刀剣の種類と特徴

太刀とは

文字サイズ

「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。

太刀とは

太刀の特徴

「太刀」(たち)とは、「太刀緒」(たちお)と呼ばれる紐や革を使用して腰から下げる、刃長約80cm前後の刀剣のこと。

名称の由来に関しては諸説ありますが、「断ち切る」の「断ち」が語源というのが定説です。

博物館などでは、刃先が下向きになるように展示されるのが一般的ですが、(なかご:刀身の中でも[つか]に納める部分)に切られた作者の(めい:制作者名や制作年紀)が見えるように、あえて刃先を上向きにして展示することもあります。

刀剣の変遷

日本における刀剣の歴史は古く、弥生時代頃には中国などから伝来した直刀(刀身に反りがない刀剣)が使用されていました。

国内で鉄器が鋳造される時期は古墳時代後期頃で、日本刀の原型と言われる弓なりの反りが付いた「湾刀」(わんとう)が制作されるのは平安時代からです。

湾刀は太刀と呼ばれるようになり、直刀よりも相手を斬るのに向いていたため、騎馬による戦いが主流だった南北朝時代まで使用され続けました。

合戦の形式が徒戦(かちいくさ:徒歩による戦い)に変化すると、刀剣の形状や携帯方法に変化が起きます。徒歩戦に対応できるように、重ね(刀身の厚さ)薄く、反り浅く、(ひ)を刀身に彫ることで重量を軽くしました。

また、太刀緒を用いて腰からぶら下げるのではなく、腰帯に佩くことで抜刀しやすくしたのです。これが「打刀」と呼ばれる刀剣で、長大な太刀は次第に廃れていきました。

太刀の種類

刀身による分類

大太刀
「大太刀」(おおたち/おおだち)とは、刃長が3尺(約90㎝)以上ある大型の太刀のこと。「野太刀」(のだち/のたち)とも呼ばれており、神社などへ奉納するための太刀ですが、騎乗用の武器として実際に戦場でも使用されたと言われています。

大太刀の所有者は、身分が高い者に限られていたため、戦場で使用する場合は従者に大太刀を持ち運ばせていました。

大太刀を使用する際は、従者に(さや)を持たせて引き抜くか、従者が鞘から引き抜いた大太刀を受け取るという方法が採られていたと言います。

大太刀 銘 兼高作
大太刀 銘 兼高作
兼高作
鑑定区分
未鑑定
刃長
107
所蔵・伝来
池田家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
小太刀
「小太刀」(こだち)とは、鎌倉時代中期頃から制作されていた刃長2尺(約60㎝)未満の太刀のこと。

その大きさから「脇差」と同一視されることもありますが、形状や反りは太刀と同様であるため、脇差とは別物です。

また、磨上げられた大太刀という説もありますが、磨上げられたのではなく小型の太刀として作られた小太刀が現存しています。なお、小太刀がどのような目的で使用されたのかは不明です。

小太刀 銘 長光
小太刀 銘 長光
長光
鑑定区分
重要美術品
刃長
61.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

拵による分類

糸巻太刀
糸巻太刀」(いとまきのたち)とは、柄と鞘の上部を同じ素材の紐などで渡り巻きにした太刀のこと。

に糸巻を施すようになったのは、室町時代頃からと言われています。主に僧侶などから将軍への献上品に使用され、戦国時代になると「陣太刀」という名称に代わり、贈答品として用いられました。陣太刀は、糸巻や金具の素材をより豪華にした拵のことで、儀式や戦勝祈願のために使用されたと言われています。

江戸時代の武家においては、格式の高さと権力を象徴する道具と見なされるようになり、「武家太刀拵」と呼ばれるようになりました。

(附)金梨子地葵紋散糸巻太刀拵_表

金梨子地葵紋散 糸巻太刀拵

厳物造太刀
厳物造太刀」(いかものづくりのたち)とは、鎌倉時代に使用された太刀のこと。華美で豪壮な見た目が特徴で、主に儀式などに使用されていました。

名称の由来は、神への供物を「由加物」(ゆかもの)と呼んでいたことにちなんで、奉納用の刀剣を「由加物造」(ゆかものづくり)と呼んだのが、次第に訛って「怒物造」(いかものづくり)になったという説があります。

