歴女について

御朱印とは

文字サイズ

神社仏閣を参拝した際に、その証しとして授与される「御朱印」(ごしゅいん)。昨今の日本史ブームとパワースポットブームが相乗効果を生み、収集する人達が急増しています。そんな中で、実際に御朱印巡りを行なっていても、そもそも御朱印とはいったいどんな物なのか、また、御朱印を拝受する際のマナーはどのようなことに気を付ければ良いのかなど、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。御朱印の由緒や歴史についてご説明すると共に、御朱印巡りの実状についても解説します。

御朱印の基礎知識

御朱印の歴史

御朱印

御朱印

現代の御朱印は、神社や寺院に参拝したことの証明として頂く印章ですが、もともとは、写経、もしくは読経を寺院に奉納した際に頂ける受付印として用いられていました。

御朱印の存在が確認できるのは室町時代末期頃とされ、現代と同様に、「初穂料」(はつほりょう:寺院では納経料[のうきょうりょう]と呼ばれる)を納めることで御朱印を拝受できるようになったのは、江戸時代中期以降と言われています。

ただし、当時の日本では、神道と仏教が融合した「神仏習合」(しんぶつしゅうごう)が信仰の主流となっていたため、神社と寺院、どちらが起源となったのかは明らかになっていません。

戦のない太平の世となった江戸時代後期頃には、「伊勢神宮」(三重県伊勢市)への参拝や「西国三十三所」の巡礼など、信仰を目的とした旅行が庶民の間で流行。これを受けて、参拝に伺った日にちや場所などがより分かりやすくなるように、神社や寺院、神仏などの印章だけであった御朱印に、参拝日や寺社名などが墨書で添えられるようになりました。

そしてこのような様式の御朱印は、現代にまで受け継がれていきます。

  • 旅探では伊勢神宮をはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

  • 旅探「全国の神社・寺・教会」
    旅全国の「神社」、「寺(仏閣)」、「教会」が検索できる情報サイトです。

御朱印を頂く際の3つのマナー

旅行に出かけた際に神社や寺院に訪れる方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも寺社は、祈りを捧げることで神様や仏様とのご縁を結ぶ神聖な場所。そのため、御朱印を頂く際には、参拝するときの作法のように、守るべきマナーがいくつかあります。

その①:必ず初めに参拝する
参拝

参拝

御朱印は、参拝の証しとして授与される印章であり、御朱印集めは思い出の記念を残すスタンプラリーではありません。

そのため、御朱印を頂ける社務所(授与所とも呼ばれる:寺院の場合は寺務所/納経所)へ真っ先に向かうのではなく、本殿や本堂で参拝し、神様や仏様へのご挨拶を済ませるようにしましょう。

ただし、寺社によっては混雑を避けるために、先に御朱印帳を預けて参拝し、そのあとで受け取る方式を採っているところもあります。

その②:御朱印帳は開いてからお渡しする
御朱印帳をお渡しする際には、書いてほしいページを開いてお渡しします。このとき、御朱印帳にカバーを被せている場合には、ボタンの留め具などが引っ掛かって書き損じの原因となるため、外しておきます。

また、寺社において御朱印は、「神様や仏様の分身」であると考えられていることから、御朱印帳に写真や記念スタンプなどがあると、御朱印の授与をお断りされることもあるので注意しておくことが大切です。

その③:初穂料はなるべく小銭で
御朱印を拝受する際に納める初穂料、もしくは納経料は、300~500円ぐらいが一般的。そのため、できるだけお釣りが出ないようしましょう。

これは、対応して頂く方の手を煩わせないようにする、ということも理由のひとつですが、何よりもお釣りとして頂くお金は、他の参拝者が心を込めて納めた初穂料などの中から渡されることになるため、本来寺社では、お釣りが出るような納め方はマナー違反とされているのです。

こう言ったことから、神社や寺院へ参拝に訪れるときには、多めに小銭を用意しておくと安心です。

御朱印ブームの陰に御朱印ガールあり!

現代の日本でじわじわとブームになっている御朱印巡り。そのきっかけのひとつであると考えられているのが、2000年代に入ってから盛り上がりを見せた「パワースポット」ブームです。全国各地の神社仏閣がパワースポットであると見なされるようになったことで多くの参拝客が訪れ、御朱印の存在が広く知れ渡るようになりました。

そして御朱印は、厳密に言えば寺社で頂ける「お守り」とは異なりますが、自身の運気を上げたいと願って、御朱印を集める人達が続出したのです。

御朱印巡りは、年代や性別を問わず人気がありますが、その中でも、この「御朱印ブーム」を牽引(けんいん)しているのが、「御朱印ガール」と呼ばれる若い女性達。「歴女」や「刀剣女子」といった言葉が示す通り、近年の日本では、様々なジャンルで若い女性がブームの中心になることが多く、それは、御朱印においても例外ではありませんでした。

