日本刀の基礎を学ぶ

打刀とは

文字サイズ

「打刀」とは、一般に「日本刀」と言われる刀剣のこと。江戸時代を舞台にした時代劇では、武士が腰に長い刀剣と短い刀剣の2振を差していますが、長い方の刀剣が打刀です。馬上で使用することを目的とした「太刀」よりも短く軽量であるため、主に徒歩による戦闘で活躍しました。そんな打刀の基礎知識と著名な打刀をご紹介します。

打刀とは

打刀の特徴

打刀」(うちがたな)とは、室町時代中期以降に武士の間で広く流行した刀剣のこと。

刃長は2尺(約60㎝)以上、刀身反りが浅いのが特徴です。展示される場合は、刃の向きが上向きになるように置かれますが、これは打刀を腰に差すときと同じ向きになっています。

打刀が登場した時期

大小2本差

大小2本差

南北朝時代までは、騎馬による合戦が主流だったため、騎乗した状態で扱うことを前提にした太刀が用いられていました。

室町時代になると、室内使用に向いた小型の刀剣「脇差」が制作されるようになり、「大小2本差」と呼ばれる、長い刀剣と短い刀剣の2振を同時に携帯する様式が生まれます。

それまで用いられていた太刀は、使われなくなった訳ではなく、(なかご:[つか]に収める部分)を短く切り詰める「磨上げ」と呼ばれる改造を施して、打刀として使用しました。

なお、太刀を磨上げると(茎に切られる制作者名や制作年代)が失われてしまいますが、刀剣の刃文地鉄(じがね)などの特徴によって、制作者や制作年代を推測することができます。

打刀が武器として最も活躍したのは幕末時代

日本刀は、漫画やゲームでは主要武器として描かれることが多いですが、実際には弓矢が尽きたり、が折れたりした場合の補助武器として使われました。

打刀が戦いの場で最も活躍したのは幕末時代。合戦のように大人数ではなく、数人を相手とする場合に使用されたのです。

著名な刀工

村正

村正」(むらまさ)は、室町時代から江戸時代初期にかけて伊勢国桑名郡(現在の三重県桑名市)で活躍した刀工。徳川将軍家に災いをもたらしたという「妖刀村正」の制作者として有名ですが、これは後世になってから創作された伝説です。

村正が制作した打刀は、「古今無双」と称されるほどに実戦向きで、武士であれば1度は斬ってみたいという衝動に駆られるほどの切れ味を誇りました。

また、一般に実用性を重視して作られた刀剣は、美術的価値が低いと言われていますが、村正の作は刀剣鑑定家や評論家からも高い評価を得ています。

刀 銘 村正(天正頃)
刀 銘 村正(天正頃)
村正
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
64.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「村正」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

長曾祢虎徹

長曾祢虎徹」(ながそねこてつ)は、「虎徹」の通称で知られる江戸時代に活躍した刀工。

もともとは甲冑を制作する甲冑師でしたが、50歳を超えてから江戸へ移り住み、刀鍛冶に転向して大成しました。虎徹の打刀の特徴は、確かな切れ味と武士好みの質実剛健な姿。

なお、知名度が上がった結果、虎徹の偽物を制作して生計を立てる刀工まで現れたため、「虎徹を見たら偽物と思え」と言われるほど贋作が非常に多く出回ったことでも有名です。

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹
刀 銘 長曽祢興里入道乕徹
長曽祢興里
入道乕徹
鑑定区分
重要刀剣
刃長
68
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀工「長曾祢虎徹」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

堀川国広

堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、安土桃山時代に活躍した刀工。刀工一派「堀川一門」の祖として知られており、京の一条堀川に移り住んで作刀したため堀川国広と呼ばれるようになりました。

堀川一門は彫物の名手が多く存在し、作刀の多くに不動明王像や梵字などが掘られているのが特徴。

堀川国広の現存在銘作は、12振が重要文化財に指定されており、そのうち7振が打刀です。

刀 銘 洛陽一条堀川住藤原国広
刀 銘 洛陽一条堀川住藤原国広
洛陽一条堀川住
藤原国広
慶長辛亥八月日
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.1
所蔵・伝来
伊木長門守忠澄 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「堀川国広」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