また他にも、動物の毛皮で覆われた拵を「いかもの」と呼んでいた説など諸説あり、正確には不明です。

厳物造太刀で代表的なのは「兵庫鎖太刀」(ひょうごぐさりのたち)。兵庫鎖太刀とは、鎌倉時代前期から格式の高い武家の間で流行した太刀のこと。

帯執(おびどり:太刀を腰帯に吊るす際、太刀緒に通して固定するための部位)と猿手(さるで:柄の先端に被せる金具の装飾)に針金で編んだ「兵庫鎖」を使用しているのが特徴です。

群鳥文兵庫鎖太刀拵

群鳥文兵庫鎖太刀拵

黒漆太刀
黒漆太刀」(こくしつのたち)とは、鞘を韋(なめしがわ:毛や脂肪を処理してやわらかくした動物の皮)で包み、黒漆を塗った拵のこと。

その定義は定まっておらず、鞘や柄以外に(つば)や金具などにも黒漆を塗った拵だけではなく、鞘や柄の下地には黒漆を施し、金具類には何も施さない拵のことも黒漆太刀と呼ぶことがあります。

漆を塗布する理由は、防腐、強度を増す、見栄えを良くするなど様々です。

黒漆太刀拵

黒漆太刀拵

刀剣ワールド財団所蔵の著名な太刀

太刀 銘 備州長船住景光

「太刀 銘 備州長船住景光」は、鎌倉時代末期に備前国(現在の岡山県東部)で活躍した刀工「長船景光」が制作した太刀です。

長船景光は、鎌倉時代に栄えた刀工一派「長船派」の実質的な祖と言われる「光忠」の孫で、父は初代「長船長光」。長船派の中でも地鉄が最も美しいと評され、「片落ち互の目」(かたおちぐのめ)と呼ばれる刃文を創始したことで知られています。

太刀 銘 備州長船住景光
太刀 銘 備州長船住景光
備州長船住景光
正和五年十月日
鑑定区分
重要文化財
刃長
75.8
所蔵・伝来
徳川家康 →
徳川家 →
徳川家達 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

太刀 銘 国行

「太刀 銘 国行」は、鎌倉時代中期に山城国(現在の京都府南半部)で活躍した刀工「来国行」が制作した太刀です。

来国行は、刀工一派「来派」の実質的な祖として知られる刀工。作風は、鎌倉時代中期に流行した実用向きの豪壮な姿と、細身で優美な姿の2種類に分けられ、本刀は後者の作風となっています。

太刀 銘 国行
太刀 銘 国行
国行
鑑定区分
重要文化財
刃長
74.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

太刀 銘 来国光

「太刀 銘 来国光」は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて山城国で活躍した刀工「来国光」が制作した太刀です。

来国光は、国行の孫にあたる刀工で、来派を代表する「来国俊」の子、または門人と言われています。来国俊より豪壮な作風が多く、太刀や短刀を多く制作しました。

太刀  銘  来国光
太刀 銘 来国光
来国光
鑑定区分
重要文化財
刃長
69.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
現代にまで残る作刀の代表的な刀工をご紹介致します。
刀剣写真・日本刀画像
日本刀の種類、鑑定区分など、様々な検索方法で、日本刀が検索できます。

太刀とは

太刀とはをSNSでシェアする

「刀剣の種類と特徴」の記事を読む


太刀と打刀の違い

太刀と打刀の違い
皆さんは「刀剣」と聞くと、どのような形状を思い浮かべますか。刃長が1尺(約30.3mm)に満たない「短刀」や、短刀より長く、2尺(約60.6cm)以下である「脇差」(わきざし)などの刀剣は、その長さによってひと目で見分けを付けられます。しかし、いくつかある刀剣の種類の中で、戦によく使われていた「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)については、どちらも2尺以上の刃長であることが基本となっているため、ほんの少し見ただけでは、その区別があまり分からない方も多いかもしれません。太刀と打刀の違いでは、太刀と打刀における見分け方のポイントについて、詳しくご紹介します。