それでは御朱印ガール達にとって御朱印には、いったいどのような魅力があるのでしょうか。

御朱印の魅力その①:お気に入りの御朱印帳を使える

御朱印帳

御朱印帳

御朱印集めを始める大前提として、準備しなければならないのが御朱印帳。

それぞれの寺社独自の御朱印帳を用意しているところも多く、例えば、「神皇産霊神」(たかみむすびのかみ)を祭神として祀っていることから、「むすびの神社」として知られる「高木神社」(東京都墨田区)では、「おむすび」をモチーフにした御朱印帳があります。

このように、寺社の御朱印帳でありながら、可愛らしいデザインが施されているのは、やはり御朱印ガールの増加が背景となっているのです。

御朱印帳は寺社の他にも、文房具店や雑貨店などでも購入でき、アニメや漫画のキャラクターが表紙になった物などもあり、その種類は様々。さらには、自分で手作りする御朱印ガールもおり、制作キットなども販売されています。

御朱印の魅力その②:旅をしながら開運・癒しの効果を得られる!?

御朱印ガールの特徴のひとつが、もともと旅行好きであった女性が多いこと。全国各地の寺社を巡る必要がある御朱印集めは、旅行を趣味としている女性達にとって、うってつけの活動なのです。

旅行の目的は人それぞれに異なりますが、日常から離れて日々のストレスから解放されたい人も多いはず。御朱印を頂くために旅先の寺社を訪れ、神様や仏様に参拝することで心が穏やかになり、癒された気分になることも御朱印集めの大きな魅力だと言えます。

さらには参拝の証しであり、神様や仏様の分身でもある御朱印は、神仏と自身とのあいだにご縁が生まれた印です。そのため、御朱印に開運の効果があると考え、御朱印集めに励む御朱印ガールもいます。

どのようなことを「開運」と捉えるかは人によって違いますが、御朱印が押印されている御朱印帳を見返すことで、神仏が守って下さっていることを実感し、自身の願いや目標を再認識して行動できるため、それが開運に繋がると考える御朱印ガールが多いのかもしれません。

御朱印ガールに人気の寺社3選

御朱印ガールに人気のある神社や寺院は、御朱印帳や御朱印が可愛くて個性的、季節や記念日ごとに頂ける御朱印が異なる、という2つの条件を満たしているところが多く見られます。

ここからは、全国各地に点在するそんな神社の中から、3社を厳選してご紹介します。

別小江神社

別小江神社

別小江神社

カラフルな御朱印で有名な「別小江神社」(わけおえじんじゃ:愛知県名古屋市北区)では、例えば7月には夏祭り、そして七夕の前後には織姫と彦星があしらわれた御朱印など、月ごと、あるいは行事や神事ごとに、添えられるイラストの意匠が変わります。

また、誕生月には「お誕生日御朱印」も用意されているため、多くの御朱印ガールが、毎年あるいは毎月通う神社です。

気象神社

気象神社

気象神社

「高円寺氷川神社」(こうえんじひかわじんじゃ:東京都杉並区)の境内社として知られる「気象神社」(きしょうじんじゃ)は、日本で唯一「お天気の神様」が祀られている神社。

元来、気象予報士試験の合格祈願や快晴祈願のために参拝に来る人がほとんどでしたが、2019年(令和元年)に公開されたアニメ映画「天気の子」に登場したことにより、より多くの若者が気象神社に訪れるようになりました。

そんな同社における御朱印の特徴は、御朱印と共に、その日のお天気を表すスタンプが押印されること。映画のヒットとそのお天気スタンプの可愛さが相まって、御朱印ガールに人気の高い神社です。

栖足寺

別名「河童の寺」とも呼ばれる「栖足寺」(せいそくじ:静岡県河津町)では通常、河童(かっぱ)の意匠が配された御朱印と御朱印帳が授与されています。これは、いたずら好きの河童が村人に捕まりそうになり、栖足寺の井戸に逃げ込んだところを同寺の和尚さんが助けたと伝わる昔話がその所以(ゆえん)です。

また、同寺が鎮座する静岡県河津町は、早咲きの「河津桜」(かわづざくら)の名所であり、その開花の時期に合わせて、毎年2月上旬から3月上旬頃まで「河津桜まつり」を開催。

栖足寺では、2020年(令和2年)に行なわれた30回目の河津桜まつりの期間限定で、桜と河童が一緒に描かれた御朱印帳と御朱印が拝受。昔話に登場する甕(かめ)の意匠も配されており、可愛い物好きな御朱印ガール達のあいだで評判となりました。

