日本刀の基本

銘の種類

文字サイズ

「銘」(めい)は、日本刀の制作者が作品に自身の名前などを記したもののことです。701年(大宝元年)制定の「大宝律令」で規定され、平安時代末期から一般化しました。刀工により銘の切り方は異なり、また刀の所有者が鑑定後に自身の氏名を希望することも。銘は日本刀の鑑定において大きな根拠とされ、刀工の活動時期や史実確認にも役立つ、重要な存在です。鑑賞の際に注目すべきポイントのひとつである銘の種類をご紹介しつつ、代表的な刀をご紹介します。

銘とは

銘を切る

銘を切る

日本刀における「」(めい)とは、「」(なかご:刀身の柄に収まる部分)に切られた作者名や制作年のことです。

銘は、鏨(たがね)という棒状の工具を槌(つち)で叩いて、茎の表面に切り込みを入れることで記されます。太刀は「佩表」(はきおもて)、打刀は「差表」(さしおもて)に刀工名、裏側に制作年月や制作地などが切られることがほとんどですが例外もあります。

銘の種類を詳しく見ていきましょう。

基本情報を入れた銘

銘は、刀工が日本刀を作る工程の最後に、自らの手で切ることが基本です。古い時代の刀には、2字で名前のみを入れた銘が多く、時代が下るにつれ、居住地や苗字など刀工の情報に加え、刀を注文した人や所持した人の名前も切られるようになりました。

作者銘

作者銘

作者銘

最も代表的な銘と言える、日本刀の作者である刀工の名前を切った銘です。

直線のみで表現した楷書体風、曲線も取り入れたやわらかな行書体風など、名前の入れ方にも刀工の個性が光ります。

また、銘を切るのは簡単ではなく、刀工により銘を入れる場所や鏨を切る方向、盛り上がり方、錆の付き方までもが異なるため、作者銘は重要な鑑定基準になるのです。

太刀  銘  来国光
太刀 銘 来国光
来国光
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
太刀 銘 国行
太刀 銘 国行
国行
鑑定区分
重要文化財
刃長
74.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

受領銘(ずりょうめい)

受領銘

受領銘

刀工が、自分の名前の上に朝廷や幕府から与えられた国司名を付けて切った銘です。

名目上の官位ですが、正式な手続きが踏まれており、江戸時代には多くの刀工が受領しました。

「守」(かみ)、「大掾」(だいじょう)、「介」(すけ)などがあります。

脇差 銘 津田越前守助広 延宝五年二月日
脇差 銘 津田越前守助広 延宝五年二月日
津田越前守助広 延宝五年二月日
鑑定区分
重要刀剣
刃長
54.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日
刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日
洛陽一条住
信濃守国広
鑑定区分
重要刀剣
刃長
69.7
所蔵・伝来
山内忠豊→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

紀年銘(きねんめい)

紀年銘

紀年銘

制作年月を記した銘で、一般に裏側に入れるため「裏銘」とも呼ばれます。

年号に加え、正確な月日を刻む場合もありますが、多くは焼き入れに適した時期である二月日、八月日と切られました。

太刀  銘  備州長船住成家
太刀 銘 備州長船住成家
備州長船住成家
鑑定区分
重要文化財
刃長
78.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀  銘  備州長船住長義
短刀 銘 備州長船住長義
表:備州長船
住長義
裏:正平十五年
五月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
前田利家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

所持銘(しょじめい)

所持銘

所持銘

日本刀を所持した「人の名前」を入れた銘のことです。

多くは、刀を注文する際に注文者が希望をして切った銘ですが、刀を入手した人がのちに本人の氏名に加え、所持するに至った由来を切る場合もあります。

所持銘は、室町期と江戸末期の日本刀に多く見受けられます。

刀  銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
刀 銘 (葵紋)於武州江戸越前康継 以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
於武州
江戸越前康継
以南蛮鉄末世宝二胴 本多五郎右衛門所持
鑑定区分
重要美術品
刃長
72.6
所蔵・伝来
本多家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
刀 無銘 伝兼光(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
(金象嵌)
本多平八郎
忠為所持之
鑑定区分
重要美術品
刃長
71.5
所蔵・伝来
本多忠刻(忠為) →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

注文銘(ちゅうもんめい)

注文銘

注文銘

日本刀を注文した人の名前を切った銘です。刀工の名前と、注文者の名前を同時に切ります。

刀には、武士などから注文されて仕上げる「注文打ち」と、大量生産された「数打ち」と呼ばれる物がありました。

注文銘は、言わば、数打ちではないオーダーメイドの証とも言えます。

刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
圓龍斎
立花国秀鍛之
嘉永六丑歳八月
宮和田平光胤
為子孫設之
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
86.1
所蔵・伝来
宮和田光胤 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作
刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作
葛尾山麓住人
宮入昭平作
昭和十九年
七月日
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
66.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