太刀から打刀へ姿を変えた名刀

刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之

「刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之」は、鎌倉時代末期に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した刀工「長船景光」(おさふねかげみつ)が制作した打刀。

本刀は、「織田信長」の父「織田信秀」の愛刀。のちに形見として織田信長に受け継がれたと推測されています。

制作者である長船景光は、刀工一派「長船派」の中で最も地鉄が美しいと評される刀工です。

刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
(切付銘)
織田弾正忠
信秀摺上之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.8
所蔵・伝来
織田信秀→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「景光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

刀 銘 備州長船住近景

「刀 銘 備州長船住近景」は、鎌倉時代末期から南北朝時代に備前国で活躍した刀工「長船近景」(おさふねちかかげ)が制作した「長巻直し」(ながまきなおし)の打刀。

長巻直しとは、長巻(ながまき:太刀より長大な刀剣[大太刀]の柄部分を長くした長柄武器)の茎を磨上げて作られた打刀や脇差のこと。合戦の形式が徒歩へと移行すると、それまで使用された武器の多くが使いやすいように改造されました。当時は、多くの太刀が磨上げられて打刀の姿に変えられましたが、なかには本刀のように長巻を磨上げて打刀に変えることもあり、こうした長巻直しの打刀は数こそ少ないですが現存しています。

制作者である長船近景は、「明智光秀」が佩用していた「明智近景」(あけちちかかげ)という号の打刀を制作したことで知られる刀工です。現存の明智近景は、銘の大部分が削り取られてしまっていますが、当時は「明智日向守所持」(あけちひゅうがのかみしょじ)という所持銘(しょじめい:刀剣の所有者を示す銘)が切られていたと言われています。

刀 銘 備州長船住近景
刀 銘 備州長船住近景
備州長船住近景
鑑定区分
重要美術品
刃長
68.2
所蔵・伝来
岩国藩藩主
吉川家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「長船近景」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。


刀 無銘 伝正宗

「刀 無銘 伝正宗」は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて相模国(現在の神奈川県)で活躍した正宗の通称で知られる刀工「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)が作刀した打刀。

本刀は、「明治天皇」の父「孝明天皇」の愛刀。制作者である正宗は、五箇伝(ごかでん:名工や刀工一派を輩出した5つの生産地における伝法)のひとつ「相州伝」(そうしゅうでん)を確立した人物です。その作は、織田信長や「徳川家康」などから愛され、家臣へ下賜されたり、献上品として家臣から主君へ贈られたりすることが多かったため、全国の大名から重用されました。

なお、正宗の作はほとんどが無銘であったため、偽作が数多く出回っています。

刀  無銘  伝正宗
刀 無銘 伝正宗
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.3
所蔵・伝来
孝明天皇→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「正宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 「五箇伝(五ヵ伝、五ヶ伝)」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

刀 無銘 貞宗

「刀 無銘 貞宗」は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて相模国で活躍した刀工「貞宗」(さだむね)が作刀した打刀。

本刀は、薩摩藩(現在の鹿児島県宮崎県南西部)の藩主「島津家」から徳川将軍家へ渡り、その後徳川御三家のひとつ「尾張徳川家」へ伝来しました。

制作者である貞宗は、相州伝を代表する刀工。彫物の名手としても知られており、作品の最大の特徴になっています。現存在銘作は皆無ですが、国宝や重要文化財に指定される傑作を数多く生み出しました。

刀 無銘 貞宗(特別重要刀剣)
刀 無銘 貞宗(特別重要刀剣)
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.5
所蔵・伝来
尾張徳川家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 島津家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

  • 刀工「貞宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 歴史上の人物と刀剣にまつわるエピソードをまとめました。

刀 銘 備前国住長船忠光

「刀 銘 備前国住長船忠光」は、室町時代中期に備前国で活躍した刀工「長船忠光」(おさふねただみつ)が作刀した打刀。

本刀は、「伊達政宗」の子「伊達秀宗」(だてひでむね)を藩祖とする「宇和島藩伊達家」に伝来しました。本刀の見所は、「備山」(びざん)の号で知られる刀剣愛好家「岡野多郎松」(おかのたろまつ)氏が「走雲」(そううん)という号を付けるほどに見事な刃文や、梵字、倶利伽羅龍(くりからりゅう:不動明王が持つ刀剣に巻き付いている龍)などの彫刻。