御朱印とは

御朱印とはをSNSでシェアする

「歴女について」の記事を読む


歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめのお祭り
勇壮な合戦絵巻に鉄砲隊の演武、甲冑姿の武者達や、姫を乗せた輿(こし)の行列など、歴女の心を躍らせるイベントが目白押し。それが、戦国武将ゆかりのお祭りです。現在、全国各地で戦国武将にまつわるお祭りが開催され、毎年多くの観客を集めています。お祭りでは、歴史の教科書や時代劇でしか観ることのできなかった戦国時代の風景が、まさに目の前で再現されるのです。歴女のみなさんもその世界へいざなわれ、迫力に圧倒されることでしょう。そんな全国の名だたるお祭りのなかから、山梨県甲府市の「信玄公祭り」、京都府京都市の「時代祭」(じだいまつり)、愛知県名古屋市の「名古屋まつり」、福島県相馬市の「相馬野馬追」(そうまのまおい)の4つをピックアップ。歴女におすすめのお祭りとして、特徴や見どころをご紹介します。

歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめの浮世絵

歴女におすすめの浮世絵
「浮世絵」とは、江戸時代に発達した風俗画のことです。江戸時代には、木版印刷が普及して本や木版画が身近な物となり、歴女が好きな武将を描いた「武者絵」や「偽名絵」(にせなえ)が数多く描かれました。また、浮世絵は観賞するだけではなく、切り抜いて遊ぶなど「おもちゃ」としても活用されたのです。新たな浮世絵の魅力に気付ける、歴女におすすめの浮世絵についてご紹介します。

歴女におすすめの浮世絵

新撰組とは

新撰組とは
江戸時代末期、京都治安維持のために結成された「新撰組」(しんせんぐみ)。新撰組は、「尊皇攘夷思想」(そんのうじょういしそう:天皇を敬い、外国人を打ち払う考え)を持ち、京都で乱暴狼藉を行なっていた、不逞浪士の取り締まりをするために結成されました。この組織のリーダーに「近藤勇」、副長「土方歳三」、隊士「沖田総司」らがいます。 彼らは様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物として取り上げられ、今なお歴史ファンや歴女を魅了してやみません。そんな新撰組と、近藤勇、土方歳三、沖田総司の3人についてご紹介します。

新撰組とは

歴女に人気の戦国武将

歴女に人気の戦国武将
戦国武将と言えば、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の三英傑を思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、戦国時代には三英傑だけでなく、多くの武将が戦乱の時代を鮮烈に生き、足跡を残しました。憧れとなるその生き様は日本人の心に刻まれ、その史跡は多く残されているのです。そんな歴女に人気の戦国武将達を、ゆかりの地や食べ物と共にご紹介していきます。

歴女に人気の戦国武将

歴女におすすめの城

歴女におすすめの城
「日本の城」という言葉でイメージする物と言えば、美しく積まれた石垣や高くそびえる天守(てんしゅ:城郭建築の中心となる高く造った建物のこと)ではないでしょうか。実は、城の起源は弥生時代にまで遡り、日本国内には分かっているだけでも50,000もの城跡があると言われています。戦乱が増加した南北朝時代から江戸時代までの城についての解説と、歴女におすすめの城をご紹介します。

歴女におすすめの城

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの甲冑
戦国武将の姿をイメージするとき、甲冑をまとった勇姿を思い浮かべる歴女の方も多いのではないでしょうか。現代でも馴染み深い、日本独自の甲冑スタイルである「大鎧」(おおよろい)が登場したのは平安時代のこと。以降、日本の甲冑は、「日本式甲冑」として世界でも類を見ない進化・発展を遂げることとなります。 そのなかでも、戦国時代後期の安土桃山時代から江戸時代にかけて主流となった「当世具足」(とうせいぐそく)は、大規模な集団戦や鉄砲戦に対応できる機能を備えていたばかりでなく、着用する武将の思想や世界観がデザインに反映され、個性が際立っていました。戦国武将が身に付けていた甲冑にはどのような個性が表れていたのか、歴女人気の高い名将を中心に見ていきましょう。さらに、歴史的に貴重な甲冑の名品もご紹介します。

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの古戦場

歴女におすすめの古戦場
歴史を感じることができる場所のなかでも、近年、注目度が高まっている「古戦場」。古戦場の魅力とは、どんなところにあるのでしょうか。古戦場の解説に加え、全国にある古戦場から歴女におすすめの地をピックアップしてご紹介します。

歴女におすすめの古戦場

御城印とは

御城印とは
近年の日本では、神社仏閣を参拝した証しに頂ける「御朱印」がブームになっていますが、そのお城バージョンとも言える、「御城印」(ごじょういん)をご存じでしょうか。最近の戦国武将人気により、ゆかりのあるお城を巡る人達が増え、「登城証明」である御城印を集めることが、ブームの兆しを見せています。御城印について解説しながら、御城印という言葉を初めて聞いたという人にも分かりやすく、オススメの御城印のある日本全国のお城についてご紹介します。

御城印とは

城ガールとは

城ガールとは
近年、若い女性を中心に「〇〇ガール」や「〇〇女子」、「〇女」といった造語が生まれていますが、そのひとつである「城ガール」とは、「お城女子」とも呼ばれるお城が好きな女性のこと。城ガールはフットワークが軽いため、様々なお城を巡り、楽しんでいます。 そんな城ガールの特徴と、人気のお城をご紹介します。

城ガールとは

注目ワード
注目ワード