磨上げた刀の銘

室町時代後期から太刀や大太刀の長い刀身を、茎尻より切り縮めて、刀身全体を短くする「磨上げ」(すりあげ)が行なわれるようになりました。

磨上げは、銘のある茎を切り縮めるため、磨上げた刀の銘は他と区別されているのです。

折返銘(おりかえしめい)

折返銘

折返銘

折返銘(おりかえしめい)は、磨上げ(すりあげ)の際に、銘を残すために銘が入った部分を裏面に折り返して嵌め込んだ銘のことです。

折り返しているため、文字が上下反対になっています。

刀(折返銘)恒次(左近将監・備前)
刀(折返銘)恒次(左近将監・備前)
恒次
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.2
所蔵・伝来
酒井家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 折返銘 備前長船住元重
刀 折返銘 備前長船住元重
備前長船住元重
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.3
所蔵・伝来
明治天皇 →
小松宮彰仁親王 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

額銘(がくめい)・短冊銘(たんざくめい)

額銘

額銘

磨上げの際、折り返しても銘が残せないときに、元々の銘を短冊形に切り取って磨上げたのちの茎に嵌め込んだ銘のことです。

嵌め込んだ銘が額の様に見えることから額銘、短冊形に切り取ることから短冊銘と呼び、どちらも同じ銘の種類を指します。

刀(額銘)正恒
刀(額銘)正恒
(額銘)正恒
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 額銘 吉家作
刀 額銘 吉家作
吉家作
鑑定区分
重要美術品
刃長
63.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

鑑定による銘

1596年(慶長元年)頃、「豊臣秀吉」は、「本阿弥光徳」(ほんあみこうとく)を「刀剣極所」(とうけんきわめどころ)に任命しました。本阿弥光徳は、日本刀の鑑定や研磨を生業とした本阿弥家の9代目で、本阿弥家による刀の鑑定は明治時代まで続きます。

鑑定した日本刀は、その価値を折紙に書いて発行しますが、無銘の刀には鑑定による銘を入れたのです。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 「本阿弥家と折紙」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

朱銘(しゅめい)

朱銘

朱銘

茎を傷付けないために朱漆で書かれた銘のことです。「生ぶ茎」(うぶなかご:刀が作られたときの状態を保った茎)に、刀工名や由来、伝承にちなんだ号銘を記しました。

表に作者名、裏に鑑定者の氏名や花押などが一般的です。

刀  無銘  伝来国光(朱銘)
刀 無銘 伝来国光(朱銘)
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
73.7
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)
短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)
朱銘 行光 本阿弥(花押)
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
28
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

金粉銘(きんぷんめい)

金粉銘

金粉銘

金粉を混ぜた漆で記された銘のことで、朱銘と同様に鑑定家が極めた際に入れた銘です。

金粉銘は、磨上げや生ぶを問わずに用いられ、比較的近世の作品に多いと言えます。

刀 金粉銘 備前国兼長
刀 金粉銘 備前国兼長
磨上金粉銘
備前国兼長
貞享参寅年七日
代金子
弐拾枚折紙
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)
刀 (金粉銘) 弘行琳雅(花押)
弘行 琳雅(花押)
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70
所蔵・伝来
井伊家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

金象嵌銘(きんぞうがんめい)

金象嵌銘

金象嵌銘

金象嵌で記した銘のこと。大磨上げや無銘の日本刀に限り、本阿弥家が鑑定した証として嵌入(かんにゅう)されました。

金象嵌銘の他に、銀を嵌めた物である銀象嵌銘(ぎんぞうがんめい)もあります。

刀 金象嵌銘 三原正広
刀 金象嵌銘 三原正広
(金象嵌銘)三原
正広
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
75.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 金象嵌銘 兼光
刀 金象嵌銘 兼光
(金象嵌銘)兼光
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
73.8
所蔵・伝来
尾張徳川家伝来
黒田家 黒田長好→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀ならではの銘

刀に命を預けると言っても過言ではない武士にとって、刀の切れ味はもちろん重要です。

室町時代末期から日本刀の切れ味を試し、その評価を刀に切った銘などは、まさに日本刀ならではの銘と言えます。

試し銘(ためしめい)

試し銘

試し銘

試し切りの評価を、金象嵌銘や「切付銘」(きりつけめい:のちの所有者が切り付けた銘)などで記録した銘のことです。「截断銘」(せつだんめい/さいだんめい)とも言い、処刑された罪人の身体を使った場合は、人体の截断部位や切れ味を記しました。