太刀と打刀の違い

直刀とは

直刀とは
「直刀」(ちょくとう)とは、反りがない刀剣のこと。日本刀の原型と言われる反りの付いた刀剣「湾刀」(わんとう)が作られるより前の、古墳時代から平安時代中期の時代に区分される「上古刀」(じょうことう)で多く制作されていました。直刀がどのように使用され、湾刀へ変わっていったのか、直刀の基礎知識と著名な直刀をご紹介します。

直刀とは

打刀とは

打刀とは
「打刀」とは、一般に「日本刀」と言われる刀剣のこと。江戸時代を舞台にした時代劇では、武士が腰に長い刀剣と短い刀剣の2振を差していますが、長い方の刀剣が打刀です。馬上で使用することを目的とした「太刀」よりも短く軽量であるため、主に徒歩による戦闘で活躍しました。そんな打刀の基礎知識と著名な打刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~打刀~」YouTube動画

打刀とは

脇差とは

脇差とは
「脇差」(わきざし)とは、一般的な日本刀よりも短い刀剣のこと。江戸時代、武士は腰に2振の日本刀を差していましたが、その短い方が脇差です。打刀が使えなくなった場合の予備の武器として使用された他、武士階級ではない町民も持つことが許されたため、江戸時代には特に多くの名刀が作られました。脇差の基礎知識と共に名刀と称される脇差をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~脇差~」YouTube動画

脇差とは

短刀とは

短刀とは
「短刀」とは、日本刀の一種で反りがほとんどない短い刀剣のこと。太刀や打刀と違って、女性や子どもでも扱える護身刀として、古くから重宝されてきました。短刀を制作した刀工のなかには、国宝や重要文化財に指定される作を多く生み出した「短刀の名手」も存在するのです。短刀の基礎知識と共に、優れた短刀を制作した刀工、及び名刀をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~短刀~」YouTube動画

短刀とは

鎧通(よろいどおし)とは

鎧通(よろいどおし)とは
「鎧通」(よろいどおし)とは、短い刀剣「短刀」の一種で、武士が甲冑(鎧兜)を着て戦をしていた時代に使用された、補助的な武具のひとつです。現存数は多くありませんが、ゲームなどのフィクション作品では暗殺のために使用される「暗器」(あんき)として非常に高い人気があるため、その名称を知っている人も少なくありません。鎧通の基礎知識と共に、著名な鎧通をご紹介します。

鎧通(よろいどおし)とは

薙刀とは

薙刀とは
「薙刀」(なぎなた)は、平安時代に登場した柄(え)が長い武器のひとつです。歴史文学として知られる「太平記」の中で、最も登場する武器が薙刀です。間合いが広く、斬る以外にも刺突や打撃を与えられることから、南北朝時代には主要武器として広く浸透しました。薙刀の基礎知識をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~薙刀・長巻~」YouTube動画

薙刀とは

長巻とは

長巻とは
「長巻」(ながまき)とは、「薙刀」(なぎなた)とよく似た武器のこと。もとは大太刀を扱いやすくするために発展した武器と言われており、薙刀とはその形状や扱い方が異なります。長巻とはどのような武器だったのか。薙刀との違いと共に、長巻の基本知識をご紹介します。 「刀剣・日本刀の基礎知識~薙刀・長巻~」YouTube動画

長巻とは

槍とは

槍とは
「槍」とは、長い柄(え)の先に刀剣を付けた武器のこと。地域を問わず、世界中で使用された武器で、近接戦闘の主力武器として最も活躍したと言われています。日本では、弥生時代頃に槍の前身である「矛」(ほこ)が使用されており、時代の流れと共に様々な形状、用途の槍が発展しました。槍の基本知識と著名な槍をご紹介します。

槍とは

注目ワード
注目ワード