制作者である長船忠光は、「末備前」(室町時代末期に制作された備前刀)を代表する刀工です。同銘で数代続き、本刀は文明年間(1469~1487年)に活躍した7代目「彦兵衛尉忠光」(ひこべえのじょうただみつ)の作と推測されています。

刀 銘 備前国住長船忠光
刀 銘 備前国住長船忠光
備前国住
長船忠光
延徳三年二月日
鑑定区分
重要美術品
刃長
62.4
所蔵・伝来
宇和島藩・伊達家 →
刀剣ワールド財団

〔 東建コーポレーション 〕

  • 刀工「忠光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 伊達政宗のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 伊達政宗のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 伊達家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。


「刀剣・日本刀の基礎知識~打刀~」YouTube動画

刀剣・日本刀の基礎知識~打刀~

打刀とは

打刀とはをSNSでシェアする

「日本刀の基礎を学ぶ」の記事を読む


日本刀の基本解説

日本刀の基本解説
日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

日本刀の基本解説

日本刀の種類

日本刀の種類
「日本刀」とは、広義の意味としては日本国内で作られた刀剣類の総称です。狭義の意味は「鎬[しのぎ]があり、反りを持った湾刀」であり、これが作られるようになったのは、平安時代中頃と言われています。

日本刀の種類

直刀とは

直刀とは
「直刀」(ちょくとう)とは、反りがない刀剣のこと。日本刀の原型と言われる反りの付いた刀剣「湾刀」(わんとう)が作られるより前の、古墳時代から平安時代中期の時代に区分される「上古刀」(じょうことう)で多く制作されていました。直刀がどのように使用され、湾刀へ変わっていったのか、直刀の基礎知識と著名な直刀をご紹介します。

直刀とは

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。

太刀とは

脇差とは

脇差とは
「脇差」(わきざし)とは、一般的な日本刀よりも短い刀剣のこと。江戸時代、武士は腰に2振の日本刀を差していましたが、その短い方が脇差です。打刀が使えなくなった場合の予備の武器として使用された他、武士階級ではない町民も持つことが許されたため、江戸時代には特に多くの名刀が作られました。脇差の基礎知識と共に名刀と称される脇差をご紹介します。

脇差とは

短刀とは

短刀とは
「短刀」とは、日本刀の一種で反りがほとんどない短い刀剣のこと。太刀や打刀と違って、女性や子どもでも扱える護身刀として、古くから重宝されてきました。短刀を制作した刀工のなかには、国宝や重要文化財に指定される作を多く生み出した「短刀の名手」も存在するのです。短刀の基礎知識と共に、優れた短刀を制作した刀工、及び名刀をご紹介します。

短刀とは

日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

日本刀と伝統美術

日本刀と伝統美術
「欲しい!」と思っても、大変高価であるため、手が届かないのが「日本刀」。それもそのはず、日本刀は元来身分が高い天皇・貴族・士族の持ち物です。なかでも「名刀」は、偉大な人物からのご褒美、あるいは家宝、贈答品として、大切に受け継がれてきました。しかし、1945年(昭和20年)に日本は第二次世界大戦で敗戦。GHQの方針により、多くの日本刀が処分されることになったのです。のちに「日本刀は武器ではなく美術品」だという主張が認められ、誰でも所有できるようになりました。日本刀は先人達の努力の賜物であり、それを受け継ぐことはとても光栄なことなのです。

日本刀と伝統美術

日本刀を鑑賞する・所有する

日本刀を鑑賞する・所有する
刀剣を擬人化したオンラインゲームが大ヒットし、「日本刀」に興味を持つ人が年々急増しています。そこで、もっと日本刀の知識を深めてもらうために、おすすめのスポットや、鑑賞ポイントをご紹介。また、購入する際の注意点や手入れ方法などについても、詳しく取り上げました。

日本刀を鑑賞する・所有する

注目ワード
注目ワード