 →
豊臣秀頼 →
尾張徳川家

著名な脇差

大脇差 金象嵌銘 羽柴五郎左衛門隊長(名物 にっかり青江)

「大脇差 金象嵌銘 羽柴五郎左衛門隊長」(名物 にっかり青江)は、平安時代末期から南北朝時代にかけて備中国青江(現在の岡山県倉敷市)で活動した刀工一派「青江派」(あおえは)によって作られた、「にっかり青江」の号で知られる大脇差です。

号の由来は、武士が「にっかり」と笑う女の幽霊を斬り捨てたという逸話から。本脇差は、「鬼柴田」の異名で知られる戦国武将「柴田勝家」や豊臣秀吉を経て、讃岐国(現在の香川県丸亀藩主「京極家」に伝来しました。

にっかり青江
にっかり青江
羽柴五郎左衛門尉長
鑑定区分
重要美術品
刃長
60
所蔵・伝来
丹羽長秀 →
豊臣秀吉→
京極家

無銘 号 骨喰藤四郎

無銘 号 骨喰藤四郎」(ほねばみとうしろう)は、鎌倉時代中期に山城国(現在の京都府南部)で活動した「藤四郎」の通称で知られる刀工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)が制作した薙刀直しの大脇差。

号の由来は、「斬る真似をしただけで骨まで砕いた」という逸話から。なお、骨喰藤四郎と呼ばれる刀剣は複数存在しますが、鎌倉時代に制作され、キリシタン大名「大友宗麟」から豊臣家へ渡り、その後徳川家に伝来した刀剣が特に著名です。

骨喰藤四郎
骨喰藤四郎
無銘
鑑定区分
重要文化財
刃長
58.8
所蔵・伝来
源頼朝 →
足利尊氏 →
豊臣秀吉 →
徳川家康→
豊国神社

脇差 銘 兼定

「脇差 銘 兼定」は、美濃国(現在の岐阜県南部)で活動した刀工「兼定」(かねさだ)が制作した大脇差。

兼定と銘を切った刀工は数名存在し、最も有名なのは「之定」(のさだ)の通称で知られる2代兼定です。2代兼定は、切れ味に優れた名刀を多く作り出したことで知られており、織田信長の家臣「明智光秀」や「人間武骨」の異名で知られる武将「森長可」(もりながよし)など、著名な武将から愛されました。

脇差 銘 兼定
脇差 銘 兼定
兼定
鑑定区分
保存刀剣
刃長
59.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

脇差 無銘 貞宗

「脇差 無銘 貞宗」は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて相模国(現在の神奈川県)で活動した刀工「彦四郎貞宗」(ひこしろうさだむね)が制作した脇差。

制作者である彦四郎貞宗は、相州伝を代表する刀工です。在銘作は皆無ですが、多くの作が国宝重要文化財に指定されています。

脇差 無銘 貞宗
脇差 無銘 貞宗
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
39.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

脇差 銘 直胤(花押)

「脇差 銘 直胤(花押)」は、江戸時代後期に武蔵国江戸(現在の東京都)で活動した刀工「大慶直胤」(たいけいなおたね)が制作した脇差。

制作者である大慶直胤は、「新々刀の祖」と言われる名工「水心子正秀」(すいしんしまさひで)に師事した刀工で、その技量は師の水心子正秀を凌いだと言われています。

また、水心子正秀や同時代に活躍した刀工「源清麿」(みなもときよまろ)と並んで「江戸三作」と称されました。

脇差 銘 直胤(花押)
脇差 銘 直胤(花押)
直胤(花押)
鑑定区分
保存刀剣
刃長
37.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣写真・日本刀画像刀剣写真・日本刀画像
「刀剣の種類から検索」で刀剣ワールド所蔵の脇差がご覧頂けます。

