写真に残す

スタジオで本格的に楽しむ甲冑コスプレ

文字サイズ

「群雄割拠の戦国時代」という歴史を持つ日本では、今も魅力を放ち続ける戦国武将が数多くいます。歴史ファンなら、そういった戦国武将ゆかりの土地で提供される甲冑の着付け体験に気軽に参加するのも楽しみのひとつでしょう。一方で、一度、体験して欲しいのが、プロの手によって見る見るうちに本格的な武将に仕上げられ、映画スターさながらの撮影を楽しめる甲冑専門スタジオでの甲冑コスプレ体験。そこで出会うのは、まさに「戦国武将になりきる自分」。
撮影スタジオで本格的に甲冑コスプレを楽しむ魅力を大きく3つご紹介するとともに、それぞれ独自の個性的な甲冑コスプレ体験プランを提供してくれる撮影スタジオを3ヵ所ご紹介しましょう。

そこで出会うのは「戦国武将になりきる自分」

細部に至るまで本物を忠実に再現した本格甲冑達のお出迎え

本格甲冑のお出迎え

本格甲冑のお出迎え

戦国時代の武将達が愛用した現存する日本の甲冑類は、貴重な古美術品であるとともに、高い工芸品的価値、さらには歴史資料的価値も併せ持っています。

撮影スタジオで本格的に楽しむ甲冑コスプレの大きな魅力のひとつが、本物に宿る価値をパーツひとつひとつに至るまで忠実に再現した本格甲冑が用意され、着用することができること。どれも選ぶのに迷う魅力を放っています。

まるで映画スターになったかのような撮影体験を

仕上がり写真の例

仕上がり写真の例

今回ご紹介する撮影スタジオで、実際に着たり手にしたりできる本格甲冑や小道具類は、何と映画やテレビドラマなどにも貸し出される物。

「あの映画スターが着て、あの大河ドラマの撮影に臨んだ」という甲冑を自身が着て撮影できる可能性も大いにあるのです。

しかも、カメラマンはもちろんのこと、着付けを担当してくれる人も、その道のプロ。プロの手によって、まさに見る見るうちに自分がなりたい武将に仕上げられていきます。

そして撮影現場では、戦国武将や甲冑を知り尽くしたカメラマンやアシスタント達が、ポーズのアドバイスをしっかりと行なってくれ、まるで映画スターになったかのような撮影体験を楽しめるのです。

戦国武将
歴史を動かした有名な戦国武将を取り上げ、人物や戦い(合戦)をご紹介します。

写真と共に、甲冑にまつわる知識も持って帰ろう!

着付け風景

着付け風景

もうひとつおススメなのが、着付けや撮影の際に、知識が豊富なスタッフが話してくれる戦国時代や甲冑類についてのうんちく話。

「あの武将は、ここにこだわりがあった」、「当時の戦い方はこんなふう」といった話や、甲冑に付属する防具である「小具足」(こぐそく)の名称や役割などについても分かりやすく教えてくれます。

実は今、私達が使う言葉には、戦国時代のできごとが語源になっているものが意外に多いのです。

例えば、「鎬を削る」(しのぎをけずる)。とは、の刃と峰(背の部分)との境界にある高くなった部分。もともとその鎬が削れ落ちるほど激しく刀で斬り合うさまを言ったものが、のちに力のこもった熱戦を表すようになったのです。

撮影した写真とともに、甲冑にまつわる知識も持って帰りましょう。それでは、本格的な甲冑コスプレが楽しめるおススメの撮影スタジオをご紹介します。

渋谷鎧兜甲冑写真館「Samurai Armor Photo Studio」

東京都渋谷区にある「Samurai Armor Photo Studio」(サムライアーマーフォトスタジオ)は、本格的な甲冑を着て撮影ができる甲冑専門のフォトスタジオです。その大きな特徴は、役者にも着付けをする「プロ着付師」が着付けを担当し、「甲冑撮影体験コース」と「渋谷街中撮影コース」という2つの魅力的なメニューが用意されていること。

本格甲冑を8領用意

戦国武将達が実際に着用した本物の甲冑を再現した物を「現代甲冑」と呼び、サムライアーマーフォトスタジオで用意されている甲冑はこのタイプです。着やすさに配慮し、鉄の厚さを薄くするなど軽量化は図られていますが、当時と全く同じ作り方で細部までしっかりと再現。映画撮影や大河ドラマにも貸し出されているクオリティの高い本格甲冑です。

軽量化されたと言っても20kgほどの重さはあり、戦国武将達が感じたであろう重量感を十分味わえます。「豊臣秀吉」、「真田幸村/真田信繁」(さなだゆきむら/さなだのぶしげ)、「伊達政宗」、「黒田長政」といった名将モデルを含め、全部で8領(りょう)から選ぶことができます。