また、切れ味を表現する方法として、笹のつゆを払うが如く容易く首を落とすと言う意味で「笹の露」、糸がもろく切れやすいことから「古袈裟」などの表現も見られます。

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落
於武州江戸
越前康継
(金象嵌)
慶長十九年寅
七月十一日
二ツ筒落
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.4
所蔵・伝来
松平忠昌 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 長曽祢興正(金象嵌)延宝四年十二月十日 貳ツ胴裁断山野勘十郎久英(花押)
刀 銘 長曽祢興正(金象嵌)延宝四年十二月十日 貳ツ胴裁断山野勘十郎久英(花押)
長曽祢興正(金象嵌)延宝四年十二月十日 貳ツ胴裁断山野勘十郎久英(花押)
鑑定区分
重要刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

銘の種類

銘の種類をSNSでシェアする

「日本刀の基本」の記事を読む


日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

日本刀の基本解説

日本刀の基本解説
日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

日本刀の基本解説

鋒(切先)とは

鋒(切先)とは
刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。

鋒(切先)とは

日本刀の帽子とは

日本刀の帽子とは
日本刀の「刃文」とは、「焼き入れ」(やきいれ)によって付けられた焼刃の形状のこと。それは、日本刀の魅力と言えることであり、ひとつとして同じ紋様はありません。「帽子」(ぼうし)は、日本刀の鋒/切先(きっさき)に現れる刃文で、刀工の個性が顕著に見られることでも知られています。日本刀の鑑定をするうえでも、特に重要と言われるのが鋒/切先です。そこに描かれる帽子とはどのような物なのか、基礎的な情報と共に、種類や刀工にとっての帽子の存在について、解説していきます。

日本刀の帽子とは

棟(むね)とは

棟(むね)とは
刀剣には様々な部位があり、鑑賞するポイントがたくさんあります。その中で「棟」(むね)の形や反り具合は、刀剣全体の形状の中でも分かりやすい部分です。棟の種類や形によって何が分かるのか、棟にまつわる豆知識などをご紹介します。

棟(むね)とは

日本刀の映りとは

日本刀の映りとは
日本刀を評価するうえで注目すべき点は、「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)、「刃文」(はもん)などいくつもあります。なかでも、日本刀の芸術性を見る際に重視されるポイントのひとつが、「映り」(うつり)です。映りは、平地(ひらじ)に光を反射させたとき、刃文と鎬筋の間にぼんやり白く影のように見える働きのこと。映りが乱れて見える物(乱れ映り)とまっすぐ見える物(棒映り)があり、日本刀の美しさを表現する要素でもあります。映りは、コレクターにとっては日本刀の魅力をさらにアップさせる要素ですが、鑑定するうえでも映りは重視されてきました。なぜなら、刀匠や時代によって映りの特徴が異なるからです。江戸時代を境に途絶えてしまった乱れ映りの技術を再現しようと、長年多くの刀匠達が挑んできました。

日本刀の映りとは

鎬(しのぎ)とは

鎬(しのぎ)とは
刀剣は、刀匠達が実践の中で失敗と改良を繰り返しながら、たゆまぬ努力によって極限まで無駄を省き、鍛えぬいた芸術品です。「鎬」(しのぎ)とは、刀剣に施された刀身の側面(刃と棟の間)にある山高くなっている筋のこと。デザインとして美しいのはもちろん、鎬には、刀剣の「強み」にかかわる秘密が隠されていました。なぜ日本の刀匠は、刀剣に鎬を施したのでしょうか。鎬には、どんな優れた機能が潜んでいるのか、鎬について詳しくご紹介します。

鎬(しのぎ)とは

樋の種類

樋の種類
「樋」(ひ)とは、日本刀の刀身に彫られる細長い溝のこと。刀身に樋を施すことを「掻く」あるいは「突く」と言い、樋がある日本刀は見栄えが良いため、樋が掻かれた日本刀の方が好きという刀剣ファンも多いです。しかし、なぜ日本刀に樋が掻かれているのかまでは知られていません。樋の役割と共にどのような種類があるのかをご紹介します。

樋の種類

刀身彫刻の種類

刀身彫刻の種類
「刀身彫刻」は、刀工達が時間をかけて作刀した日本刀を、より魅力的な作品へと仕上げるための工程です。日本刀の美しさを損なわないように、強度を保ったまま、吉祥を授かるよう、神仏や聖獣などを題材にします。そこには、制作者や所持者の守護を願う気持ちが込められているのです。そうした刀身彫刻について紐解いていきましょう。

刀身彫刻の種類

注目ワード
注目ワード