脇差とは

脇差とはをSNSでシェアする

「刀剣の種類と特徴」の記事を読む


太刀と打刀の違い

太刀と打刀の違い
皆さんは「刀剣」と聞くと、どのような形状を思い浮かべますか。刃長が1尺(約30.3mm)に満たない「短刀」や、短刀より長く、2尺(約60.6cm)以下である「脇差」(わきざし)などの刀剣は、その長さによってひと目で見分けを付けられます。しかし、いくつかある刀剣の種類の中で、戦によく使われていた「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)については、どちらも2尺以上の刃長であることが基本となっているため、ほんの少し見ただけでは、その区別があまり分からない方も多いかもしれません。太刀と打刀の違いでは、太刀と打刀における見分け方のポイントについて、詳しくご紹介します。

太刀と打刀の違い

直刀とは

直刀とは
「直刀」(ちょくとう)とは、反りがない刀剣のこと。日本刀の原型と言われる反りの付いた刀剣「湾刀」(わんとう)が作られるより前の、古墳時代から平安時代中期の時代に区分される「上古刀」(じょうことう)で多く制作されていました。直刀がどのように使用され、湾刀へ変わっていったのか、直刀の基礎知識と著名な直刀をご紹介します。

直刀とは

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~太刀~」YouTube動画

太刀とは

打刀とは

打刀とは
「打刀」とは、一般に「日本刀」と言われる刀剣のこと。江戸時代を舞台にした時代劇では、武士が腰に長い刀剣と短い刀剣の2振を差していますが、長い方の刀剣が打刀です。馬上で使用することを目的とした「太刀」よりも短く軽量であるため、主に徒歩による戦闘で活躍しました。そんな打刀の基礎知識と著名な打刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~打刀~」YouTube動画

打刀とは

短刀とは

短刀とは
「短刀」とは、日本刀の一種で反りがほとんどない短い刀剣のこと。太刀や打刀と違って、女性や子どもでも扱える護身刀として、古くから重宝されてきました。短刀を制作した刀工のなかには、国宝や重要文化財に指定される作を多く生み出した「短刀の名手」も存在するのです。短刀の基礎知識と共に、優れた短刀を制作した刀工、及び名刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~短刀~」YouTube動画

短刀とは

鎧通(よろいどおし)とは

鎧通(よろいどおし)とは
「鎧通」(よろいどおし)とは、短い刀剣「短刀」の一種で、武士が甲冑(鎧兜)を着て戦をしていた時代に使用された、補助的な武具のひとつです。現存数は多くありませんが、ゲームなどのフィクション作品では暗殺のために使用される「暗器」(あんき)として非常に高い人気があるため、その名称を知っている人も少なくありません。鎧通の基礎知識と共に、著名な鎧通をご紹介します。

鎧通(よろいどおし)とは

薙刀とは

薙刀とは
「薙刀」(なぎなた)は、平安時代に登場した柄(え)が長い武器のひとつです。歴史文学として知られる「太平記」の中で、最も登場する武器が薙刀です。間合いが広く、斬る以外にも刺突や打撃を与えられることから、南北朝時代には主要武器として広く浸透しました。薙刀の基礎知識をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~薙刀・長巻~」YouTube動画

薙刀とは

長巻とは

長巻とは
「長巻」(ながまき)とは、「薙刀」(なぎなた)とよく似た武器のこと。もとは大太刀を扱いやすくするために発展した武器と言われており、薙刀とはその形状や扱い方が異なります。長巻とはどのような武器だったのか。薙刀との違いと共に、長巻の基本知識をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~薙刀・長巻~」YouTube動画

長巻とは

槍とは

槍とは
「槍」とは、長い柄(え)の先に刀剣を付けた武器のこと。地域を問わず、世界中で使用された武器で、近接戦闘の主力武器として最も活躍したと言われています。日本では、弥生時代頃に槍の前身である「矛」(ほこ)が使用されており、時代の流れと共に様々な形状、用途の槍が発展しました。槍の基本知識と著名な槍をご紹介します。

槍とは

注目ワード
注目ワード