武将名はついていませんが、「赤桶側二枚胴具足」(あかおけがわにまいどうぐそく)や「黒桶側二枚胴具足」(くろおけがわにまいどうぐそく)など色ものの甲冑もおススメです。「武田信玄」や「井伊直政」(いいなおまさ)などは、武具を赤や朱を主体とした色彩で整え、「赤備え」(あかぞなえ)軍団を編制したことで有名。

戦国時代、赤備えは強い軍団の代名詞でもあり、この赤桶側二枚胴具足を身にまとい、勇猛な武士になり切ってみましょう。また、3歳から対応できる子ども用の本格甲冑もあります。

どちらのコースも、プロのカメラマンによる撮影がメインですが、個人のカメラやスマホでの撮影も可能です。

甲冑撮影体験コース
コスプレ甲冑撮影体験コース

コスプレ甲冑撮影体験コース

渋谷のスタジオにおいて、本格甲冑の着付けとプロカメラマンによる写真撮影を行なうコースです。

スタジオ内にオリジナルセットが2パターン用意されており、「座り」と「立ち」どちらの撮影も行なわれます。

コース内容と料金
  1. 甲冑の選定

  2. 着付け

    着付けは、映画やテレビで活躍する役者の着付けも行なうプロの着付師が担当。見事な腕前で着付けをしながら、各甲冑や時代背景の解説もしてくれます。

    小袖、裁着袴(たっつけばかま)の着付け→鎧、の装着→刀剣・太刀の装備→足袋の着付け(足袋は持ち帰り可)

  3. オリジナルセットでの撮影(約10ポーズ・150カット)

所要時間 約1時間30分
撮影データ 全撮影データをSDカードで受け取り
※写真プリントはオプション
料金 1名/13,000円
渋谷街中撮影コース
渋谷街中コスプレ撮影コース

渋谷街中コスプレ撮影コース

渋谷街中撮影コースとは、甲冑を身に着け店内のオリジナルセットで撮影を終えたあと、甲冑を着たまま渋谷の街に繰り出し、外で撮影しまくるコースです。

現代の街中に迷い込んだ戦国武将の気分も味わえる、サムライアーマーフォトスタジオ独自の人気コース。

恥ずかしさを心配している方も大丈夫。プロのカメラマンの絶妙な声掛けで、すぐに戦国武将になりきれます。

コース内容と料金
  1. 甲冑の選定

  2. 着付け

    こちらも甲冑撮影体験コースと同様にプロの着付師が担当し、着付けをしながら各甲冑や時代背景の解説を受けます。

    小袖、裁着袴(たっつけばかま)の着付け→鎧、兜の装着→刀剣・太刀の装備→足袋の着付け(足袋は持ち帰り可)

  3. オリジナルセットでの撮影(約4ポーズ・10カット)

  4. 渋谷の街中での撮影(約10ポーズ・170カット)

所要時間 約2時間
撮影データ 全撮影データをSDカードで受け取り
※写真プリントはオプション
料金 1名/30,000円(最大6名まで)
※1名増えるごとに10,000円追加

※本コンテンツで紹介している体験イベントは、内容が変更・中止となる場合がありますので、各施設の公式サイトやお電話で最新情報をご確認下さい。

Samurai Armor Photo Studio
(サムライアーマーフォトスタジオ)
所在地 〒150-0044
東京都渋谷区円山町5-6 キングビル7階
電話番号 03-4330-7200
営業時間 10~21時(最終受付は20時)
公式サイト http://samurai.bz/

高津商会「武将になろう!」

京都に本社のある「高津商会」(こうづしょうかい)は、日本の映画やテレビドラマ制作に欠かせない映像美術のなかで、「小道具」としての分野を確立。日本映画の創世期から現在に至るまで、多数の作品に高津商会の小道具が使われています。

そのため、時代ごとの家具や調度品の他、甲冑や刀剣、笠などの装身具、また牛車(ぎっしゃ/ぎゅうしゃ)や人力車などの乗物に至るまで、膨大な道具の蓄積を誇っており、そういった小道具を活かし、展開されているのが、「武将になろう!」という着付け体験・撮影事業。京都で実際に映画などの撮影で使われている本格的な甲冑の着付け体験と撮影ができます。

圧倒的な数の本格甲冑と小道具を用意

高津商会の武将になろう!事業の最大の特徴は、創業以来、日本の時代劇とともに歩んできた歴史を背景に、用意されている本格甲冑の数が非常に多いということです。全体を合わせると約1,000領ものストック。「織田信長」、豊臣秀吉、「徳川家康」の三英傑はもちろんのこと、名将モデルもズラリと揃い、基本となる「武将鎧プラン」だけでも22領もあります。

また、時代も幅広く、「平清盛」モデルや「巴御前」(ともえごぜん)を彷彿とさせる女武者モデルも。もちろん、子ども用もしっかり用意されています。他に、「大将大鎧プラン」、「お手軽プラン」、「ウエディングプラン」などもあります。

戦国三英傑
「戦国三英傑」の特徴や逸話、合戦の背景。そして後世に与えた影響などをご紹介します。

あの映画スターも、この時代劇スターも

本格的な甲冑や刀剣類を映画やテレビ界に長く提供してきたからこそ、武将になろう!で体験者が着ることができる甲冑は、あの映画スターも、この時代劇スターも着用して撮影に臨んだという代物ばかり。誰が着たのかを想像しながら楽しんでみましょう。

撮影方法は大きく2つ

高津商会本社の3階に撮影スタジオがあり、プロのカメラマンに撮影して貰うか、体験者自身が撮影するかを選べます。体験者自身が撮影する場合は、甲冑のレンタル代は必要ですが、撮影料はもちろん、場所代も無料です。

カメラマンによる撮影プランの料金
撮影データ 追加CD1枚に付き1,000円
基本料金 5,000円(3名まで)
4名以上は1名に付き1,000円加算

※本コンテンツで紹介している体験イベントは、内容が変更・中止となる場合がありますので、各施設の公式サイトやお電話で最新情報をご確認下さい。

株式会社 髙津商会
所在地 〒616-8163
京都府京都市右京区太秦西蜂ヶ岡町13番地
電話番号 075-882-7866(代)
営業時間 9~17時(着付け開始時間は10~15時)
公式サイト http://www.kouzu.jp/busho/

戦国フォトスタジオSAMURAI

「戦国フォトスタジオSAMURAI」は、映画やテレビでも使用されている本格甲冑を着て、映画のポスターのような写真が撮影できるスタジオです。

大きな特徴は、まさに映画スターになったかのような気分を存分に味わえる撮影と編集スタイル。プロのカメラマンとプロのデザイナーがタッグを組み、撮影した写真と好みの背景を合成。映画やドラマのポスターのような写真ができ上るのです。

本格甲冑を17領用意

17領の甲冑から好みの物を選択

17領の甲冑から好みの物を選択

映画やテレビでも使われる本格的な甲冑メーカーの正規販売代理店として、大人用12領、幼児も含む子ども用5領の計12領の本格甲冑が用意されています。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑をはじめ、人気武将モデルも充実。

変わり兜を楽しめる「直江兼続」(なおえかねつぐ)や「本多忠勝」モデルなどもあります。

子ども用の甲冑も、もちろん本格甲冑。子どもにも人気の伊達政宗、真田幸村/真田信繁モデルに加え、七五三サイズの伊達政宗モデルも用意されています。

甲冑を知り尽くしたカメラマンが撮影

甲冑撮影専用のスタジオ

甲冑撮影専用のスタジオ

戦国フォトスタジオSAMURAIには、甲冑撮影用の本格的なスタジオが設置されており、映画ポスターやCM撮影のような本格的クロマキー撮影(背景を自由に差し替えられる撮影方法)を体験できるのが大きな魅力です。

シャッター音やフラッシュの音で気分もどんどん高まります。

サムライ体験も人気

着付けのあと、簡単な刀剣の使い方(抜刀から納刀)のレッスンが行なわれますが、さらにこんなサービスも。

せっかくの甲冑姿、やはりポーズも大事です。クエンティン・タランティーノが監督し、世界で大ヒットした映画「キル・ビル」。戦国フォトスタジオSAMURAIでは、その殺陣(たて)振付を担当した人物の協力のもと、美しいポージングを体験者に伝授しています。

選んだ甲冑モデルに合わせた最適なポージングで、なりたい武将になり切りましょう。

カメラマンとデザイナーがタッグを組んだサプライズ体験も楽しもう

合成された完成写真

合成された完成写真

戦国フォトスタジオSAMURAIならではのプランが、撮影した写真にプロのデザイナーが背景を合成すること。

30種以上の背景が用意されていますが、特に人気なのが、馬に乗った姿に合成できる「騎馬武者撮影」。

しかも、デザイナーは撮影中からカメラマンとタッグを組んで作業を進めており、撮影終了後に応接間に戻ると、もうそこにはCG加工された写真が完成しているのです。さらに、選択したプランに合わせ、その場で直ぐにオリジナル印刷グッズ(キャンバスやマグカップなど)の制作も行なわれます。

基本プランは以下の3つ。すべてのプランは、プロのカメラマンによる撮影がメインですが、個人のカメラやスマホでの撮影も可能です。

梅プラン
本格甲冑を着る特別な体験をリーズナブルに楽しみたい人におススメ。撮影のあと、3枚の合成写真を受け取れます。合成写真とスタジオ内で撮影する写真20~30枚のデータをダウンロードできます。
撮影データ 合成写真を含むスタジオ撮影写真(20~30枚)
料金 1名/14,800円(税込)
竹プラン
人気の騎馬武者撮影(CG加工)を体験したい人におススメ。撮影のあと、4枚の合成写真を受け取れます。合成写真とスタジオ内で撮影する写真30~40枚のデータをダウンロードできます。
撮影データ 合成写真を含むスタジオ撮影写真(30~40枚)
料金 1名/17,800円(税込)
松プラン
騎馬武者撮影(加工)を含む8種類の加工データを受け取れる満喫プラン。さらに全撮影データをUSBメモリでお渡しします。
撮影データ 全撮影データをUSBメモリで受け取り
料金 1名/22,800円(税込)

※本コンテンツで紹介している体験イベントは、内容が変更・中止となる場合がありますので、各施設の公式サイトやお電話で最新情報をご確認下さい。

戦国フォトスタジオSAMURAI(サムライ)
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-35-10 代々木オーシャンビル3階
電話番号 03-6847-2653
営業時間 10~20時(最終受付は18時)
公式サイト https://samurai-pictures.jp/

刀剣コスプレの楽しみ方 YouTube動画

刀剣コスプレの楽しみ方|イラスト YouTube動画

スタジオで本格的に楽しむ甲冑コスプレ

スタジオで本格的に楽しむ甲冑コスプレをSNSでシェアする

「写真に残す」の記事を読む


コスプレ写真の加工

コスプレ写真の加工
憧れのキャラクターになりきるためのコスプレは、衣装作りから始まり、メイクやポージングを研究して写真撮影に臨むという、多くの過程を経ることで完成します。しかし、そこで終わってしまうのはもったいないこと。コスプレ写真をさらに美しく完成させるためには、撮影時だけでなく、撮影が終わったあとの「工夫」がなくてはならないのです。その「工夫」とは、写真を加工する「レタッチ」と呼ばれる作業。ここでは、マンガやアニメなどの2次元キャラクターや、実在した戦国武将などをコスプレで表現するために、必要不可欠とも言えるレタッチのテクニックを解説します。

コスプレ写真の加工

コスプレ時のポーズ

コスプレ時のポーズ
オンラインゲーム等から火が付き、コスプレイヤーの間でも人気となっている「刀剣男士」。一般のコスプレと違うところは、刀剣を扱うことから「ポージング」の重要性が極めて高いことです。今回は、「刀剣を扱うキャラクター」をコスプレする場合、どのようなポーズで撮影したら良いのかをご紹介します。

コスプレ時のポーズ

忍者コスプレのポイント

忍者コスプレのポイント
歴史にまつわるコスプレの中でも、特に人気なのが「忍者コスプレ」です。忍者は、歴史の表舞台に登場することがほとんどなく、非常に謎に満ちた存在。だからこそ、多くの人が忍者に心惹かれるとも言えます。まずは、忍者がどんな存在かを踏まえて、忍者コスプレを楽しむためのポイントをご紹介します。

忍者コスプレのポイント

甲冑コスプレ・武将コスプレが体験できる施設

甲冑コスプレ・武将コスプレが体験できる施設
戦国武将ファンや歴史ファンなら、一度は体験してみたい「甲冑・武将コスプレ」。しかし、「どうやって着物や甲冑を用意したら良いのか分からない」、「レプリカにしても購入費用が高い」といった悩みを持つ人も少なくないでしょう。そんな人におすすめなのが、甲冑・武将コスプレが気軽にできる体験スポットです。全国にある体験施設の一部を紹介します。

甲冑コスプレ・武将コスプレが体験できる施設

日本の城でコスプレ体験

日本の城でコスプレ体験
侍やお姫様、甲冑を着た武将など、時代衣装コスプレを楽しんだり披露したりするのに格好の場所と言えば、やはり日本の城でしょう。城での時代衣装コスプレは、タイムスリップしたかのような感覚を味わえるとともに、抜群の写真映えも大きな魅力。 コスプレのなかでも時代衣装の用意と着付けは少々面倒ですが、城ならコスプレ初心者でも大丈夫。日本各地の城で、時代衣装の着付け体験ができる取り組みが行なわれているのです。なかには本物の甲冑を身に着けることができる城も。東と西、それぞれひとつ、気軽に時代衣装コスプレ体験ができる城をご紹介しましょう。

日本の城でコスプレ体験

注目ワード
注目ワード